比較リスト

検索条件

統計名項目名(その一部)で検索してください。

以下から業界(業界について)を選択してください。

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(2018-09-30時点)

農業・園芸(6)

資源(25)

製紙・パルプ(23)

飲料(30)

非鉄金属(36)

電子部品・デバイス(155)

出版・新聞(72)

IT(624)

生活用品(139)

サービス(296)

レジャー・エンタメ(214)

畜産(11)

電気・ガス(54)

ゴム製品(22)

医療・介護(160)

機械(340)

電子機器・情報通信機器(51)

広告(58)

運輸・郵便(217)

化粧品(23)

小売(293)

環境(13)

水産(4)

化学(238)

ガラス・土石製品(82)

鉄鋼(43)

輸送用機械(264)

精密機器(86)

放送(78)

不動産(236)

アパレル・雑貨(120)

卸売(395)

林業・木材(19)

繊維(38)

食料品(140)

金属製品(173)

電気機器(168)

金融(385)

通信(49)

建設(439)

外食(133)

その他流通(17)

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(2018-09-30時点)

農業・園芸(6)

畜産(11)

水産(4)

林業・木材(19)

資源(25)

電気・ガス(54)

化学(238)

繊維(38)

製紙・パルプ(23)

ゴム製品(22)

ガラス・土石製品(82)

食料品(140)

飲料(30)

医療・介護(160)

鉄鋼(43)

金属製品(173)

非鉄金属(36)

機械(340)

輸送用機械(264)

電気機器(168)

電子部品・デバイス(155)

電子機器・情報通信機器(51)

精密機器(86)

金融(385)

出版・新聞(72)

広告(58)

放送(78)

通信(49)

IT(624)

運輸・郵便(217)

不動産(236)

建設(439)

生活用品(139)

化粧品(23)

アパレル・雑貨(120)

外食(133)

サービス(296)

小売(293)

卸売(395)

その他流通(17)

レジャー・エンタメ(214)

環境(13)

分類名をクリックし、統計を検索してください。

キーワード、証券コード、企業名(一部)を選択し検索してください。

「長期金利」(1)による企業の検索結果

件数: 163件規模更新日関連度
2 3 ... 9

...調を継続して推移しました。一方で、国内政治の混乱、米中間での貿易摩擦を巡る緊張感の高まりや米国の長期金利上昇への懸念並びに朝鮮半島情勢の変化等を受けて、株価や為替相場は不安定な動きをしており、景気の先...(20180927)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...た1月には日経平均株価は約26年ぶりに24,000円台を回復しました。ただし、期末にかけては、米長期金利の上昇や円高の進行、米政権による保護主義的な通商政策等が逆風となり、株式市場は調整色を強める展開となりました。...(20180621)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...き、米国債は売られ、米国の長期金利は一時2.6%台まで上昇しました。米国の長期金利上昇を受け、ドル円は一時118円台まで上昇、日経平均株価は19,000円台、日本の長期金利もマイナスからプラス圏(一時0...(20170627)

業界銀行

更新日:2017/06/29

あとで比較する

...整色を強めました。 米国長期金利及びドル円は米国の利上げ観測や政治情勢に左右され、方向感に乏しい動きが続きましたが、年明け以降、金利上昇・円高の流れが加速しました。米国長期金利は年初以降、米国税制改革...(20180629)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...ダウ平均株価は平成30年1月に過去最高値を更新しました。もっとも、その後は、インフレへの懸念から長期金利が上昇したり、通商摩擦への懸念の高まりとともに株価が大きく下落する場面もありました。 欧州経済は...(20180628)

更新日:2018/06/28

あとで比較する

...ク特需による建築工事費の高騰などが主な要因であると考えられます。今後も米中貿易摩擦や米国長期金利上昇など長期金利を上下させる要因が様々にあるものの、日本銀行のイールドカーブ・コントロール政策による低金...(20180626)

業界投資

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...は115円/ドル台となりました。その後、再度地政学的リスクの高まりから円高となりましたが、米国の長期金利及び株価の上昇等から、12月には114円/ドル台となりました。しかし、米国大統領が鉄鋼等に対して...(20180627)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...000円台まで株高が進みましたが、年度終盤には米国金利の上昇観測に伴い株安が進み21,000円台となりました。金利は、長期金利の指標となる10年物国債の利回りが、北朝鮮情勢や米国経済の一時的な減速などを背景に一時マイナス圏...(20180628)

業界銀行

更新日:2018/11/30

あとで比較する

(2018-08-20) ”「電気工事材料の販売」が主業であります。当社の販売先を業務形態別に区分した場合下記のような状況にあります。会社5社は当社から商品を仕入れ、それぞれの得意先へ販売する営業部門の役割を担っております。当社グループは、首都圏を主たる営業エリアとして事業を展開しております。による競合関係...”(20180807に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/10/05

あとで比較する

(2018-09-30) ”当社グループは、当社(株式会社アクシーズ)、連結子会社7社及び関連会社1社により構成されており、一般消費者に、日常の生活に必要な鶏肉を提供することを主たる業務としております。なお、当該事業の区分は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグ...”(20180925に提出された書類より抜粋)

業界畜産

更新日:2018/11/06

あとで比較する

(2018-09-30) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社1社、非連結子会社1社並びに関連会社2社で構成され、LPG容器用バルブ・高圧ガス容器用バルブ及び設備弁・配管用バルブの製造及び販売を行っており、当社グループの主な事業内容と当該事業における位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。当...”(20180330に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...の米国大統領選挙において、多くの予想に反しトランプ氏が当選すると、大型財政政策への期待から米国の長期金利が大きく上昇、それとともに日本の新発10年国債利回りもプラス圏に回帰し、2017年の1-3月期は概ね0~0...(20170626)

更新日:2017/11/15

あとで比較する

...調整色を強めました。米国長期金利及びドル円は米国の利上げ観測や政治情勢に左右され、方向感に乏しい動きが続きましたが、年明け以降、金利上昇・円高の流れが加速しました。米国長期金利は年初以降、米国税制改革...(20180626)

業界銀行

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...実現を目指したマイナス金利政策を継続していますが、米国の金融政策の影響や新たな長期金利の誘導目標設定などにより、長期金利はプラスを回復し、一時0.1%を超える水準にまで上昇しました。 為替市場では、期...(20180629)

更新日:2018/07/08

あとで比較する

...業ともに堅調に推移しました。 金融面では、短期金利は期中を通して0%を下回る水準で推移しました。長期金利は、日本銀行による金融緩和政策が継続され、期中を通して0.1%近傍をほぼ横ばいに推移しました。 ...(20180808)

業界銀行

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...指数が、堅調な米国経済を背景に上昇を続け、1月には史上最高値を更新しましたが、1月下旬以降は、米長期金利の上昇を背景に下落し、調整局面となりました。このような市場環境の下、当社グループはお客さまのニー...(20180627)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...縮小観測や米国財務長官のドル安容認発言を受け円高が進行すると、国内株式市場は下落基調となり、米国長期金利の急騰による米国株式市場の急落を受けて21,000円台まで下落するなど軟調な展開となりました。3...(20180629)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...気は緩やかな回復基調にあります。一方で世界経済においては、米国の経済政策による貿易摩擦拡大懸念や長期金利上昇による金融市場変動等により、総じて先行きは不透明な状況で推移しております。小売業界におきまし...(20180629)

更新日:2018/11/30

あとで比較する

...利上げを決定しました。このような状況のもと、無担保コール翌日物金利はマイナス金利で推移しました。長期金利(新発10年物国債利回り)については、前半に欧米の中央銀行による金融引き締め観測が浮上したことを受けて、一時0...(20180620)

業界銀行

更新日:2018/06/27

あとで比較する

...2月以降、米国での株価急落を受けて大きく下落する場面があり、当年度末は2万1千円台となりました。長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは、マイナス金利政策のもと、概ね0.1%を下回る水準となりました。...(20180626)

業界銀行

更新日:2018/11/30

あとで比較する

2 3 ... 9