比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

日本M&Aセンターの最新業績

業界:コンサルティング業界すぐ比較

日本M&Aセンターの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から日本M&Aセンターの事業内容についても確認できます。 注意:日本M&Aセンターの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:9.2

2016-12-31:8.4

2016-09-30:7.6

売上高

2017-06-30:64億9480万

2016-06-30:43億5106万

2015-06-30:34億6618万

2014-06-30:24億3554万

売上総利益

2017-06-30:45億7835万

2016-06-30:30億1612万

2015-06-30:24億3454万

2014-06-30:16億2744万

営業利益

2017-06-30:36億1928万

2016-06-30:22億7735万

2015-06-30:18億8379万

2014-06-30:11億9489万

経常利益

2017-06-30:36億3126万

2016-06-30:22億7893万

2015-06-30:18億9627万

2014-06-30:12億0535万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:26億8509万

2016-06-30:15億1498万

2015-06-30:12億0900万

2014-06-30:7億6588万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:26億9209万

2016-06-30:15億1569万

2015-06-30:12億0890万

2014-06-30:7億7799万

営業CF

2017-03-31:77億6924万

2016-03-31:44億4078万

2015-03-31:36億5497万

2014-03-31:42億7856万

投資CF

2017-03-31:14億6270万

2016-03-31:-52億1059万

2015-03-31:-62億6991万

2014-03-31:-10億2088万

財務CF

2017-03-31:-25億5532万

2016-03-31:-14億9810万

2015-03-31:-14億4088万

2014-03-31:-7億9980万

総資産

2017-06-30:254億3768万

2016-06-30:197億2355万

2015-06-30:162億6668万

2014-06-30:125億7945万

流動資産

2017-06-30:179億9936万

2016-06-30:115億6078万

2015-06-30:82億1367万

2014-06-30:98億0953万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:89億4337万

2016-03-31:22億6675万

2015-03-31:45億3466万

2014-03-31:85億9047万

現金及び預金

2017-06-30:138億5455万

2016-06-30:86億8460万

2015-06-30:51億4686万

2014-06-30:77億6891万

固定資産

2017-06-30:74億3831万

2016-06-30:81億6277万

2015-06-30:80億5300万

2014-06-30:27億6992万

負債

2017-06-30:80億5414万

2016-06-30:26億4362万

2015-06-30:23億2016万

2014-06-30:16億9688万

流動負債

2017-06-30:41億1514万

2016-06-30:21億6120万

2015-06-30:18億6440万

2014-06-30:12億6059万

固定負債

2017-06-30:39億3899万

2016-06-30:4億8242万

2015-06-30:4億5576万

2014-06-30:4億3629万

もっと見る

純資産

2017-06-30:173億8354万

2016-06-30:170億7993万

2015-06-30:139億4652万

2014-06-30:108億8256万

従業員数

2017-03-31:283

2016-03-31:258

2015-03-31:195

2014-03-31:152

臨時従業員数(外)

2016-03-31:15

2015-03-31:10

2014-03-31:4

2013-03-31:3

売上総利益率

2017-06-30:70.5

2016-06-30:69.3

2015-06-30:70.2

2014-06-30:66.8

売上営業利益率

2017-06-30:55.7

2016-06-30:52.3

2015-06-30:54.3

2014-06-30:49.1

売上経常利益率

2017-06-30:55.9

2016-06-30:52.4

2015-06-30:54.7

2014-06-30:49.5

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:41.3

2016-06-30:34.8

2015-06-30:34.9

2014-06-30:31.4

ROA

2017-06-30:42.4

2016-06-30:30.8

2015-06-30:29.6

2014-06-30:24.4

ROE

2017-06-30:61.6

2016-06-30:35.6

2015-06-30:34.8

2014-06-30:28

自己資本比率

2017-06-30:68.3

2016-06-30:86.6

2015-06-30:85.7

2014-06-30:86.5

流動比率

2017-06-30:437.4

2016-06-30:534.9

2015-06-30:440.6

2014-06-30:778.2

固定比率

2017-06-30:42.8

2016-06-30:47.8

2015-06-30:57.7

2014-06-30:25.5

業績ランキングは

546

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

日本M&Aセンターの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
日本M&Aセンター

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/24(年度)2015/06/25(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/12(四半期)
企業評価ミッドキャップ企業評価研究会ダイレクトコンタクト開設記念研究会ダイレクトコンタクトセミナ研究会
ミッドキャップ企業評価信用金庫セミナ会計事務所青山財産ネットワークス開設記念先生会場バンクオブザイヤ
青山財産ネットワークスmboミッドキャップm&aコンタクトセミナセミナ会計事務所m&am&a
mbo会計事務所会計事務所クオブザイヤセミナ会場クオブザイヤコンタクトjpx日経インデックス400メインフレーム
後継者後継者mbo地域ブロックm&aナビゲータバンクオブザイヤセミナ人材派遣会社中小
第二地方銀行第二地方銀行後継者地方銀行金融財政事情研究会式典m&am&a時機セミナ
会計事務所m&a第二地方銀行バンクオブザイヤルートm&aメインフレームルート勝ち後継者
m&a総合研究所ダイレクトマーケティングメインフレーム先生コンサルティング会社バン活性テーマ過去最高益
プライベートエクイティプライベートエクイティm&aバン中小ターゲティング式典事務所ターゲティング会場
ナビゲータ決算書地方銀行ipoエキスパート後継者後継者過去最高益会計事務所イベント
決算書秘密保持プライベートエクイティ後継者資格者延べ地方銀行調剤薬局後継者オーナ
秘密保持信用金庫決算書中小事務所オフィス中小ネットワーク過去最高益プレミアム
ダイレクトマーケティング料率秘密保持プレゼンス地道過去最高益プレゼンス薬局銘柄イノベーション
信用金庫チーム研究室ブロック過去最高益調剤薬局過去最高益リーディング保証金金融機関
料率ステップセミナ過去最高益テーマプロフェッショナルビルメンテナンス同軸オーナスピード
ステップ中小料率活性活性薬局金融機関人材派遣姿少子
中小地方銀行中小会場ネットワークコラボレーション会場ポートフォリオ人材派遣高齢
地方銀行青山財産ネットワークス金庫金融機関姿ワンストップ設備工事ポイント定期預金webサイト
ダイレクトコンタクトレーマンステップスピード資格定期預金プレミアムカンパニ中小コンテンツ
コンタクトスポンサクオブザイヤ着実リーディング合弁人材派遣中小敷金
総合研究所登記事項証明書バンクオブザイヤ銀行人材派遣スピードソフトウエア預入最高
レーマン過去最高益参加者少子ポートフォリオ中小着実最高投資家it
問題解決研究所青山財産ネットワークス女性預入少子会員ネットワーク
スポンサ仲介会社レーマン高齢カンパニソフトウェア保証金最高ニーズ
登記事項証明書マーケティング・チャネルスポンサテーマソフトウエア最高高齢情報ネットワーク役員
過去最高益buy登記事項証明書メディアたいコンサルティングオフィスit金融
チャネルセミナ過去最高益不動産業不動産業itテーマノウハウ金融機関技術
証券会社商工会議所税理士最高ソリューションメディア金融機関ソリューション
仲介会社タスクフォース中小企業診断士イベント最高医療医療配当金固定負債
buy秘密保持契約信金中央金庫ニーズ会員大型大型配当金
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

日本M&Aセンターの類似企業へ

日本M&Aセンターの業績推移

日本M&Aセンターの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社24社(メザニンファンド(投資事業有限責任組合)を含む)により構成されており、M&A取引に関するアドバイザリー事業を主たる業務とし、M&A周辺業務にも事業展開を図っております。なお、次の事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。GCA Advisors, LLC....(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本アジアグループ株式会社)、連結子会社66社及び持分法適用関連会社2社により構成され、空間情報コンサルティング事業、グリーンエネルギー事業及びファイナンシャルサービス事業を展開しております。当社グループの事業の内容は、以下のとおりであります。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループのサービスは、当社(株式会社フィスコ)及び連結子会社21社で構成され、情報サービス事業、デバイス事業、インターネット旅行事業、広告代理業、コンサルティング事業、ブランドリテールプラットフォーム事業、その他の7つに大別されます。なお、平成28年12月期において解散が決議された星際富溢(福建)信息諮詢有限公司、星際富通(福建)網絡科技有限公司、Rapid Capital Holdings Limited、Hua Shen Trading(International) Limitedは清算手続き中でありますが、既に事業は営んでいないため除外しております。Versatile Milano ...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、事業の創出・育成を目的とした「Business Producing Company」です。そのため、戦略コンサルティングとインキュベーションを事業の二本柱として推進しております。戦略コンサルティング事業では、大企業や政府向けの戦略コンサルティングに加え、構想の実現に向けた仲間作り、ルール作り、社内外ドライブまでハンズオンで支援するプロデュース支援、M&Aのファイナンシャル・アドバイザリー、経営幹部育成支援を提供しております。インキュベーション事業では、新たな産業の核となるようなベンチャー事業の創出・育成を目的に、自己資金またはファンド資金による企業への投資を行っております。投資...(20170612に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-05-20)

(2016-05-20) ”当社グループは、当社及び主要子会社2社で構成されており、各種コンサルティングサービスの提供を主軸に展開しております。当連結会計年度において、「海外戦略事業」を構成していた地球環境開発(株)の全保有株式を平成27年8月4日付で売却し、連結の範囲から除外いたしました。主に事業拡大及び収益向上のためのノウハウ開発とその提供を中心とし、特に「SS(サービス・ステーション)&店舗ビジネス業界」といった業界特化型コンサルティングを強みとしております。また、半世紀に亘る実績に基づく評価の高いサービスとして、経営戦略策定、人事制度構築、理念策定・浸透等のコンサルティングを提供すると共に、人事・財務面や、事業承...(20160822に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) ”当社の事業領域は「IR・SR活動に専門特化したコンサルティング業」であり、単一セグメントであります。当社は上場企業等に対してIR・SR活動を総合的にサポートするため、「IR・SRコンサルティング」、「ディスクロージャーコンサルティング」、「データベース・その他」という3つのサービスを提供しております。当社では、これらのサービスを提供するため、国内390社、海外5,325社のファンドマネージャー、アナリスト、議決権行使担当者を網羅する機関投資家ネットワークや当社サービス「株主ひろば」に登録する49,185名の個人株主とのネットワーク(平成26年3月31日現在)を利用して、内外のコンサルティングサ...(20140625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-09-30)

(0000-00-00) ”近年、少子高齢化による団塊の世代を中心としたオーナーの高齢化に伴い、潜在的なものも含め事業承継ニーズはますます高まっている状況にあります。特に中堅・中小企業においては、後継者不足が深刻化してきており、親族に跡継ぎがいない、既存の役職員では資本(株式)の承継を行う資力がないといった問題を抱えている企業が多く、又、優良企業であればあるほど、相続時の株式評価額が高くなり、納税資金の問題などから、経営に直接関わっていない親族への株式分散が発生するなど事業承継を検討するにあたって様々なハードルがあるのが現状であると認識しております。譲受企業においても、国内需要の縮小や業界内での価格競争など、競争激化の背...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループはビジネスコンサルティング、システムコンサルティング、プロジェクトマネジメント、デジタル変革コンサルティング、イノベーション組織変革コンサルティングなど幅広い領域のプロフェッショナルを有し、顧客企業の様々な経営課題に応えられる体制を整えております。また、業務提携・資本投資を含めたアライアンス活動によって、社外にいる様々な知見保有者とのネットワークを広く築き、価値創造のために必要な能力を社内外から柔軟に調達する「アグリゲーション」のアプローチを重視することで、成果実現のスピードを速めております。当社グループのサービスの大きな特徴を整理すると以下のとおりです。事業戦略の立案・策定、ビジ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、国内各地及び米国コロラド州に事業拠点を置き、豊かな成長性を有するベンチャー企業への支援を主な事業として取り組んでおります。ベンチャー企業への投資及び投資助言、投資事業組合の組成及びその管理・運営、投資事業組合の無限責任組合員となって投資先の選定及び育成支援を行う他、その活動に付随して生じる収益機会について積極的に取り組んでおります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社、当社の子会社(2017年3月31日現在187社)及び持分法適用会社(同36社)から構成される当企業グループは、証券・銀行・保険を中心に金融商品や関連するサービスの提供等を行う「金融サービス事業」、国内外のIT、バイオ、環境・エネルギー及び金融関連のベンチャー企業などへの投資や資産運用に関連するサービスの提供等を行う「アセットマネジメント事業」、医薬品、健康食品及び化粧品等の開発・販売を行う「バイオ関連事業」を中心に事業を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、主として金融商品取引業を中核とする営業活動を営んでおり、「証券ビジネス」、「アセットマネジメントビジネス」及び「サポートビジネス」をセグメント区分としております。証券ビジネスでは、有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、有価証券の私募の取扱い等の事業を営んでおります。また、アセットマネジメントビジネスでは投資運用並びに投資助言・代理、サポートビジネスでは当社グループ及び外部顧客に対する情報処理サービス、事務代行、不動産管理等の事業を営んでおります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社1社から構成されており、その主たる事業は、有価証券の売買等及び売買等の受託、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱い、その他の金融商品取引業であります。国内金融商品取引市場を中核として営業拠点を設け、投資・金融サービスを提供しております。ただし、平成28年4月1日から清算結了日までの損益計算書については連結しております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業は、金融商品取引業を中核とする投資・金融サービス業を主な事業の内容とし、顧客に対して資産運用の幅広いサービスを提供しております。主要業務としては、次の業務を営んでおります。自己の計算により有価証券の売買等(トレーディング業務を含む)を行う業務であります。顧客の委託を受けて有価証券の売買を執行することを中心とする業務であります。有価証券の発行に際し売出しの目的をもって発行者からその全部または一部を取得し、または、既発行有価証券を広く一般に均一の条件で売出す業務であります。有価証券の発行者または所有者もしくは引受人の委託を受け、新たに発行される有価証券の募集を取扱ったり、すでに発行された...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社5社、非連結子会社2社の計7社で構成されており、「投資・金融サービス業」を主な内容とする金融商品取引業者として、お客様に対して資金調達、資産運用の両面で幅広いサービスを提供することを主な事業としております。具体的には、有価証券の売買等及び売買の受託、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取扱いを行っております。非連結子会社のAizawa Asset Management(C.I.)Ltd.は投資信託の管理会社であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、持株会社としてグループ全体の投資戦略の立案や、グループ内の資源配分の意思決定を行っています。当社グループは、当社、子会社11社及び関連会社1社を通じて、証券関連事業(有価証券の売買等及び売買等の委託の媒介、有価証券の引受け及び売出し、有価証券の募集及び売出しの取り扱い、証券取引を中心とした投資助言業・投資運用業)及び不動産関連事業(高齢者向け住宅事業に関するアセットマネジメント業、不動産取引を中心とした投資助言代理業、投資運用業、トランクルーム運営)を行っています。なお、証券関連事業及び不動産関連事業の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げる...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益5年連続赤字,プラス成長に回復経常利益プラス成長に回復,5年連続赤字親会社株主に帰属する当期純損益プラス成長に回復,5年連続赤字

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、主に中堅・中小企業を顧客基盤とするコンサルティング会社として、実績を重ねてまいりました。当社のコンサルティングサービスは、「経営コンサルティング事業」と「SP(セールスプロモーション)コンサルティング事業」の2事業で展開しております。当社の経営コンサルティング事業では、主に中堅・中小企業を対象に、以下の「チームコンサルティング型経営協力」、「人材育成・教育」、「セミナー」、「各種会」、「アライアンス(提携)&会員」等のサービスを提供しております。チームコンサルティング型経営協力は、当社の主力サービスであり、顧客の経営課題に対して、当社の経営コンサルタントが専門性を発揮し、調査・分析の結...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高プラス成長に回復営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益4年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高プラス成長に回復営業利益5年連続赤字,プラス成長に回復経常利益5年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益5年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,2年連続プラス成長経常利益4年連続赤字,2年連続プラス成長当期純利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

日本M&Aセンターの同業他社をもっと見る

日本M&Aセンターの関連統計

統計分類検索へ

日本M&Aセンターの基本情報

企業名 株式会社日本M&Aセンター
カナ カブシキガイシャニホンエムアンドエーセンター
英語名 Nihon M&A Center Inc.
業種 サービス業
所在地 千代田区丸の内一丁目8番2号
ホームページ http://www.nihon-ma.co.jp/
EDINET E05629
証券コード 2127
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2127)
決算日 03月31日