比較リスト

(19年12月)

20年02月12日

若築建設の最新業績

建設・土木すぐ比較

”当社グループは、当社、子会社7社、関連会社1社で構成され、建設事業及び不動産事業を主な事業の内容としております。建設事業 当社は総合建設業を営んでおり、連結子会社である新総建設(株)、大丸防音(株)と他2社が施工協力を行い、当社は工事の一部を受注、発注しております。不動産事業 当社は不動産事業を営んでおり、連結子会社である(株)都市空間が同様に不動産事業を営み、当社は(株)都市空間に不動産の一部の管理を委託しております。... ”
(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

※ポイント(0~10)表記

若築建設の最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:若築建設の業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について

累計四半期/連結/JPYの概況

売上高

19年12月:803億

18年12月:698億

17年12月:682億

売上総利益

19年12月:86億

18年12月:70億

17年12月:63億

営業利益

19年12月:42億

18年12月:29億

17年12月:25億

経常利益

19年12月:42億

18年12月:27億

17年12月:23億

当期純利益

19年12月:28億

18年12月:22億

17年12月:19億

親会社株主に帰属する当期純利益

19年12月:27億

18年12月:21億

17年12月:18億

包括利益

19年12月:31億

18年12月:23億

17年12月:21億

親会社株主に係る包括利益

19年12月:30億

18年12月:22億

17年12月:20億

営業CF

19年09月:20億

18年09月:65億

17年09月:56億

投資CF

19年09月:-11億

18年09月:2億2200万

17年09月:-2億9700万

財務CF

19年09月:9700万

18年09月:-25億

17年09月:-14億

総資産

19年12月:792億

18年12月:728億

17年12月:738億

負債

19年12月:484億

18年12月:450億

17年12月:488億

純資産

19年12月:308億

18年12月:277億

17年12月:250億

資本金

19年12月:113億

18年12月:113億

17年12月:113億

株主資本

19年12月:285億

18年12月:257億

17年12月:232億

現金及び預金

19年12月:107億

18年12月:134億

17年12月:76億

現金及び現金同等物

19年09月:152億

18年09月:181億

17年09月:142億

流動資産

19年12月:666億

18年12月:607億

17年12月:623億

固定資産

19年12月:126億

18年12月:120億

17年12月:115億

流動負債

19年12月:423億

18年12月:383億

17年12月:413億

固定負債

19年12月:60億

18年12月:67億

17年12月:74億

正規従業員

19年03月:758

18年03月:744

17年03月:741

平均臨時雇用人員

19年03月:162

18年03月:143

17年03月:128

全従業員

19年03月:920

18年03月:887

17年03月:869

総合点

19年12月:10

19年09月:9.62

19年06月:9.41

収益性

19年12月:10

19年09月:9.4

19年06月:9.35

安全性

19年12月:10

19年09月:9.92

19年06月:9.81

成長性

19年12月:10

19年09月:9.55

19年06月:9.07

ROA

19年12月:4.61

18年12月:3.92

17年12月:3.32

ROE

19年12月:12.83

18年12月:11.09

17年12月:10.54

売上高総利益率

19年12月:10.81

18年12月:10.1

17年12月:9.28

売上高営業利益率

19年12月:5.34

18年12月:4.19

17年12月:3.66

売上高経常利益率

19年12月:5.26

18年12月:3.92

17年12月:3.5

売上高純利益率

19年12月:3.43

18年12月:3.08

17年12月:2.7

自己資本比率

19年12月:35.98

18年12月:35.35

17年12月:31.47

固定比率

19年12月:44.47

18年12月:46.96

17年12月:49.75

固定長期適合率

19年12月:36.65

18年12月:37.24

17年12月:37.63

流動比率

19年12月:157.21

18年12月:158.32

17年12月:150.75

手元流動性比率

19年12月:1.2

18年12月:2.1

17年12月:1.86

資産回転率

19年12月:1.35

18年12月:1.27

17年12月:1.23

提出日対象時期書類名総合点収益性安全性成長性
20年02月19年12月四半期報告書(第3四半期)10101010
19年11月19年09月半期報告書9.629.49.929.55
19年08月19年06月四半期報告書(第1四半期)9.419.359.819.07
19年06月19年03月有価証券報告書8.918.69.688.45
19年02月18年12月四半期報告書(第3四半期)8.638.259.448.19
18年11月18年09月半期報告書8.287.748.978.14
18年08月18年06月四半期報告書(第1四半期)7.86.978.527.9
18年06月18年03月有価証券報告書7.847.738.17.67
18年02月17年12月四半期報告書(第3四半期)7.497.477.687.32
17年11月17年09月半期報告書6.976.797.296.84
17年08月17年06月四半期報告書(第1四半期)6.456.066.876.41
17年06月17年03月有価証券報告書5.925.256.545.97
17年02月16年12月四半期報告書(第3四半期)5.84.876.835.69
16年11月16年09月半期報告書5.84.976.825.63
16年08月16年06月四半期報告書(第1四半期)5.915.396.955.38
16年06月16年03月有価証券報告書6.126.196.995.18
16年02月15年12月四半期報告書(第3四半期)6.036.626.514.96
15年11月15年09月半期報告書67.196.094.73
15年08月15年06月四半期報告書(第1四半期)6.047.965.644.52
15年06月15年03月有価証券報告書6.058.765.234.16
15年02月14年12月四半期報告書(第3四半期)5.858.115.324.12

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
若築建設

住宅・リフォーム

すぐに比較する

線路

すぐに比較する

駐車場(建設)

すぐに比較する

建設コンサルタント

すぐに比較する

プラント・工場建設

すぐに比較する

道路

すぐに比較する

電気・通信工事

すぐに比較する

業界検索へ

(19年12月) ”当社グループは、2019年3月31日現在、当社、連結子会社9社、非連結子会社6社及びその他の関係会社1社で構成され、国内土木事業、国内建築事業、海外建設事業、不動産事業を主な事業の内容としております。報告セグメントと当社グループ各社の関係は次のとおりであります。当社、(株)トマッ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社17社及び関連会社17社で構成され、建設事業、建設に附帯する事業、不動産事業及び船舶の建造・修理その他の事業活動を展開しております。...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社(大豊建設株式会社)及び子会社10社(内4社は間接所有によるものである)をいう。以下同じ)は、建設事業を主たる業務としている。(土木事業) 当社は、建設事業のうち土木事業を営んでおり、子会社である(株)森本組が土木事業の施工及び施工協力を行っている。(建築事業)...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、建設事業(土木事業・建築事業)及び開発事業等を主な事業内容としている。当社は土木事業及び建築事業を主要事業として総合建設業を営んでいる。子会社では、TOBISHIMA BRUNEI SDN.BHD.、杉田建設興業(株)は総合建設業を営んでおり、当社はTOBISHI...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社7社で構成され、建築、土木、不動産の事業を行っております。当社が建築工事の請負並びにこれに付帯する事業を営んでいる他、子会社では矢作葵ビル(株)が建築事業、(株)テクノサポートが建設用資機材の賃貸・販売を行っております。また、当社グループ独自の外付耐震...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、子会社3社及び関連会社5社(内、連結対象は子会社2社)で構成され、土木工事・建築工事を主な事業とし、その他不動産事業などの事業活動を展開しています。す。また、THANH PHAT CONSTRUCTION WORK J...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

業界道路

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社、子会社26社及び関連会社6社で構成され、国内土木事業、国内建築事業、海外建設事業及びこれらに関連する建設資材の販売、機器リース並びに国内開発事業、造船事業等の事業活動を展開している。また、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更している。当社及び連結子会...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社30社及び関連会社22社で構成され、建築事業、土木事業、製造事業及びインフラ運営事業を主な事業とし、さらに不動産事業からサービス業まで幅広く展開しています。[建築事業] 建築事業は、集合住宅や事務所ビルを中心とする建設工事及び...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループが営んでいる主な事業内容、主な関係会社の当該事業に係る位置づけ及びセグメント情報との関連は次のとおりであります。当社が国内における建築工事の施工等を行っております。当社が国内における土木工事の施工等を行っております。当社グループが国内における不動産の自主開発・売買・賃...”(19年06月28日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループの事業に係わる位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりです。当社は総合建設業を営んでおり、セグメントを土木事業、建築事業に区分しています。連結子会社である、安藤ハザマ興業株式会社は建設用資材の販売及びリースを、青山機工株式会社は土木及び建築工事の施工等を、菱晃開発...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

若築建設の同業他社をもっと見る

郵便業(信書便事業を含む)(活動指数)

87.0 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸業(活動指数)

102.1 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸業,郵便業(活動指数)

101.3 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

交通(消費者物価指数)

102.0 (2015=100)(20年02月)

すぐに比較する

貨物運送業(活動指数)

98.0 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

輸送機械工業(付加価値額)[2010年基準]

106.4 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

こん包業(活動指数)

98.0 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

運輸に附帯するサービス業(活動指数)

105.1 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

機械受注額(自動車・同付属品)

387,683.0 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

旅客運送業(活動指数)

105.2 (2010=100)(20年01月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

若築建設の基本情報

企業名 若築建設
カナ ワカチクケンセツカブシキガイシャ
英語名 WAKACHIKU CONSTRUCTION CO.,LTD.
業界 建設
所在地 北九州市若松区浜町1-4-7
ホームページ http://www.wakachiku.co.jp/
EDINET E00081
証券コード 1888
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1888)
決算日 3月31日