比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2015-03-31)

2017/03/10

雪国まいたけの最新業績

業界:農業・種苗業界すぐ比較

雪国まいたけの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から雪国まいたけの事業内容についても確認できます。 注意:雪国まいたけの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2015-03-31:9.62

2014-12-31:9.44

2014-09-30:10

2014-06-30:9.73

売上高

2015-03-31:279億4500万

2014-03-31:288億2900万

2013-03-31:265億0900万

2012-03-31:260億4200万

売上総利益

2015-03-31:88億4400万

2014-03-31:88億1200万

2013-03-31:67億4000万

2012-03-31:52億9300万

営業利益

2015-03-31:22億3100万

2014-03-31:19億7600万

2013-03-31:-2億1100万

2012-03-31:-29億1700万

経常利益

2015-03-31:14億2400万

2014-03-31:11億2400万

2013-03-31:-11億2400万

2012-03-31:-37億5700万

当期純利益

2015-03-31:-1億2600万

2014-03-31:13億5600万

2013-03-31:-17億9500万

2012-03-31:-25億0400万

もっと見る

包括利益

2015-03-31:9000万

2014-03-31:16億9400万

2013-03-31:-16億1900万

2012-03-31:-24億8500万

営業CF

2015-03-31:41億2700万

2014-03-31:23億7900万

2013-03-31:9億7400万

2012-03-31:-4億9100万

投資CF

2015-03-31:-6億3600万

2014-03-31:-3億3700万

2013-03-31:-20億0300万

2012-03-31:-40億3300万

財務CF

2015-03-31:-10億5500万

2014-03-31:-25億2300万

2013-03-31:12億0000万

2012-03-31:33億6100万

総資産

2015-03-31:357億9500万

2014-03-31:365億6400万

2013-03-31:384億1500万

2012-03-31:395億0300万

流動資産

2015-03-31:85億6500万

2014-03-31:69億3000万

2013-03-31:88億2300万

2012-03-31:85億2400万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2015-03-31:34億2100万

2014-03-31:9億4400万

2013-03-31:13億7900万

2012-03-31:11億6500万

現金及び預金

2015-03-31:37億3900万

2014-03-31:9億6800万

2013-03-31:22億5400万

2012-03-31:11億9500万

固定資産

2015-03-31:272億2700万

2014-03-31:296億2900万

2013-03-31:295億7600万

2012-03-31:309億4200万

負債

2015-03-31:329億9800万

2014-03-31:339億2700万

2013-03-31:375億0400万

2012-03-31:368億3100万

流動負債

2015-03-31:254億3300万

2014-03-31:213億8300万

2013-03-31:201億4900万

2012-03-31:166億6500万

固定負債

2015-03-31:75億6400万

2014-03-31:125億4400万

2013-03-31:173億5400万

2012-03-31:201億6600万

もっと見る

純資産

2015-03-31:27億9600万

2014-03-31:26億3600万

2013-03-31:9億1000万

2012-03-31:26億7200万

従業員数

2014-03-31:1196

2013-03-31:1327

2012-03-31:1356

2011-03-31:1318

臨時従業員数(外)

2014-03-31:664

2013-03-31:694

2012-03-31:722

2011-03-31:670

売上総利益率

2015-03-31:31.6

2014-03-31:30.6

2013-03-31:25.4

2012-03-31:20.3

売上営業利益率

2015-03-31:8

2014-03-31:6.9

2013-03-31:-0.8

2012-03-31:-11.2

売上経常利益率

2015-03-31:5.1

2014-03-31:3.9

2013-03-31:-4.2

2012-03-31:-14.4

もっと見る

売上純利益率

2015-03-31:-0.5

2014-03-31:4.7

2013-03-31:-6.8

2012-03-31:-9.6

ROA

2015-03-31:-0.4

2014-03-31:3.7

2013-03-31:-4.7

2012-03-31:-6.3

ROE

2015-03-31:-4.5

2014-03-31:51.4

2013-03-31:-197.3

2012-03-31:-93.7

自己資本比率

2015-03-31:7.8

2014-03-31:7.2

2013-03-31:2.4

2012-03-31:6.8

流動比率

2015-03-31:33.7

2014-03-31:32.4

2013-03-31:43.8

2012-03-31:51.1

固定比率

2015-03-31:973.8

2014-03-31:1124

2013-03-31:3250.1

2012-03-31:1158

雪国まいたけの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
雪国まいたけ

キーワードの推移
年度or届出書
四半期or半期

(20140715)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20150213)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

雪国まいたけの類似企業へ

雪国まいたけの業績推移

雪国まいたけの同業他社

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び子会社4社で構成され、種苗の生産・販売、花き園芸用品、農薬・被覆肥料等の販売、農業資材の販売及び養液栽培プラント・温室・造園工事の設計・施工を行っております。なお、次の5部門は「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。野菜種子や牧草種子、ウイルスフリー苗及び種イモの委託生産・仕入・販売を行っております。耐病虫性・収量性・良食味等の高品質な形質を備えた自社開発品種を中心に、日本国内はもとより海外へも販売しております。また、その委託生産の一部と海外販売の一部を非連結子会社であるフィリピーナス・カネコ・シーズ...(20160831に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社32社及び関連会社2社により構成されており、園芸商材(野菜種子、花種子、球根、苗木、農園芸資材)の販売業務を営んでおります。野菜種子、花種子、球根、苗木及び農園芸資材等を生産もしくは仕入れ、国内の種苗会社等へ卸販売しております。野菜種子、花種子、球根、苗木及び農園芸資材等を生産もしくは仕入れ、海外の種苗会社等へ卸販売しております。一般園芸愛好家を対象とした商品を仕入れ、国内のホームセンター向けに販売しているほか、通信販売及び直営園芸店での販売を行っております。官公庁・民間向け造園工事の施工、人材派遣業務、農産物の生産・加工・販売を行っており...(20160823に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(ホクト株式会社)及び子会社6社により構成しており、今後の幅広い事業展開と経営の効率化を目的として、「国内きのこ事業」、「海外きのこ事業」、「加工品事業」及び「化成品事業」の4事業部門に関係する事業を営んでおります。昭和30年代より今迄の原木によるきのこ栽培から、空調施設の導入、機械化による施設型きのこ生産が飛躍的に伸び、当社でも昭和47年より従来からの栽培用ビン、種菌等の製造販売と共に、きのこ生産、販売に着手いたしました。爾来、一貫して「鮮度の高いきのこ」、「今日収穫したきのこを、翌日にはスーパーの店頭に...。」を念頭に、そのための生産センター...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、「いちご」という農産物において、新しい品種の研究開発から始まり、苗の生産販売から収穫した果実の販売までの全てを行っており、1年365日、洋菓子メーカー等に対して国産いちごを供給しております。国内で広く一般的に販売されている「とちおとめ」等のほとんどのいちごは、いちごの中でも一季成性といわれる品種であり、品種特性により収穫時期は主に冬から春に限られます。そのため、夏秋期には一部国産いちごの収穫はあるものの、現在夏秋期に販売されているいちごの大部分はアメリカ合衆国から輸入されたものであり、そのため、ケーキにのっているいちごにも輸入品が使用されております。この自社品種により、洋菓子メーカーの...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社(ベルグ福島株式会社及び青島芽福陽園芸有限公司)、関連会社(ファンガーデン株式会社、株式会社九重おひさまファーム、四万十あおぞらファーム株式会社)の6社で構成されており、野菜苗生産販売事業、流通事業、海外事業を主な事業として取り組んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社は、この野菜接ぎ木苗生産に特化していることから、1年を通しての納品が可能であり、全国各地の野菜産地及びホームセンターなどの量販店へと販売網を拡大しております。このため、病気及び害虫対策として接ぎ木苗の利用が増加し、現在の施設栽培では、接...(20170131に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/12

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社及び関連会社3社により構成されており、その事業は、ビート糖、精糖、イースト、オリゴ糖等機能性食品、配合飼料、紙筒、農業用機械等の製造販売、物流を主な内容とし、さらに不動産事業、石炭・石油類及び自動車部品の販売、スポーツ施設並びに書店の経営を行っております。なお、以下に示す区分はセグメントと同一の区分であります。ビート糖、精糖、ビート糖蜜、精糖蜜、ポケットシュガーは当社が製造(精糖及び精糖蜜は関連会社関門製糖(株)に製造を委託)し、販売代理店を通じて各得意先に販売しており、うち一部は子会社ニッテン商事(株)を通じて販売しております。なお、ビート糖製造の燃料である石...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、木徳神糧株式会社(当社)及び関係会社8社により構成されており、事業は精米の製造販売・玄米の販売を行う米穀事業、加工食品・米粉・その他製造販売を行う食品事業、飼料の販売を行う飼料事業、鶏卵の商品販売を行う鶏卵事業を行っております。米穀事業は、精米販売と玄米販売に大別されます。精米には一般家庭で消費される家庭用精米と、外食・中食産業で使用される業務用精米があり、それぞれ普通精米と無洗米があります。なお、家庭用精米には「純づくり」「特別栽培米」「とがずに炊ける無洗米」「木徳神糧セレクション」という自社ブランド4シリーズを取り揃えております。当社米穀グループは、全国均一したサービスをお...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社41社及び関連会社4社で構成され、国内外での食品の製造、仕入及び販売を主な事業内容としております。なお、国内事業は製品の種類により分化しており、各セグメントの補足は以下の通りであります。「飲料」は、野菜飲料、フルーツ飲料、乳酸菌などが対象となります。「食品」は、調味料、調理食品が対象となります。「ギフト」は、主として飲料のギフトが対象となります。「農」は、各菜園での生鮮トマトなどの生産とその販売、農産資材などの販売を行っております。「通販」は、自社通販による通販専用の飲料やサプリメントなどが対象となります。...(20170317に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社3社及び関連会社1社で構成され、その事業は、食品の製造販売を主な事業内容として、当事業に関する物流、サービス等の事業を展開しております。水産練製品・惣菜の製造販売及びきのこの生産販売を行っております。水産練製品の製造販売を行っており、当社が一部原材料を有償支給し、当社販売商品を製造委託しております。きのこの生産販売を行っております。水産練製品の製造販売を平成28年9月より開始する予定でおります。貨物運送業及び倉庫業を事業としており、主に当社の製品・商品及び材料の運送・保管を行っております。...(20160928に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、日東紡績株式会社(当社)、子会社28社及び関連会社4社で構成され、繊維事業、原繊材事業、機能材事業、設備材事業、環境・ヘルス事業、及びその他の事業を営んでおり、当該事業における当社及び主たる関係会社の位置づけは次のとおりであります。当事業においては、繊維製品(コアスパン糸、ストレッチ製品、芯地製品、二次製品等)の製造及び販売を行っております。(株)日東紡インターライニングは、当社の芯地製品を販売しております。ニットーボー新潟(株)は、コアスパン糸の製造及び販売を行っております。(株)文京精練は、当社から繊維製品の加工を受託しております。日東紡(中国)有限公司は、当社へ芯地製品を...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社4社(株式会社大地を守る会、株式会社フルーツバスケット、株式会社とくし丸、Oisix Hong Kong Co.,Ltd.)及び関連会社である株式会社ごちまるにより構成されております。当社は、平成29年3月31日を効力発生日とした株式交換により株式会社大地を守る会を子会社化しております。また、当該子会社化に伴い、同社の子会社であった株式会社フルーツバスケットも子会社(当社の孫会社)となっております。これにより、当連結会計年度末において、両社の貸借対照表のみを連結財務諸表に含めております。当社は、PCやモバイル(スマートフォンを含む携帯電話)からインターネットを通...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(持株会社)、東京デリカフーズ(株)、名古屋デリカフーズ(株)、大阪デリカフーズ(株)、(株)メディカル青果物研究所、デザイナーフーズ(株)、エフエスロジスティックス(株)により構成されており、外食産業、中食産業(注1)等向けのホール野菜(注2)の販売、カット野菜の製造・販売等を主たる事業としております。(注1) 中食産業は、持ち帰り弁当や調理済み食品・惣菜など家庭で食事をするための食品および食材を販売している産業であります。レストランなどで食事をする外食産業と家庭で素材から調理する「内食」の中間に相当する意味として、「中食」という名称が使われております。(注2) 当社グル...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社17社、非連結子会社5社および関連会社1社で構成され、小型屋外作業機械(刈払機、チェンソーなど)、農業用管理機械(畦草刈機、モアなど)および一般産業用機械(発電機、溶接機など)の製造、販売を主な事業内容としております。製造事業関係・・・主に、当社、エコー・インコーポレイテッド、愛可機械(深圳)有限公司(以下「愛可機械」)および追浜工業株式会社(以下「追浜工業」)で製造しております。販売事業関係・・・主に国内では、当社およびやまびこ東部株式会社ほか販売会社6社(以下「販売会社」)、海外では当社、エコー・インコーポレイテッド、ゴールデンイーグルディストリビューティン...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度において、ヘルスケアセグメント及び創薬セグメントに属する、新型出生前遺伝子検査を提供するGeneTech株式会社、バイオ医薬品の研究開発を手掛ける株式会社ジーンテクノサイエンス及び保険薬局向けレセプト処理システム等を提供する株式会社ユニケソフトウェアリサーチ等を新たに当社グループに迎え、連結子会社といたしました。一方、環境セグメントに属していた、太陽光発電事業を営むNKプロパティ合同会社の全持分を譲渡いたしました。当社グループは、「お客様に信頼され支持される商品とサービスの提供」を企業理念とし、素材開発技術を用いたペン先部材・コスメ部材等の研究開発・生産を行うもの...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、温泉事業及びアグリ事業の2つのセグメント情報の区分にわたって、温泉利用者や一般消費者へ当社製品・サービスの提供を行っております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(東京青果株式会社)、子会社7社及び関連会社3社により構成されており、中央卸売市場における青果物及びその加工品の卸売業を主たる事業としております。 当社、連結子会社である東一川崎中央青果株式会社及び持分法適用関連会社である東一宇都宮青果株式会社は、農林水産大臣の許可を受けた卸売業者であり、それぞれ東京都中央卸売市場大田市場、川崎市中央卸売市場北部市場及び宇都宮市中央卸売市場において卸売事業を営んでおります。卸売市場法に基づき各中央卸売市場において全国より集荷した果実品目を市場内の仲卸業者及び売買参加者等に販売しております。諸外国から主に果実品目を輸...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社11社、持分法適用関連会社2社およびその他の関係会社1社で構成され、水産物、畜産物等の生鮮食料品および同加工品ならびに一般加工食品の卸売を主な内容とし、一部水産物、畜産物等の加工品製造、小売業の店舗支援事業、物流事業等の活動を展開しております。販 売・・・主として当社が小売店等へ販売するほか、一部業務用卸等の取引先については子会社(株)ナガレイおよび関連会社(株)ヨネクボが販売しております。また、養殖魚生産者に対する水産飼料の販売および市場荷受等に対する養殖魚の販売を子会社(株)三共物商が、鮮魚品を中心とした水産物の小売販売を子会社魚信(株)が、食品卸等に対する...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-05-31)

(2012-05-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続赤字,3年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-06-30)

(0000-00-00)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

雪国まいたけの同業他社をもっと見る

雪国まいたけの関連統計

統計分類検索へ

雪国まいたけの基本情報

企業名 株式会社雪国まいたけ
カナ カブシキガイシャユキグニマイタケ
英語名 YUKIGUNI MAITAKE CO.,LTD
業種 水産・農林業
所在地 南魚沼市余川89番地
ホームページ http://www.maitake.co.jp/index.php
EDINET E00007
証券コード 1378
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1378)
決算日 03月31日