比較リスト

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(19年12月時点)

全業界(4686)

水産(4)

化学(224)

ガラス・土石製品(74)

鉄鋼(39)

輸送用機械(254)

精密機器(76)

放送(61)

不動産(214)

アパレル・雑貨(109)

卸売(361)

全業界(金融除く)(4363)

林業・木材(17)

繊維(35)

食料品(127)

金属製品(158)

電気機器(146)

金融(333)

通信(45)

建設(397)

外食(128)

その他流通(16)

農業・園芸(6)

資源(22)

製紙・パルプ(21)

飲料(26)

非鉄金属(29)

電子部品・デバイス(134)

出版・新聞(67)

IT(609)

生活用品(125)

サービス(292)

レジャー・エンタメ(202)

畜産(10)

電気・ガス(50)

ゴム製品(20)

医療・介護(162)

機械(310)

電子機器・情報通信機器(47)

広告(57)

運輸・郵便(199)

化粧品(22)

小売(262)

環境(12)

青は好調な業界、赤は不調な業界を表しています。(19年12月時点)

全業界(4686)

全業界(金融除く)(4363)

農業・園芸(6)

畜産(10)

水産(4)

林業・木材(17)

資源(22)

電気・ガス(50)

化学(224)

繊維(35)

製紙・パルプ(21)

ゴム製品(20)

ガラス・土石製品(74)

食料品(127)

飲料(26)

医療・介護(162)

鉄鋼(39)

金属製品(158)

非鉄金属(29)

機械(310)

輸送用機械(254)

電気機器(146)

電子部品・デバイス(134)

電子機器・情報通信機器(47)

精密機器(76)

金融(333)

出版・新聞(67)

広告(57)

放送(61)

通信(45)

IT(609)

運輸・郵便(199)

不動産(214)

建設(397)

生活用品(125)

化粧品(22)

アパレル・雑貨(109)

外食(128)

サービス(292)

小売(262)

卸売(361)

その他流通(16)

レジャー・エンタメ(202)

環境(12)

バス・タクシー業界のランキングと概況

総合点など

バス・タクシー業界の売上、利益などのランキング(年間データを対象)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値を業界毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は阪急阪神ホールディングス西武ホールディングス南海電気鉄道西日本鉄道第一交通産業三重交通グループホールディングス神奈川中央交通富士急行広島電鉄九州産業交通ホールディングスなどです。キーワードは、旅客運輸貸切貸切バス乗合バス鉄道事業旅客運送乗合バス旅行業鉄道路線走行キロ自動車運送事業高速バスを設定しています。

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:7914億(連結)

2位西武ホールディングス:5659億(連結)

3位西日本鉄道:3968億(連結)

4位南海電気鉄道:2274億(連結)

5位神奈川中央交通:1148億(連結)

6位三重交通グループホールディングス:1062億(連結)

7位第一交通産業:1061億(連結)

8位アルピコホールディングス:1002億(連結)

9位富士急行:544億(連結)

10位神姫バス:458億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位神奈川中央交通:215億(連結)

2位第一交通産業:184億(連結)

3位神姫バス:130億(連結)

4位新潟交通:62億(連結)

5位長崎自動車:60億(連結)

6位奈良交通:50億(連結)

7位北海道中央バス:41億(連結)

8位越後交通:39億(連結)

9位サンデン交通:19億(連結)

10位九州産業交通ホールディングス:18億(連結)

営業利益(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:1149億(連結)

2位西武ホールディングス:733億(連結)

3位南海電気鉄道:277億(連結)

4位西日本鉄道:201億(連結)

5位三重交通グループホールディングス:71億(連結)

6位第一交通産業:66億(連結)

7位神奈川中央交通:66億(連結)

8位富士急行:61億(連結)

9位神姫バス:23億(連結)

10位新潟交通:19億(連結)

経常利益(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:1105億(連結)

2位西武ホールディングス:654億(連結)

3位南海電気鉄道:238億(連結)

4位西日本鉄道:192億(連結)

5位三重交通グループホールディングス:70億(連結)

6位第一交通産業:69億(連結)

7位神奈川中央交通:67億(連結)

8位富士急行:58億(連結)

9位神姫バス:25億(連結)

10位新潟交通:15億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:680億(連結)

2位西武ホールディングス:459億(連結)

3位南海電気鉄道:128億(連結)

4位西日本鉄道:67億(連結)

5位三重交通グループホールディングス:45億(連結)

6位神奈川中央交通:43億(連結)

7位第一交通産業:42億(連結)

8位富士急行:21億(連結)

9位神姫バス:17億(連結)

10位新潟交通:9億 993万(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:654億(連結)

2位西武ホールディングス:454億(連結)

3位南海電気鉄道:130億(連結)

4位西日本鉄道:63億(連結)

5位三重交通グループホールディングス:45億(連結)

6位第一交通産業:41億(連結)

7位神奈川中央交通:40億(連結)

8位富士急行:20億(連結)

9位神姫バス:17億(連結)

10位新潟交通:9億 993万(連結)

営業CF(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:1260億(連結)

2位西武ホールディングス:881億(連結)

3位南海電気鉄道:387億(連結)

4位西日本鉄道:223億(連結)

5位富士急行:108億(連結)

6位神奈川中央交通:103億(連結)

7位三重交通グループホールディングス:92億(連結)

8位第一交通産業:64億(連結)

9位アルピコホールディングス:57億(連結)

10位九州産業交通ホールディングス:46億(連結)

投資CF(19年03月)

1位じょうてつ:6億 634万(連結)

2位島原鉄道:-121万(連結)

3位日ノ丸自動車:-2億1092万(連結)

4位瀬戸内運輸:-2億6612万(連結)

5位大分交通:-2億7673万(連結)

6位サンデン交通:-2億9957万(連結)

7位越後交通:-3億1200万(連結)

8位大和自動車交通:-3億4000万(連結)

9位南国交通:-5億 196万(連結)

10位奈良交通:-6億1144万(連結)

安全性(19年03月)

1位アルピコホールディングス:10点

2位江ノ島電鉄:10点

3位越後交通:10点

4位西日本鉄道:9.99点

5位東海自動車:9.9点

6位じょうてつ:9.85点

7位三重交通グループホールディングス:9.76点

8位島原鉄道:9.74点

9位長崎自動車:9.73点

10位奈良交通:9.59点

成長性(19年03月)

1位南国交通:10点

2位関東鉄道:10点

3位第一交通産業:9.99点

4位南海電気鉄道:9.97点

5位立山黒部貫光:9.94点

6位神姫バス:9.85点

7位長崎自動車:9.5点

8位アルピコホールディングス:9.47点

9位阪急阪神ホールディングス:9.35点

10位西日本鉄道:9.32点

資産(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:2兆4662億(連結)

2位西武ホールディングス:1兆7289億(連結)

3位南海電気鉄道:9183億(連結)

4位西日本鉄道:6228億(連結)

5位第一交通産業:1752億(連結)

6位三重交通グループホールディングス:1607億(連結)

7位神奈川中央交通:1531億(連結)

8位富士急行:1039億(連結)

9位広島電鉄:887億(連結)

10位九州産業交通ホールディングス:852億(連結)

純資産(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:9153億(連結)

2位西武ホールディングス:4227億(連結)

3位南海電気鉄道:2415億(連結)

4位西日本鉄道:1815億(連結)

5位神奈川中央交通:600億(連結)

6位三重交通グループホールディングス:488億(連結)

7位第一交通産業:435億(連結)

8位神姫バス:429億(連結)

9位広島電鉄:421億(連結)

10位北海道中央バス:304億(連結)

全従業員(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:3万2450人(連結)

2位西武ホールディングス:3万 72人(連結)

3位西日本鉄道:2万4804人(連結)

4位第一交通産業:1万4424人(連結)

5位南海電気鉄道:1万1946人(連結)

6位神奈川中央交通:8992人(連結)

7位三重交通グループホールディングス:5921人(連結)

8位神姫バス:5070人(連結)

9位アルピコホールディングス:4408人(連結)

10位奈良交通:3861人(連結)

ROA(19年03月)

1位江ノ島電鉄:3.46%(連結)

2位神姫バス:3.09%(連結)

3位大分交通:3.04%(連結)

4位豊橋鉄道:2.97%(連結)

5位日ノ丸自動車:2.91%(連結)

6位じょうてつ:2.88%(連結)

7位三重交通グループホールディングス:2.83%(連結)

8位神奈川中央交通:2.67%(連結)

9位阪急阪神ホールディングス:2.65%(連結)

10位北陸鉄道:2.63%(連結)

ROE(19年03月)

1位大分交通:21.7%(連結)

2位豊橋鉄道:14.49%(連結)

3位西武ホールディングス:12.64%(連結)

4位三重交通グループホールディングス:11.6%(連結)

5位新潟交通:10.41%(連結)

6位関東鉄道:10.12%(連結)

7位日ノ丸自動車:9.49%(連結)

8位第一交通産業:8.71%(連結)

9位神奈川中央交通:8.24%(連結)

10位富士急行:7.95%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位東海自動車:70.34%(単独)

2位長崎自動車:32.33%(連結)

3位新潟交通:31.35%(連結)

4位神姫バス:28.48%(連結)

5位瀬戸内運輸:23.47%(連結)

6位サンデン交通:21.76%(連結)

7位奈良交通:20.99%(連結)

8位神奈川中央交通:18.77%(連結)

9位越後交通:17.49%(連結)

10位第一交通産業:17.35%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:14.52%(連結)

2位西武ホールディングス:12.96%(連結)

3位南海電気鉄道:12.2%(連結)

4位富士急行:11.35%(連結)

5位新潟交通:9.86%(連結)

6位豊橋鉄道:8.76%(連結)

7位江ノ島電鉄:8.73%(連結)

8位関東鉄道:7.44%(連結)

9位三重交通グループホールディングス:6.72%(連結)

10位じょうてつ:6.48%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:13.97%(連結)

2位西武ホールディングス:11.56%(連結)

3位富士急行:10.76%(連結)

4位南海電気鉄道:10.51%(連結)

5位豊橋鉄道:8.81%(連結)

6位江ノ島電鉄:8.54%(連結)

7位新潟交通:7.81%(連結)

8位関東鉄道:7.01%(連結)

9位三重交通グループホールディングス:6.64%(連結)

10位第一交通産業:6.53%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位阪急阪神ホールディングス:8.27%(連結)

2位西武ホールディングス:8.03%(連結)

3位豊橋鉄道:6.54%(連結)

4位南海電気鉄道:5.73%(連結)

5位大分交通:5.68%(連結)

6位日ノ丸自動車:5.09%(連結)

7位江ノ島電鉄:5.04%(連結)

8位じょうてつ:4.65%(連結)

9位新潟交通:4.59%(連結)

10位三重交通グループホールディングス:4.28%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位神姫バス:72.9%(連結)

2位北海道中央バス:72.54%(連結)

3位じょうてつ:56.28%(連結)

4位立山黒部貫光:50.29%(連結)

5位江ノ島電鉄:49.35%(連結)

6位長崎自動車:42.93%(連結)

7位東海自動車:39.22%(連結)

8位大和自動車交通:37.19%(連結)

9位北陸鉄道:36.89%(連結)

10位阪急阪神ホールディングス:34.6%(連結)

固定比率(19年03月)

1位南国交通:-100%(連結)

2位北海道中央バス:90.6%(連結)

3位神姫バス:102.1%(連結)

4位じょうてつ:153.03%(連結)

5位立山黒部貫光:161.73%(連結)

6位江ノ島電鉄:174.5%(連結)

7位長崎自動車:191.04%(連結)

8位第一交通産業:198.49%(連結)

9位東海自動車:199.08%(連結)

10位越後交通:209.23%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位第一交通産業:79.33%(連結)

2位北海道中央バス:79.35%(連結)

3位富士急行:88.75%(連結)

4位神姫バス:91%(連結)

5位立山黒部貫光:99.58%(連結)

6位北陸鉄道:101.78%(連結)

7位越後交通:104.36%(連結)

8位大和自動車交通:104.37%(連結)

9位阪急阪神ホールディングス:108.17%(連結)

10位瀬戸内運輸:108.77%(連結)

流動比率(19年03月)

1位北海道中央バス:218.18%(連結)

2位立山黒部貫光:177.92%(連結)

3位神姫バス:166.68%(連結)

4位富士急行:152.52%(連結)

5位第一交通産業:134.15%(連結)

6位越後交通:114.38%(連結)

7位瀬戸内運輸:100%(連結)

8位北陸鉄道:99.9%(連結)

9位サンデン交通:89.99%(連結)

10位大和自動車交通:81.43%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位富士急行:3.51ヶ月(連結)

2位立山黒部貫光:3.22ヶ月(連結)

3位九州産業交通ホールディングス:2.74ヶ月(連結)

4位北海道中央バス:2.59ヶ月(連結)

5位瀬戸内運輸:2.25ヶ月(連結)

6位北陸鉄道:2.22ヶ月(連結)

7位東海自動車:1.89ヶ月(連結)

8位越後交通:1.84ヶ月(連結)

9位長崎自動車:1.83ヶ月(連結)

10位新潟交通:1.67ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位アルピコホールディングス:1.47回転(連結)

2位北海道中央バス:0.94回転(連結)

3位東海自動車:0.88回転(連結)

4位サンデン交通:0.83回転(連結)

5位神姫バス:0.81回転(連結)

6位瀬戸内運輸:0.8回転(連結)

7位越後交通:0.78回転(連結)

8位大和自動車交通:0.77回転(連結)

9位神奈川中央交通:0.75回転(連結)

10位北陸鉄道:0.73回転(連結)

バス・タクシー業界の企業をもっと見る

宿泊業,飲食サービス業(雇用者)

371.000 (万人)(19年12月)

すぐに比較する

宿泊業,飲食サービス業向け(建築物着工)

3,241.0 (1000㎡)(19年12月)

すぐに比較する

ホテル(活動指数)

149.2 (2010=100)(19年11月)

すぐに比較する

宿泊業(活動指数)

121.9 (2010=100)(19年11月)

すぐに比較する

旅館(活動指数)

74.2 (2010=100)(19年11月)

すぐに比較する

娯楽業(売上高)

19,259,329.0 (百万円)(19年11月)

すぐに比較する

観光関連産業(活動指数)

109.9 (2010=100)(19年11月)

すぐに比較する

外人旅行(活動指数)

476.2 (2010=100)(19年11月)

すぐに比較する

海外旅行(活動指数)

68.9 (2010=100)(19年11月)

すぐに比較する

国内旅行(活動指数)

103.9 (2010=100)(19年11月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当社グループは、純粋持株会社である当社、子会社137社及び関連会社41社で構成され、その営んでいる主要な事業の内容及びセグメント情報との関連は、次のとおりです。HHE(USA)INC.、HHE(DEUTSCHLAND)GMBH、HHE(HK)LTD.、HHE SOUTHEAST ...”(19年06月14日に提出された書類より抜粋)

業界鉄道

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、連結子会社74社、持分法適用関連会社2社、持分法非適用非連結子会社3社、持分法非適用関連会社1社の81社で構成されており、西武グループの経営理念を表したものであると同時に、私たちが取り組むすべての活動の出発点、目指すべきゴールを示すものとして2006年に定め...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

業界鉄道

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社の企業グループは、当社、子会社68社及び関連会社7社で構成され、その営んでいる主要な事業内容は、次のとおりであります。...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

業界鉄道

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社82社及び関連会社26社で構成され、その営んでいる主な事業内容は次のとおりです。当社、NNR・グローバル・ロジスティクス(U.S.A.)あわせて、(株)西鉄シティホテルは当社と吸収合併を行い、(株)西鉄シティホテルは解散しました。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

業界鉄道

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社及び当社の関係会社は、当社、子会社172社、関連会社1社及びその他の関係会社1社により構成されており、タクシー、バス、不動産分譲、不動産賃貸、不動産再生、金融の6部門を主たる事業としております。なお、次の6部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 ...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社23社、関連会社3社及びその他の関係会社2社で構成され、運輸セグメント、不動産セグメント、流通セグメント、レジャー・サービスセグメントを主な事業の内容としております。平成31年4月1日に、三重交通(株)を存続会社、(株)観光販売システムズを消滅会社とす...”(19年06月14日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社24社および関連会社3社で構成され、その営んでいる主要な事業内容をセグメントに関連付けて示すと、次のとおりであります。また、小田急電鉄(株)はその他の関係会社であり、鉄道事業等を営んでおります。概要図は次のとおりであります。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社及び当社の関係会社(当期末の連結子会社35社、持分法適用関連会社3社)は主に運輸、不動産、レジャー・サービスなどに関係する事業を行っており、各分野で相互に協力しあいながらそれぞれの分野で、地域社会の開発と発展のため企業活動を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であり...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

業界鉄道

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社の企業集団は、当社、子会社14社及び関連会社3社で構成されております。...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

業界鉄道

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年09月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社14社及び持分法非適用関連会社3社により構成されており、自動車運送事業、食堂・売店事業、旅行業、不動産賃貸業、整備事業、索道事業、航空代理店業、海上運送事業及びシェアードサービス業を主たる業務としております。九州産交バス(...”(19年12月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年12月24日

あとで比較する

すぐに比較する

バス・タクシー業界の同業他社をもっと見る