比較リスト

(19年12月)

20年02月14日

ヤマウラの最新業績

建設・土木すぐ比較

”当社の企業集団は、当社、子会社(ヤマウラ企画開発(株))、その他の関係会社((株)信州エンタープライズ)で構成されており、建設事業、エンジニアリング事業・開発事業等を主な内容とした事業活動を展開しております。民間での事務所・工場・店舗等の新築・増改築、住宅・マンション等の建築工事、国・地方公共団体等が発注する公共建築工事を行っており、一部の公共建築物等ではデサイン&ビルド方式による一括請負工事を行っております。また、技術部門を強化し、BIMを駆使して、耐震・免震構造技術、住宅・マンション等の新商品の開発、生産工場の... ”
(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

※ポイント(0~10)表記

ヤマウラの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ヤマウラの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について

累計四半期/連結/JPYの概況

売上高

19年12月:170億

18年12月:236億

17年12月:166億

売上総利益

19年12月:31億

18年12月:37億

17年12月:29億

営業利益

19年12月:13億

18年12月:16億

17年12月:9億9307万

経常利益

19年12月:14億

18年12月:17億

17年12月:10億

当期純利益

19年12月:9億2187万

18年12月:11億

17年12月:8億9290万

親会社株主に帰属する当期純利益

19年12月:9億2187万

18年12月:11億

17年12月:8億9290万

包括利益

19年12月:9億 690万

18年12月:7億2233万

17年12月:13億

親会社株主に係る包括利益

19年12月:9億 690万

18年12月:7億2233万

17年12月:13億

営業CF

19年09月:20億

18年09月:26億

17年09月:-5億8507万

投資CF

19年09月:-1億1573万

18年09月:-2億2623万

17年09月:-2億1278万

財務CF

19年09月:-8億6810万

18年09月:-4570万

17年09月:-4739万

資産

19年12月:218億

18年12月:248億

17年12月:204億

負債

19年12月:68億

18年12月:108億

17年12月:71億

純資産

19年12月:150億

18年12月:139億

17年12月:132億

資本金

19年12月:28億

18年12月:28億

17年12月:28億

株主資本

19年12月:145億

18年12月:134億

17年12月:123億

現金及び預金

19年12月:27億

18年12月:30億

17年12月:9億8562万

現金及び現金同等物

19年09月:37億

18年09月:39億

17年09月:10億

流動資産

19年12月:160億

18年12月:188億

17年12月:141億

固定資産

19年12月:58億

18年12月:60億

17年12月:62億

流動負債

19年12月:60億

18年12月:97億

17年12月:64億

固定負債

19年12月:8億 11万

18年12月:11億

17年12月:7億4167万

総合点

19年12月:8.48

19年09月:8.61

19年06月:8.86

収益性

19年12月:7.83

19年09月:8.04

19年06月:8.72

安全性

19年12月:10

19年09月:9.19

19年06月:8.39

成長性

19年12月:7.61

19年09月:8.6

19年06月:9.46

ROA

19年12月:5.59

18年12月:6.28

17年12月:5.8

ROE

19年12月:8.39

18年12月:11.62

17年12月:9.58

売上高総利益率

19年12月:18.27

18年12月:15.63

17年12月:17.73

売上高営業利益率

19年12月:7.75

18年12月:6.85

17年12月:5.98

売上高経常利益率

19年12月:8.32

18年12月:7.31

17年12月:6.48

売上高純利益率

19年12月:5.4

18年12月:4.96

17年12月:5.38

自己資本比率

19年12月:66.65

18年12月:54.1

17年12月:60.54

固定比率

19年12月:40.29

18年12月:44.71

17年12月:50.7

固定長期適合率

19年12月:38.19

18年12月:41.16

17年12月:47.83

流動比率

19年12月:265.58

18年12月:193.37

17年12月:221.13

手元流動性比率

19年12月:1.48

18年12月:1.28

17年12月:0.74

資産回転率

19年12月:1.04

18年12月:1.27

17年12月:1.08

提出日対象時期書類名総合点収益性安全性成長性
20年01月19年12月四半期報告書(第3四半期)8.487.83107.61
19年11月19年09月半期報告書8.618.049.198.6
19年08月19年06月四半期報告書(第1四半期)8.868.728.399.46
19年06月19年03月有価証券報告書9.089.427.8310
19年02月18年12月四半期報告書(第3四半期)9.02108.088.97
18年11月18年09月半期報告書8.529.77.967.91
18年08月18年06月四半期報告書(第1四半期)7.819.067.466.9
18年06月18年03月有価証券報告書7.118.4375.9
18年02月17年12月四半期報告書(第1四半期)6.868.676.655.25
17年12月17年09月有価証券報告書6.578.176.914.62
17年08月17年06月四半期報告書(第3四半期)6.4687.194.2
17年04月17年03月半期報告書5.977.287.373.27
17年02月16年12月四半期報告書(第1四半期)5.326.566.572.84
17年12月16年09月有価証券報告書4.835.866.042.59
16年12月16年09月有価証券報告書4.835.866.042.59
16年08月16年06月四半期報告書(第3四半期)4.245.135.651.94
16年05月16年03月半期報告書3.714.455.221.45
16年02月15年12月四半期報告書(第1四半期)4.185.155.641.74
15年12月15年09月有価証券報告書4.245.735.471.5
15年08月15年06月四半期報告書(第3四半期)4.326.085.031.84
15年05月15年03月半期報告書4.376.284.682.16
15年02月14年12月四半期報告書(第1四半期)4.345.794.922.33
15年09月14年09月有価証券報告書4.295.374.852.65

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ヤマウラ

住宅・リフォーム

すぐに比較する

線路

すぐに比較する

駐車場(建設)

すぐに比較する

建設コンサルタント

すぐに比較する

プラント・工場建設

すぐに比較する

道路

すぐに比較する

電気・通信工事

すぐに比較する

業界検索へ

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社7社で構成され、建築、土木、不動産の事業を行っております。当社が建築工事の請負並びにこれに付帯する事業を営んでいる他、子会社では矢作葵ビル(株)が建築事業、(株)テクノサポートが建設用資機材の賃貸・販売を行っております。また、当社グループ独自の外付耐震...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社(大豊建設株式会社)及び子会社10社(内4社は間接所有によるものである)をいう。以下同じ)は、建設事業を主たる業務としている。(土木事業) 当社は、建設事業のうち土木事業を営んでおり、子会社である(株)森本組が土木事業の施工及び施工協力を行っている。(建築事業)...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社) は、常磐開発(株)(当社)及び連結子会社である(株)ジェイ・ケイ・リアルタイム、(株)地質基礎、(株)茨城サービスエンジニアリング、(株)常磐エンジニアリングにより構成されております。当社グループが営んでいる事業内容は、建築事業、土木緑地事...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、2019年3月31日現在、当社、連結子会社9社、非連結子会社6社及びその他の関係会社1社で構成され、国内土木事業、国内建築事業、海外建設事業、不動産事業を主な事業の内容としております。報告セグメントと当社グループ各社の関係は次のとおりであります。当社、(株)トマッ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”それらの事業に係る位置付けを報告セグメント等ごとに示すと次のとおりであります。当社は、土木事業を営んでおり、土木事業を営む大成ロテック(株)、成和リニューアルワークス(株)他子会社5社に施工する工事の一部及び資材納入等を発注しております。その他国内では、関連会社の加賀アスコン(株...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社と連結子会社2社((株)テノックス技研、(株)複合技術研究所)、非連結子会社1社(TENOX ASIA COMPANY LIMITED)で構成されており、建設及び建設資材の販売を主たる事業としております。建設事業..................当社、(株)...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ” なお、次の建築事業及び土木事業は、「第5 経理の状況 1財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社が、建築工事全般から構成される建築事業及び土木工事全般から構成される土木事業を行っております。子会社であるテクノアシスト(株)が環境整備事...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社30社及び関連会社22社で構成され、建築事業、土木事業、製造事業及びインフラ運営事業を主な事業とし、さらに不動産事業からサービス業まで幅広く展開しています。[建築事業] 建築事業は、集合住宅や事務所ビルを中心とする建設工事及び...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年10月) ”当社は特殊土木工事等事業、住宅関連工事事業、機械製造販売等事業及び再生可能エネルギー等事業の4分野での事業活動を展開しております。...”(19年04月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年12月18日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループが営んでいる主な事業内容、主な関係会社の当該事業に係る位置づけ及びセグメント情報との関連は次のとおりであります。当社が国内における建築工事の施工等を行っております。当社が国内における土木工事の施工等を行っております。当社グループが国内における不動産の自主開発・売買・賃...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

ヤマウラの同業他社をもっと見る

郵便業(信書便事業を含む)(活動指数)

87.0 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸業(活動指数)

102.1 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸業,郵便業(活動指数)

101.3 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

交通(消費者物価指数)

102.0 (2015=100)(20年02月)

すぐに比較する

光熱・水道(二人以上の世帯の消費支出)

25,688 (円)(20年01月)

すぐに比較する

風水力機械・油圧機器(付加価値額)[2010年基準]

111.6 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

風水力機械(受注額)

806,905.0 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

ヤマウラの基本情報

企業名 ヤマウラ
カナ カブシキガイシャ ヤマウラ
英語名 YAMAURA CORPORATION
業界 建設
所在地 駒ヶ根市北町22番1号
ホームページ http://www.yamaura.co.jp/
EDINET E00268
証券コード 1780
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1780)
決算日 3月31日