比較リスト

検索条件

統計名項目名(その一部)で検索してください。

以下から業界(業界について)を選択してください。

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(2018-09-30時点)

農業・園芸(6)

資源(25)

製紙・パルプ(23)

飲料(30)

非鉄金属(36)

電子部品・デバイス(155)

出版・新聞(72)

IT(624)

生活用品(139)

サービス(297)

レジャー・エンタメ(214)

畜産(11)

電気・ガス(54)

ゴム製品(22)

医療・介護(160)

機械(340)

電子機器・情報通信機器(51)

広告(58)

運輸・郵便(217)

化粧品(23)

小売(293)

環境(13)

水産(4)

化学(238)

ガラス・土石製品(82)

鉄鋼(43)

輸送用機械(264)

精密機器(86)

放送(78)

不動産(236)

アパレル・雑貨(120)

卸売(395)

林業・木材(19)

繊維(38)

食料品(140)

金属製品(173)

電気機器(168)

金融(385)

通信(49)

建設(439)

外食(133)

その他流通(17)

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(2018-09-30時点)

農業・園芸(6)

畜産(11)

水産(4)

林業・木材(19)

資源(25)

電気・ガス(54)

化学(238)

繊維(38)

製紙・パルプ(23)

ゴム製品(22)

ガラス・土石製品(82)

食料品(140)

飲料(30)

医療・介護(160)

鉄鋼(43)

金属製品(173)

非鉄金属(36)

機械(340)

輸送用機械(264)

電気機器(168)

電子部品・デバイス(155)

電子機器・情報通信機器(51)

精密機器(86)

金融(385)

出版・新聞(72)

広告(58)

放送(78)

通信(49)

IT(624)

運輸・郵便(217)

不動産(236)

建設(439)

生活用品(139)

化粧品(23)

アパレル・雑貨(120)

外食(133)

サービス(297)

小売(293)

卸売(395)

その他流通(17)

レジャー・エンタメ(214)

環境(13)

分類名をクリックし、統計を検索してください。

キーワード、証券コード、企業名(一部)を選択し検索してください。

「のれん」(1)による企業の検索結果

件数: 1062件規模更新日関連度
件数が多すぎるので一部のみ表示しています。もっと条件を追加してください。

...する当期純損失は293百万円(同491百万円)となりました。 なお、ANEWの株式取得に伴い負ののれん発生益を特別利益に計上し、その後、同社株式の譲渡により関係会社株式売却損を特別損失として計上しております。...(20180628)

業界投資

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...「資金」という。)は、税引前当期純利益1千3百万円、資金支出 を伴わない減価償却費1千9百万円、のれん償却額3千1百万円、短期借入による収入4千5百万円がありまし たが、利息の支払額1千7百万円、借入...(20180626)

業界競馬

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...りました。主な増加の内訳は、税金等調整前当期純利益1億34百万円、減価償却費1億22百万円及び、のれん償却費49百万円であります。 (投資活動によるキャッシュ・フロー) 投資活動の結果、減少した資金は...(20180628)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...985千円(前年同期は1,470,552千円の収入)となりました。主な増加は、税引前当期純利益3,184,978千円、のれん償却額943,367千円、主な減少は、法人税等の支払額869,317千円によるものであります。 (投資活動によるキャッシュ・フロー)...(20180531)

更新日:2019/01/18

あとで比較する

...4%増)となりました。 また、当連結会計年度ののれん償却前営業利益(営業利益+のれん償却額)は、7,028百万円(同46.2%増)、のれん償却前当期純利益(親会社株主に帰属する当期純利益+のれん償却額)は、5,144百万円(同39...(20180627)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...330億9千2百万円(前連結会計年度比59.8%増加)となりました。利益面につきましては同社の完全子会社化に伴うのれん償却等の負担が影響し、営業利益は92億8千万円(同11.7%減少)、経常利益は84億2千5百万円(同6...(20180628)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...102百万円減)となりました。 (特別利益、特別損失) 特別利益は、前連結会計年度に計上した負ののれん発生益がなかったこと及び投資有価証券売却益の増加などにより77百万円(前連結会計年度比29百万円減)となりました。...(20180328)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

(2018-09-30) ”当社は、ユーザー(当社サイトにアクセス頂いた利用者)の情報をパートナー(販売先)各社に移送することによる集客代行事業を営んでおります。現時点において、当社が運営するウェブサイトは人材関連サイト(転職情報サイト、アルバイト・派遣情報サイト)ならびにスクール情報サイトであります。当社...”(20180629に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...げていくことは困難であると判断し、新たなビジネスモデルへの転換を行うとともに、計上しておりましたのれんについて全額減損処理を実施いたしました。 この結果、当連結会計年度における当社グループの売上高は2...(20180530)

更新日:2019/01/18

あとで比較する

...322百万円増加しました。これは主に有形固定資産が1,578百万円減少したものの、その他の金融資産が3,171百万円、のれん及び無形資産が988百万円増加したことによるものであります。 (流動負債) 当連結会計年度末の流動負債は41...(20180621)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...4%減)となりました。 これは主に、収入要因として税金等調整前当期純利益839百万円、減価償却費351百万円、のれん償却額250百 万円、支出要因として売上債権の増加額112百万円、法人税等の支払額429百万円等によるものであります。...(20180809)

更新日:2019/01/18

あとで比較する

...した場合の連結財務諸表におけるこれらに相当する項目との差異に関する事項 (のれんの償却に関する事項) 日本基準において、のれんの償却についてはその効果の及ぶ期間を見積り、その期間で償却することとしてお...(20180327)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...Aの実施に伴い発生したのれん償却費を販売費及び一般管理費に192,223千円計上しており、これを加えたのれん償却前経常利益は537,228千円(前年同期比12.3%増)、のれん償却前親会社株主に帰属する当期純利益は363...(20190107)

更新日:2019/01/18

あとで比較する

...△92.5% EBITDA (百万円) 23,028 15,141 △7,886 △34.2% のれん償却前EPS (円) 288.24 118.54 △169.69 △58.9% 当連結会計年度の連結業績は、売上高が2...(20180525)

更新日:2019/01/18

あとで比較する

...193百万円増加し、その他の包括利益が4,597百万円(税効果前)増加しております。 (のれんの償却停止) 日本基準では、のれんを一定期間にわたり償却しておりましたが、IFRSでは、のれんの償却は行わず毎期減損テストを実施しております。 ...(20180412)

更新日:2018/11/02

あとで比較する

...当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは13百万円の支出(前年同期は43百万円の支出)となりました。これは主にのれん償却、減価償却等の非資金損益項目が51百万円あったものの、税金等調整前当期純損失57百万円の計上及...(20160629)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

...高が570,974百万円減少し、売上原価が570,974百万円減少しております。 (のれん) 日本基準では、のれんは原則として20年以内の期間で均等償却しておりましたが、IFRSでは移行日以後償却を行...(20180620)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...加しましたが、借入金の返済や子会社株式の買い増しによる現金及び預金が2億37百万円減少、のれん償却によるのれんの減少36百万円によるものです。 (負債の状況) 当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計...(20180629)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...2018年3月31日) 該当事項はありません。 6 経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報 (のれんの償却) 日本基準ではその効果の及ぶ期間を見積もり、その期間で償却することとしておりますが、IFR...(20180627)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...通し等を勘案し、「関係会社株式評価損」として単体決算で計上することに伴い、「のれん償却額」として連結決算で同社に係る「のれん」全額を特別損失として計上したことによるものです。 2018年9月期の連結業績(計画)との比較...(20181225)

更新日:2019/01/18

あとで比較する

件数が多すぎるので一部のみ表示しています。もっと条件を追加してください。