比較リスト

音響・映像機器業界のランキングと概況

音響・映像機器業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業はソニーキヤノンJVCケンウッド第一興商フォスター電機船井電機TOA池上通信機日本アビオニクスオンキヨーなどです。キーワードは、オーディオ音響avレコーダ情報機器oem音響機器スピーカヘッドホンパイオニアカーインクジェットプリンタナビゲーションシステム機器映像を設定しています。

売上高のトップ3(19年03月)
1位8兆6656億(連結)

(19年12月) ”ソニーは、ゲーム&ネットワークサービス(以下「G&NS」)、音楽、映画、ホームエンタテインメント&サウンド(以下「HE&S」)、イメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)、モバイル・コミュニケーション(以下「MC」)、半導体、金融及びその他の事業から構成されてお...”(19年06月18日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

2位3兆8556億(連結)

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

3位3076億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び当社の子会社75社(国内16社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内6社、海外2社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVC...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

営業利益のトップ3(19年03月)
1位8942億(連結)

(19年12月) ”ソニーは、ゲーム&ネットワークサービス(以下「G&NS」)、音楽、映画、ホームエンタテインメント&サウンド(以下「HE&S」)、イメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)、モバイル・コミュニケーション(以下「MC」)、半導体、金融及びその他の事業から構成されてお...”(19年06月18日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

2位196億(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメン...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位72億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び当社の子会社75社(国内16社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内6社、海外2社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVC...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

当期純利益のトップ3(19年03月)
1位156億(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメン...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位151億(連結)

(19年12月) ”ソニーは、ゲーム&ネットワークサービス(以下「G&NS」)、音楽、映画、ホームエンタテインメント&サウンド(以下「HE&S」)、イメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)、モバイル・コミュニケーション(以下「MC」)、半導体、金融及びその他の事業から構成されてお...”(19年06月18日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

3位43億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び当社の子会社75社(国内16社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内6社、海外2社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVC...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

親会社の所有者に帰属する当期利益のトップ3(19年03月)
1位9162億(連結)

(19年12月) ”ソニーは、ゲーム&ネットワークサービス(以下「G&NS」)、音楽、映画、ホームエンタテインメント&サウンド(以下「HE&S」)、イメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)、モバイル・コミュニケーション(以下「MC」)、半導体、金融及びその他の事業から構成されてお...”(19年06月18日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

2位2269億(連結)

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

3位156億(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメン...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

資産のトップ3(19年03月)
1位20兆9815億(連結)

(19年12月) ”ソニーは、ゲーム&ネットワークサービス(以下「G&NS」)、音楽、映画、ホームエンタテインメント&サウンド(以下「HE&S」)、イメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)、モバイル・コミュニケーション(以下「MC」)、半導体、金融及びその他の事業から構成されてお...”(19年06月18日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

2位4兆8965億(連結)

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

3位2506億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び当社の子会社75社(国内16社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内6社、海外2社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVC...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

全従業員のトップ3(19年03月)
1位2万8714(連結)

(19年12月) ”当企業集団は、2019年3月31日現在、フォスター電機株式会社(当社)及び連結子会社27社、持分法適用関連会社1社により構成されており、「スピーカ事業」、「モバイルオーディオ事業」のセグメント区分及びそれらに含まれない「その他事業」の製造と販売を行っています。フォスターエレクトリ...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

2位2万 46(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び当社の子会社75社(国内16社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内6社、海外2社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVC...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

3位8850(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメン...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

概況

※ポイント(0~10)表記

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位ソニー:8兆6656億(連結)

2位キヤノン:3兆8556億(連結)

3位JVCケンウッド:3076億(連結)

4位第一興商:1438億(連結)

5位フォスター電機:1403億(連結)

6位船井電機:1055億(連結)

7位TOA:463億(連結)

8位オンキヨー:438億(連結)

9位池上通信機:249億(連結)

10位日本アビオニクス:174億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位ソニー:2918億(単独)

2位JVCケンウッド:842億(連結)

3位第一興商:542億(連結)

4位TOA:201億(連結)

5位フォスター電機:175億(連結)

6位船井電機:137億(連結)

7位オンキヨー:112億(連結)

8位池上通信機:74億(連結)

9位ティアック:66億(連結)

10位日本アビオニクス:38億(連結)

営業利益(19年03月)

1位ソニー:8942億(連結)

2位第一興商:196億(連結)

3位JVCケンウッド:72億(連結)

4位フォスター電機:39億(連結)

5位TOA:39億(連結)

6位池上通信機:10億(連結)

7位船井電機:6億8200万(連結)

8位ティアック:6億 100万(連結)

9位ズーム:2億7230万(連結)

10位日本アビオニクス:-7000万(連結)

経常利益(19年03月)

1位ソニー:1574億(単独)

2位第一興商:208億(連結)

3位フォスター電機:43億(連結)

4位TOA:40億(連結)

5位JVCケンウッド:15億(単独)

6位船井電機:13億(連結)

7位池上通信機:10億(連結)

8位ズーム:3億2813万(連結)

9位ティアック:5700万(単独)

10位日本アビオニクス:-1億5500万(連結)

当期純利益(19年03月)

1位第一興商:156億(連結)

2位ソニー:151億(単独)

3位JVCケンウッド:43億(連結)

4位TOA:29億(連結)

5位船井電機:26億(連結)

6位池上通信機:8億4500万(連結)

7位ズーム:2億6202万(連結)

8位ティアック:1億3900万(連結)

9位日本アビオニクス:2200万(連結)

10位オンキヨー:-1億3800万(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位ソニー:9162億(連結)

2位キヤノン:2269億(連結)

3位第一興商:156億(連結)

4位JVCケンウッド:38億(連結)

5位船井電機:26億(連結)

6位TOA:25億(連結)

7位池上通信機:8億4500万(連結)

8位ズーム:3億 479万(連結)

9位ティアック:5100万(連結)

10位オンキヨー:3400万(連結)

営業CF(19年03月)

1位ソニー:1兆2587億(連結)

2位キヤノン:3840億(連結)

3位第一興商:302億(連結)

4位JVCケンウッド:209億(連結)

5位フォスター電機:179億(連結)

6位船井電機:35億(連結)

7位TOA:32億(連結)

8位池上通信機:29億(連結)

9位日本アビオニクス:27億(連結)

10位ズーム:-1億9368万(連結)

投資CF(19年03月)

1位オンキヨー:47億(連結)

2位ティアック:1億 100万(連結)

3位日本アビオニクス:-1億2900万(連結)

4位ズーム:-3億 71万(連結)

5位池上通信機:-4億 500万(連結)

6位船井電機:-7億7500万(連結)

7位TOA:-20億(連結)

8位フォスター電機:-34億(連結)

9位第一興商:-141億(連結)

10位JVCケンウッド:-257億(連結)

総合点(19年03月)

1位ソニー:10点

2位第一興商:8.91点

3位TOA:8.59点

4位キヤノン:8.15点

5位フォスター電機:7.68点

6位JVCケンウッド:6.86点

7位ズーム:6.34点

8位池上通信機:5.63点

9位船井電機:4.91点

10位日本アビオニクス:4.7点

収益性(19年03月)

1位ソニー:10点

2位第一興商:7.7点

3位JVCケンウッド:7.68点

4位フォスター電機:6.64点

5位TOA:6.61点

6位池上通信機:6.53点

7位キヤノン:6.04点

8位オンキヨー:5.07点

9位船井電機:4.04点

10位日本アビオニクス:3.87点

安全性(19年03月)

1位ソニー:10点

2位キヤノン:9.74点

3位船井電機:9.74点

4位TOA:9.66点

5位第一興商:9.53点

6位日本アビオニクス:9.5点

7位JVCケンウッド:9.41点

8位池上通信機:9.12点

9位フォスター電機:9.02点

10位ズーム:7.69点

成長性(19年03月)

1位ソニー:10点

2位第一興商:9.5点

3位TOA:9.49点

4位キヤノン:8.68点

5位ズーム:8.64点

6位フォスター電機:7.36点

7位JVCケンウッド:3.49点

8位オンキヨー:2.4点

9位池上通信機:1.24点

10位船井電機:0.96点

資産(19年03月)

1位ソニー:20兆9815億(連結)

2位キヤノン:4兆8965億(連結)

3位JVCケンウッド:2506億(連結)

4位第一興商:1888億(連結)

5位フォスター電機:912億(連結)

6位船井電機:832億(連結)

7位TOA:577億(連結)

8位池上通信機:276億(連結)

9位日本アビオニクス:264億(連結)

10位オンキヨー:210億(連結)

純資産(19年03月)

1位ソニー:4兆4366億(連結)

2位キヤノン:2兆9540億(連結)

3位第一興商:1326億(連結)

4位JVCケンウッド:653億(連結)

5位フォスター電機:592億(連結)

6位船井電機:540億(連結)

7位TOA:456億(連結)

8位池上通信機:123億(連結)

9位日本アビオニクス:90億(連結)

10位ズーム:46億(連結)

全従業員(19年03月)

1位フォスター電機:2万8714人(連結)

2位JVCケンウッド:2万 46人(連結)

3位第一興商:8850人(連結)

4位オンキヨー:1521人(連結)

5位船井電機:632人(単独)

ROA(19年03月)

1位第一興商:8.26%(連結)

2位キヤノン:4.63%(連結)

3位ソニー:4.37%(連結)

4位TOA:4.34%(連結)

5位ズーム:4.24%(連結)

6位船井電機:3.14%(連結)

7位池上通信機:3.06%(連結)

8位JVCケンウッド:1.53%(連結)

9位ティアック:0.55%(連結)

10位オンキヨー:0.16%(連結)

ROE(19年03月)

1位ソニー:20.65%(連結)

2位第一興商:11.9%(連結)

3位キヤノン:8.22%(連結)

4位ズーム:6.59%(連結)

5位池上通信機:6.3%(連結)

6位JVCケンウッド:6.2%(連結)

7位TOA:6.14%(連結)

8位ティアック:4.45%(連結)

9位船井電機:4.01%(連結)

10位オンキヨー:1.97%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位ソニー:78.14%(単独)

2位TOA:43.56%(連結)

3位ティアック:42.4%(連結)

4位第一興商:37.74%(連結)

5位ズーム:34.2%(連結)

6位池上通信機:29.98%(連結)

7位JVCケンウッド:27.4%(連結)

8位オンキヨー:25.73%(連結)

9位日本アビオニクス:22.22%(連結)

10位船井電機:12.98%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位第一興商:13.68%(連結)

2位ソニー:10.32%(連結)

3位TOA:8.42%(連結)

4位池上通信機:4.39%(連結)

5位ティアック:3.83%(連結)

6位ズーム:3.35%(連結)

7位フォスター電機:2.81%(連結)

8位JVCケンウッド:2.36%(連結)

9位船井電機:0.65%(連結)

10位日本アビオニクス:-0.4%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位ソニー:42.17%(単独)

2位第一興商:14.52%(連結)

3位TOA:8.85%(連結)

4位池上通信機:4.38%(連結)

5位ズーム:4.03%(連結)

6位フォスター電機:3.08%(連結)

7位船井電機:1.32%(連結)

8位JVCケンウッド:0.88%(単独)

9位ティアック:0.56%(単独)

10位日本アビオニクス:-0.89%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位第一興商:10.85%(連結)

2位ソニー:10.57%(連結)

3位キヤノン:5.89%(連結)

4位TOA:5.4%(連結)

5位ズーム:3.75%(連結)

6位池上通信機:3.39%(連結)

7位船井電機:2.48%(連結)

8位JVCケンウッド:1.25%(連結)

9位ティアック:0.33%(連結)

10位日本アビオニクス:0.13%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位船井電機:78.22%(連結)

2位TOA:70.66%(連結)

3位第一興商:69.42%(連結)

4位ズーム:64.31%(連結)

5位フォスター電機:59.52%(連結)

6位キヤノン:56.42%(連結)

7位池上通信機:48.62%(連結)

8位JVCケンウッド:24.74%(連結)

9位日本アビオニクス:23.51%(連結)

10位ソニー:21.15%(連結)

固定比率(19年03月)

1位船井電機:20.47%(連結)

2位ズーム:24.58%(連結)

3位池上通信機:32.27%(連結)

4位TOA:40%(連結)

5位フォスター電機:43.26%(連結)

6位第一興商:87.23%(連結)

7位ソニー:110.31%(単独)

8位日本アビオニクス:120.68%(連結)

9位JVCケンウッド:155.98%(連結)

10位ティアック:166.29%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位船井電機:20.12%(連結)

2位ズーム:23.54%(連結)

3位池上通信機:26.7%(連結)

4位TOA:36.44%(連結)

5位フォスター電機:38.62%(連結)

6位ティアック:47.09%(連結)

7位日本アビオニクス:53.35%(連結)

8位JVCケンウッド:67.54%(連結)

9位第一興商:74.17%(連結)

10位ソニー:95.14%(単独)

流動比率(19年03月)

1位TOA:513.11%(連結)

2位フォスター電機:266.27%(連結)

3位ズーム:258.81%(連結)

4位船井電機:248.77%(連結)

5位第一興商:224.95%(連結)

6位日本アビオニクス:197.65%(連結)

7位池上通信機:187.01%(連結)

8位ソニー:179.73%(単独)

9位JVCケンウッド:147.85%(連結)

10位ティアック:145.38%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位TOA:5.09ヶ月(連結)

2位第一興商:4.71ヶ月(連結)

3位船井電機:3.81ヶ月(連結)

4位ズーム:3.65ヶ月(連結)

5位池上通信機:2.96ヶ月(連結)

6位日本アビオニクス:2.21ヶ月(連結)

7位ソニー:2.04ヶ月(連結)

8位フォスター電機:1.84ヶ月(連結)

9位JVCケンウッド:1.59ヶ月(連結)

10位キヤノン:1.37ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位オンキヨー:2.09回転(連結)

2位ティアック:1.68回転(連結)

3位フォスター電機:1.54回転(連結)

4位船井電機:1.27回転(連結)

5位JVCケンウッド:1.23回転(連結)

6位ズーム:1.13回転(連結)

7位池上通信機:0.9回転(連結)

8位TOA:0.8回転(連結)

9位キヤノン:0.79回転(連結)

10位第一興商:0.76回転(連結)

音響・映像機器業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

コンテンツ関連産業(活動指数)

82.0 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

映像・音声・文字情報製作業(売上高)

4,605,016.0 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

音楽・映像ソフトレンタル(活動指数)

67.0 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

レコード制作業(活動指数)

59.0 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

音声情報制作業(活動指数)

69.7 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

映画制作・配給業(活動指数)

97.5 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

映像情報制作・配給業(活動指数)

91.5 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

映像・音声・文字情報制作業(活動指数)

78.1 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

ビデオ制作・配給業(活動指数)

77.2 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

テレビ番組制作・配給業(活動指数)

91.3 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”ソニーは、ゲーム&ネットワークサービス(以下「G&NS」)、音楽、映画、ホームエンタテインメント&サウンド(以下「HE&S」)、イメージング・プロダクツ&ソリューション(以下「IP&S」)、モバイル・コミュニケーション(以下「MC」)、半導体、金融及びその他の事業から構成されてお...”(19年06月18日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月18日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社及び当社の子会社75社(国内16社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内6社、海外2社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVC...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(18年12月) ”パイオニア株式会社(以下「当社」という。)は、当社および当社の関係会社(以下「当社グループ」という。)の事業を、「カーエレクトロニクス」および「その他」に区分しています。また、販売に関しては、概ね販売子会社が行う体制をとっていますが、一部地域の顧客に対しては、当社が直接販売してい...”(18年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年02月19日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメン...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当企業集団は、2019年3月31日現在、フォスター電機株式会社(当社)及び連結子会社27社、持分法適用関連会社1社により構成されており、「スピーカ事業」、「モバイルオーディオ事業」のセグメント区分及びそれらに含まれない「その他事業」の製造と販売を行っています。フォスターエレクトリ...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社及び関係会社26社(子会社25社、関連会社1社)により構成され、電気機械器具の製造及び販売を主たる事業とし、これに附帯する事業を営んでおります。主要な製品としては下記のものがあります。FUNAI(THAILAND)CO.,LTD.Funai Electric ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社および子会社24社の計25社で構成されており、音響機器と映像機器の2つを中心に製造、販売およびこれらに関連する事業を営んでおります。セグメントは所在地別に日本セグメント、アジア・パシフィックセグメント、欧州・中東・アフリカセグメント、アメリカセグメント、中国・...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社および子会社5社から構成されており、情報通信機器の開発、生産、販売、サービスにわたる事業活動を展開しています。当社が情報通信機器の開発、生産ならびに北米・中南米、欧州・中東・アフリカ、西アジア・東南アジア・大洋州地域を除いた販売、サービス活動を行っています。(...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社及び当社の関係会社は、当社、親会社(日本電気株式会社)及び当社子会社1社により構成され、情報システム、電子機器の販売を主な事業内容としております。なお、当社は2016年7月7日開催の取締役会において、プリント配線板事業を沖電気工業株式会社グループに事業移管することを決議し、移...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月03日

あとで比較する

すぐに比較する

音響・映像機器業界の同業他社をもっと見る