比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/17

カネ美食品の最新業績

カネ美食品の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からカネ美食品の事業内容についても確認できます。 注意:カネ美食品の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-0.34

2017-03-31:2.01

2016-12-31:4.38

2016-09-30:6.5

売上高

2017-06-30:211億9916万

2016-06-30:213億8344万

2015-06-30:215億0933万

2014-06-30:201億5799万

売上総利益

2017-06-30:17億0852万

2016-06-30:29億8149万

2015-06-30:31億6319万

2014-06-30:25億3908万

営業利益

2017-06-30:-10億9568万

2016-06-30:5億4176万

2015-06-30:7億6516万

2014-06-30:2億9579万

経常利益

2017-06-30:-10億6441万

2016-06-30:5億7311万

2015-06-30:8億0449万

2014-06-30:3億3577万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:-7億7597万

2016-06-30:3億5070万

2015-06-30:4億9461万

2014-06-30:1億6537万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:2億5044万

2016-03-31:37億5955万

2015-03-31:33億2037万

2014-03-31:31億2415万

投資CF

2017-03-31:-45億5232万

2016-03-31:-14億6410万

2015-03-31:-7億5635万

2014-03-31:-12億4827万

財務CF

2017-03-31:-7億5225万

2016-03-31:-6億4776万

2015-03-31:-6億6195万

2014-03-31:-4億9917万

総資産

2017-06-30:341億2413万

2016-06-30:352億4985万

2015-06-30:340億9710万

2014-06-30:321億1750万

流動資産

2017-06-30:170億2618万

2016-06-30:210億8110万

2015-06-30:200億8665万

2014-06-30:180億3945万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:118億4182万

2016-03-31:168億9595万

2015-03-31:152億4826万

2014-03-31:133億4620万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:100億7052万

2016-06-30:153億9592万

2015-06-30:137億3238万

2014-06-30:118億8121万

固定資産

2017-06-30:170億9795万

2016-06-30:141億6874万

2015-06-30:140億1044万

2014-06-30:140億7804万

負債

2017-06-30:81億9784万

2016-06-30:71億9610万

2015-06-30:70億8006万

2014-06-30:67億2341万

流動負債

2017-06-30:77億9454万

2016-06-30:67億9654万

2015-06-30:66億5103万

2014-06-30:63億6409万

固定負債

2017-06-30:4億0329万

2016-06-30:3億9955万

2015-06-30:4億2902万

2014-06-30:3億5931万

純資産

2017-06-30:259億2629万

2016-06-30:280億5374万

2015-06-30:270億1703万

2014-06-30:253億9408万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:1286

2016-03-31:1253

2015-03-31:1212

2014-03-31:1239

臨時従業員数(外)

2017-03-31:5197

2016-03-31:5296

2015-03-31:5425

2014-03-31:5542

売上総利益率

2017-06-30:8.1

2016-06-30:13.9

2015-06-30:14.7

2014-06-30:12.6

売上営業利益率

2017-06-30:-5.2

2016-06-30:2.5

2015-06-30:3.6

2014-06-30:1.5

売上経常利益率

2017-06-30:-5

2016-06-30:2.7

2015-06-30:3.7

2014-06-30:1.7

売上純利益率

2017-06-30:-3.7

2016-06-30:1.6

2015-06-30:2.3

2014-06-30:0.8

もっと見る

ROA

2017-06-30:-9.2

2016-06-30:4

2015-06-30:6

2014-06-30:2

ROE

2017-06-30:-12

2016-06-30:5.2

2015-06-30:7.2

2014-06-30:2.8

自己資本比率

2017-06-30:76

2016-06-30:79.6

2015-06-30:79.2

2014-06-30:79.1

流動比率

2017-06-30:218.4

2016-06-30:310.2

2015-06-30:302

2014-06-30:283.5

固定比率

2017-06-30:65.9

2016-06-30:50.5

2015-06-30:51.9

2014-06-30:55.4

業績ランキングは

2398

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

カネ美食品の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
カネ美食品
なし

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/24(年度)2015/06/19(年度)2017/08/14(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/12(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/13(四半期)
ファミリーマートサークルkサンクスサークルkサンクス外販ユニー外販外販外販外販外販
ユニー外販外販サークルkサンクス外販ユニー具材クォリティテナントテナント
外販カネ美食品カネ美食品テナントファミリーマート具材おにぎりカネ美食品サークルkサンクスサークルkサンクス
サークルkサンクスユニーグループユニーグループファミリーマートファミデリカイーズマートテナント製法メリハリ
ユニーグループユニーユニースローガンナガイファミリーマートマヨ廃棄ロススープ調理パン
サークルk寿司寿司人材派遣カネ美食品辛子明太子テナントサークルkサンクスシェア時間帯
寿司おにぎりおにぎりレベルテナントデミグラスソースシーチキン炊飯店舗生活必需品
ホールディングス惣菜惣菜なか作りたてカネ美食品作りたてカネ惣菜従前
惣菜テナント洋風店舗サークルkサンクステナント唐揚げpremium食料
サンクス弁当テナント人員メリハリサークルkサンクスランクブランド力
洋風駅構内弁当eu離脱ホールディングス鉄板焼サークルkサンクス製法赤字店舗
フランチャイズ・システムコンビニ弁当shionブランド力jr西日本セールワン食材利用者
テナントスーパーマーケットイーション金融衛生旨みアイテムマインドマインド
ファミーリーマートコンビニエンスストアコンビニ弁当時間帯ホールディングスエネルギー効率プレミアムさら物価
おにぎりスープ商品カテゴリー研究開発看板site赤字シェア
コンビニエンスストアスチームコンベクションオーブンスーパーマーケット環境惣菜エネルギー効率磨き食材物価人員
イーズマートホールディングス火種セグメント店舗駅構内水道光熱費ペース原油材料
切替スーパコンビニエンスストア売上高コンビニエンスストアハンバーグ時間帯リスク原油
ナガイnewdaysホールディングス成績店舗光熱さらお客様
スーパーマーケット直火スーパ備品水道光熱費弁当一つ資金個人消費
カネ美食品アイテム持株ブランドイメージアイテムシリーズ
衛生炒飯newdaysイベント光熱ブランド力原油価格配当金研究開発
newdays割烹中食シリーズ水道着実環境
作りたてjr東日本割烹なか天候ガス原油個人消費セグメント
ブランド力jr東日本株式弁当シリーズ店舗環境売上高
弁当ご飯ea電気機器成績
割烹jr西日本彩り個人消費図利拡販研究開発
廃棄ロス洋風駅ナカスーパーマーケット株価個人消費セグメント
jr東日本炊飯フランチャイザ研究開発円高売上高
スーパカネハードル環境惣菜なか研究開発
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170814)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

カネ美食品の類似企業へ

カネ美食品の業績推移

カネ美食品の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社アスモ)及び連結子会社12社、非連結子会社2社により構成されており、食肉の輸出入、食肉及び食肉加工品販売を始め、主に高齢者介護施設における給食の提供、訪問・居宅介護事業所の運営、有料老人ホームの運営、海外における外食店舗の経営、財産等の管理及び有料老人ホーム等入居一時金の保全を行う信託事業、介護事業等と相乗効果が規定できる少額短期保険事業を主な内容として事業活動を展開しております。 また、当社は平成25年4月1日付で、当社が営む卸売事業及び給食事業を会社分割により当社の100%子会社に承継したことにより、持株会社として、事業目的を持株会社...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社8社〔(国内子会社:株式会社大戸屋、株式会社OTYフィール、株式会社OTY食ライフ研究所)、(海外子会社:香港大戸屋有限公司、OOTOYA ASIA PACIFIC PTE. LTD.、AMERICA OOTOYA INC.、THREE FOREST (THAILAND) CO., LTD.、M OOTOYA (THAILAND) CO., LTD.〕で構成されており、国内及び海外において、主に一般消費者に対し定食、弁当の販売を行う直営事業及びフランチャイズ事業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。OOTOYA ASIA P...(20170705に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社2社(株式会社エス・エフ・ディー及び巽パン株式会社 以下、当社グループという)で構成され、その主な事業内容は、弁当、おにぎり、調理パン、寿司及び惣菜等の製造販売であります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び子会社6社(平成29年3月31日現在)により構成され、惣菜製品、昆布製品、豆製品、ヨーグルト製品、デザート製品、その他製品の製造・販売を主な事業としております。惣菜製品...............主要な製品は、おかず畑惣菜・日配惣菜・調味食品であります。当社が製造・販売しております。また、非連結子会社香港富吉高貿易有限公司から当社が原料を仕入れて加工・販売しております。昆布製品...............主要な製品は、ふじっ子煮(佃煮昆布)・ふじっ子(塩こんぶ)・純とろ(とろろ昆布)・だし昆布であります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社の企業集団は、当社と子会社2社で構成され、そうざいの製造・販売を行っております。 展開ブランドといたしましては、サラダ、フライ、料理等の洋そうざいを中心とした基幹ブランド「RF1(アール・エフ・ワン)」、当社ブランドのセレクトショップ「グリーン・グルメ」、日本の伝統食を日本のさらだとして新提案する和そうざいブランド「いとはん」、素材と製法にこだわったコロッケ専門店「神戸コロッケ」、フレッシュジュースとスープの専門店「ベジテリア」、アジア各国の人気メニューをアジアン・サラダとして提案するブランド「融合」を展開しております。 子会社である岩田(上海)餐飲管理有限公司は中国上海でそうざいの製造・...(20170728に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社7社、非連結子会社5社および関連会社1社で構成されています。当社グループの主な事業は、米飯群、調理パン群、惣菜群、和菓子などの調理済食品の製造、販売ならびに食品用材料の仕入、加工、販売です。このほか、食品関係の配送、食品製造設備などの販売、人材派遣および業務請負などの事業活動を展開しています。なお、区分方法については、「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。食品関連事業は、米飯群などをコンビニエンスストアなどに販売している事業です。具体的には、わらべや日洋株式会社は、北海道から関西および四国までの地域において、米飯...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社オーシャンシステム(当社)及び連結子会社2社により構成されております。当社グループは「食」に関わる事業を展開しており、家庭用・業務用に多彩な食料品を店舗で提供するスーパーマーケット事業及び業務スーパー事業、企業で働く人に昼の弁当を提供する弁当給食事業、家庭での夕食メニューに即した食材を宅配する食材宅配事業、割烹旅館で非日常のメニューを提供する旅館事業及びその他の事業について事業部制組織で展開しております。また、株式会社サンキューオールジャパンでは「フレッシュランチ39」のフランチャイズ展開を行っております。なお、次の5部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(持株会社)、東京デリカフーズ(株)、名古屋デリカフーズ(株)、大阪デリカフーズ(株)、(株)メディカル青果物研究所、デザイナーフーズ(株)、エフエスロジスティックス(株)により構成されており、外食産業、中食産業(注1)等向けのホール野菜(注2)の販売、カット野菜の製造・販売等を主たる事業としております。(注1) 中食産業は、持ち帰り弁当や調理済み食品・惣菜など家庭で食事をするための食品および食材を販売している産業であります。レストランなどで食事をする外食産業と家庭で素材から調理する「内食」の中間に相当する意味として、「中食」という名称が使われております。(注2) 当社グル...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)ダイオーズ(当社)及び子会社8社と関連会社6社から構成されております。当社は子会社8社及び関連会社6社の株式を所有することにより、当該会社の事業活動を支配・管理する、いわゆる純粋持株会社として機能しております。連結子会社、非連結子会社及び関連会社は次のとおりであります。Daiohs U.S.A.,Inc.Daiohs Korea Co.,Ltd....(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、平成13年4月2日にシダックスフードサービス(株)とシダックス・コミュニティー(株)の共同完全親会社として設立され、平成14年4月には当社グループの食材仕入をエス・ロジックス(株)が担当するように分離独立させました。当社グループは、当社、子会社18社及び関連会社10社で構成されております。当社は、当社グループ全体の経営効率、保有資産効率の向上を追求するために、事業子会社の経営指導を行うとともに間接業務を受託しております。事業子会社は、事業所給食事業・外食産業に利用する食材・消耗品を当社グループ及び得意先等へ販売を行う他に厨房設備の設計・販売を行っているエスロジックス事業、企業・官公庁・...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社(ライドオン・エースタート1号投資事業有限責任組合)及び非連結子会社(株式会社エースタート)で構成されております。「ご家庭での生活を『もっと美味しく、もっと便利に』」をテーマに、寿司や釜飯などの調理済食材を中心とした宅配事業として、宅配寿司「銀のさら」/宅配御膳「釜寅」/宅配寿司「すし上等!」を直営及びフランチャイズにてチェーン展開しており、宅配とんかつ「あげ膳」/宅配カレー「カレーキャリー」/提携レストランの宅配代行サービス「ファインダイン」を、直営にて展開しております。直営店舗(「ファインダイン」以外)においては、仕入先より食材等を仕入れて店舗で調理を行い、...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社6社、関連会社2社及びその他の関係会社1社で構成されております。なお、以下に示す区分は、ゼグメントと同一の区分であります。〔持ち帰り弁当事業〕 当社は、作りたてのあたたかいお弁当を持ち帰り方式で販売する「ほっかほっか亭」店舗をフランチャイズチェーンシステムにより、全国で展開しております。加盟店部門は、加盟店に対して弁当の材料である食材・包材等を販売するとともに、加盟店よりロイヤリティその他の営業収入を得ており、直営店部門は、直営店舗で持ち帰り弁当類を一般の消費者に提供しております。店舗流通ネット(株)(連結子会社)は、業務委託型店舗でオーナ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当連結会計年度末現在、日本KFCホールディングス株式会社(当社)、子会社7社、関係会社1社及びライセンス契約管理会社2社で構成されており、事業は、主としてフライドチキン、加工チキン及びピザの販売を営んでおります。FastRestaurantInternational Pte.Ltd.Bamboo (Thailand) Holding Pte.Ltd.また、ビュッフェ・スタイルのイタリアンレストランを運営していたナチュラル・ダイニング株式会社は、平成28年12月15日開催の取締役会において、同社を解散することを決議し、平成29年4月25日付で清算結了となりました。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社11社(内連結子会社7社)及び関連会社3社(内持分法適用関連会社2社)の合計15社で構成されており、外食事業を中心に事業活動を展開しております。・当社は、フランチャイズチェーンシステムにより、つくりたてのあたたかいお弁当を持ち帰り方式で販売する「ほっともっと」店舗を全国的に展開しております。直営店での販売のほか、加盟店等に対して食材・包装等資材及び事務機器(保守・修理含む)を販売すると共に、ロイヤリティ、その他の収入を得ております。・連結子会社(株)プレナスフーズは、食肉の加工及び搗精業務を行っております。・連結子会社(株)フーディフレーバ...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社2社(株式会社食文化研究所、事業食サービス株式会社)により構成され、一般家庭への夕食材料等の宅配による小売を主要業務とし、介護施設向けの介護食事業、介護食の調理・社員食堂等の運営、フランチャイズ加盟会社・その他の企業への食材の販売など、すべて同一セグメントに属する「食品事業」を営んでおります。株式会社ショクブンは、夕食材料等の宅配及び業務用食材の販売などの業務を行っております。 また、フランチャイズ(FC)加盟会社へのメニュー企画等の提供および経営指導なども行っております。 夕食材料等の宅配は、首都圏では東京都、神奈川県、中部圏では愛知県、岐阜県、三重県、関...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(株式会社小僧寿し)、連結子会社6社および非連結子会社1社により構成されており、持ち帰り寿し事業等、連結子会社による介護・福祉事業の展開と、小僧寿しフランチャイザーとして加盟者に対する原材料の供給と経営指導を主たる業務としております。持ち帰り寿し事業...株式会社東京小僧寿しが「小僧寿し」の商標で直営110店舗、「鉢巻太助」の商標で直営1店舗を有し、それぞれ持ち帰り寿しの販売を行っております。株式会社茶月東日本が「茶月」の商標で直営10店舗、「茶月」のリブランド店である「京都茶月」の商標で直営3店舗を有し、持ち帰り寿しの販売を行っております。株式...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落経常利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-02-28)

(2017-02-28) ”当社は、イオン株式会社及びイオンリテール株式会社を親会社とする有価証券報告書提出会社であります。弁当・惣菜のテイクアウト店を運営する「オリジン事業」と、中華料理の飲食店「中華東秀」及び和食の定食店「オリジンダイニング」を運営する「外食事業」、イオングループ各社のデリカ部門にオリジン商品を融合させる「デリカ融合事業」の3事業を柱として経営しております。弁当は、ご注文を受けてから調理する「オーダー弁当」を基本とし、すべてオリジナル食材を使用してできたてにこだわることで、コンビニエンスストアやスーパーマーケット等の商品と差別化を図っております。また、昼食時等のピーク時間帯には、お客さまをお待たせしな...(20170519に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/05/22

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、MFD事業(健康食宅配事業)及びマーケティング事業(カタログ誌面の広告枠販売、サンプリング等の業務受託、健康食レシピ情報サイトの運営)を展開しております。これら2つの事業は相互に関連しており、独自のビジネスモデルを構築しております。MFD事業で構築した紹介ネットワークを活用し、マーケティング事業においてサンプリング業務を行うなど、収益源を多様化させております。当社は、下記のビジョン及び経営理念を企業理念として掲げております。一人でも多くのお客様に健康で楽しい食生活を提案し、豊かな未来社会に貢献します。当社は、単に食事を宅配するだけではなく、生活習慣病患者等のターゲット層に対する食事の宅...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

カネ美食品の同業他社をもっと見る

カネ美食品の関連統計

統計分類検索へ

カネ美食品の基本情報

企業名 カネ美食品株式会社
カナ カネミショクヒンカブシキガイシャ
英語名 Kanemi Co.,Ltd.
業種 小売業
所在地 名古屋市緑区徳重三丁目107番地
ホームページ http://www.kanemi-foods.co.jp/
EDINET E03358
証券コード 2669
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2669)
決算日 03月31日