比較リスト

光学機器・部品業界のランキングと概況

光学機器・部品業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業はキヤノンコニカミノルタニコンオリンパスHOYA日本電子キヤノン電子タムロン日本電波工業大真空などです。キーワードは、光学レンズユニットデジタルカメラ電子部品電子光学機器半導体機器水晶水晶振動子コンパクトデジタルカメラfpdガラス複合機を設定しています。

売上高のトップ3(19年03月)
1位3兆8556億(連結)

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

2位1兆 591億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び連結子会社174社並びに持分法を適用した関連会社及び共同支配企業5社で構成されており、主な事業はオフィス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業からなっております(2019年3月31日現在)。なお、以下の4事業は「第5 経...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

3位7938億(連結)

(19年12月) ” 次の4事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 6.事業セグメント」に掲げるセグメントの区分と同一です。ティーメディクス(株)、Olympus America Inc.、Olympus Europa SE & Co. KG、Ke...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

営業利益のトップ3(19年03月)
1位826億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、株式会社ニコン(当社)及び連結子会社81社並びに持分法適用関連会社16社より構成されており、映像事業、精機事業、ヘルスケア事業、産業機器事業等を行っております。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月04日

あとで比較する

2位624億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び連結子会社174社並びに持分法を適用した関連会社及び共同支配企業5社で構成されており、主な事業はオフィス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業からなっております(2019年3月31日現在)。なお、以下の4事業は「第5 経...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

3位305億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、HOYA株式会社及び連結子会社146社(国内11社、海外135社)並びに関連会社10社(国内4社、海外6社)により構成されており、ヘルスケア関連製品、メディカル関連製品、エレクトロニクス関連製品、映像関連製品の製造販売及びそれらに附帯する事業を行っております。各製...”(19年06月07日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

当期純利益のトップ3(19年03月)
1位1220億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、HOYA株式会社及び連結子会社146社(国内11社、海外135社)並びに関連会社10社(国内4社、海外6社)により構成されており、ヘルスケア関連製品、メディカル関連製品、エレクトロニクス関連製品、映像関連製品の製造販売及びそれらに附帯する事業を行っております。各製...”(19年06月07日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

2位879億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、株式会社ニコン(当社)及び連結子会社81社並びに持分法適用関連会社16社より構成されており、映像事業、精機事業、ヘルスケア事業、産業機器事業等を行っております。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月04日

あとで比較する

3位417億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び連結子会社174社並びに持分法を適用した関連会社及び共同支配企業5社で構成されており、主な事業はオフィス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業からなっております(2019年3月31日現在)。なお、以下の4事業は「第5 経...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

親会社の所有者に帰属する当期利益のトップ3(19年03月)
1位2269億(連結)

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

2位1221億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、HOYA株式会社及び連結子会社146社(国内11社、海外135社)並びに関連会社10社(国内4社、海外6社)により構成されており、ヘルスケア関連製品、メディカル関連製品、エレクトロニクス関連製品、映像関連製品の製造販売及びそれらに附帯する事業を行っております。各製...”(19年06月07日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

3位665億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、株式会社ニコン(当社)及び連結子会社81社並びに持分法適用関連会社16社より構成されており、映像事業、精機事業、ヘルスケア事業、産業機器事業等を行っております。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月04日

あとで比較する

資産のトップ3(19年03月)
1位4兆8965億(連結)

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

2位1兆2189億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び連結子会社174社並びに持分法を適用した関連会社及び共同支配企業5社で構成されており、主な事業はオフィス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業からなっております(2019年3月31日現在)。なお、以下の4事業は「第5 経...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

3位1兆1349億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、株式会社ニコン(当社)及び連結子会社81社並びに持分法適用関連会社16社より構成されており、映像事業、精機事業、ヘルスケア事業、産業機器事業等を行っております。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月04日

あとで比較する

全従業員のトップ3(19年03月)
1位4万4360(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び連結子会社174社並びに持分法を適用した関連会社及び共同支配企業5社で構成されており、主な事業はオフィス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業からなっております(2019年3月31日現在)。なお、以下の4事業は「第5 経...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

2位3万6520(連結)

(19年12月) ” 次の4事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 6.事業セグメント」に掲げるセグメントの区分と同一です。ティーメディクス(株)、Olympus America Inc.、Olympus Europa SE & Co. KG、Ke...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

3位4397(連結)

(19年12月) ”当社及び当社の関係会社は、当社と連結子会社13社(以下当社グループという)及び非連結子会社1社により構成され、当社グループは、水晶応用電子部品を製造販売する単独事業会社です。当社グループは人工水晶等の部材から一般水晶振動子、音叉型水晶振動子及び水晶応用製品等、電子部品を製造販売す...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

概況

※ポイント(0~10)表記

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位キヤノン:3兆8556億(連結)

2位コニカミノルタ:1兆 591億(連結)

3位オリンパス:7938億(連結)

4位ニコン:7086億(連結)

5位HOYA:5658億(連結)

6位日本電子:1112億(連結)

7位キヤノン電子:905億(連結)

8位タムロン:624億(連結)

9位日本電波工業:424億(連結)

10位大真空:284億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位オリンパス:5095億(連結)

2位コニカミノルタ:5088億(連結)

3位ニコン:3034億(連結)

4位HOYA:926億(単独)

5位日本電子:424億(連結)

6位タムロン:221億(連結)

7位キヤノン電子:195億(連結)

8位オハラ:94億(連結)

9位日本電波工業:70億(連結)

10位大真空:61億(連結)

営業利益(19年03月)

1位ニコン:826億(連結)

2位コニカミノルタ:624億(連結)

3位HOYA:305億(単独)

4位オリンパス:282億(連結)

5位キヤノン電子:87億(連結)

6位日本電子:66億(連結)

7位タムロン:54億(連結)

8位オハラ:29億(連結)

9位シグマ光機:12億(連結)

10位テクノホライゾン・ホールディングス:11億(連結)

経常利益(19年03月)

1位HOYA:801億(単独)

2位ニコン:463億(単独)

3位オリンパス:439億(単独)

4位キヤノン電子:90億(連結)

5位コニカミノルタ:79億(単独)

6位日本電子:74億(連結)

7位タムロン:61億(連結)

8位オハラ:33億(連結)

9位シグマ光機:13億(連結)

10位テクノホライゾン・ホールディングス:11億(連結)

継続事業からの当期利益(19年03月)

1位HOYA:1220億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位HOYA:1220億(連結)

2位ニコン:879億(連結)

3位コニカミノルタ:417億(連結)

4位オリンパス:80億(連結)

5位キヤノン電子:67億(連結)

6位日本電子:59億(連結)

7位タムロン:45億(連結)

8位オハラ:21億(連結)

9位シグマ光機:9億 66万(連結)

10位テクノホライゾン・ホールディングス:6億4623万(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位キヤノン:2269億(連結)

2位HOYA:1221億(連結)

3位ニコン:665億(連結)

4位コニカミノルタ:417億(連結)

5位オリンパス:81億(連結)

6位キヤノン電子:68億(連結)

7位日本電子:59億(連結)

8位タムロン:45億(連結)

9位オハラ:21億(連結)

10位シグマ光機:8億9270万(連結)

営業CF(19年03月)

1位キヤノン:3840億(連結)

2位HOYA:1465億(連結)

3位ニコン:689億(連結)

4位オリンパス:669億(連結)

5位コニカミノルタ:571億(連結)

6位タムロン:77億(連結)

7位キヤノン電子:76億(連結)

8位日本電子:47億(連結)

9位オハラ:22億(連結)

10位日本電波工業:16億(連結)

投資CF(19年03月)

1位セコニック:4億3300万(連結)

2位リバーエレテック:-1億5429万(連結)

3位岡本硝子:-6億3133万(連結)

4位テクノホライゾン・ホールディングス:-6億8366万(連結)

5位ジェイテックコーポレーション:-7億6636万(単独)

6位シグマ光機:-8億7752万(連結)

7位大日光・エンジニアリング:-8億8362万(連結)

8位日本電子:-14億(連結)

9位大真空:-15億(連結)

10位オハラ:-19億(連結)

総合点(19年03月)

1位シグマ光機:9.47点

2位日本電子:9.34点

3位HOYA:9.3点

4位コニカミノルタ:9.04点

5位オハラ:8.91点

6位タムロン:8.32点

7位ジェイテックコーポレーション:8.28点

8位キヤノン:8.15点

9位岡本硝子:7.88点

10位オリンパス:6.92点

収益性(19年03月)

1位岡本硝子:10点

2位日本電子:10点

3位HOYA:10点

4位オハラ:9.81点

5位シグマ光機:8.68点

6位セコニック:8.39点

7位ニコン:7.67点

8位オリンパス:7.32点

9位コニカミノルタ:7.13点

10位タムロン:7.05点

成長性(19年03月)

1位コニカミノルタ:10点

2位シグマ光機:10点

3位日本電子:9.14点

4位ジェイテックコーポレーション:8.92点

5位キヤノン:8.68点

6位HOYA:8.38点

7位タムロン:8.35点

8位オハラ:7.49点

9位オリンパス:3.9点

10位岡本硝子:3.89点

資産(19年03月)

1位キヤノン:4兆8965億(連結)

2位コニカミノルタ:1兆2189億(連結)

3位ニコン:1兆1349億(連結)

4位オリンパス:9320億(連結)

5位HOYA:7639億(連結)

6位日本電子:1226億(連結)

7位キヤノン電子:1145億(連結)

8位タムロン:628億(連結)

9位日本電波工業:607億(連結)

10位大真空:584億(連結)

純資産(19年03月)

1位キヤノン:2兆9540億(連結)

2位HOYA:6277億(連結)

3位ニコン:6167億(連結)

4位コニカミノルタ:5659億(連結)

5位オリンパス:4423億(連結)

6位キヤノン電子:918億(連結)

7位タムロン:507億(連結)

8位オハラ:431億(連結)

9位日本電子:415億(連結)

10位大真空:305億(連結)

全従業員(19年03月)

1位コニカミノルタ:4万4360人(連結)

2位オリンパス:3万6520人(連結)

3位大真空:4397人(連結)

4位HOYA:4023人(単独)

5位日本電波工業:3783人(連結)

6位オハラ:1830人(連結)

7位テクノホライゾン・ホールディングス:1029人(連結)

8位セコニック:499人(連結)

9位リバーエレテック:422人(連結)

10位岡本硝子:325人(連結)

ROA(19年03月)

1位HOYA:15.98%(連結)

2位タムロン:7.21%(連結)

3位キヤノン電子:5.99%(連結)

4位ニコン:5.86%(連結)

5位シグマ光機:5.66%(連結)

6位日本電子:4.84%(連結)

7位キヤノン:4.63%(連結)

8位オハラ:3.7%(連結)

9位テクノホライゾン・ホールディングス:3.47%(連結)

10位コニカミノルタ:3.42%(連結)

ROE(19年03月)

1位HOYA:19.59%(連結)

2位日本電子:14.22%(連結)

3位テクノホライゾン・ホールディングス:11.11%(連結)

4位ニコン:10.8%(連結)

5位タムロン:9.44%(連結)

6位キヤノン:8.22%(連結)

7位岡本硝子:7.97%(連結)

8位コニカミノルタ:7.5%(連結)

9位キヤノン電子:7.43%(連結)

10位シグマ光機:7.19%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位ジェイテックコーポレーション:69.33%(単独)

2位オリンパス:64.19%(連結)

3位HOYA:48.31%(単独)

4位コニカミノルタ:48.05%(連結)

5位ニコン:42.81%(連結)

6位シグマ光機:41.42%(連結)

7位日本電子:38.13%(連結)

8位タムロン:35.54%(連結)

9位オハラ:33.67%(連結)

10位岡本硝子:29.91%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位HOYA:15.91%(単独)

2位シグマ光機:13.69%(連結)

3位ニコン:11.66%(連結)

4位オハラ:10.58%(連結)

5位キヤノン電子:9.64%(連結)

6位タムロン:8.74%(連結)

7位日本電子:5.99%(連結)

8位コニカミノルタ:5.9%(連結)

9位テクノホライゾン・ホールディングス:5.82%(連結)

10位岡本硝子:5.45%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位HOYA:41.76%(単独)

2位シグマ光機:14.96%(連結)

3位オハラ:11.97%(連結)

4位オリンパス:11.67%(単独)

5位キヤノン電子:9.96%(連結)

6位タムロン:9.81%(連結)

7位ニコン:9.09%(単独)

8位ジェイテックコーポレーション:8.11%(単独)

9位日本電子:6.69%(連結)

10位テクノホライゾン・ホールディングス:5.66%(連結)

売上高利益率(継続事業からの当期利益)(19年03月)

1位HOYA:21.57%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位HOYA:21.58%(連結)

2位シグマ光機:9.81%(連結)

3位ニコン:9.39%(連結)

4位キヤノン電子:7.58%(連結)

5位オハラ:7.49%(連結)

6位タムロン:7.26%(連結)

7位キヤノン:5.89%(連結)

8位日本電子:5.34%(連結)

9位ジェイテックコーポレーション:5.13%(単独)

10位コニカミノルタ:3.94%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位ジェイテックコーポレーション:85.3%(単独)

2位HOYA:81.57%(連結)

3位キヤノン電子:80.68%(連結)

4位シグマ光機:78.76%(連結)

5位タムロン:76.41%(連結)

6位オハラ:70.49%(連結)

7位セコニック:68.57%(連結)

8位キヤノン:56.42%(連結)

9位ニコン:54.27%(連結)

10位オリンパス:47.34%(連結)

固定比率(19年03月)

1位タムロン:35.26%(連結)

2位HOYA:41.05%(連結)

3位キヤノン電子:42.76%(連結)

4位セコニック:47.29%(連結)

5位シグマ光機:51.88%(連結)

6位ジェイテックコーポレーション:52.23%(単独)

7位ニコン:54.6%(連結)

8位オハラ:67.57%(連結)

9位日本電子:70.33%(連結)

10位大真空:99.78%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位タムロン:33.62%(連結)

2位HOYA:39.5%(連結)

3位キヤノン電子:40.73%(連結)

4位ニコン:44.8%(連結)

5位セコニック:44.87%(連結)

6位日本電子:46.81%(連結)

7位シグマ光機:48.31%(連結)

8位ジェイテックコーポレーション:49.88%(単独)

9位オハラ:59.04%(連結)

10位大日光・エンジニアリング:65.98%(連結)

流動比率(19年03月)

1位ジェイテックコーポレーション:519.76%(単独)

2位タムロン:470.82%(連結)

3位HOYA:454.6%(連結)

4位シグマ光機:438.51%(連結)

5位キヤノン電子:413.33%(連結)

6位オハラ:376.87%(連結)

7位セコニック:292.18%(連結)

8位大真空:219.58%(連結)

9位コニカミノルタ:213.34%(連結)

10位ニコン:208.23%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位ジェイテックコーポレーション:12.58ヶ月(単独)

2位ニコン:6.96ヶ月(連結)

3位HOYA:6.22ヶ月(連結)

4位大真空:5.88ヶ月(連結)

5位タムロン:4.55ヶ月(連結)

6位オハラ:4.45ヶ月(連結)

7位シグマ光機:3.33ヶ月(連結)

8位セコニック:2.98ヶ月(連結)

9位キヤノン電子:2.72ヶ月(連結)

10位日本電波工業:2.32ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位大日光・エンジニアリング:1.36回転(連結)

2位テクノホライゾン・ホールディングス:1.05回転(連結)

3位タムロン:0.99回転(連結)

4位日本電子:0.91回転(連結)

5位セコニック:0.89回転(連結)

6位コニカミノルタ:0.87回転(連結)

7位オリンパス:0.85回転(連結)

8位岡本硝子:0.8回転(連結)

9位キヤノン電子:0.79回転(連結)

10位キヤノン:0.79回転(連結)

光学機器・部品業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

測量機器

すぐに比較する

電子部品

すぐに比較する

タッチパネル

すぐに比較する

半導体

すぐに比較する

時計

すぐに比較する

LED

すぐに比較する

電池

すぐに比較する

電子看板

すぐに比較する

医療用製品

すぐに比較する

業界検索へ

機械設計業(活動指数)

148.7 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

家電大型専門店店舗数

2,547.0 (店)(19年12月)

すぐに比較する

空調・住宅関連機器(付加価値額)[2015年基準]

88.8 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

家事用機器(付加価値額)[2015年基準]

70.4 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

開閉制御装置・機器(付加価値額)[2015年基準]

85.2 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

回転電気機械(付加価値額)[2015年基準]

98.9 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

電気機械工業(付加価値額)[2015年基準]

89.6 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

配線・電球・照明器具(付加価値額)[2015年基準]

101.7 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

電池(付加価値額)[2015年基準]

111.5 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

AV家電(家電大型専門店)※一店舗あたり

259.14 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年09月) ”当社は米国会計基準によって連結財務諸表を作成しており、関係会社についても当該会計原則の定義に基づいて開示しております。第2「事業の状況」及び第3「設備の状況」においても同様であります。)280「セグメント報告」に基づき作成しております。当社は、内部報告及び管理体制の変更に基づき、...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社及び連結子会社174社並びに持分法を適用した関連会社及び共同支配企業5社で構成されており、主な事業はオフィス事業、プロフェッショナルプリント事業、ヘルスケア事業、産業用材料・機器事業からなっております(2019年3月31日現在)。なお、以下の4事業は「第5 経...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、株式会社ニコン(当社)及び連結子会社81社並びに持分法適用関連会社16社より構成されており、映像事業、精機事業、ヘルスケア事業、産業機器事業等を行っております。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月04日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ” 次の4事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 6.事業セグメント」に掲げるセグメントの区分と同一です。ティーメディクス(株)、Olympus America Inc.、Olympus Europa SE & Co. KG、Ke...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、HOYA株式会社及び連結子会社146社(国内11社、海外135社)並びに関連会社10社(国内4社、海外6社)により構成されており、ヘルスケア関連製品、メディカル関連製品、エレクトロニクス関連製品、映像関連製品の製造販売及びそれらに附帯する事業を行っております。各製...”(19年06月07日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社および当社の関係会社、以下同じ)は、当社、子会社27社および関連会社4社で構成され、電子光学機器、分析機器、計測検査機器、産業機器、医用機器の製造販売を主な内容とし、更にこれらに附帯する製品・部品の加工委託、保守・サービス、周辺機器の仕入販売を営んでおります。J...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年09月) ”当社グループは、当社と子会社9社(うち連結子会社9社)で構成されており、コンポーネント、電子情報機器等の国内外における製造及び販売を主な事業として取り組んでおります。また、当社グループはキヤノングループに属し、主として親会社であるキヤノン株式会社及びその生産子会社から部品を仕入れ...”(19年03月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年09月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社タムロン)、連結子会社9社、非連結子会社1社及び関連会社1社により構成されており、主な事業の内容は写真関連とレンズ関連並びに特機関連の製造及び販売であります。TAMRON USA, INC.TAMRON Europe Gmb...”(19年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社及び当社の関係会社は、当社と連結子会社13社(以下当社グループという)及び非連結子会社1社により構成され、当社グループは、水晶応用電子部品を製造販売する単独事業会社です。当社グループは人工水晶等の部材から一般水晶振動子、音叉型水晶振動子及び水晶応用製品等、電子部品を製造販売す...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、国内子会社3社、海外子会社10社の14社で構成され、水晶振動子、水晶機器等の水晶デバイス、応用機器、人工水晶及び水晶片(ブランク)等の水晶関連製品の一貫製造と販売を行っております。当社が製造販売する他、国内におきましては連結子会社であります古川エヌ・デー・ケ...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

光学機器・部品業界の同業他社をもっと見る