比較リスト

企業の業績比較ならSuik

  • Home
  • >
  • 詳細検索
  • >
  • 「音響機器業界」(1)による企業の検索結果

検索条件

統計名項目名(その一部)で検索してください。

以下から業界(業界について)を選択してください。

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(2017-06-30時点)

農業・園芸(6)

資源(24)

製紙・パルプ(23)

飲料(30)

非鉄金属(36)

電子部品・デバイス(166)

出版・新聞(73)

IT(587)

生活用品(142)

サービス(269)

レジャー・エンタメ(210)

畜産(11)

電気・ガス(54)

ゴム製品(22)

医療・介護(153)

機械(342)

電子機器・情報通信機器(59)

広告(52)

運輸・郵便(216)

化粧品(23)

小売(292)

環境(11)

水産(4)

化学(236)

ガラス・土石製品(87)

鉄鋼(43)

輸送用機械(265)

精密機器(89)

放送(80)

不動産(225)

アパレル・雑貨(122)

卸売(390)

林業・木材(19)

繊維(40)

食料品(140)

金属製品(173)

電気機器(167)

金融(371)

通信(45)

建設(441)

外食(131)

その他流通(16)

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(2017-06-30時点)

農業・園芸(6)

畜産(11)

水産(4)

林業・木材(19)

資源(24)

電気・ガス(54)

化学(236)

繊維(40)

製紙・パルプ(23)

ゴム製品(22)

ガラス・土石製品(87)

食料品(140)

飲料(30)

医療・介護(153)

鉄鋼(43)

金属製品(173)

非鉄金属(36)

機械(342)

輸送用機械(265)

電気機器(167)

電子部品・デバイス(166)

電子機器・情報通信機器(59)

精密機器(89)

金融(371)

出版・新聞(73)

広告(52)

放送(80)

通信(45)

IT(587)

運輸・郵便(216)

不動産(225)

建設(441)

生活用品(142)

化粧品(23)

アパレル・雑貨(122)

外食(131)

サービス(269)

小売(292)

卸売(390)

その他流通(16)

レジャー・エンタメ(210)

環境(11)

分類名をクリックし、統計を検索してください。

キーワード、証券コード、企業名(一部)か業種を選択し検索してください。

「音響機器業界」(1)による企業の検索結果

件数: 13件規模更新日

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”パイオニア株式会社(以下「当社」という。)は、当社および当社の関係会社(以下「当社グループ」という。)の事業を、「カーエレクトロニクス」および「その他」に区分しています。当社グループの各事業の生産販売体制につきましては、生産に関しては当社および当社の生産体制と一体となった国内外の製造子会社が行う体制をとっています。また、販売に関しては、概ね販売子会社が行う体制をとっていますが、一部地域の顧客に対しては、当社が直接販売しています。なお、「第5 経理の状況 1 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。Pioneer Automotive Technologies, Inc...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の子会社79社(国内20社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内7社、海外1社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVCKENWOOD Electronics Malaysia Sdn. Bhd.PT.JVC Electronics IndonesiaJVCKENWOOD Optical Electronics (Thailand) Co., Ltd.Shanghai Kenwood Electronics Co., Ltd.JVCKE...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメントの区分と同一であります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社14社および関連会社6社により構成されており、AV事業、OEM事業およびデジタルライフ事業を主たる事業としております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ONKYO ASIA ELECTRONI SDN. BHD.Pioneer & Onkyo U.S.A. CorporationPioneer & Onkyo Marketing Asia Ltd.S&O ELECTRONI (MALAYSIA) SDN. BHD.FLEXI ACOUSTI”...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社13社により構成されており、音響機器、情報機器の開発及び製造販売を主たる事業として行っております。ティアック アメリカ,INC.ティアック UK LTD.ティアック オーディオ(チャイナ)CO., LTD.東莞ティアック エレクトロニクス CO., LTD.ティアック セールス アンド トレーディング(深セン)CO., LTD.以上の企業集団等について図示すると次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社24社の計25社で構成されており、音響機器とセキュリティ機器の2つを中心に製造、販売およびこれらに関連する事業を営んでおります。セグメントは所在地別に日本セグメント、アメリカセグメント、欧州・中東・アフリカセグメント、アジア・パシフィックセグメント、中国・東アジアセグメントの5つの区分で構成されております。当セグメントにおいては、主に当社が企画・開発を行った製品について、アコース(株)において音響機器、タケックス(株)においてセキュリティ機器の製造を行っており、当社およびTOAエンジニアリング(株)が製品の販売を行っております。TOAエンジニアリング(株)および...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社2社(連結子会社1社、持分法非適用非連結子会社1社)、及び関連会社3社(持分法適用関連会社2社、持分法非適用関連会社1社)から構成されております。連結子会社であり生産委託先からの製品の仕入及び当社と各国販売代理店への出荷を行っているZOOM HK LTDと、主要国での販売拠点として設立された関連会社であるZOOM North America LLC及びZOOM UK Distribution LTDと、その他2社から構成されております。当社グループは、音楽用電子機器の開発及び販売を主な事業内容としており、「WE'RE FOR CREATO」という基本理念のもと、...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社及び子会社27社により構成されており、その事業内容は、電子機器及び電子部品等の製造販売であり、当グループの事業に係わる位置づけは次のとおりです。高度技術製品、高付加価値製品の生産等を目的として、市販製品を扱う部門である〔フォステクス カンパニー〕が「音響部品・製品」の生産を行っています。生産コスト面の有利性と現地市場の販路拡大等のため、次のとおり海外展開を図っており、当連結会計年度末現在、子会社14社が生産を行っています。中国・香港・韓国地域:フォスター エレクトリックCo.,(ホンコン)Ltd.が中国の製造委託先である広州市番禺区旧水坑豊達電機廠において、「音響部品・製品」...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”ソニーは、2016年4月1日付の担当執行役の変更及び組織変更にともない、2016年度第1四半期より、主にイメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)分野及び従来のデバイス分野について、業績報告におけるビジネスセグメント区分の変更を行いました。この再編に関連して、従来デバイス分野を構成していた事業を半導体分野とコンポーネント分野に分割しました。以上のセグメント変更にともない、各分野の過年度の売上高及び営業収入ならびに営業利益(損失)を当年度の表示に合わせて組替再表示しています。MC分野には、主として携帯電話の製造・販売、インターネット関連サービス事業などが含まれています。G&NS...(20170615に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社、親会社(日本電気株式会社)及び当社子会社2社により構成され、情報システム、電子機器、プリント配線板の製造、販売を主な事業内容としております。なお、当社は平成28年7月7日開催の取締役会において、プリント配線板事業を沖電気工業株式会社グループに事業移管することを決議しております。当社の親会社である日本電気株式会社及びその一部の子会社に対しては、当社企業グループ製品の販売とともに、当社企業グループが使用する一部の部品を購入しております。以上について図示すると次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,プラス成長に回復経常利益4年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する