比較リスト

プラント・工場建設業界のランキングと概況

プラント・工場建設業界の売上、利益などのランキング(年間)、平均値(総合点、利益率などのポイント)、関連企業、関連統計、関連業界、比較例を確認できます。注意:業界は独自に設定したものです(業界について)。また、業界の対象企業はEDINETに有価証券報告書等を提出した企業に限定しています。企業の数値は決算日を3月31日として推定したものであり、各企業の数値をセグメント毎に分解して集計したものではありません。業界の各数値について
企業は大林組鹿島建設竹中工務店日揮ホールディングス山九千代田化工建設三井海洋開発アズビル東芝プラントシステム東洋エンジニアリングなどです。キーワードは、プラントエンジニアリング設備工事化学建設工事特命石油機械空調土木工事電気メンテナンス工業未成工事受入金土木を設定しています。

売上高のトップ3(19年03月)
1位2兆 396億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社89社、関連会社28社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位1兆9742億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社170社、関連会社72社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位1兆3527億(連結)

(19年06月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(19年05月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年09月09日

あとで比較する

営業利益のトップ3(19年03月)
1位1554億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社89社、関連会社28社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位1426億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社170社、関連会社72社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位852億(連結)

(19年06月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(19年05月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年09月09日

あとで比較する

当期純利益のトップ3(19年03月)
1位1163億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社89社、関連会社28社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位1101億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社170社、関連会社72社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位686億(連結)

(19年06月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(19年05月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年09月09日

あとで比較する

親会社の所有者に帰属する当期利益のトップ3(19年03月)
1位1131億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社89社、関連会社28社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位1098億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社170社、関連会社72社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位685億(連結)

(19年06月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(19年05月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年09月09日

あとで比較する

資産のトップ3(19年03月)
1位2兆2145億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社89社、関連会社28社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位2兆 911億(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社170社、関連会社72社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位1兆4841億(連結)

(19年06月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(19年05月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年09月09日

あとで比較する

全従業員のトップ3(19年03月)
1位2万1616(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社170社、関連会社72社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

2位1万8832(連結)

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社89社、関連会社28社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

3位1万5404(連結)

(19年06月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(19年05月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年09月09日

あとで比較する

概況

※ポイント(0~10)表記

ランキング(年度)

売上高(19年03月)

1位大林組:2兆 396億(連結)

2位鹿島建設:1兆9742億(連結)

3位竹中工務店:1兆3527億(連結)

4位日揮ホールディングス:6192億(連結)

5位山九:5725億(連結)

6位千代田化工建設:3419億(連結)

7位東洋エンジニアリング:2949億(連結)

8位アズビル:2620億(連結)

9位東芝プラントシステム:2442億(連結)

10位三井海洋開発:2332億(連結)

売上総利益(19年03月)

1位大林組:2540億(連結)

2位鹿島建設:2511億(連結)

3位竹中工務店:1641億(連結)

4位アズビル:1023億(連結)

5位山九:601億(連結)

6位ニチアス:506億(連結)

7位日揮ホールディングス:449億(連結)

8位東芝プラントシステム:335億(連結)

9位三機工業:316億(連結)

10位三井海洋開発:260億(連結)

営業利益(19年03月)

1位大林組:1554億(連結)

2位鹿島建設:1426億(連結)

3位竹中工務店:852億(連結)

4位山九:392億(連結)

5位アズビル:266億(連結)

6位日揮ホールディングス:232億(連結)

7位ニチアス:226億(連結)

8位東芝プラントシステム:203億(連結)

9位三井海洋開発:137億(連結)

10位三機工業:106億(連結)

経常利益(19年03月)

1位大林組:1630億(連結)

2位鹿島建設:1629億(連結)

3位竹中工務店:942億(連結)

4位山九:391億(連結)

5位日揮ホールディングス:323億(連結)

6位三井海洋開発:294億(連結)

7位アズビル:276億(連結)

8位ニチアス:231億(連結)

9位東芝プラントシステム:223億(連結)

10位三機工業:112億(連結)

当期純利益(19年03月)

1位大林組:1163億(連結)

2位鹿島建設:1101億(連結)

3位竹中工務店:686億(連結)

4位山九:280億(連結)

5位日揮ホールディングス:242億(連結)

6位三井海洋開発:233億(連結)

7位アズビル:192億(連結)

8位ニチアス:159億(連結)

9位東芝プラントシステム:143億(連結)

10位三機工業:90億(連結)

親会社の所有者に帰属する当期利益(19年03月)

1位大林組:1131億(連結)

2位鹿島建設:1098億(連結)

3位竹中工務店:685億(連結)

4位山九:274億(連結)

5位日揮ホールディングス:240億(連結)

6位三井海洋開発:226億(連結)

7位アズビル:189億(連結)

8位ニチアス:158億(連結)

9位東芝プラントシステム:143億(連結)

10位三機工業:90億(連結)

営業CF(19年03月)

1位竹中工務店:757億(連結)

2位山九:495億(連結)

3位大林組:442億(連結)

4位三井海洋開発:397億(連結)

5位鹿島建設:303億(連結)

6位アズビル:161億(連結)

7位ニチアス:158億(連結)

8位東芝プラントシステム:101億(連結)

9位レイズネクスト:98億(連結)

10位三機工業:67億(連結)

投資CF(19年03月)

1位東洋エンジニアリング:13億(連結)

2位三井海洋開発:10億(連結)

3位千代田化工建設:7億7800万(連結)

4位ベステラ:2億5887万(連結)

5位日本エアーテック:-1億1550万(単独)

6位富士古河E&C:-3億4500万(連結)

7位暁飯島工業:-3億6311万(単独)

8位三菱化工機:-4億1600万(連結)

9位三井金属エンジニアリング:-4億4212万(連結)

10位中外炉工業:-4億7800万(連結)

総合点(19年03月)

1位美濃窯業:10点

2位アズビル:9.82点

3位山九:9.81点

4位ニチアス:9.8点

5位木村化工機:9.78点

6位三井海洋開発:9.7点

7位明星工業:9.67点

8位藤木工務店:9.46点

9位大林組:9.37点

10位竹中工務店:9.17点

収益性(19年03月)

1位三井海洋開発:10点

2位山九:10点

3位明星工業:10点

4位木村化工機:10点

5位美濃窯業:10点

6位藤木工務店:10点

7位ニチアス:9.98点

8位アズビル:9.92点

9位三井金属エンジニアリング:9.78点

10位大林組:9.47点

安全性(19年03月)

1位レイズネクスト:10点

2位三井海洋開発:10点

3位木村化工機:10点

4位東芝プラントシステム:10点

5位美濃窯業:10点

6位三井金属エンジニアリング:9.81点

7位竹中工務店:9.65点

8位ヤマト:9.61点

9位日工:9.55点

10位アズビル:9.55点

成長性(19年03月)

1位アズビル:10点

2位ニチアス:10点

3位ベステラ:10点

4位宇徳:10点

5位山九:10点

6位竹中工務店:10点

7位美濃窯業:10点

8位富士古河E&C:9.8点

9位日本エアーテック:9.68点

10位田辺工業:9.66点

資産(19年03月)

1位大林組:2兆2145億(連結)

2位鹿島建設:2兆 911億(連結)

3位竹中工務店:1兆4841億(連結)

4位日揮ホールディングス:7088億(連結)

5位山九:4095億(連結)

6位千代田化工建設:3523億(連結)

7位三井海洋開発:3522億(連結)

8位アズビル:2755億(連結)

9位東芝プラントシステム:2742億(連結)

10位東洋エンジニアリング:2396億(連結)

純資産(19年03月)

1位大林組:7981億(連結)

2位鹿島建設:7569億(連結)

3位竹中工務店:6888億(連結)

4位日揮ホールディングス:4103億(連結)

5位山九:1983億(連結)

6位アズビル:1830億(連結)

7位東芝プラントシステム:1568億(連結)

8位三井海洋開発:1529億(連結)

9位ニチアス:1177億(連結)

10位三機工業:897億(連結)

全従業員(19年03月)

1位鹿島建設:2万1616人(連結)

2位大林組:1万8832人(連結)

3位竹中工務店:1万5404人(連結)

4位アズビル:1万1273人(連結)

5位日揮ホールディングス:1万 403人(連結)

6位ニチアス:8536人(連結)

7位東洋エンジニアリング:5338人(連結)

8位東芝プラントシステム:4989人(連結)

9位メタウォーター:2977人(連結)

10位三機工業:2727人(連結)

ROA(19年03月)

1位ベステラ:17.1%(連結)

2位ニチアス:7.68%(連結)

3位明星工業:7.62%(連結)

4位三井金属エンジニアリング:7.4%(連結)

5位アズビル:6.88%(連結)

6位山九:6.71%(連結)

7位レイズネクスト:6.52%(連結)

8位三井海洋開発:6.44%(連結)

9位ヤマト:6.28%(連結)

10位美濃窯業:5.72%(連結)

ROE(19年03月)

1位ベステラ:24.64%(連結)

2位大林組:18.97%(連結)

3位木村化工機:17.57%(連結)

4位鹿島建設:17.57%(連結)

5位三井海洋開発:14.81%(連結)

6位山九:14.22%(連結)

7位ニチアス:13.99%(連結)

8位富士古河E&C:13.71%(連結)

9位竹中工務店:12.68%(連結)

10位レイズネクスト:11.34%(連結)

売上高総利益率(19年03月)

1位アズビル:39.05%(連結)

2位美濃窯業:27.19%(連結)

3位日工:26.1%(連結)

4位ニチアス:23.49%(連結)

5位明星工業:22.44%(連結)

6位ベステラ:22.16%(連結)

7位メタウォーター:22.07%(連結)

8位日本エアーテック:21.18%(単独)

9位月島機械:20.72%(連結)

10位宇徳:20.34%(連結)

売上高営業利益率(19年03月)

1位明星工業:13.78%(連結)

2位美濃窯業:11.55%(連結)

3位ベステラ:10.79%(連結)

4位ニチアス:10.5%(連結)

5位木村化工機:10.27%(連結)

6位暁飯島工業:10.22%(単独)

7位アズビル:10.18%(連結)

8位東芝プラントシステム:8.34%(連結)

9位月島機械:7.97%(連結)

10位レイズネクスト:7.89%(連結)

売上高経常利益率(19年03月)

1位明星工業:14.26%(連結)

2位三井海洋開発:12.62%(連結)

3位美濃窯業:12.03%(連結)

4位ニチアス:10.75%(連結)

5位ベステラ:10.73%(連結)

6位木村化工機:10.56%(連結)

7位アズビル:10.56%(連結)

8位暁飯島工業:10.27%(単独)

9位東芝プラントシステム:9.14%(連結)

10位月島機械:8.32%(連結)

売上高純利益率(19年03月)

1位ベステラ:13.05%(連結)

2位三井海洋開発:9.73%(連結)

3位明星工業:9.6%(連結)

4位美濃窯業:7.66%(連結)

5位ニチアス:7.36%(連結)

6位アズビル:7.23%(連結)

7位木村化工機:7.04%(連結)

8位暁飯島工業:6.25%(単独)

9位東芝プラントシステム:5.88%(連結)

10位鹿島建設:5.56%(連結)

自己資本比率(19年03月)

1位明星工業:69.73%(連結)

2位ベステラ:69.39%(連結)

3位宇徳:69.23%(連結)

4位三井金属エンジニアリング:67.86%(連結)

5位ヤマト:66.42%(連結)

6位日工:64.77%(連結)

7位日本エアーテック:64.51%(単独)

8位アズビル:61.91%(連結)

9位日揮ホールディングス:59.04%(連結)

10位レイズネクスト:57.5%(連結)

固定比率(19年03月)

1位千代田化工建設:-100%(連結)

2位東芝プラントシステム:14%(連結)

3位三井金属エンジニアリング:15.92%(連結)

4位ベステラ:18.56%(連結)

5位メタウォーター:28.07%(連結)

6位富士古河E&C:28.14%(連結)

7位日本エアーテック:34.27%(単独)

8位レイズネクスト:37.21%(連結)

9位アズビル:38.47%(連結)

10位日揮ホールディングス:39.93%(連結)

固定長期適合率(19年03月)

1位千代田化工建設:-100%(連結)

2位東芝プラントシステム:12.65%(連結)

3位三井金属エンジニアリング:14.81%(連結)

4位ベステラ:18.17%(連結)

5位メタウォーター:21.87%(連結)

6位富士古河E&C:23.96%(連結)

7位日本エアーテック:31.16%(単独)

8位日揮ホールディングス:33.86%(連結)

9位レイズネクスト:35.42%(連結)

10位アズビル:37.28%(連結)

流動比率(19年03月)

1位明星工業:331.23%(連結)

2位三井金属エンジニアリング:324.23%(連結)

3位宇徳:297.06%(連結)

4位ベステラ:295.65%(連結)

5位日本エアーテック:273.14%(単独)

6位日工:272.61%(連結)

7位太平電業:256.39%(連結)

8位東芝プラントシステム:250.48%(連結)

9位日揮ホールディングス:242.33%(連結)

10位アズビル:241.35%(連結)

手元流動性比率(19年03月)

1位暁飯島工業:6.12ヶ月(単独)

2位日本エアーテック:5.07ヶ月(単独)

3位明星工業:4.69ヶ月(連結)

4位ベステラ:4.31ヶ月(連結)

5位東洋エンジニアリング:3.98ヶ月(連結)

6位日工:3.89ヶ月(連結)

7位木村化工機:3.77ヶ月(連結)

8位月島機械:3.45ヶ月(連結)

9位藤木工務店:3.44ヶ月(単独)

10位アズビル:3.12ヶ月(連結)

資産回転率(19年03月)

1位高田工業所:1.6回転(連結)

2位富士古河E&C:1.53回転(連結)

3位三井金属エンジニアリング:1.51回転(連結)

4位山九:1.4回転(連結)

5位宇徳:1.33回転(連結)

6位ベステラ:1.31回転(連結)

7位田辺工業:1.29回転(連結)

8位東洋エンジニアリング:1.23回転(連結)

9位レイズネクスト:1.21回転(連結)

10位ヤマト:1.21回転(連結)

プラント・工場建設業界の企業をもっと見る

全体像

業績が良くなっている、悪くなっている企業の一覧です。

熱供給事業(付加価値額)[2010年基準]

150.5 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

寝具類(消費者物価指数)

105.3 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

家事雑貨(消費者物価指数)

106.7 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

家事サービス(消費者物価指数)

103.2 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

電力・ガス事業(付加価値額)[2010年基準]

83.6 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

光熱・水道(二人以上の世帯の消費支出)

25,688 (円)(20年01月)

すぐに比較する

室内装備品(消費者物価指数)

94.2 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

水道事業(付加価値額)[2010年基準]

99.8 (2010=100)(18年08月)

すぐに比較する

機械受注額(電力業)

1,262,115.0 (百万円)(19年12月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

(19年12月) ”当社グループは、当社及び子会社89社、関連会社28社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社170社、関連会社72社で構成され、当社は土木事業、建築事業、開発事業等の事業活動を展開するとともに、国内関係会社が主に日本国内において多様な事業を、海外関係会社が海外地域において建設事業、開発事業等を展開している。当社が建設事業のうち、土木工事の受注...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年06月) ”当社グループの事業に係わる位置付けをセグメントごとに示すと次のとおりである。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA ...”(19年05月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年09月09日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社、当社の子会社48社および関連会社38社)は、各種プラント・施設の計画、設計、建設および試運転役務等を主たる事業としており、これに加え、触媒・ファイン製品の製造・販売、機器調達およびコンサルティング等の附帯事業を営んでおります。なお、当連結会計年度より、報告セグ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社70社、関連会社20社で構成され、当社が営む物流・機工の二事業に加えて、情報システム・人材派遣等のサービス事業を国内外において幅広く展開しております。:a. 港湾における船舶の貨物取卸し、積込み、本船内の荷繰り業務ならびにコンテナターミナルオペレーショ...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

業界倉庫

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当連結会計年度における当社グループは、当社及び連結子会社20社、持分法適用関連会社3社により構成されています。総合エンジニアリング企業グループとして、顧客のニーズを的確に把握し最も効率的な解決方法を提供する機能をビジネスの軸としており、高度先端技術を駆使し、グループ各社の持つ遂行...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社24社(MODEC INTERNATIONAL,INC.他23社)及び関連会社19社(MODEC VENTURE 10 B.V.他18社)で構成され、FPSO、FSO及びTLPといった浮体式海洋石油・ガス生産設備の設計・建造・据付、販売、リース及びオペ...”(20年03月18日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月18日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年09月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社、連結子会社13社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、「発電システム部門」、「社会・産業システム部門」の2つのセグメントに関係する事業として、火力、水力、原子力発電設備、受変電設備、公共設備や一般産業向けの各種設備...”(19年06月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月04日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”azbilグループは、当社と子会社58社及び関連会社4社により構成され、人々の安心、快適、達成感と地球環境への貢献を目指す「人を中心としたオートメーション」を追求し、建物市場でビルディングオートメーション(BA)事業を、工業市場でアドバンスオートメーション(AA)事業を、ライフラ...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社および子会社55社、関連会社10社より構成されており、「プラント向け工事・販売」「工業製品」「高機能製品」「自動車部品」および「建材」の5つを報告セグメントとしております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。THAI NICHIAS EN...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

プラント・工場建設業界の同業他社をもっと見る