比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

富士古河E&Cの最新業績

富士古河E&Cの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から富士古河E&Cの事業内容についても確認できます。 注意:富士古河E&Cの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:9.12

2017-03-31:10

2016-12-31:9.05

2016-09-30:8.03

売上高

2017-06-30:149億2000万

2016-06-30:157億3500万

2015-06-30:125億0100万

2014-06-30:124億1900万

売上総利益

2017-06-30:21億6800万

2016-06-30:23億2200万

2015-06-30:15億8200万

2014-06-30:15億7500万

営業利益

2017-06-30:4億3500万

2016-06-30:5億4000万

2015-06-30:-8400万

2014-06-30:-6000万

経常利益

2017-06-30:4億2500万

2016-06-30:5億3100万

2015-06-30:-6600万

2014-06-30:-1000万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:1億9700万

2016-06-30:3億5200万

2015-06-30:-7600万

2014-06-30:-2400万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:2億8700万

2016-06-30:2億4400万

2015-06-30:-3500万

2014-06-30:300万

営業CF

2017-03-31:29億0200万

2016-03-31:14億0900万

2015-03-31:6億8600万

2014-03-31:19億1800万

投資CF

2017-03-31:-5億3700万

2016-03-31:-15億2400万

2015-03-31:-4億4300万

2014-03-31:-3億4400万

財務CF

2017-03-31:-4億3200万

2016-03-31:-3億4900万

2015-03-31:-2億5300万

2014-03-31:-2億4300万

総資産

2017-06-30:432億9700万

2016-06-30:477億9400万

2015-06-30:371億8700万

2014-06-30:352億9000万

流動資産

2017-06-30:377億2900万

2016-06-30:424億3600万

2015-06-30:327億6400万

2014-06-30:309億2000万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:56億4100万

2016-03-31:37億5400万

2015-03-31:43億2600万

2014-03-31:41億8100万

現金及び預金

2017-06-30:42億1200万

2016-06-30:34億8100万

2015-06-30:35億0900万

2014-06-30:22億3000万

固定資産

2017-06-30:55億6800万

2016-06-30:53億5700万

2015-06-30:44億2300万

2014-06-30:43億6900万

負債

2017-06-30:260億9400万

2016-06-30:331億0500万

2015-06-30:238億7200万

2014-06-30:237億8800万

流動負債

2017-06-30:214億3000万

2016-06-30:285億9600万

2015-06-30:201億7600万

2014-06-30:194億4600万

固定負債

2017-06-30:46億6400万

2016-06-30:45億0800万

2015-06-30:36億9600万

2014-06-30:43億4100万

もっと見る

純資産

2017-06-30:172億0200万

2016-06-30:146億8800万

2015-06-30:133億1400万

2014-06-30:115億0100万

従業員数

2017-03-31:1481

2016-03-31:1451

2015-03-31:1419

2014-03-31:1328

売上総利益率

2017-06-30:14.5

2016-06-30:14.8

2015-06-30:12.7

2014-06-30:12.7

売上営業利益率

2017-06-30:2.9

2016-06-30:3.4

2015-06-30:-0.7

2014-06-30:-0.5

売上経常利益率

2017-06-30:2.8

2016-06-30:3.4

2015-06-30:-0.5

2014-06-30:-0.1

売上純利益率

2017-06-30:1.3

2016-06-30:2.2

2015-06-30:-0.6

2014-06-30:-0.2

もっと見る

ROA

2017-06-30:2

2016-06-30:2.8

2015-06-30:-0.8

2014-06-30:-0.4

ROE

2017-06-30:4.4

2016-06-30:9.6

2015-06-30:-2.4

2014-06-30:-0.8

自己資本比率

2017-06-30:39.7

2016-06-30:30.7

2015-06-30:35.8

2014-06-30:32.6

流動比率

2017-06-30:176.1

2016-06-30:148.4

2015-06-30:162.4

2014-06-30:159

固定比率

2017-06-30:32.4

2016-06-30:36.5

2015-06-30:33.2

2014-06-30:38

業績ランキングは

1026

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

富士古河E&Cの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
富士古河E&C

キーワードの推移
2017/06/22(年度)2016/06/21(年度)2015/06/19(年度)2017/08/09(四半期)2017/02/09(四半期)2016/11/10(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/11(四半期)2015/08/11(四半期)
富士古河e&c富士古河e&c富士古河e&c設備工事設備工事設備工事設備工事設備工事設備工事設備工事
富士電機富士電機富士電機空調設備空調設備空調設備空調設備空調設備空調設備空調設備
電設空調設備付帯設備空調空調空調空調太陽光発電設備空調空調
空調設備電設空調設備情報通信ミャンマコストダウン社会インフラ空調社会インフラ社会インフラ
設備工事フタムラフタムラ衛生コストダウン未成工事支出金電設電設未成工事受入金衛生
流通事業流通事業東邦チタニウム電設社会インフラ社会インフラ電力電力未成工事支出金電設
空調設備工事いわき大王製紙電力電設衛生power情報通信情報通信プロセス
プラントいわき大王製紙空調ミャンマ電力電設up太陽光発電catv電気
ktnp空調設備工事プロセスpower電力ミャンマ電気電設水処理
カンキョウ新光電気工業新光電気工業電気up電気電気流通事業プロセス太陽光発電設備
エフテックスプラント本田太陽光発電設備プロセス情報通信テロ土木工事受入流通事業
益城tvcコスモス流通事業電気power太陽光発電設備未成工事受入金電気電力
熊本空港太陽光発電設備プラント土木工事太陽光発電設備up流通事業太陽光水処理土木工事
胎内東京flc電気工事未成工事受入金流通事業テロ土木工事未成工事支出金太陽光発電設備未成工事受入金
北関東防衛局カンキョウ技研工業太陽光土木工事太陽光発電設備未成工事受入金社会インフラ流通事業太陽光
電力西日本高速道路多摩川トンネル未成工事支出金未成工事受入金流通事業太陽光衛生電力日系
湾岸線エフテックス川崎航路トンネル社会インフラ太陽光土木工事未成工事支出金プラント土木工事大型
富士工電力黒羽刑務所eu未成工事支出金未成工事受入金eu物品太陽光未成工事支出金
ファーマナイト東京消防庁情報通信プラント衛生太陽光大型土木衛生プラント
北辰sifさくら物品プラント大型衛生公共投資プラント物品
コムテック湾岸線catv土木物品プラントプラントプロセス物品コストダウン
能美防災電気工事東京flc太陽光発電情報通信物品物品受入コストダウン情報通信
九州自動車道富士工itfe受入土木土木情報通信中国経済土木土木
清掃工場ファーマナイト西日本高速道路システム太陽光発電プロセス土木システム公共投資公共投資
ミャンマ北辰変電設備情報大型太陽光発電プロセス情報太陽光発電太陽光発電
衛生コムテック本田技研工業大型政権受入太陽光発電大型大型受入
特命能美防災エフテックス手形受入円高受入受取手形のれん手形
古河電気工業メタウォータ水処理支払手形システム資源資源手形中国経済支払手形
日揮センコー太陽光発電設備受取手形持分手形手形配当金情報金融
太陽光発電所東洋建設東京消防庁配当金資源情報支払手形手形
年度or届出書
四半期or半期

(20170622)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

富士古河E&Cの類似企業へ

富士古河E&Cの業績推移

富士古河E&Cの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社(ヤマウラ企画開発(株))、その他の関係会社((株)信州エンタープライズ)で構成されており、建設事業、エンジニアリング事業・開発事業等を主な内容とした事業活動を展開しております。民間での事務所・工場・店舗等の新築・増改築、住宅・マンション等の建築工事、国・地方公共団体等が発注する公共建築工事を行っており、一部の公共建築物等ではデサイン&ビルド方式による一括請負工事を行っております。また、技術部門を強化し、BIMを駆使して、耐震・免震構造技術、住宅・マンション等の新商品の開発、生産工場の生産性効率化や食品工場のハセップ(食品の総合的な衛生管理システム)、医療福祉施設...(20161219に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社88社、関連会社26社で構成され、その主な事業内容は、建設事業(国内建築事業、海外建築事業、国内土木事業及び海外土木事業)及び不動産事業であり、さらに各々に付帯する事業を行っている。当社が建築工事の受注、施工を行っているほか、子会社の(株)内外テクノスが内装工事及び建設用資機材の販売、賃貸を、オーク設備工業(株)が設備工事の受注、施工を行っており、それらの一部は当社が発注している。 また、子会社の大林ファシリティーズ(株)が建物総合管理業を行っており、その一部は当社及び大林新星和不動産(株)が発注している。当社及び現地法人である大林USA、ジャヤ大林、タイ大林、台...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社グループは、当社及び子会社15社(うち連結子会社12社)によって構成され、その主たる事業内容はエンジニアリング及び操業であります。 当社の親会社は新日鐵住金(株)であり、同社及び同社グループ各社から各種業務を請負っております。当社は、鉄鋼生産設備等の機械、電気計装、システムに関する企画・設計・製作・施工、並びに工場、倉庫、社宅、寮等の建設を行うとともに、これらに関連するメンテナンスを行っております。また、連結子会社であるNSテックスエンジ釜石(株)、北都電機(株)、テックスエンジソリューションズ(株)も同様の事業を行っております。(株)ニークシステムテクノロジーは、平成26年10月1日の(...(20150625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社のグループ(当社及び子会社)は、当社(大豊建設株式会社)及び子会社10社(内4社は間接所有によるものである)で構成され、建設事業を主たる業務としている。(土木事業) 当社は、建設事業のうち土木事業を営んでおり、子会社である(株)森本組が土木事業の施工及び施工協力を行っている。(建築事業) 当社は、建設事業のうち建築事業を営んでおり、子会社である(株)森本組が建築事業の施工及び施工協力を、タイ大豊(株)(タイ王国)が建築事業を行っている。(その他の事業) 子会社である大豊不動産(株)が不動産事業を、大豊塗装工業(株)が塗装工事業を、進和機工(株)が建設資材リース業等を営んでいる。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社27社及び関連会社21社で構成され、建築事業、土木事業、製造事業及びインフラ運営事業を主な事業とし、さらに不動産事業からサービス業まで幅広く展開している。[建築事業] 建築事業は、集合住宅や事務所ビルを中心とする建設工事及び付帯する事業を展開している。当社、子会社である(株)JM、(株)エフビーエス及び関連会社の前田道路(株)、東洋建設(株)等が営んでおり、当社は施工する工事の一部及び資材納入等を関係会社に発注している。[土木事業] 土木事業は、橋梁やトンネルを中心とする建設工事及び付帯する事業を展開している。当社、子会社である(株)ミヤマ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(田辺工業株式会社)及び連結子会社3社により構成されております。当社グループは、日本国内において設備工事事業(産業プラント設備工事、設備保全工事、電気計装工事、送電工事、管工事)を主体とした事業と、その他(鋳造用工業炉の製造・販売)の事業を営んでおります。また、海外においては中国、シンガポールを中心に設備工事事業と、タイ国内では表面処理事業及び設備工事事業を営んでおります。なお、次の部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び連結子会社が次の設備工事事業を営んでおりま...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(連結子会社7社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、建築設備事業、機械システム事業、環境システム事業、不動産事業を主な事業として取り組んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。ビル空調衛生、産業空調、電気、ファシリティシステムなどの建築設備全般に関する事業を行っております。(主な関係会社)三機テクノサポート(株)、THAI SANKI ENGINEERING & CONSTRUCTION CO.,LTD.FAシステム・物流システム・コンベヤ等の産業設備に関する事業を行っております。上下水処理設備等の環境施設に関する事業を行っております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”日揮グループ(当社、当社の子会社47社および関連会社36社)は、各種プラント・施設の計画、設計、建設および試運転役務等を主たる事業としており、これに加え、触媒・ファイン製品の製造・販売、機器調達およびコンサルティング等の附帯事業を営んでおります。当セグメントは、石油、石油精製、石油化学、ガス、LNG、一般化学、原子力、金属製錬、バイオ、食品、医薬品、医療、物流、IT、環境保全、公害防止等に関する装置、設備および施設の計画、設計、調達、建設および試運転役務等のEPCビジネスを中心に構成されております。また、これらに関連した事業投資の一部も含んでおり、全般にわたり当社がこれに当たっております。なお...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社9社並びに関連会社1社で構成され、エネルギー分野(主に鉄鋼、自動車、非鉄金属、太陽電池製造関連)、情報・通信分野(主に精密塗工関連)、環境保全分野(主に大気浄化、廃棄物処理・リサイクル、バイオマス利用関連)の3分野における、工業炉・産業機械・環境設備・燃焼設備についての設計・製作・施工及び燃焼機器などの製作・販売を主な内容とし、さらに各事業に付帯するエンジニアリング、研究開発並びにその他のサービスなどの事業活動を展開しております。加熱炉、金属プロセスライン、太陽電池製造設備、自動車・機械部品熱処理炉、各種工業用バーナ、省エネ制御機器などの設計・製作・施工・販売を行...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社6社で構成され、空調衛生設備技術を核とした設備工事の設計・施工を主な内容としており、さらに冷熱(空調)機器の販売、修理・サービス・リフォーム工事及び各事業に関連する研究の事業活動を展開しております。当社が大型空調衛生設備工事を中心として設計・施工するほか、子会社4社〔東京ダイヤエアコン(株)、菱和エアコン(株)、(株)アール・デザインワークス、PT.TECHNO RYOWA ENGINEERING〕においては、下記の冷熱(空調)機器類を使用した小型空調衛生設備工事の設計・施工を担当しております。また、当社の施工工程の一部について、上記子会社4社に外注施工させてお...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社7社で構成され、プラント事業を主な事業の内容としています。鉄鋼、化学、石油、ガス、電力、原子力、海洋開発、都市開発、自動車、通信、新素材、バイオテクノロジー、エレクトロニクス、ガラス、食品、医薬品、物流などの各種産業設備及び水処理、廃棄物処理その他公害防止設備などに関する設計、製作、据付、配管、電気、計装及び保全・修理事業、並びにこれらに関連する事業を営んでおります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社グループは、当社と子会社6社で構成され、建設工事業を営んでおり、その主な内容は、建築・土木、空調・衛生、電気・通信、水処理プラント、冷凍・冷蔵に関する工事の設計・監理・施工及びメンテナンスである。子会社の大和メンテナンス株式会社及び株式会社埼玉ヤマトは、当社が施工している上記各種工事に関わるメンテナンス、維持管理業務の一部を施工しており、株式会社ヤマト・イズミテクノスは、独自の営業による電気設備工事の設計・監理及び施工と当社が施工している上記各種工事に関わる電気設備工事の一部を施工している。株式会社サイエイヤマトは、独自の営業による空調衛生設備工事の設計・監理及び施工をしている。大和ビジネ...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社6社、関連会社1社で構成され、建設工事部門および補修工事部門を主な事業の内容としております。当社が施工する他、子会社である富士アイテック(株)他3社および関連会社である東京動力(株)が工事の施工を行っております。当社が施工する他、子会社である富士アイテック(株)他2社および関連会社である東京動力(株)が工事の施工、子会社である豊楽興産(株)他1社が部品・機器販売を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社、連結子会社13社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、「発電システム部門」、「社会・産業システム部門」の2つのセグメントに関係する事業として、火力、水力、原子力発電設備、受変電設備、公共設備や一般産業向けの各種設備、ビル施設などのエンジニアリング・調達・施工・試運転・調整・サービスを一貫して提供しております。また、当社は、建設業法により、特定建設業者として、平成24年7月23日国土交通大臣許可(特-24)第3515号の更新許可、並びに一般建設業者として、平成24年7月23日国土交通大臣許可(般-24)第3515号の更新許可を受け...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社9社で構成され、アスファルトプラント、コンクリートプラント、環境及び搬送機械の製造・販売を主に行っているほか、不動産賃貸、住宅リフォーム等の販売を営んでおります。事業の系図は、次のとおりであります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社グループは、当社、子会社47社、関連会社16社及びその他の関係会社1社で構成され、建設事業、開発事業を主な事業とし、さらに各事業に関連する事業を営んでいる。当社が主として建築工事業を、連結子会社では(株)竹中土木が主として土木工事業を、(株)竹中道路が道路舗装工事業を、また、海外においてはTAKENAKA EUROPE GmbH、THAI TAKENAKA INTERNATIONAL LTD.、竹中(中国)建設工程有限公司、TAKENAKA CORPORATION(U.S.A.)、TAKENAKA INDIA PRIVATE LTD.などが建設事業を営んでおり、当社及び(株)竹中土木は工事...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/28

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、建設事業及び不動産事業を主な内容としております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-09-30)

(2012-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字,5年連続マイナス成長当期純利益2年連続赤字,3年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益6年連続黒字,プラス成長に回復経常利益6年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益6年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

富士古河E&Cの同業他社をもっと見る

富士古河E&Cの関連統計

統計分類検索へ

富士古河E&Cの基本情報

企業名 富士古河E&C株式会社
カナ フジフルカワイーアンドシーカブシキガイシャ
英語名 FUJI FURUKAWA ENGINEERING & CONSTRUCTION CO.LTD.
業種 建設業
所在地 川崎市幸区堀川町580番地
ホームページ http://www.ffec.co.jp/
EDINET E00273
証券コード 1775
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1775)
決算日 03月31日