比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

日和産業の最新業績

業界:飼料業界すぐ比較

日和産業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から日和産業の事業内容についても確認できます。 注意:日和産業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:1.88

2017-03-31:-0.38

2016-12-31:1.47

2016-09-30:4.18

売上高

2017-06-30:101億5599万

2016-06-30:104億9117万

2015-06-30:117億3817万

2014-06-30:118億4372万

売上総利益

2017-06-30:9億7095万

2016-06-30:8億6040万

2015-06-30:10億6989万

2014-06-30:10億4548万

営業利益

2017-06-30:2億6532万

2016-06-30:1億4684万

2015-06-30:3億5528万

2014-06-30:2億7098万

経常利益

2017-06-30:2億9904万

2016-06-30:1億6505万

2015-06-30:3億8181万

2014-06-30:3億0743万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:2億0697万

2016-06-30:1億1421万

2015-06-30:2億5653万

2014-06-30:2億0014万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:2億3139万

2016-06-30:6658万

2015-06-30:2億8386万

2014-06-30:2億1173万

営業CF

2017-03-31:27億2316万

2016-03-31:13億3685万

2015-03-31:20億9216万

2014-03-31:19億7287万

投資CF

2017-03-31:2億7422万

2016-03-31:-6億9851万

2015-03-31:-1億6299万

2014-03-31:-9156万

財務CF

2017-03-31:-9674万

2016-03-31:-9720万

2015-03-31:-9709万

2014-03-31:-9631万

総資産

2017-06-30:271億8641万

2016-06-30:262億4319万

2015-06-30:272億2663万

2014-06-30:267億0833万

流動資産

2017-06-30:209億0579万

2016-06-30:189億7028万

2015-06-30:197億7151万

2014-06-30:186億2361万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:100億8934万

2016-03-31:71億8868万

2015-03-31:66億4755万

2014-03-31:48億1548万

現金及び預金

2017-06-30:103億4255万

2016-06-30:78億1681万

2015-06-30:73億2864万

2014-06-30:55億2125万

固定資産

2017-06-30:62億8061万

2016-06-30:72億7291万

2015-06-30:74億5511万

2014-06-30:80億8471万

負債

2017-06-30:102億2452万

2016-06-30:97億7658万

2015-06-30:108億4158万

2014-06-30:107億2471万

流動負債

2017-06-30:100億9414万

2016-06-30:96億4548万

2015-06-30:106億9299万

2014-06-30:104億8246万

固定負債

2017-06-30:1億3038万

2016-06-30:1億3109万

2015-06-30:1億4858万

2014-06-30:2億4224万

もっと見る

純資産

2017-06-30:169億6188万

2016-06-30:164億6661万

2015-06-30:163億8505万

2014-06-30:159億8362万

従業員数

2017-03-31:202

2016-03-31:199

2015-03-31:199

2014-03-31:208

臨時従業員数(外)

2017-03-31:60

2016-03-31:57

2015-03-31:59

2014-03-31:59

売上総利益率

2017-06-30:9.6

2016-06-30:8.2

2015-06-30:9.1

2014-06-30:8.8

売上営業利益率

2017-06-30:2.6

2016-06-30:1.4

2015-06-30:3

2014-06-30:2.3

売上経常利益率

2017-06-30:2.9

2016-06-30:1.6

2015-06-30:3.3

2014-06-30:2.6

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:2

2016-06-30:1.1

2015-06-30:2.2

2014-06-30:1.7

ROA

2017-06-30:3.2

2016-06-30:1.6

2015-06-30:3.6

2014-06-30:2.8

ROE

2017-06-30:4.8

2016-06-30:2.8

2015-06-30:6.4

2014-06-30:5.2

自己資本比率

2017-06-30:62.4

2016-06-30:62.7

2015-06-30:60.2

2014-06-30:59.8

流動比率

2017-06-30:207.1

2016-06-30:196.7

2015-06-30:184.9

2014-06-30:177.7

固定比率

2017-06-30:37

2016-06-30:44.2

2015-06-30:45.5

2014-06-30:50.6

業績ランキングは

2181

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

日和産業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
日和産業

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/10(四半期)2016/08/12(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/13(四半期)
飼料畜産物畜産物飼料豊作不作飼料飼料飼料飼料
畜産物飼料飼料豆粕飼料飼料大豆粕豆粕作付け大豆粕
豊作米国産大豆粕不作大豆粕米国産大豆粕大豆粕米国産
米国産米国大統領米国産とうもろこし据置米国産豊作
養魚とうもろこし大豆粕とうもろこし海上とうもろこし豊作とうもろこし
養魚養鶏養魚海上米国産大雨相場インバウンド消費とうもろこし海上
不作大豆粕養鶏運賃とうもろこし高温ヘッジ建設需要海上運賃
養鶏肥育大豆粕相場外国為替台風運賃海上運賃貯蔵品
大豆粕養豚肥育ドル外国為替金融市場運賃金融市場物価
肥育米国産養豚なか受け手貸し付け興国相場相場
養豚豊作豊作支払手形株高金融市場手形相場
米国産頭数貸し付け手形興国災害差額手形原材料
頭数貸し付けとうもろこし個人消費天候貸付支払手形手形資金手形
貸し付けとうもろこし相場相場相場有価証券支払手形支払手形支払手形
とうもろこし相場鶏卵研究開発受取手形受取手形受取手形受取手形
相場鶏卵鶏肉セグメント円高eu離脱為替仕入れ
鶏卵鶏肉豚肉支払手形円高金融研究開発債権
鶏肉貸付牛肉売上高為替手形証券セグメント配当金研究開発
貸付豚肉穀物グループ手形資金セグメント
豚肉牛肉成績支払手形研究開発売上高金融
高温穀物研究開発金融セグメント環境売上高
牛肉貸付セグメント受取手形グループ研究開発グループ
穀物インバウンド消費水産仕入れ売上高成績成績
生産量売上高為替グループセグメント
建設需要外国為替グループ債権成績
米国大統領水産配当金売上高
水産外国為替最適化成績グループ
外国為替ドル研究開発成績
受け手
最適化最適化製造原価
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

日和産業の類似企業へ

日和産業の業績推移

日和産業の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社((株)秋川牧園)及び連結子会社6社((有)あきかわ牛乳、(有)篠目三谷、(株)ゆめファーム、(有)菊川農場、(株)チキン食品及び(有)むつみ牧場)で構成されております。また、資本関係はないものの協力関係がある生産農場とともに、農薬・化学肥料・抗生物質等の薬物・化学添加物に頼らない安全な食肉、加工食品、鶏卵、牛乳、一般食品等に関連する事業活動を展開しております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。主要な製品は、食肉、加工食品、鶏卵及び牛乳等であります。食肉、...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社アクシーズ)、連結子会社7社及び関連会社1社により構成されており、一般消費者に、日常の生活に必要な鶏肉を提供することを主たる業務としております。この円滑な遂行のため、当社グループでは、安全性が高く、消費者のニーズに適合した鶏肉を安定的、継続的に供給する観点に立ち、飼料製造から種鶏飼育、雛生産、ブロイラー飼育、鶏肉加工、鶏肉加工食品製造及び外食まで、グループ内での一貫した事業運営体制により、鶏肉製造販売、加工食品製造販売、外食の各事業を行うインテグレーションを構築しております。各事業の内容については、次のとおりであります。なお、当該事業の区分は、「第5 経理の状況 ...(20160923に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社18社および関連会社15社により構成されており、小麦粉、植物油、糖化製品等の食品と飼料の製造販売、倉庫業、不動産の賃貸を主要な内容とし、他に運輸、外食等の事業を行っております。 (製粉事業) 当社は小麦粉およびプレミックス等の製造販売を行っており、連結子会社昭産商事(株)は当社製品を購入して販売しております。連結子会社奥本製粉(株)、木田製粉(株)、(株)内外製粉および関連会社5社は小麦粉等の製造販売を行い、当社はそれらの製品の一部を購入して販売しております。非連結子会社(株)菜花堂は連結子会社昭産商事(株)から小麦粉を購入し、和菓子等の製造販売を、連結子会社昭和冷...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社4社によって構成されております。なお、当社グループは単一セグメントであるため、その中の区分別により記載しております。当社が小麦粉、ライ麦粉、ふすま(副産物)の製造を行っております。販売については、当社が直接若しくは(株)カネニ(連結子会社)をはじめとする特約店を通じて販売しております。当社が家庭用・業務用プレミックス、イノベイトシリーズ(品質改良剤、日持向上剤)、その他加工食品の製造を行っております。また、当社が乾麺類、ウルマ・シュパッツ社との業務提携による商品等の仕入れを行っております。販売については、製粉と同様の方法によっております。...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-12-31)

(2014-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益黒字へ回復,プラス成長に回復当期純利益2年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社10社及び関連会社1社で構成され、飼料(鶏・豚・牛・魚)の製造・販売を主な事業内容とし、コンシューマー・プロダクツ(消費者向けの畜水産物の販売・ペットフードの製造販売)、その他の事業を行っております。なお、配合飼料製造のため、各工場所轄税関での第一種承認工場の認可を、畜産用機器販売のため、建設業の許可を受けております。飼料..................... 当社が製造し直接得意先へ配合飼料を販売するほか、特約店を通じて販売を行っております。連結子会社みらい飼料株式会社は、当社より原料を仕入れ、畜産用飼料の製造・販売を行なっております。連結子会社北海三昭株式会...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益マイナス成長へ転落,6年連続黒字経常利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益マイナス成長へ転落,6年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社及び関連会社3社により構成されており、その事業は、ビート糖、精糖、イースト、オリゴ糖等機能性食品、配合飼料、紙筒、農業用機械等の製造販売、物流を主な内容とし、さらに不動産事業、石炭・石油類及び自動車部品の販売、スポーツ施設並びに書店の経営を行っております。なお、以下に示す区分はセグメントと同一の区分であります。ビート糖、精糖、ビート糖蜜、精糖蜜、ポケットシュガーは当社が製造(精糖及び精糖蜜は関連会社関門製糖(株)に製造を委託)し、販売代理店を通じて各得意先に販売しており、うち一部は子会社ニッテン商事(株)を通じて販売しております。なお、ビート糖製造の燃料である石...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの事業内容および関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。なお、事業内容については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。なお、雪印タイ(株)につきましては清算手続き中であります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社7社、持分法適用の非連結子会社1社、持分法適用の関連会社3社、及び持分法非適用の関連会社1社の計13社で構成されており、水産食品・畜産食品・飼料の製造・販売を主な内容として、事業活動を展開しております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分です。当社において魚肉ねり製品及び機能性食品を製造しております。魚肉ねり製品は主としてマルハニチロ(株)が総販売元として販売を行い、機能性食品は当社が得意先及び一般顧客に販売しております。 また、持分法適用会社であるOMAKANE SDN.BHD.は、マレーシア国内でハラル認証を受けたソーセー...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、丸大食品株式会社(当社)、連結子会社28社及び関連会社1社により構成されており、加工食品事業及び食肉事業を主な事業としているほか、これらに関連する保険代行事業等のサービス業務などを行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。ハム・ソーセージや調理加工食品の製造及び販売を、当社のほか戸田フーズ(株)、安曇野食品工房(株)及び(株)マルシンフーズなどで行っております。食肉(牛肉、豚肉、鶏肉等)の加工及び販売を、当社のほか丸大ミート(株)、丸大フード(株)及び(株)ミートサプライなどで行っております。保険代行事業等のサービス業務などを、(株)丸大サービス...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)J-オイルミルズ(当社)、子会社11社、関連会社7社により構成され、製油事業を中心に事業活動を展開しております。なお、製油事業は主に油脂、ミールの製造、加工、販売を行っており、その他の事業は主にスターチ、飼料、栄養補助食品、ケミカルの製造、加工、販売、ならびに不動産賃貸を行っております。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、木徳神糧株式会社(当社)及び関係会社8社により構成されており、事業は精米の製造販売・玄米の販売を行う米穀事業、加工食品・米粉・その他製造販売を行う食品事業、飼料の販売を行う飼料事業、鶏卵の商品販売を行う鶏卵事業を行っております。米穀事業は、精米販売と玄米販売に大別されます。精米には一般家庭で消費される家庭用精米と、外食・中食産業で使用される業務用精米があり、それぞれ普通精米と無洗米があります。なお、家庭用精米には「純づくり」「特別栽培米」「とがずに炊ける無洗米」「木徳神糧セレクション」という自社ブランド4シリーズを取り揃えております。当社米穀グループは、全国均一したサービスをお...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、片倉コープアグリ株式会社(以下「当社」という。当社、大日本産肥株式会社(連結子会社)、株式会社アグリドック(連結子会社)及び宮古カルサイン株式会社(連結子会社)が製造・販売を行っております。また、当社が全国農業協同組合連合会(その他の関係会社)から原材料を購入し、同会に製品を販売しております。そのほか、当社が丸紅株式会社(その他の関係会社)から原材料を購入し、同社に製品を販売しております。当社、コープ商事物流株式会社(連結子会社)及び防城天睦化工有限公司(関連会社)が製造・販売しております。当社及びコープ商事物流株式会社(連結子会社)が不動産の賃貸を行っております。当社及び株式...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社、以下同じ。)は、当社、子会社1社で構成され、産業機械関連事業、太陽光関連事業、不動産関連事業を主な内容とし、事業活動を展開しております。なお、次の3部門は、「第5経理の状況 1(1)連結財務諸表」に掲げるセグメントの区分と同一であります。製粉機械..................主な製品は製粉ロール機、シフター、セパレーター、ピューリファイヤー、開袋機等、製粉製造設備一式であり、当社が製造販売をしております。また、連結子会社明治機械(徳州)有限公司は、主として当社及び中国国内での製粉用ロールの製造販売を行っております。配合飼料機械...............(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益4年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社、以下同じ。)は、養魚用配合飼料等の製造・販売及び食品の製造・販売の事業活動を展開しております。当社が養魚用配合飼料の製造販売を、マリンテック株式会社が水産初期飼料及び養魚用配合飼料等の製造販売を、永屋水産株式会社が生鮮魚介類及び養魚用配合飼料の販売を、奄美クルマエビ株式会社がクルマエビの養殖生産販売を行っております。当社が乾麺・即席めん・皿うどん・めんつゆ等を、コスモ食品株式会社及びその子会社がカレールー・ジャム類及び調味料類を、株式会社向井珍味堂が穀粉・香辛料等の粉末食品を、株式会社なかしまが冷凍食品及び惣菜を製造販売しております。当社と継続的な事業上の取引...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、提出会社、その他の関係会社1社、子会社25社(すべて連結子会社)及び関連会社15社で構成されております(平成29年3月31日現在)。飼料事業として配合飼料の製造・販売、食品事業として豚などの飼育・仕入・販売及び食肉・加工品の仕入・販売、鶏卵の仕入・生産・加工・販売、水産物の仕入・販売等、その他の事業活動を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。・飼料事業......製品については、当社が製造するほか、連結子会社の苫小牧飼料(株)、東北飼料(株)、門司飼料(株)、志布志飼料(株)及び関連会社の釧路飼料(株)、仙台飼料(株)、鹿島飼料(株...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社と連結子会社1社とで構成されており鶏卵の生産・販売(鶏卵事業)、及び畜肉販売(食品事業)を主たる業務としております。当社グループの最大の特徴は、主力である鶏卵事業において、多くは生産から流通会社(取引先)への販売まで、自社内で一貫して行っている点であり、流通会社と直接取引することによって消費者サイドのニーズを素早く生産に反映させることができます。また、サルモネラ菌による食中毒、鳥インフルエンザ等近年食の安全を脅かす様々な問題が発生する中、当社グループは、北海道内(以下道内)においては初生雛(孵化したばかりの鶏の雛)から自社にて育成、鳥インフルエンザを防備するウインドレスの鶏...(20161128に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

日和産業の同業他社をもっと見る

日和産業の関連統計

統計分類検索へ

日和産業の基本情報

企業名 日和産業株式会社
カナ ニチワサンギョウカブシキガイシャ
英語名 NICHIWA SANGYO CO., LTD.
業種 食料品
所在地 神戸市東灘区住吉浜町19番地の5
ホームページ http://www.nichiwasangyo.co.jp/docs/index.html
EDINET E00454
証券コード 2055
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2055)
決算日 03月31日