比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2013-12-31)

2017/03/10

アタカ大機の最新業績

アタカ大機の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からアタカ大機の事業内容についても確認できます。 注意:アタカ大機の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2013-12-31:-10

2013-09-30:-6.74

2013-06-30:-4.31

2013-03-31:-2.83

売上高

2013-12-31:217億8700万

2012-12-31:222億7600万

2011-12-31:244億4500万

2010-12-31:216億9800万

売上総利益

2013-12-31:31億7000万

2012-12-31:35億2000万

2011-12-31:37億8600万

2010-12-31:34億1700万

営業利益

2013-12-31:-10億9000万

2012-12-31:-7億6400万

2011-12-31:-4億1000万

2010-12-31:-4億8600万

経常利益

2013-12-31:-8億3800万

2012-12-31:-6億5600万

2011-12-31:-3億1100万

2010-12-31:-3億1800万

当期純利益

2013-12-31:-8億1400万

2012-12-31:-7億1200万

2011-12-31:7600万

2010-12-31:-3億3100万

もっと見る

包括利益

2013-12-31:-7億5900万

2012-12-31:-7億1800万

2011-12-31:-900万

2010-12-31:-3億4300万

営業CF

2013-09-30:20億1900万

2012-09-30:7億4700万

2011-09-30:17億5300万

2010-09-30:18億2700万

投資CF

2013-09-30:-7700万

2012-09-30:-2億0100万

2011-09-30:-3億0200万

2010-09-30:-3400万

財務CF

2013-09-30:-26億3900万

2012-09-30:-25億9000万

2011-09-30:-17億3700万

2010-09-30:-32億0400万

総資産

2013-12-31:306億7500万

2012-12-31:297億8400万

2011-12-31:332億9300万

2010-12-31:288億9600万

流動資産

2013-12-31:202億7700万

2012-12-31:195億1500万

2011-12-31:229億7400万

2010-12-31:183億5300万

もっと見る

現金及び現金同等物

2013-09-30:33億8600万

2012-09-30:35億6300万

2011-09-30:36億4600万

2010-09-30:39億0500万

現金及び預金

2013-12-31:32億7600万

2012-12-31:34億8600万

2011-12-31:29億2000万

2010-12-31:27億6000万

固定資産

2013-12-31:103億9800万

2012-12-31:102億6900万

2011-12-31:103億1800万

2010-12-31:105億4300万

負債

2013-12-31:167億4300万

2012-12-31:161億8500万

2011-12-31:195億2700万

2010-12-31:156億6400万

流動負債

2013-12-31:137億4000万

2012-12-31:132億7000万

2011-12-31:166億4200万

2010-12-31:126億1900万

固定負債

2013-12-31:30億0200万

2012-12-31:29億1400万

2011-12-31:28億8400万

2010-12-31:30億4400万

もっと見る

純資産

2013-12-31:139億3200万

2012-12-31:135億9900万

2011-12-31:137億6600万

2010-12-31:132億3100万

従業員数

2013-03-31:1228

2012-03-31:1242

2011-03-31:1163

2010-03-31:1133

売上総利益率

2013-12-31:14.5

2012-12-31:15.8

2011-12-31:15.5

2010-12-31:15.7

売上営業利益率

2013-12-31:-5

2012-12-31:-3.4

2011-12-31:-1.7

2010-12-31:-2.2

売上経常利益率

2013-12-31:-3.8

2012-12-31:-2.9

2011-12-31:-1.3

2010-12-31:-1.5

売上純利益率

2013-12-31:-3.7

2012-12-31:-3.2

2011-12-31:0.3

2010-12-31:-1.5

もっと見る

ROA

2013-12-31:-3.59991

2012-12-31:-3.19992

2011-12-31:0.26666

2010-12-31:-1.46663

ROE

2013-12-31:-7.73314

2012-12-31:-6.93316

2011-12-31:0.79998

2010-12-31:-3.33325

自己資本比率

2013-12-31:45.4

2012-12-31:45.7

2011-12-31:41.3

2010-12-31:45.8

流動比率

2013-12-31:147.6

2012-12-31:147.1

2011-12-31:138

2010-12-31:145.4

固定比率

2013-12-31:74.6

2012-12-31:75.5

2011-12-31:75

2010-12-31:79.7

アタカ大機の事業内容

メインサブ
アタカ大機
なし

書類を取得できませんでした。

アタカ大機の業績推移

アタカ大機の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ダイキアクシス(当社)及び連結子会社9社(国内6社、国外3社)により構成されており、環境機器関連事業、住宅機器関連事業を主な事業として取組んでおります。浄化槽をはじめとする各種水処理設備の製造・施工・販売及び維持管理を主体とし、生活排水処理・産業排水処理・地域集落排水処理の各用途に分類された製品を取扱っております。また、合成樹脂製・コンクリート製など、多岐用途に対応可能で各処理水質に応じた最適な排水処理設備を提供するとともに、集落のし尿・生活雑排水の処理については地域の環境に合わせた設計・施工を行っております。維持管理については、当社グループで販売・施工を行った施設はも...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び主要な関係会社の主な事業の内容と当該事業における位置付けをセグメント情報の区分により事業系統図で示すと、下記のとおりであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(野村マイクロ・サイエンス株式会社)及び連結子会社6社により構成されており、超純水製造装置(注)の設計・施工・販売とそのメンテナンス、並びに消耗品の販売を主たる業務としております。半導体の製造過程では洗浄工程は必須であり、使用される水の純度は歩留りに影響するため、水中に溶解している不純物を徹底的に除去した超純水が必要となります。当社グループは、水処理装置事業を主力事業として、半導体及び液晶向け超純水製造装置を中心に、超純水分野で培った技術を応用した各種用途向けの水処理装置の設計・施工・販売のほか、納入した装置のメンテナンス並びに装置に付帯するカート...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、株式会社神鋼環境ソリューション(当社)、子会社20社で構成され、水処理関連事業、廃棄物処理関連事業及び化学・食品機械関連事業に係る製品の製造販売に加え、各事業に関連するアフターサービス等の事業活動を展開しております。また、親会社である株式会社神戸製鋼所は、鉄鋼関連事業、アルミ・銅関連事業、産業機械の製造販売等を営んでおります。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び子会社3社により構成されており、主要な製品は次のとおりであります。神鋼環境メンテナンス株式会社、K...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社4社および非連結子会社2社で構成され、船舶用機器、陸上用機器、水処理装置、消音冷熱装置等の製造および販売を主な内容とした事業活動を展開しております。なお、次の(1)~(4)は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントと同一の区分であります。当部門においては、船舶用海水淡水化装置、熱交換器、汚水処理装置、油水分離器、LNG船用超低温バタフライ弁等の製造販売をしております。(株)笹倉サービスセンター(連結子会社)が製造販売しております。(株)笹倉サービスセンターに据付運転やアフターサービス業務の一部を委託しております。(...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社タクミナ)及び子会社2社、関連会社1社より構成されており、主に定量ポンプ、ケミカル移送ポンプ、計測機器・装置、流体機器、ケミカルタンクの製造及び販売を行っており、環境保全、水処理、ケミカル、電子材料、滅菌、食品、医薬、半導体などの分野で使用されております。当社グループでは、仕入先より原材料及び部品の調達を行い、生産本部(工場)にて加工、塗装、組立等の工程を経て出荷検査を実施した後に得意先へと出荷しております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社及び国内外189社の関係会社(連結子会社172社(変動持分事業体を含む)及び持分法適用会社17社)により構成され、機械、水・環境、その他の3事業セグメント区分にわたって多種多様な製品・サービスの提供を行っております。当社(以下、原則として連結子会社を含む)の各事業セグメントにおける主要品目及び主な関係会社は以下のとおりです。 また、当社は米国基準に準拠して連結財務諸表を作成しており、関係会社の範囲についても米国基準の定義に基づいております。「第2 事業の状況」及び「第3 設備の状況」における関係会社の範囲についても同様です。主として農業機械及び農業関連商品、エンジン、建設機械...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社の(株)エバジツにより構成され、環境関連機器・装置の製造・販売、水処理施設などの各種プラント類の設計・施工、風水力冷熱機器などの仕入・販売を主な内容として事業活動を展開しております。また、(株)荏原製作所及び同社の関係会社(以下「荏原グループ」という。)とは、販売代理店契約を締結して風水力冷熱機器など荏原グループ製品の仕入・販売を行うとともに、水処理施設など各種プラント類の施工では荏原グループから機器材料を調達するなど継続的な事業上の関係があります。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末現在、当社と子会社18社および関連会社10社で構成され、上下水道設備を主要マーケットとする水環境事業と、化学、鉄鋼、食品等の産業用設備および廃液や固形廃棄物処理等環境関連設備を主要マーケットとする産業事業の2つを主たる事業と位置付けており、それら以外の事業をその他としておりますが、その主要な事業内容は以下のとおりであります。当社、サンエコサーマル(株)、月島環境エンジニアリング(株)、月島マシンセールス(株)、テーエスケーエンジニアリング(タイランド)CO., LTD.、月島環保機械(北京)有限公司、大同ケミカルエンジニアリング(株)、BOKELA有限会社なお、...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社12社、関連会社2社及び東ソー株式会社(親会社)で構成され、総合水処理エンジニアリング会社として水処理エンジニアリング事業と機能商品事業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。大型水処理関連設備の製造販売及びメンテナンス、運転管理等各種サービスを提供しております。当社、オルガノプラントサービス株式会社、オルガノエコテクノ株式会社、オルガノアクティ株式会社、オルガノ(アジア)SDN.BHD.、オルガノ(蘇州)水処理有限公司、オルガノ・テクノロジー有限公司、オルガノ(タイランド)CO.,LTD.及びPTラウタン・オルガノ・ウォーター標...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は栗田工業株式会社(当社)、子会社53社及び関連会社2社により構成されております。事業としては、水処理に関する商品、技術、メンテナンス・サービスを幅広く提供しており、水処理に関する薬品類の製造販売及びメンテナンス・サービスの提供を行う水処理薬品事業と、水処理に関する装置・施設類の製造販売及びメンテナンス・サービスの提供を行う水処理装置事業の2つに区分できます。国内では、クリタ・ケミカル製造(株)が薬品類を製造しており、薬品類及び付帯機器の販売並びにメンテナンス・サービスの提供は、主に当社が行うほか、一部はクリタ・ケミカル関東(株)、クリタ・ケミカル関西(株...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社1社、持分法非適用関連会社1社及びその他の関係会社1社で構成され、建設機械・一般産業機械等の製造、販売を主な内容とし、それに関連する事業活動を展開しております。当社は、法人主要株主である日本バルカー工業(株)(シール製品及び工業用部品の製造・販売会社)よりライニング関係資材を購入してライニング製品を製造し、ライニング製品のうちライニング配管製品を同社及び同社の販売子会社へ販売しております。シートライニング容器製品の販売につきましては、日本バルカー工業(株)から事業移管を受け、当社にて販売活動を行っております。なお、日本バルカー工業株式会...(20160630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、主に強力吸引作業車、高圧洗浄車、汚泥脱水機・減容機等の環境整備機器の製造販売を行っております。強力吸引作業車は、道路での側溝清掃、土木建築現場での汚泥吸引、工場での乾粉等各種産業廃棄物の吸引回収に利用されております。高圧洗浄車は、下水道管、側溝、タンク、熱交換器等の洗浄作業に利用されております。また、汚泥脱水機・減容機は、中間処理場での汚泥の脱水、減容化に利用されております。なお、製品の部品製作については、外注先に委託し、その委託管理は当社の調達部が担当しております。高圧洗浄車の組立先及び製品の塗装先2社は、当社の所有する工場にて作業を行っております。なお、当社と指定サービス工場は、サ...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、東レ株式会社(親会社)、子会社2社及び関連会社2社により構成されており、水処理機械、水処理用機器類の製造、据付ならびに販売等を主とした事業活動を展開しております。また、親会社である東レ株式会社は合成繊維、プラスチック・ケミカル製品の製造・販売等を主として行っており、当社とは水処理事業分野での業務提携契約を締結しております。なお、以下の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。Suido Kiko Middle East Co.,Ltd.SUIDO KIKO VIET NAM CO.,LTD...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社2社、非連結子会社で持分法非適用会社1社により構成されており、給水装置事業、住宅設備事業及び商品販売事業を主たる業務としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当事業は、道路に布設されている配水管から分かれて、各家庭に引き込むための水道用給水装置であるサドル付分水栓・止水栓・各種継手類、水道メータなどを製造、販売しております。当事業は、宅内での給水給湯配管部材、暖房設備部材およびこれらをユニット化した給水給湯システムなどを製造、販売しております。当事業は、製品に...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社、持分法非適用関連会社2社で構成され、上下水道用機器・水処理装置の製造及び販売をもとに、環境関連分野の社会資本整備、浄化事業に取り組んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。(株)前澤エンジニアリングサービス(連結子会社)はメンテナンス事業を、(株)ウォーテック北海道(連結子会社)はバルブ事業を行っております。また、持分法非適用関連会社は浄水場排水処理施設等整備・運営を行っております。...(20160830に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社NFKホールディングス)、連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社より構成されております。当社は、純粋持株会社として、グループ全体の経営戦略の立案、事業子会社に対する経営指導を行っております。また、子会社は工業炉燃焼装置関連及びそれに付帯する事業を行っております。主要な製品は、下記のとおりであります。日本ファーネス株式会社が製造販売するほか、株式会社ファーネスESがメンテナンスサービスをしております。当事業においては、主に連結子会社の管理等の業務を行っております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長経常利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,3年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益黒字へ回復経常利益黒字へ回復当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当期末日現在、当社、連結子会社10社、非連結子会社15社及び関連会社10社で構成され、「プラントエンジニアリング事業」及び「サービスソリューション事業」の2つのセグメントに区分されており、その主要な事業内容と、主な関係会社は以下のとおりであります。当事業は、国内外の浄水場・下水処理場等向け設備の設計・建設及びこれらの設備にて使用される各種機器類の設計・製造・販売を主たる業務としております。当社、METAWATER USA, INC.、Aqua-Aerobic Systems, Inc.、株式会社エス・アイ・シー、株式会社あけぼのエンジニアリング当事業は、国内の浄水場・下水処理場...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

アタカ大機の同業他社をもっと見る

アタカ大機の関連統計

統計分類検索へ

アタカ大機の基本情報

企業名 アタカ大機株式会社
カナ アタカダイキカブシキガイシャ
英語名 Daiki Ataka Engineering Co., Ltd.
業種 その他製品
所在地 大阪市此花区西九条五丁目3番28号
ホームページ 
EDINET E00186
証券コード 1978
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(1978)
決算日 -