比較リスト

金属粉末業界のランキングと概況

金属粉末業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業はDOWAホールディングス日本精鉱などです。キーワードは、金属磁性金属粉銀粉廃棄物アンチモントン金属加工亜鉛粉末冶金廃棄物処理冶金土壌浄化地金粉末を設定しています。

概況

※ポイント(0~10)表記

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位DOWAホールディングス:4529億(連結)

2位日本精鉱:140億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位DOWAホールディングス:564億(連結)

2位日本精鉱:23億(連結)

営業利益(19年03月)

1位DOWAホールディングス:186億(連結)

2位日本精鉱:12億(連結)

経常利益(19年03月)

1位DOWAホールディングス:243億(連結)

2位日本精鉱:12億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位DOWAホールディングス:151億(連結)

2位日本精鉱:8億2977万(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位DOWAホールディングス:149億(連結)

2位日本精鉱:8億2977万(連結)

営業CF(19年03月)

1位DOWAホールディングス:375億(連結)

2位日本精鉱:11億(連結)

投資CF(19年03月)

1位日本精鉱:-5億6723万(連結)

2位DOWAホールディングス:-510億(連結)

総合点(19年03月)

1位DOWAホールディングス:8.26点

2位日本精鉱:8.25点

収益性(19年03月)

1位日本精鉱:5.75点

2位DOWAホールディングス:5.5点

安全性(19年03月)

1位DOWAホールディングス:9.82点

2位日本精鉱:9.1点

成長性(19年03月)

1位日本精鉱:9.9点

2位DOWAホールディングス:9.46点

資産(19年03月)

1位DOWAホールディングス:4946億(連結)

2位日本精鉱:117億(連結)

純資産(19年03月)

1位DOWAホールディングス:2461億(連結)

2位日本精鉱:72億(連結)

全従業員(19年03月)

1位DOWAホールディングス:9530人(連結)

2位日本精鉱:230人(連結)

ROA(19年03月)

1位日本精鉱:7.06%(連結)

2位DOWAホールディングス:3.03%(連結)

ROE(19年03月)

1位日本精鉱:11.57%(連結)

2位DOWAホールディングス:6.5%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位日本精鉱:16.35%(連結)

2位DOWAホールディングス:12.46%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位日本精鉱:8.89%(連結)

2位DOWAホールディングス:4.12%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位日本精鉱:8.68%(連結)

2位DOWAホールディングス:5.37%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位日本精鉱:5.89%(連結)

2位DOWAホールディングス:3.31%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位日本精鉱:61.05%(連結)

2位DOWAホールディングス:46.57%(連結)

固定比率(19年03月)

1位日本精鉱:60.4%(連結)

2位DOWAホールディングス:111.41%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位日本精鉱:53.62%(連結)

2位DOWAホールディングス:81.36%(連結)

流動比率(19年03月)

1位日本精鉱:204.07%(連結)

2位DOWAホールディングス:145.61%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位日本精鉱:2.33ヶ月(連結)

2位DOWAホールディングス:0.5ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位日本精鉱:1.2回転(連結)

2位DOWAホールディングス:0.92回転(連結)

金属粉末業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

めっき鋼材(付加価値額)[2015年基準]

96.4 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鉄鋼業(付加価値額)[2015年基準]

93.4 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鋼管(付加価値額)[2015年基準]

99.0 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

冷間仕上鋼材(付加価値額)[2015年基準]

96.9 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

熱間圧延鋼材(付加価値額)[2015年基準]

91.9 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鉄鋼粗製品(付加価値額)[2015年基準]

94.5 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鋳鍛造品(付加価値額)[2015年基準]

89.8 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鉄鋼・非鉄金属工業(付加価値額)[2015年基準]

93.6 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

非鉄金属鋳物(付加価値額)[2015年基準]

96.3 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

非鉄金属工業(付加価値額)[2015年基準]

94.0 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社101社(休眠会社1社を除く。)及び関連会社23社で構成されており、環境・リサイクル事業、製錬事業、電子材料事業、金属加工事業、熱処理事業、及びこれらに付帯する事業を営んでいます。なお、セグメントと同一の区分です。環境・リサイクル部門......当部門...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社と連結子会社2社により構成されております。当社グループの事業は、アンチモン事業と金属粉末事業に大別され、各セグメントごとの事業内容は次のとおりであります。当社は、合成樹脂製品に添加される難燃助剤及びポリエステルの重合触媒用として使用される三酸化アンチモンのほか...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

金属粉末業界の同業他社をもっと見る