比較リスト

(19年12月)

20年02月10日

富士ピー・エスの最新業績

”当社及び当社の関係会社は、当社、子会社2社、その他の関係会社1社により構成され、PC技術を用いた建設業を主な事業の内容としております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。販売を行っております。(株)シーピーケイ(連結子会社)は、PCマクラギ製品の製造・販売を行っております。太平洋セメント(株)(その他の関係会社)からは、同社製品のセメント等を購入しております。不動産賃貸事業 当社は、不動産の賃貸・管理等を行っております。そ... ”
(19年06月24日に提出された書類より抜粋)

※ポイント(0~10)表記

富士ピー・エスの最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:富士ピー・エスの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について

累計四半期/連結/JPYの概況

売上高

19年12月:207億

18年12月:187億

17年12月:205億

売上総利益

19年12月:27億

18年12月:25億

17年12月:27億

営業利益

19年12月:6億 200万

18年12月:4億5600万

17年12月:7億3800万

経常利益

19年12月:5億9200万

18年12月:4億3400万

17年12月:7億1900万

当期純利益

19年12月:3億9000万

18年12月:2億6300万

17年12月:5億9900万

親会社株主に帰属する当期純利益

19年12月:3億9000万

18年12月:2億6300万

17年12月:5億9900万

包括利益

19年12月:3億9100万

18年12月:2億2600万

17年12月:6億 0万

親会社株主に係る包括利益

19年12月:3億9100万

18年12月:2億2600万

17年12月:6億 0万

営業CF

19年09月:3億9600万

18年09月:-10億

17年09月:-5億5300万

投資CF

19年09月:-4億8600万

18年09月:-2億3200万

17年09月:-4400万

財務CF

19年09月:-4億4400万

18年09月:16億

17年09月:2億9400万

資産

19年12月:243億

18年12月:234億

17年12月:216億

負債

19年12月:164億

18年12月:159億

17年12月:143億

純資産

19年12月:79億

18年12月:74億

17年12月:72億

資本金

19年12月:23億

18年12月:23億

17年12月:23億

株主資本

19年12月:80億

18年12月:74億

17年12月:72億

現金及び預金

19年12月:16億

18年12月:16億

17年12月:15億

現金及び現金同等物

19年09月:14億

18年09月:15億

17年09月:15億

流動資産

19年12月:172億

18年12月:166億

17年12月:152億

固定資産

19年12月:71億

18年12月:67億

17年12月:63億

流動負債

19年12月:145億

18年12月:134億

17年12月:130億

固定負債

19年12月:18億

18年12月:25億

17年12月:12億

正規従業員

19年03月:420

18年03月:405

17年03月:383

平均臨時雇用人員

19年03月:59

18年03月:55

17年03月:48

全従業員

19年03月:479

18年03月:460

17年03月:431

総合点

19年12月:7.01

19年09月:6.29

19年06月:5.41

収益性

19年12月:6.55

19年09月:5.19

19年06月:3.7

安全性

19年12月:4.48

19年09月:4.26

19年06月:3.47

成長性

19年12月:10

19年09月:9.42

19年06月:9.05

ROA

19年12月:2.12

18年12月:1.49

17年12月:3.68

ROE

19年12月:6.45

18年12月:4.67

17年12月:11.03

売上高総利益率

19年12月:13.06

18年12月:13.63

17年12月:13.6

売上高営業利益率

19年12月:2.9

18年12月:2.43

17年12月:3.6

売上高経常利益率

19年12月:2.85

18年12月:2.32

17年12月:3.51

売上高純利益率

19年12月:1.88

18年12月:1.4

17年12月:2.92

自己資本比率

19年12月:32.88

18年12月:31.9

17年12月:33.37

固定比率

19年12月:89.65

18年12月:90.5

17年12月:87.5

固定長期適合率

19年12月:72.79

18年12月:67.66

17年12月:74.33

流動比率

19年12月:118.2

18年12月:123.88

17年12月:117

手元流動性比率

19年12月:0.72

18年12月:0.85

17年12月:0.62

資産回転率

19年12月:1.13

18年12月:1.06

17年12月:1.26

提出日対象時期書類名総合点収益性安全性成長性
20年02月19年12月四半期報告書(第3四半期)7.016.554.4810
19年11月19年09月半期報告書6.295.194.269.42
19年08月19年06月四半期報告書(第1四半期)5.413.73.479.05
19年06月19年03月有価証券報告書4.642.162.479.28
19年02月18年12月四半期報告書(第3四半期)4.563.11.598.99
18年11月18年09月半期報告書4.924.511.358.91
18年08月18年06月四半期報告書(第1四半期)5.265.281.758.75
18年06月18年03月有価証券報告書5.496.052.298.13
18年02月17年12月四半期報告書(第3四半期)4.984.822.797.35
17年11月17年09月半期報告書4.373.413.046.65
17年08月17年06月四半期報告書(第1四半期)3.671.873.35.83
18年06月17年03月有価証券報告書3.010.333.65.1
17年07月17年03月有価証券報告書3.010.333.65.1
17年06月17年03月有価証券報告書3.010.333.65.1
17年02月16年12月四半期報告書(第3四半期)2.5802.665.08
16年11月16年09月半期報告書3.141.435.02
16年08月16年06月四半期報告書(第1四半期)3.492.13.325.06
16年06月16年03月有価証券報告書3.882.833.575.24
16年02月15年12月四半期報告書(第3四半期)4.054.042.645.46
15年11月15年09月半期報告書4.125.461.765.15
15年08月15年06月四半期報告書(第1四半期)4.086.450.794.99
15年06月15年03月有価証券報告書3.766.904.38
15年02月14年12月四半期報告書(第3四半期)3.997.790.523.65

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
富士ピー・エス

建設・土木

すぐに比較する

線路

すぐに比較する

住宅・リフォーム

すぐに比較する

駐車場(建設)

すぐに比較する

建設資材・プレハブ

すぐに比較する

プラント・工場建設

すぐに比較する

建設コンサルタント

すぐに比較する

業界検索へ

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社20社及び関連会社4社で構成され、土木工事及び建築工事を主な事業の内容としています。当社、子会社の三井住建道路(株)他が国内及び海外で、土木工事の設計、施工並びにこれらに関係する事業を行っています。当社、子会社のSMCリフォーム(株)他が国内及び海外で...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社8社、関連会社2社及びその他の関係会社1社で構成され、土木事業、建築事業、製造事業、その他兼業事業を主な事業の内容としております。なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であ...”(19年06月19日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、建設事業、不動産事業を主な事業の内容としております。当社は総合建設業を営んでおり、非連結子会社等は建設工事用資機材等の賃貸他を行っております。また、関連会社2社がPFI事業を行っております。当社及び子会社である五番町ビル株式会社他が不動産の売買、賃貸、仲介並びに管...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社1社で構成され、プレストレストコンクリート(以下「PC」という。)及び一般コンクリートを用いる土木・建築工事の請負、設計、施工、監理を中心に、PC製品及び一般コンクリート製品の製造及び販売、型枠の賃貸、不動産の賃貸・販売、太陽光発電による売電の事業を行...”(19年12月20日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”それらの事業に係る位置付けを報告セグメント等ごとに示すと次のとおりであります。当社は、土木事業を営んでおり、土木事業を営む大成ロテック(株)、成和リニューアルワークス(株)他子会社5社に施工する工事の一部及び資材納入等を発注しております。その他国内では、関連会社の加賀アスコン(株...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”また、当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については、連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、橋梁事業(プレストレストコンクリート橋梁及び鋼構造物の設計・製作・架設)及び建設事業(ニューマチックケーソン及び補修補強工事の設計・施工)を主要な事業内容としております。なお、当社は特定上場会社等であります。なお、太陽光発電による売電事業を報告セグメントに含まれな...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社の企業集団は、当社及び子会社5社で構成され、当社が持株会社として子会社の経営管理及び極東ビルディングの賃貸管理をし、グループ各社においては、橋梁を中心とするプレストレストコンクリート工事を専門分野とする建設事業を主な事業とし、製品販売事業としてコンクリート二次製品の製造販売、...”(19年06月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ケー・エフ・シー)及び連結子会社2社により構成されており、主な事業内容は、建設資材の販売・設計・施工及び遮水シート、防水シートの輸入販売・設計・施工等を行っております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等...”(19年06月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

富士ピー・エスの同業他社をもっと見る

郵便業(信書便事業を含む)(活動指数)

87.0 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸業(活動指数)

102.1 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸業,郵便業(活動指数)

101.3 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

交通(消費者物価指数)

102.0 (2015=100)(20年02月)

すぐに比較する

熱間圧延鋼材(付加価値額)[2015年基準]

91.8 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鉄鋼粗製品(付加価値額)[2015年基準]

94.5 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鋳鍛造品(付加価値額)[2015年基準]

90.2 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

めっき鋼材(付加価値額)[2015年基準]

96.3 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

機械受注額(鉄鋼業)

120,110.0 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

冷間仕上鋼材(付加価値額)[2015年基準]

96.8 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

富士ピー・エスの基本情報

企業名 富士ピー・エス
カナ カブシキガイシャ フジピーエス
英語名 FUJI P.S CORPORATION
業界 建設
所在地 福岡市中央区薬院一丁目13番8号
ホームページ http://www.fujips.co.jp/
EDINET E00238
証券コード 1848
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1848)
決算日 3月31日