比較リスト

  • Home
  • >
  • 詳細検索
  • >
  • 「トン」(1)による企業の検索結果(関連度による降順)

検索条件

キーワード、証券コード、企業名(一部)を選択し検索してください。

以下から業界(業界について)を選択してください。※3つまで

分類名をクリックし、統計を検索してください。※3つまで

「トン」(1)による企業の検索結果(関連度による降順)

件数: 194件
2 3 ... 10
資産: 388億 円(19年03月)

...倉庫業の営業収入は、103億6千4百万円、前期比3.4%の増収となった。 平均保管残高は、29万トン(前期27万トン)、入出庫数量は、362万トン(前期369万トン)であった。普通倉庫貨物は、紙類は減少したが、合成樹脂や穀物が増加...(20190626)

業界倉庫

更新日:20年02月13日

あとで比較する

資産: 258億 円(19年03月)

...なり、国内需要は前期比1.9%増の4,249万トンとなった。輸出については、国内向けが好調となったことによる影響で、前期比12.2%減の1,037万トンとなった。 一方、沖縄県内経済は、建設関連で公共...(20190624)

更新日:19年12月18日

あとで比較する

資産: 186億 円(19年03月)

...から引き続き堅調に推移したことから、2018年暦年における当業界の生産量は1,894千トンと前年に比し32千トン増加いたしました(前年比1.8%増)。 このような経営環境下、当社グループは全社を挙げて収益の確保に取り組みました。...(20190628)

業界普通鋼

更新日:20年02月14日

あとで比較する

資産: 2151億 円(19年03月)

...その結果、当連結会計年度の業績につきましては、当社の鋼材販売数量が前期比3万6千トン増の110万4千トンとなったことに加え、鋼材販売単価が前期比トン当たり9千9百円上昇したこと等により、連結売上高は、前期比185億75百万円増収の1...(20190626)

業界電炉

更新日:20年02月07日

あとで比較する

資産: 117億 円(19年03月)

...、その後は中国経済の減速などの影響を受け、需要が減少し、販売数量は前年度比176トン減少(2.3%減少)の7,503トンとなりました。 その結果、同事業の当連結会計年度の売上高は、販売数量の減少と原料...(20190628)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

資産: 2615億 円(19年03月)

...ョウエイ・スチール・ベトナム社及びベトナム・イタリー・スチール社にて異形棒鋼、線材の製造販売、ビントン・スチール社にて異形棒鋼、鉱石粉砕用鉄球の製造販売、ベトナム・イタリー・スチール社にてビレット(半製品)の製造販売を行っております。...(20190626)

業界電炉

更新日:20年02月14日

あとで比較する

資産: 335億 円(19年03月)

...較し929トン減の34,634トン、販売高では362百万円減の11,248百万円の実績、輸出販売は米国向け液状輸出の減販により販売数量では前年同期に比較して2,292トン減の38,712トン、販売高で754百万円減の6...(20200327)

更新日:20年03月27日

あとで比較する

資産: 1216億 円(19年03月)

...当部門におきましては、期中平均保管残高は前年同期比10.4%増の52万9千トンとなりました。期中貨物入出庫トン数につきましても、前年同期比9.6%増の850万トンとなり、保管貨物回転率は67.0%(前年同期67.5%)となりました。...(20190627)

業界倉庫

更新日:20年02月13日

あとで比較する

資産: 681億 円(19年03月)

...当社グループの係わる電線業界におきましては、電線の主材料である銅の価格が、1トン当たり期中平均706千円と前期平均777千円に比べ9.1%下落いたしました(銅価格の推移、1トン当たり期初720千円、安値640千円(2019年8...(20200131)

更新日:20年03月12日

あとで比較する

資産: 206億 円(19年03月)

...規ユーザーの開拓を中心に販売拡大を図りましたが、製品については生産数量165,155トン、出荷数量164,930トンと、それぞれ0.2%の減少となりました。 当事業年度の業績といたしましては、売上高は...(20190628)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

資産: 49億 円(19年03月)

...及び再生資源販売の販路を新たに開拓したことにより、廃棄物処理受託数量28,789トン、再生資源販売数量16,474トンと堅調に推移しました。 これらの結果、売上高は1,534,226千円(前年同期比0...(20200326)

更新日:20年03月27日

あとで比較する

資産: 349億 円(19年03月)

...・製紙用薬品事業 製紙業界におきましては、2019年1月から12月までの紙・板紙の国内生産は2,538万トンと前年同期比2.6%の減少となりました。当社グループは、国内市場、中国市場における差別化商品の売上...(20200326)

更新日:20年03月27日

あとで比較する

資産: 124億 円(19年03月)

...第1四半期会計期間にトン当たり80万円を付けましたが、第2四半期累計期間以降は下落して、70万円台で推移し ました。 この結果、当社の当事業年度の業績は以下のとおりとなりました。 販売数量は2万6,008トン(前年同期比4...(20190625)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

資産: 615億 円(19年03月)

...き不透明な状況が続いております。 当社グループを取り巻く環境では、わが国の粗鋼生産量は1億289万トンと前年同期比で1.9%減となりましたが、鋼材市況においては、引き続き上昇基調を維持して推移しました。...(20190626)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

資産: 322億 円(19年03月)

...月末保管残高 年間合計(トン) 1,173,845 1,162,991 貨物回転率(%) 34.80 37.46 倉庫荷役 年間入庫高(トン) 404,266 437,477 年間出庫高(トン) 412,664...(20190626)

業界倉庫

更新日:20年01月21日

あとで比較する

資産: 553億 円(19年03月)

...で比較を行っております。 (経営成績の状況) 当連結会計年度は、国内における普通トラック(積載量4トン以上)の需要が、緩やかな景気回復や排ガス規制の強化を背景に、また、海外においてはアセアンを中心に、需要が堅調に推移いたしました。...(20190621)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

資産: 1354億 円(19年03月)

...当社グループの主要得意先である鉄鋼業界における当連結会計年度の国内粗鋼生産量は、前年同期比1.9%減の1億289万トンとなり、2年連続で前年度実績を下回ることとなりました。 このような状況下、当社グループでは、202...(20190627)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

資産: 3247億 円(19年03月)

....7%上回る42,589千トンとなった。一方、輸出は、前期を 12.2%下回った。この結果、輸出分を含めた国内メーカーの総販売数量は、前期を1.2%下回る52,870千トンとなった。 このような情勢の...(20190627)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2 3 ... 10