比較リスト

情報通信・電子機器・部品卸売業界のランキングと概況

情報通信・電子機器・部品卸売業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は日立ハイテク岡谷鋼機キヤノンマーケティングジャパン稲畑産業ダイワボウホールディングスマクニカ・富士エレ ホールディングス三谷商事加賀電子リョーサンシークスなどです。キーワードは、半導体電子デバイス電子部品部品機器電子機器エレクトロニクスicソリューション情報通信faictビジネス自動車を設定しています。

売上高のトップ3(19年03月)
1位9495億(連結)

(19年11月) ”当企業集団は商社である当社を中心として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の多様な商品の売買・製造等、国内及び海外において多角的な事業活動を展開しております。当企業集団において、かかる事業を推進する連結対象会社は、連結子会社71社、持分法適用関連会社14社、合計85社から構成さ...”(19年05月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月21日

あとで比較する

2位7855億(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社40社及び関連会社4社で構成され、繊維製品の製造・加工・販売、情報機器の販売、工作機械等の製造販売、レジャー及び不動産業等、各種の事業を行っている。当連結会計年度より「工作・自動機械事業」としていた報告セグメントの名称を「産業...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位7311億(連結)

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社41社及び関連会社5社で構成され、当社及び子会社は科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売及び製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の役務提供を、一...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

営業利益のトップ3(19年03月)
1位667億(連結)

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社41社及び関連会社5社で構成され、当社及び子会社は科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売及び製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の役務提供を、一...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

2位322億(連結)

(19年09月) ”当社グループは、キヤノンマーケティングジャパン(株)とその連結子会社20社によって構成されており、グローバルに展開するキヤノングループの一員として、日本市場におけるキヤノン製品の販売、サービス、マーケティングに加え、独自事業としてITソリューションや産業機器、ヘルスケア等のビジネ...”(19年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

3位227億(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社40社及び関連会社4社で構成され、繊維製品の製造・加工・販売、情報機器の販売、工作機械等の製造販売、レジャー及び不動産業等、各種の事業を行っている。当連結会計年度より「工作・自動機械事業」としていた報告セグメントの名称を「産業...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

当期純利益のトップ3(19年03月)
1位487億(連結)

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社41社及び関連会社5社で構成され、当社及び子会社は科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売及び製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の役務提供を、一...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

2位231億(連結)

(19年09月) ”当社グループは、キヤノンマーケティングジャパン(株)とその連結子会社20社によって構成されており、グローバルに展開するキヤノングループの一員として、日本市場におけるキヤノン製品の販売、サービス、マーケティングに加え、独自事業としてITソリューションや産業機器、ヘルスケア等のビジネ...”(19年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

3位174億(連結)

(19年11月) ”当企業集団は商社である当社を中心として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の多様な商品の売買・製造等、国内及び海外において多角的な事業活動を展開しております。当企業集団において、かかる事業を推進する連結対象会社は、連結子会社71社、持分法適用関連会社14社、合計85社から構成さ...”(19年05月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月21日

あとで比較する

親会社の所有者に帰属する当期利益のトップ3(19年03月)
1位484億(連結)

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社41社及び関連会社5社で構成され、当社及び子会社は科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売及び製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の役務提供を、一...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

2位230億(連結)

(19年09月) ”当社グループは、キヤノンマーケティングジャパン(株)とその連結子会社20社によって構成されており、グローバルに展開するキヤノングループの一員として、日本市場におけるキヤノン製品の販売、サービス、マーケティングに加え、独自事業としてITソリューションや産業機器、ヘルスケア等のビジネ...”(19年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

3位167億(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社40社及び関連会社4社で構成され、繊維製品の製造・加工・販売、情報機器の販売、工作機械等の製造販売、レジャー及び不動産業等、各種の事業を行っている。当連結会計年度より「工作・自動機械事業」としていた報告セグメントの名称を「産業...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

資産のトップ3(19年03月)
1位6663億(連結)

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社41社及び関連会社5社で構成され、当社及び子会社は科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売及び製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の役務提供を、一...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

2位5139億(連結)

(19年11月) ”当企業集団は商社である当社を中心として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の多様な商品の売買・製造等、国内及び海外において多角的な事業活動を展開しております。当企業集団において、かかる事業を推進する連結対象会社は、連結子会社71社、持分法適用関連会社14社、合計85社から構成さ...”(19年05月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月21日

あとで比較する

3位4929億(連結)

(19年09月) ”当社グループは、キヤノンマーケティングジャパン(株)とその連結子会社20社によって構成されており、グローバルに展開するキヤノングループの一員として、日本市場におけるキヤノン製品の販売、サービス、マーケティングに加え、独自事業としてITソリューションや産業機器、ヘルスケア等のビジネ...”(19年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

全従業員のトップ3(19年03月)
1位1万1482(連結)

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社41社及び関連会社5社で構成され、当社及び子会社は科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売及び製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の役務提供を、一...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

2位6646(連結)

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社40社及び関連会社4社で構成され、繊維製品の製造・加工・販売、情報機器の販売、工作機械等の製造販売、レジャー及び不動産業等、各種の事業を行っている。当連結会計年度より「工作・自動機械事業」としていた報告セグメントの名称を「産業...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位3963(連結)

(20年01月) ”当社グループは、当社および子会社24社、関連会社10社で構成され、主に以下の3事業を行っております。大学・小中高市場へのICTシステムの構築・機器販売、教育機器の製造・販売、教育施設への空間デザイン及び家具販売、官公庁自治体への基幹業務並びにICTシステム構築及びオフィス関連家具...”(19年10月16日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月10日

あとで比較する

概況

※ポイント(0~10)表記

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位岡谷鋼機:9495億(連結)

2位ダイワボウホールディングス:7855億(連結)

3位日立ハイテク:7311億(連結)

4位稲畑産業:6347億(連結)

5位キヤノンマーケティングジャパン:6217億(連結)

6位マクニカ・富士エレ ホールディングス:5242億(連結)

7位三谷商事:4178億(連結)

8位丸文:3266億(連結)

9位加賀電子:2927億(連結)

10位リョーサン:2496億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位キヤノンマーケティングジャパン:2148億(連結)

2位日立ハイテク:1847億(連結)

3位ダイワボウホールディングス:678億(連結)

4位岡谷鋼機:640億(連結)

5位マクニカ・富士エレ ホールディングス:610億(連結)

6位稲畑産業:472億(連結)

7位三谷商事:443億(連結)

8位内田洋行:357億(連結)

9位加賀電子:355億(連結)

10位菱電商事:251億(連結)

営業利益(19年03月)

1位日立ハイテク:667億(連結)

2位キヤノンマーケティングジャパン:322億(連結)

3位ダイワボウホールディングス:227億(連結)

4位岡谷鋼機:210億(連結)

5位三谷商事:188億(連結)

6位マクニカ・富士エレ ホールディングス:153億(連結)

7位稲畑産業:140億(連結)

8位あいホールディングス:84億(連結)

9位シークス:77億(連結)

10位加賀電子:75億(連結)

経常利益(19年03月)

1位日立ハイテク:575億(単独)

2位キヤノンマーケティングジャパン:336億(連結)

3位岡谷鋼機:251億(連結)

4位ダイワボウホールディングス:228億(連結)

5位三谷商事:204億(連結)

6位稲畑産業:143億(連結)

7位マクニカ・富士エレ ホールディングス:131億(連結)

8位あいホールディングス:86億(連結)

9位加賀電子:78億(連結)

10位シークス:77億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位日立ハイテク:487億(連結)

2位キヤノンマーケティングジャパン:231億(連結)

3位岡谷鋼機:174億(連結)

4位ダイワボウホールディングス:168億(連結)

5位三谷商事:142億(連結)

6位稲畑産業:132億(連結)

7位マクニカ・富士エレ ホールディングス:93億(連結)

8位加賀電子:80億(連結)

9位あいホールディングス:63億(連結)

10位シークス:55億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位日立ハイテク:484億(連結)

2位キヤノンマーケティングジャパン:230億(連結)

3位ダイワボウホールディングス:167億(連結)

4位岡谷鋼機:166億(連結)

5位稲畑産業:128億(連結)

6位三谷商事:123億(連結)

7位マクニカ・富士エレ ホールディングス:88億(連結)

8位加賀電子:80億(連結)

9位あいホールディングス:63億(連結)

10位シークス:55億(連結)

営業CF(19年03月)

1位日立ハイテク:427億(連結)

2位キヤノンマーケティングジャパン:235億(連結)

3位三谷商事:197億(連結)

4位リョーサン:130億(連結)

5位稲畑産業:125億(連結)

6位東京エレクトロンデバイス:123億(連結)

7位ダイワボウホールディングス:101億(連結)

8位レスターホールディングス:100億(連結)

9位三信電気:90億(連結)

10位あいホールディングス:69億(連結)

投資CF(19年03月)

1位三信電気:18億(連結)

2位立花エレテック:13億(連結)

3位エクセル:12億(連結)

4位稲畑産業:7億4300万(連結)

5位菱洋エレクトロ:5億7331万(連結)

6位日本プリメックス:4億3809万(連結)

7位扶桑電通:2億1537万(単独)

8位協栄産業:2億1054万(連結)

9位都築電気:1億4000万(連結)

10位理経:1億3451万(連結)

総合点(19年03月)

1位たけびし:9.77点

2位三谷商事:9.73点

3位稲畑産業:9.7点

4位岡谷鋼機:9.69点

5位明治電機工業:9.66点

6位日立ハイテク:9.63点

7位立花エレテック:9.51点

8位フォーバル:9.46点

9位東京日産コンピュータシステム:9.45点

10位萩原電気ホールディングス:9.42点

資産(19年03月)

1位日立ハイテク:6663億(連結)

2位岡谷鋼機:5139億(連結)

3位キヤノンマーケティングジャパン:4929億(連結)

4位稲畑産業:3665億(連結)

5位ダイワボウホールディングス:3358億(連結)

6位マクニカ・富士エレ ホールディングス:2992億(連結)

7位三谷商事:2420億(連結)

8位加賀電子:2137億(連結)

9位リョーサン:1465億(連結)

10位シークス:1383億(連結)

純資産(19年03月)

1位日立ハイテク:4257億(連結)

2位キヤノンマーケティングジャパン:3048億(連結)

3位岡谷鋼機:2131億(連結)

4位稲畑産業:1646億(連結)

5位三谷商事:1386億(連結)

6位マクニカ・富士エレ ホールディングス:1353億(連結)

7位リョーサン:878億(連結)

8位ダイワボウホールディングス:871億(連結)

9位加賀電子:842億(連結)

10位立花エレテック:679億(連結)

全従業員(19年03月)

1位日立ハイテク:1万1482人(連結)

2位ダイワボウホールディングス:6646人(連結)

3位内田洋行:3963人(連結)

4位日邦産業:3745人(連結)

5位マクニカ・富士エレ ホールディングス:3709人(連結)

6位三谷商事:3316人(連結)

7位レスターホールディングス:2251人(連結)

8位フォーバル:1951人(連結)

9位テクノアソシエ:1827人(連結)

10位丸文:1378人(連結)

ROA(19年03月)

1位エフティグループ:11.31%(連結)

2位あいホールディングス:10.37%(連結)

3位大興電子通信:10.32%(連結)

4位東京日産コンピュータシステム:7.36%(単独)

5位明治電機工業:7.34%(連結)

6位日立ハイテク:7.27%(連結)

7位テリロジー:6.49%(連結)

8位フォーバル:6.39%(連結)

9位たけびし:5.8%(連結)

10位日本プリメックス:5.71%(連結)

ROE(19年03月)

1位大興電子通信:43.36%(連結)

2位エフティグループ:26.33%(連結)

3位フォーバル:20.59%(連結)

4位ダイワボウホールディングス:19.22%(連結)

5位明治電機工業:15.15%(連結)

6位テリロジー:14.47%(連結)

7位あいホールディングス:13.41%(連結)

8位東京日産コンピュータシステム:12.82%(単独)

9位稲畑産業:11.59%(連結)

10位No.1:11.42%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位あいホールディングス:41.74%(連結)

2位No.1:40.74%(連結)

3位エフティグループ:39.04%(連結)

4位テリロジー:38.35%(連結)

5位レカム:35.46%(連結)

6位キヤノンマーケティングジャパン:34.56%(連結)

7位フォーバル:32.65%(連結)

8位イノテック:31.79%(連結)

9位日本プリメックス:27.86%(連結)

10位モリト:27.07%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位あいホールディングス:16.4%(連結)

2位エフティグループ:12.41%(連結)

3位日立ハイテク:9.13%(連結)

4位日本プリメックス:8.96%(連結)

5位レカム:7.65%(連結)

6位東京日産コンピュータシステム:6.89%(単独)

7位テリロジー:6.67%(連結)

8位イノテック:6.56%(連結)

9位フォーバル:5.6%(連結)

10位明治電機工業:5.32%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位あいホールディングス:16.76%(連結)

2位エフティグループ:12.45%(連結)

3位日立ハイテク:12.1%(単独)

4位日本プリメックス:11.23%(連結)

5位イノテック:8.25%(連結)

6位レカム:7.88%(連結)

7位東京日産コンピュータシステム:6.98%(単独)

8位テリロジー:6.28%(連結)

9位フォーバル:5.75%(連結)

10位明治電機工業:5.59%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位あいホールディングス:12.29%(連結)

2位エフティグループ:8.42%(連結)

3位日本プリメックス:7.8%(連結)

4位大興電子通信:7.42%(連結)

5位日立ハイテク:6.62%(連結)

6位テリロジー:5.67%(連結)

7位イノテック:5.01%(連結)

8位東京日産コンピュータシステム:4.83%(単独)

9位レカム:3.81%(連結)

10位明治電機工業:3.8%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位菱洋エレクトロ:77.97%(連結)

2位あいホールディングス:77.27%(連結)

3位高千穂交易:71.82%(連結)

4位日本プリメックス:71.51%(連結)

5位テクノアソシエ:69.71%(連結)

6位パルテック(定款上の商号 PALTEK):68.25%(連結)

7位グローセル:66.97%(連結)

8位新光商事:65.98%(連結)

9位モリト:64.75%(連結)

10位イノテック:63.92%(連結)

固定比率(19年03月)

1位トーメンデバイス:5.31%(連結)

2位シンデン・ハイテックス:5.71%(連結)

3位パルテック(定款上の商号 PALTEK):6.41%(連結)

4位エレマテック:10.56%(連結)

5位新光商事:11.86%(連結)

6位三信電気:14.23%(連結)

7位日本ライトン:15.73%(連結)

8位ピクセルカンパニーズ:15.95%(連結)

9位萩原電気ホールディングス:16.57%(連結)

10位マクニカ・富士エレ ホールディングス:17.4%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位シンデン・ハイテックス:3.42%(連結)

2位トーメンデバイス:5.23%(連結)

3位パルテック(定款上の商号 PALTEK):6.25%(連結)

4位エレマテック:10.28%(連結)

5位新光商事:10.84%(連結)

6位三信電気:14.1%(連結)

7位日本ライトン:14.32%(連結)

8位萩原電気ホールディングス:14.48%(連結)

9位ピクセルカンパニーズ:15.31%(連結)

10位マクニカ・富士エレ ホールディングス:15.65%(連結)

流動比率(19年03月)

1位菱洋エレクトロ:429.77%(連結)

2位あいホールディングス:420.19%(連結)

3位高千穂交易:366.67%(連結)

4位新光商事:361.91%(連結)

5位モリト:349.02%(連結)

6位日本プリメックス:318.64%(連結)

7位パルテック(定款上の商号 PALTEK):318.23%(連結)

8位グローセル:313.79%(連結)

9位キヤノンマーケティングジャパン:305.13%(連結)

10位テクノアソシエ:300.53%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位ムサシ:5.77ヶ月(連結)

2位あいホールディングス:4.86ヶ月(連結)

3位日本プリメックス:4.06ヶ月(連結)

4位理経:3.35ヶ月(連結)

5位日立ハイテク:3.14ヶ月(連結)

6位高千穂交易:3.14ヶ月(連結)

7位エフティグループ:3.01ヶ月(連結)

8位ソレキア:2.8ヶ月(連結)

9位三谷商事:2.58ヶ月(連結)

10位No.1:2.27ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位ハイパー:2.98回転(連結)

2位トーメンデバイス:2.73回転(連結)

3位丸文:2.55回転(連結)

4位三国商事:2.51回転(連結)

5位ダイワボウホールディングス:2.34回転(連結)

6位ミタチ産業:2.33回転(連結)

7位グローセル:2.3回転(連結)

8位フーマイスターエレクトロニクス:2.28回転(連結)

9位シンデン・ハイテックス:2.23回転(連結)

10位No.1:2.19回転(連結)

情報通信・電子機器・部品卸売業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

製造業(雇用者)

1,020.000 (万人)(20年01月)

すぐに比較する

機械受注額(通信業)

346,981.0 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

機械受注額(運輸業・郵便業)

1,082,716.0 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

精密機械工業(旧分類)(付加価値額)[2010年基準]

114.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

機械工業(付加価値額)[2010年基準]

108.5 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

鉱工業生産財在庫率指数(逆サイクル)(先行指数)

113.5 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鉱工業(付加価値額)[2010年基準]

103.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

製造工業(付加価値額)[2010年基準]

103.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

機械受注額(建設業)

499,876.0 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社41社及び関連会社5社で構成され、当社及び子会社は科学・医用システム、電子デバイスシステム、産業システム、先端産業部材といったエレクトロニクス関連を中心とする各種商品の販売及び製品の製造・販売並びに、それらの取引に関連する保守・サービス等の役務提供を、一...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年11月) ”当企業集団は商社である当社を中心として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の多様な商品の売買・製造等、国内及び海外において多角的な事業活動を展開しております。当企業集団において、かかる事業を推進する連結対象会社は、連結子会社71社、持分法適用関連会社14社、合計85社から構成さ...”(19年05月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月21日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年09月) ”当社グループは、キヤノンマーケティングジャパン(株)とその連結子会社20社によって構成されており、グローバルに展開するキヤノングループの一員として、日本市場におけるキヤノン製品の販売、サービス、マーケティングに加え、独自事業としてITソリューションや産業機器、ヘルスケア等のビジネ...”(19年03月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月29日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社40社及び関連会社4社で構成され、繊維製品の製造・加工・販売、情報機器の販売、工作機械等の製造販売、レジャー及び不動産業等、各種の事業を行っている。当連結会計年度より「工作・自動機械事業」としていた報告セグメントの名称を「産業...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(稲畑産業(株))、子会社54社、関連会社12社及びその他の関係会社1社で構成されており、情報電子、化学品、生活産業、合成樹脂、住環境、その他の各分野における商品の販売及び製造を主たる業務としております。なお、次の5部門は「第5 経理...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社、関連会社の計49社で構成され、集積回路、電子デバイス、ネットワーク関連商品の販売を中心とした事業を行っております。MACNICA GALAXY INC.MACNICA CHUNGJU CO., LTD.MACNICA (TH...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社143社、関連会社17社で構成されており、ユーザーの視点に立った販売市場の類似性により、情報システム関連事業、企業サプライ関連事業、生活・地域サービス関連事業の3つのセグメントで構成されております。情報システム関連事業におきましては、情報システム事業...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、加賀電子株式会社(当社)、連結子会社52社(国内16社、海外36社)および持分法適用関連会社3社(国内2社、海外1社)により構成されております。情報機器事業におきましては、パソコン、PC周辺機器、各種家電、写真・映像関連商品およびオリジナルブランド商品などの販売な...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社23社及び当社と継続的で緊密な事業上の関係がある主要株主により構成されており、半導体及び電子部品の販売、電子機器受託製造サービス(EMS)事業、電子機器の販売事業及びシステム機器(産業電子機器・伝送端末機器等)の開発・製造・販売、信頼性試験並びに環境物...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

情報通信・電子機器・部品卸売業界の同業他社をもっと見る