比較リスト

業績赤字あり (2017-12-31)

2018/03/30

ジーエヌアイグループの最新業績

ジーエヌアイグループの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:ジーエヌアイグループの業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について業績ランキングは1193(3743社中,2017-12-31)業績ランキングへ

IFRS/連結/JPYの概況

総合点

2017-12-31:10

2017-09-30:7.39

2017-06-30:4.78

2017-03-31:2.17

売上高

2017-12-31:26億4845万

2016-12-31:13億0693万

2015-12-31:10億1667万

2014-12-31:4億7471万

営業利益

2017-12-31:1億5400万

2016-12-31:-2億7600万

2015-12-31:-6億3300万

2014-12-31:-3億7800万

税引前利益又は税引前損失(△)

2017-12-31:1億3712万

2016-12-31:-3億8538万

2015-12-31:-6億6962万

2014-12-31:-2億8585万

純利益又は純損失(△)

2017-12-31:2820万

2016-12-31:-4億6569万

2015-12-31:-6億6855万

2014-12-31:-2億8585万

純利益又は純損失(△):親会社の所有者に帰属

2017-12-31:-1億7520万

2016-12-31:-5億1310万

2015-12-31:-6億2315万

2014-12-31:-3億1727万

もっと見る

包括利益

2017-12-31:1億1857万

2016-12-31:-5億4556万

2015-12-31:-7億1858万

2014-12-31:-1億0000万

営業CF

2017-12-31:-3億1522万

2016-12-31:-5億1871万

2015-12-31:-3億8220万

2014-12-31:-5億6707万

投資CF

2017-12-31:-69億1117万

2016-12-31:1億3424万

2015-12-31:-12億5355万

2014-12-31:-7億4270万

財務CF

2017-12-31:88億0523万

2016-12-31:-201万

2015-12-31:2億3141万

2014-12-31:21億2010万

総資産額

2017-12-31:158億7933万

2016-12-31:58億1879万

2015-12-31:63億8557万

2014-12-31:67億7416万

現金及び現金同等物

2017-12-31:41億9274万

2016-12-31:25億9913万

2015-12-31:30億2272万

2014-12-31:44億6142万

もっと見る

現金及び預金

2017-12-31:41億9200万

2016-12-31:25億9900万

2015-12-31:30億2200万

2014-12-31:44億6100万

純資産

2017-12-31:134億8100万

2016-12-31:45億3300万

2015-12-31:51億2700万

2014-12-31:57億9800万

従業員数

2017-12-31:275

2016-12-31:183

2015-12-31:142

2014-12-31:130

臨時従業員数(外)

2017-12-31:4

2016-12-31:4

2015-12-31:5

2014-12-31:4

売上営業利益率

2017-12-31:5.8

2016-12-31:-21.1

2015-12-31:-62.3

2014-12-31:-79.6

売上純利益率

2017-12-31:-6.6

2016-12-31:-39.3

2015-12-31:-61.3

2014-12-31:-66.8

もっと見る

ROA

2017-12-31:-1.1

2016-12-31:-8.8

2015-12-31:-9.8

2014-12-31:-4.7

ROE

2017-12-31:-1.3

2016-12-31:-11.3

2015-12-31:-12.2

2014-12-31:-5.5

自己資本比率

2017-12-31:84.9

2016-12-31:77.9

2015-12-31:80.3

2014-12-31:85.6

ジーエヌアイグループの書類一覧

青い日付をクリックすると書類を閲覧できます。

総合点の推移

2017-12-31:10

2017-09-30:7.39

2017-06-30:4.78

2017-03-31:2.17

2016-12-31:-0.18

2016-09-30:-2.67

2016-06-30:-3

2016-03-31:-2.94

2015-12-31:-3.14

2015-09-30:-1.57

2015-06-30:-0.1

2015-03-31:0.84

2014-12-31:1.75

2014-09-30:-0.86

2014-06-30:-3.47

2014-03-31:-4.56

2013-12-31:-5.61

2013-09-30:-4.05

2013-06-30:-2.28

2013-03-31:-2.49

2012-12-31:-3.38

2012-09-30:-3.34

2012-06-30:-3.04

2012-03-31:-3.22

2011-12-31:-3.71

2011-09-30:-1.09

2011-06-30:1.43

2011-03-31:0.75

2010-12-31:0.55

2010-09-30:-2.06

2010-06-30:-4.67

2010-03-31:-5.62

2009-12-31:-6.08

2009-09-30:-7.39

2009-06-30:-8.69

2009-03-31:-10

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ジーエヌアイグループ
なし

ジーエヌアイグループの同業他社へ

ジーエヌアイグループの同業他社

(2017-12-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社より構成され、遺伝子医薬品を中心とする医薬品の開発及び販売を進めております。このような状況のもと、当社は国内外のグループ社員が従来以上に力を結集し、事業の推進を目指して、第18期定時株主総会の決議事項に基づき、平成29年7月1日をもちまして、...”(20180330に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/03/30

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-12-31) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社2社により構成されています。当社および連結子会社は「医薬品の研究および開発」ならびにこれらに関連する事業内容を行っております。当社は、元東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長(現 シカゴ大学教授)である中村祐輔教授の研究成果(シーズ)を事業...”(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/02/07

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-12-31) ”当社は、細胞周期に関する基礎研究の成果をもとに、正常細胞に影響が少ない抗癌剤の研究および開発を単一事業として行っている、創薬企業であります。なお、当社は、医薬品事業の単一セグメントであります。当社は、癌細胞の細胞周期(細胞分裂に至る過程)が正常細胞と異なることに着目する独特の創薬...”(20170926に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/02/14

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-12-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社日本革新創薬株式会社(以下、「JIT」)の2社で構成されており、医薬品の研究開発を行い、開発早期段階において開発品を製薬会社等にライセンスアウトすることによって収益を獲得する創薬事業を展開しております。一般的に新薬の開発に際しては、基礎研究、非臨...”(20180329に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/03/30

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-12-31) ”当社グループは、当社(ラクオリア創薬株式会社)及び子会社(テムリック株式会社)により構成されております。当社グループは、先端科学技術を活用し、医療分野においてニーズの高い疾患領域に対する新たな医薬品を生み出すことを目指す研究開発型の創薬企業であり、独自に創出した開発候補化合物(*...”(20180330に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/03/30

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-12-31) ”バイオ医薬品は、遺伝子組換え技術等のバイオテクノロジーにより創出された医薬品であり、1980年代から実用化されています。その後、抗体作製技術等の技術革新により、分子量が大きく、構造が複雑な抗体医薬品の創出が可能となり、新たな治療手段として、その有用性の高さが臨床的に示されています...”(20180326に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/03/26

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-12-31) ”当社は、当社独自の創薬開発プラットフォームシステム(*1)であるPDPS(Peptide Discovery Platform System)を活用して、国内外の製薬企業との共同研究開発のもと、新しい医薬品候補物質の研究開発を行っています。なお、当社のセグメントはアライアンス事業...”(20170928に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/02/14

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-09-30) ”当社グループ(当社及びその他の関係会社)は、医薬品の研究開発・販売を主たる業務としております。なお、関連会社1社は休眠中のため重要性の判断から記載を省略しております。当社は、聖マリアンナ医科大学発ベンチャーである株式会社エルティーティー研究所(1988年設立)の創薬事業を継承した...”(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/12/27

あとで比較する

すぐに比較する

()

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

(2017-12-31) ”当社は、アプタマー創薬技術に関するプラットフォームである「RiboARTシステム(Ribomic Aptamer Refined Therapeutics System)」をベースとした創薬事業を展開している創薬プラットフォーム系バイオベンチャーであります。「RiboARTシステ...”(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2018/02/14

あとで比較する

すぐに比較する

ジーエヌアイグループの同業他社をもっと見る

ジーエヌアイグループの関連統計

統計分類検索へ

ジーエヌアイグループの基本情報

企業名 株式会社ジーエヌアイグループ
カナ カブシキガイシャジーエヌアイグループ
英語名 GNI Group Ltd.
業種 医薬品
所在地 中央区日本橋本町二丁目2番2号
ホームページ http://www.gnipharma.com/
EDINET E05712
証券コード 2160
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2160)
決算日 12月31日