比較リスト

不動産業界のランキングと概況

不動産業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は三井住友トラスト・ホールディングス三井不動産三菱地所住友不動産東急不動産ホールディングス森ビル新関西国際空港野村不動産ホールディングスヒューリック東京建物などです。キーワードは、不動産物件マンション戸数住宅戸建てビル用地分譲マンション土地不動産仲介賃料販売事業ホテル中古を設定しています。

売上高のトップ3(19年03月)
1位1兆9431億(連結)

(19年09月) ”なお、次の4部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。高速道路事業においては、東日本地域の1都1道15県(注1)において、平成18年3月31日に当社が独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(以下「機構」...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年01月21日

あとで比較する

2位1兆8611億(連結)

(19年12月) ”当社および当社の関係会社333社(うち、連結子会社255社、持分法適用関連会社78社)が営んでいる主な事業内容、当該事業に携わっている主要な会社名および各社の当該事業における位置付けは次のとおりです。三井不動産(株)はオフィスビルおよび商業施設等の賃貸を行っています。また、三井不...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位1兆4679億(連結)

(19年12月) ”当グループは、個人・法人のお客様の様々なニーズに対する課題解決策(「トータルソリューション」)の提供を中心とするビジネスモデルを明確化する観点から、前連結会計年度より組織改定を行っておりますが、前連結会計年度においてビジネスモデル変革が着実に進展したことに伴い、当連結会計年度より...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

業界信託

更新日:20年02月13日

あとで比較する

営業利益のトップ3(19年03月)
1位2621億(連結)

(19年12月) ”当社および当社の関係会社333社(うち、連結子会社255社、持分法適用関連会社78社)が営んでいる主な事業内容、当該事業に携わっている主要な会社名および各社の当該事業における位置付けは次のとおりです。三井不動産(株)はオフィスビルおよび商業施設等の賃貸を行っています。また、三井不...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位2291億(連結)

(19年12月) ”連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び当社関係会社(あわせて以下当社グループという)においては、所有ビルの賃貸を中心とするビル事業、商業施設や物流施設の開発・賃貸を中心とする生活産業不動産事業、マンション・戸建住宅の販売を中心とする住宅事業、海外事業、投資マネジメント事業、ホ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

3位2204億(連結)

(19年12月) ”当社(ビル事業本部および都市開発事業本部等)は、主としてオフィスビルならびに高級賃貸マンション等の開発・賃貸事業を行っており、その管理業務を主として当社(ビル事業本部)および住友不動産建物サービス(株)が行っております。また、住友不動産ヴィラフォンテーヌ(株)がホテル事業を、住友...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

当期純利益のトップ3(19年03月)
1位1807億(連結)

(19年12月) ”当グループは、個人・法人のお客様の様々なニーズに対する課題解決策(「トータルソリューション」)の提供を中心とするビジネスモデルを明確化する観点から、前連結会計年度より組織改定を行っておりますが、前連結会計年度においてビジネスモデル変革が着実に進展したことに伴い、当連結会計年度より...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

業界信託

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位1701億(連結)

(19年12月) ”当社および当社の関係会社333社(うち、連結子会社255社、持分法適用関連会社78社)が営んでいる主な事業内容、当該事業に携わっている主要な会社名および各社の当該事業における位置付けは次のとおりです。三井不動産(株)はオフィスビルおよび商業施設等の賃貸を行っています。また、三井不...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位1519億(連結)

(19年12月) ”連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び当社関係会社(あわせて以下当社グループという)においては、所有ビルの賃貸を中心とするビル事業、商業施設や物流施設の開発・賃貸を中心とする生活産業不動産事業、マンション・戸建住宅の販売を中心とする住宅事業、海外事業、投資マネジメント事業、ホ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

親会社の所有者に帰属する当期利益のトップ3(19年03月)
1位1738億(連結)

(19年12月) ”当グループは、個人・法人のお客様の様々なニーズに対する課題解決策(「トータルソリューション」)の提供を中心とするビジネスモデルを明確化する観点から、前連結会計年度より組織改定を行っておりますが、前連結会計年度においてビジネスモデル変革が着実に進展したことに伴い、当連結会計年度より...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

業界信託

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位1686億(連結)

(19年12月) ”当社および当社の関係会社333社(うち、連結子会社255社、持分法適用関連会社78社)が営んでいる主な事業内容、当該事業に携わっている主要な会社名および各社の当該事業における位置付けは次のとおりです。三井不動産(株)はオフィスビルおよび商業施設等の賃貸を行っています。また、三井不...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位1346億(連結)

(19年12月) ”連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び当社関係会社(あわせて以下当社グループという)においては、所有ビルの賃貸を中心とするビル事業、商業施設や物流施設の開発・賃貸を中心とする生活産業不動産事業、マンション・戸建住宅の販売を中心とする住宅事業、海外事業、投資マネジメント事業、ホ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

資産のトップ3(19年03月)
1位57兆 291億(連結)

(19年12月) ”当グループは、個人・法人のお客様の様々なニーズに対する課題解決策(「トータルソリューション」)の提供を中心とするビジネスモデルを明確化する観点から、前連結会計年度より組織改定を行っておりますが、前連結会計年度においてビジネスモデル変革が着実に進展したことに伴い、当連結会計年度より...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

業界信託

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位6兆8027億(連結)

(19年12月) ”当社および当社の関係会社333社(うち、連結子会社255社、持分法適用関連会社78社)が営んでいる主な事業内容、当該事業に携わっている主要な会社名および各社の当該事業における位置付けは次のとおりです。三井不動産(株)はオフィスビルおよび商業施設等の賃貸を行っています。また、三井不...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位5兆7741億(連結)

(19年12月) ”連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び当社関係会社(あわせて以下当社グループという)においては、所有ビルの賃貸を中心とするビル事業、商業施設や物流施設の開発・賃貸を中心とする生活産業不動産事業、マンション・戸建住宅の販売を中心とする住宅事業、海外事業、投資マネジメント事業、ホ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

全従業員のトップ3(19年03月)
1位3万3646(連結)

(19年12月) ”当社グループは当社、子会社157社(うち連結子会社145社)、関連会社52社で構成され、都市事業、住宅事業、管理事業、仲介事業、ウェルネス事業、ハンズ事業、次世代・関連事業を主な事業内容としております。東急不動産(株)等がオフィスビル、商業施設、物流施設等の開発、賃貸、運営、売却...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

2位3万2327(連結)

(19年12月) ”当社および当社の関係会社333社(うち、連結子会社255社、持分法適用関連会社78社)が営んでいる主な事業内容、当該事業に携わっている主要な会社名および各社の当該事業における位置付けは次のとおりです。三井不動産(株)はオフィスビルおよび商業施設等の賃貸を行っています。また、三井不...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位2万6857(連結)

(19年12月) ”当社企業グループ(当社、子会社32社、関連会社3社、その他の関係会社2社により構成)は、国内外においてマンション管理事業、ビル管理事業、不動産管理事業及び営繕工事業を展開しております。マンション管理事業は、分譲マンションの管理員業務、清掃・設備管理・保全の各業務、管理組合の決算・...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

概況

※ポイント(0~10)表記

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位東日本高速道路:1兆9431億(連結)

2位三井不動産:1兆8611億(連結)

3位三井住友トラスト・ホールディングス:1兆4679億(連結)

4位中日本高速道路:1兆4552億(連結)

5位飯田グループホールディングス:1兆3449億(連結)

6位三菱地所:1兆2632億(連結)

7位西日本高速道路:1兆 783億(連結)

8位住友不動産:1兆 121億(連結)

9位東急不動産ホールディングス:9018億(連結)

10位野村不動産ホールディングス:6685億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位三井不動産:4377億(連結)

2位三菱地所:3223億(連結)

3位住友不動産:3021億(連結)

4位飯田グループホールディングス:2129億(連結)

5位東急不動産ホールディングス:1934億(連結)

6位野村不動産ホールディングス:1887億(連結)

7位日本空港ビルデング:1414億(連結)

8位アズビル:1023億(連結)

9位ヒューリック:961億(連結)

10位成田国際空港:913億(連結)

営業利益(19年03月)

1位三井不動産:2621億(連結)

2位三菱地所:2291億(連結)

3位住友不動産:2204億(連結)

4位三井住友トラスト・ホールディングス:1198億(単独)

5位飯田グループホールディングス:971億(連結)

6位東急不動産ホールディングス:802億(連結)

7位野村不動産ホールディングス:791億(連結)

8位ヒューリック:719億(連結)

9位森ビル:611億(連結)

10位成田国際空港:558億(連結)

経常利益(19年03月)

1位三井住友トラスト・ホールディングス:2564億(連結)

2位三井不動産:2541億(連結)

3位三菱地所:2065億(連結)

4位住友不動産:2032億(連結)

5位東急不動産ホールディングス:707億(連結)

6位野村不動産ホールディングス:693億(連結)

7位ヒューリック:681億(連結)

8位森ビル:579億(連結)

9位成田国際空港:536億(連結)

10位イオンモール:524億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位三井住友トラスト・ホールディングス:1807億(連結)

2位三井不動産:1701億(連結)

3位三菱地所:1519億(連結)

4位住友不動産:1308億(連結)

5位飯田グループホールディングス:654億(連結)

6位ヒューリック:476億(連結)

7位野村不動産ホールディングス:465億(連結)

8位東急不動産ホールディングス:373億(連結)

9位成田国際空港:358億(連結)

10位日本空港ビルデング:356億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位三井住友トラスト・ホールディングス:1738億(連結)

2位三井不動産:1686億(連結)

3位三菱地所:1346億(連結)

4位住友不動産:1301億(連結)

5位飯田グループホールディングス:654億(連結)

6位ヒューリック:473億(連結)

7位野村不動産ホールディングス:458億(連結)

8位東急不動産ホールディングス:374億(連結)

9位成田国際空港:357億(連結)

10位オープンハウス:339億(連結)

営業CF(19年03月)

1位東日本高速道路:6679億(連結)

2位三井住友トラスト・ホールディングス:3743億(連結)

3位三菱地所:3459億(連結)

4位中日本高速道路:3073億(連結)

5位住友不動産:2600億(連結)

6位三井不動産:2167億(連結)

7位ヒューリック:1888億(連結)

8位森ビル:955億(連結)

9位イオンモール:917億(連結)

10位野村不動産ホールディングス:899億(連結)

投資CF(19年03月)

1位ユニゾホールディングス:1053億(連結)

2位東日本高速道路:154億(連結)

3位イオンディライト:121億(連結)

4位レオパレス21:73億(連結)

5位ホウライ:54億(単独)

6位コスモスイニシア:31億(連結)

7位コーセーアールイー:16億(連結)

8位AVANTIA:11億(連結)

9位東京テアトル:8億6111万(連結)

10位グローム・ホールディングス:7億8800万(連結)

総合点(19年03月)

1位大成:9.87点

2位日本空港ビルデング:9.85点

3位アズビル:9.82点

4位毎日コムネット:9.8点

5位日本管理センター:9.77点

6位三菱地所:9.73点

7位ユニゾホールディングス:9.64点

8位ヒューリック:9.6点

9位平和不動産:9.6点

10位ディア・ライフ:9.52点

資産(19年03月)

1位三井住友トラスト・ホールディングス:57兆 291億(連結)

2位三井不動産:6兆8027億(連結)

3位三菱地所:5兆7741億(連結)

4位住友不動産:5兆1301億(連結)

5位東急不動産ホールディングス:2兆4052億(連結)

6位森ビル:2兆 898億(連結)

7位新関西国際空港:1兆8727億(連結)

8位野村不動産ホールディングス:1兆7594億(連結)

9位ヒューリック:1兆6550億(連結)

10位東京建物:1兆5321億(連結)

純資産(19年03月)

1位三井住友トラスト・ホールディングス:2兆7303億(連結)

2位三井不動産:2兆4208億(連結)

3位三菱地所:1兆9571億(連結)

4位住友不動産:1兆2021億(連結)

5位新関西国際空港:8639億(連結)

6位飯田グループホールディングス:7582億(連結)

7位関西国際空港土地保有:6795億(単独)

8位東急不動産ホールディングス:5686億(連結)

9位野村不動産ホールディングス:5415億(連結)

10位森ビル:5004億(連結)

全従業員(19年03月)

1位東急不動産ホールディングス:3万3646人(連結)

2位三井不動産:3万2327人(連結)

3位日本ハウズイング:2万6857人(連結)

4位三井住友トラスト・ホールディングス:2万3639人(連結)

5位西日本高速道路:1万9043人(連結)

6位東日本高速道路:1万7523人(連結)

7位住友不動産:1万6403人(連結)

8位三菱地所:1万6119人(連結)

9位中日本高速道路:1万3144人(連結)

10位日本管財:1万2983人(連結)

ROA(19年03月)

1位日本管理センター:17.04%(連結)

2位イントラスト:13.97%(単独)

3位カチタス:12.5%(連結)

4位センチュリー21・ジャパン:11.73%(単独)

5位りゅうとう:10.8%(単独)

6位日本駐車場開発:9.99%(連結)

7位新日本建設:9.53%(連結)

8位ハウスコム:9.48%(単独)

9位AMBITION:9.28%(連結)

10位エフ・ジェー・ネクスト:8.99%(連結)

ROE(19年03月)

1位スター・マイカ・ホールディングス:198.97%(単独)

2位AMBITION:48.72%(連結)

3位日本管理センター:33.66%(連結)

4位カチタス:30.75%(連結)

5位りゅうとう:29.33%(単独)

6位ラ・アトレ:28.93%(連結)

7位日本駐車場開発:28.44%(連結)

8位日本エスコン:27.66%(連結)

9位オープンハウス:27.6%(連結)

10位ロードスターキャピタル:27.37%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位スター・マイカ・ホールディングス:100%(単独)

2位宮越ホールディングス:88.74%(連結)

3位価値開発:87.85%(連結)

4位大阪木材会館:77.36%(単独)

5位ジェイリース:77.2%(連結)

6位SREホールディングス:75.75%(連結)

7位ツクルバ:69.86%(単独)

8位新中糖産業:67.02%(単独)

9位センチュリー21・ジャパン:66.77%(単独)

10位RISE:62.41%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位三井住友トラスト・ホールディングス:97.29%(単独)

2位スター・マイカ・ホールディングス:78.34%(単独)

3位関西国際空港土地保有:77.39%(単独)

4位宮越ホールディングス:70.1%(連結)

5位新中糖産業:50.04%(単独)

6位日本アセットマーケティング:38.85%(連結)

7位新関西国際空港:37.24%(連結)

8位京阪神ビルディング:36.36%(連結)

9位全国旅館会館:35.39%(単独)

10位テーオーシー:34.4%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位飯田グループホールディングス:91.72%(単独)

2位スター・マイカ・ホールディングス:81.16%(単独)

3位宮越ホールディングス:78.91%(連結)

4位関西国際空港土地保有:60.29%(単独)

5位新中糖産業:49.53%(単独)

6位全国旅館会館:38.84%(単独)

7位日本アセットマーケティング:38.17%(連結)

8位テーオーシー:35.2%(連結)

9位京阪神ビルディング:34.78%(連結)

10位宮城県建設会館:31.75%(単独)

売上高純利益率(19年03月)

1位りゅうとう:90.77%(単独)

2位スター・マイカ・ホールディングス:64.77%(単独)

3位宮越ホールディングス:46.96%(連結)

4位関西国際空港土地保有:41.82%(単独)

5位新中糖産業:34.62%(単独)

6位日本アセットマーケティング:31.15%(連結)

7位日本土地建物:27.57%(連結)

8位京阪神ビルディング:26.66%(連結)

9位全国旅館会館:26.6%(単独)

10位テーオーシー:24.45%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位大阪木材会館:99.51%(単独)

2位千葉県建設業センター:93.71%(単独)

3位鹿児島県プロパンガス会館:92.49%(単独)

4位宮越ホールディングス:91.91%(連結)

5位全国旅館会館:88.29%(単独)

6位コープビル:85.68%(単独)

7位くふうカンパニー:85.67%(連結)

8位RISE:85.05%(連結)

9位ランド:84.62%(連結)

10位東京建設会館:83.9%(単独)

固定比率(19年03月)

1位ダイトウボウ:-100%(連結)

2位ランド:1.67%(連結)

3位スペースマーケット:2.4%(単独)

4位プロパスト:2.88%(単独)

5位東京湾横断道路:3.03%(単独)

6位グッドコムアセット:4.26%(連結)

7位ロードスターキャピタル:4.51%(連結)

8位グランディーズ:4.88%(連結)

9位イントランス:5.05%(連結)

10位エムティジェネックス:5.64%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位東京湾横断道路:0.61%(単独)

2位ロードスターキャピタル:0.78%(連結)

3位プロパスト:1.15%(単独)

4位スペースマーケット:2.21%(単独)

5位グランディーズ:2.29%(連結)

6位アルデプロ:2.72%(連結)

7位アグレ都市デザイン:2.92%(単独)

8位グッドコムアセット:3.15%(連結)

9位ディア・ライフ:3.4%(連結)

10位イントランス:3.62%(連結)

流動比率(19年03月)

1位大阪木材会館:17841.32%(単独)

2位東京湾横断道路:10489.3%(単独)

3位三井住友トラスト・ホールディングス:4228.91%(単独)

4位宮越ホールディングス:3556.45%(連結)

5位東京建設会館:2196.85%(単独)

6位RISE:1740.98%(連結)

7位宮城県建設会館:1392.97%(単独)

8位ロードスターキャピタル:1289.83%(連結)

9位鹿児島県プロパンガス会館:1161.44%(単独)

10位ディア・ライフ:1088.66%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位大阪木材会館:3342.24ヶ月(単独)

2位三井住友トラスト・ホールディングス:115.1ヶ月(連結)

3位RISE:86.98ヶ月(連結)

4位ランドビジネス:28.42ヶ月(単独)

5位東京建設会館:28.39ヶ月(単独)

6位ゴールドクレスト:22.01ヶ月(連結)

7位テーオーシー:21.44ヶ月(連結)

8位ユニゾホールディングス:21.26ヶ月(連結)

9位千葉県建設業センター:20.78ヶ月(単独)

10位横浜インポートマート:20.44ヶ月(単独)

資産回転率(19年03月)

1位GA technologies:3.95回転(単独)

2位日本管理センター:3.82回転(連結)

3位TATERU:2.34回転(連結)

4位イオンディライト:2.28回転(連結)

5位ハリマビステム:2.19回転(連結)

6位KONOIKE Co.:2.1回転(単独)

7位AMBITION:2.05回転(連結)

8位日本ハウズイング:2回転(連結)

9位ストライダーズ:1.98回転(連結)

10位gooddaysホールディングス:1.95回転(連結)

不動産業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

建築材料卸売業(活動指数)

109.1 (2010=100)(19年12月)

すぐに比較する

地質調査業(契約金額)

63,353 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

設備工事業

2,427,572.0 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

建設設計業務(総計)

16,469.0 (1000m2)(20年01月)

すぐに比較する

建設コンサルタント(契約金額)

531,843 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

測量業(契約金額)

84,428 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

管工事

1,070,455.0 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

電気工事

1,193,773 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

木造(建築物着工)

3,529.0 (1000㎡)(20年01月)

すぐに比較する

建設機械器具リース業等(総計)

819,794.0 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当グループは、個人・法人のお客様の様々なニーズに対する課題解決策(「トータルソリューション」)の提供を中心とするビジネスモデルを明確化する観点から、前連結会計年度より組織改定を行っておりますが、前連結会計年度においてビジネスモデル変革が着実に進展したことに伴い、当連結会計年度より...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

業界信託

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社および当社の関係会社333社(うち、連結子会社255社、持分法適用関連会社78社)が営んでいる主な事業内容、当該事業に携わっている主要な会社名および各社の当該事業における位置付けは次のとおりです。三井不動産(株)はオフィスビルおよび商業施設等の賃貸を行っています。また、三井不...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び当社関係会社(あわせて以下当社グループという)においては、所有ビルの賃貸を中心とするビル事業、商業施設や物流施設の開発・賃貸を中心とする生活産業不動産事業、マンション・戸建住宅の販売を中心とする住宅事業、海外事業、投資マネジメント事業、ホ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社(ビル事業本部および都市開発事業本部等)は、主としてオフィスビルならびに高級賃貸マンション等の開発・賃貸事業を行っており、その管理業務を主として当社(ビル事業本部)および住友不動産建物サービス(株)が行っております。また、住友不動産ヴィラフォンテーヌ(株)がホテル事業を、住友...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

不動産業界の同業他社をもっと見る