比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2014-12-31)

2017/03/10

スターバックス コーヒー ジャパンの最新業績

スターバックス コーヒー ジャパンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からスターバックス コーヒー ジャパンの事業内容についても確認できます。 注意:スターバックス コーヒー ジャパンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2014-12-31:10

2014-09-30:8.76

2014-06-30:7.57

2014-03-31:6.83

売上高

2014-12-31:1036億6600万

2013-12-31:947億1600万

2012-12-31:869億9500万

2011-12-31:807億6000万

売上総利益

2014-12-31:769億9600万

2013-12-31:702億3000万

2012-12-31:643億4700万

2011-12-31:597億8500万

営業利益

2014-12-31:112億7200万

2013-12-31:92億1200万

2012-12-31:79億1900万

2011-12-31:68億4800万

経常利益

2014-12-31:113億1300万

2013-12-31:92億4700万

2012-12-31:79億7700万

2011-12-31:70億2800万

当期純利益

2014-12-31:67億6900万

2013-12-31:53億1000万

2012-12-31:43億9100万

2011-12-31:35億1300万

もっと見る

営業CF

2014-12-31:107億5800万

2013-12-31:84億7000万

2012-12-31:50億5200万

2011-12-31:75億9900万

投資CF

2014-12-31:-77億6400万

2013-12-31:-63億3600万

2012-12-31:-52億1700万

2011-12-31:-38億1100万

財務CF

2014-12-31:-20億9200万

2013-12-31:-11億2900万

2012-12-31:-10億1700万

2011-12-31:-7億8400万

総資産

2014-12-31:791億8900万

2013-12-31:688億8700万

2012-12-31:601億8600万

2011-12-31:556億1200万

流動資産

2014-12-31:356億6600万

2013-12-31:307億4500万

2012-12-31:254億4700万

2011-12-31:227億3900万

現金及び現金同等物

2014-12-31:215億3200万

2013-12-31:181億1600万

2012-12-31:136億1800万

2011-12-31:124億3000万

もっと見る

現金及び預金

2014-12-31:170億3200万

2013-12-31:141億1600万

2012-12-31:136億1800万

2011-12-31:124億3000万

固定資産

2014-12-31:435億2200万

2013-12-31:381億4100万

2012-12-31:347億3900万

2011-12-31:328億7300万

負債

2014-12-31:275億0600万

2013-12-31:226億0500万

2012-12-31:192億2600万

2011-12-31:190億8400万

流動負債

2014-12-31:223億2300万

2013-12-31:178億9600万

2012-12-31:151億0300万

2011-12-31:150億6900万

固定負債

2014-12-31:51億8300万

2013-12-31:47億0900万

2012-12-31:41億2300万

2011-12-31:40億1500万

純資産額

2014-12-31:516億8200万

2013-12-31:462億8100万

2012-12-31:409億6000万

2011-12-31:365億2800万

もっと見る

従業員数

2014-03-31:2003

2013-03-31:1821

2012-03-31:1840

2011-03-31:1868

臨時従業員数(外)

2014-03-31:2万2836

2013-03-31:2万0242

2012-03-31:1万9239

2011-03-31:1万8741

売上総利益率

2014-12-31:74.3

2013-12-31:74.1

2012-12-31:74

2011-12-31:74

売上営業利益率

2014-12-31:10.9

2013-12-31:9.7

2012-12-31:9.1

2011-12-31:8.5

売上経常利益率

2014-12-31:10.9

2013-12-31:9.8

2012-12-31:9.2

2011-12-31:8.7

売上純利益率

2014-12-31:6.5

2013-12-31:5.6

2012-12-31:5

2011-12-31:4.3

もっと見る

ROA

2014-12-31:11.33305

2013-12-31:10.26641

2012-12-31:9.73309

2011-12-31:8.39979

ROE

2014-12-31:17.46623

2013-12-31:15.33295

2012-12-31:14.293262451172

2011-12-31:12.79968

自己資本比率

2014-12-31:65.3

2013-12-31:67.2

2012-12-31:68.1

2011-12-31:65.7

流動比率

2014-12-31:159.8

2013-12-31:171.8

2012-12-31:168.5

2011-12-31:150.9

固定比率

2014-12-31:84.2

2013-12-31:82.4

2012-12-31:84.81201171875

2011-12-31:90

スターバックス コーヒー ジャパンの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
スターバックス コーヒー ジャパン
なし

キーワードの推移
2014/06/23(年度)2015/02/13(四半期)2014/11/10(四半期)2014/08/08(四半期)
スターバックススターバックスフラペチーノフラペチーノ
starbuckss.c.i.starbucksstarbucks
フラペチーノstarbucksd-liteストアマネージャ
コーヒ臨時報告書ストアマネージャ株式分割
ギフトカードベンチャーズ株式分割ジェリ
サード・プレイスtoffyサード・プレイスサード・プレイス
ホリデlattebrownieコーヒ
line storemapleline storeマーブル
coffeeコーヒストロベリline store
店舗販売主要株主ドライブスルアイスコーヒ
コーヒー豆e's抹茶キャラメル
ハンディーステンレスボトルホリデegiftリモデルドライブスル
espressoインク空間バナナ
ザッハトルテコーポレーションクリームリモデル
インスパイアードサザビーリーグライセンスグラス
フィローネ普通株式店長空間
ベーグルサンドストアマネージャチョコレートクリーム
バーチャル株式分割店舗ライセンス
サザビーリーグインターナショナル登録商標店長
ティラミスサード・プレイスコーヒチョコレート
おサイフケータイフラペチーノパートナフレッシュ
メッセージline storeサービス品質店舗
チケットドライブスル登録商標
ヘッジholdings商標自宅
browniejapan店舗展開パートナ
インクライセンス直営店サービス品質
ローストリモデル
賃貸人空間一環商標
パソコン家庭店舗展開
mail店長ビル直営店
年度or届出書
四半期or半期

(20140623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20150213)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

スターバックス コーヒー ジャパンの類似企業へ

スターバックス コーヒー ジャパンの比較例

業界ごとの代表的な比較例へ

スターバックス コーヒー ジャパンの業績推移

スターバックス コーヒー ジャパンの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は関係会社(その他の関係会社)であるバスキン・ロビンス・フランチャイジング エルエルシーと「ライセンス及び技術援助契約」を締結しており、日本国内におけるアイスクリーム類の製造・販売並びにフランチャイズ方式によるアイスクリーム販売の組織化及び運営に関するノウハウの提供を受けております。それに対し、当社は売上高の一定率をロイヤリティーとして同社に支払っております。また、当社は関係会社(その他の関係会社)である(株)不二家との間に、バスキン・ロビンス31アイスクリーム小売店の運営並びに同アイスクリームに係る商標、意匠、小売店販売方法等の使用に関する「フランチャイズ契約」を他のフランチャイジーと同...(20170317に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの事業はハンバーガーレストラン事業単一であるため、セグメント情報に関連付けた記載を行っていません。当社は、日本マクドナルド株式会社、The JV株式会社の持株会社として、グループ企業の連結経営戦略の策定業務と実行業務及び不動産賃貸業務を主たる事業としております。なお、当社は特定上場会社等であります。日本マクドナルド株式会社(当社出資比率100%)は、直営店方式による店舗運営とともにフランチャイズ方式による店舗展開を通じハンバーガーレストラン事業を展開しております。同社は、米国マクドナルド・コーポレーションから許諾されるライセンスに対するロイヤルティーを支払っております。日本国内にお...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社9社で構成されております。なお、上海藤尾餐飲管理有限公司及び株式会社ホノルルコーヒージャパンは連結子会社であります。当社は各種業態の飲食店の経営及び飲食店のフランチャイズチェーン(以下、「FC」という。)本部の経営を、主な事業内容としております。なお、台湾及びインドネシアにおきましては、当社の子会社である FUJIO FOOD SYSTEM SINGAPORE PTE. LTD.が現地有力企業をパートナーとする合弁会社 美樂食餐飲股份有限公司およびPT MULIA SUKSES PERDANAを設立し、当該合弁企業を通して、当社ブランドの展開を行っております。直...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、「もっと美味しく、もっと楽しく、もっと便利に」をモットーに、和食、そば、寿司等を提供する和風ファミリーレストラン「まるまつ」を中心とした店舗展開を行っております。「まるまつ」以外の業態としては、かに料理「かに政宗」、とんかつ「かつグルメ」、日本そば「丸松」、十割蕎麦「丸まつ」、回転すし「寿司兵衛」等の店舗経営を行っております。各店舗で提供している食材については、店舗における作業の削減、品質の標準化等を図ることを目的として、そばつゆ等のスープ類、野菜類、魚介類等、一部の食材の製造加工を自社工場にて行っております。また、その他大半の食材は仕入商品を使用しております。仕入商品について...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社の事業は、料理、飲食物の調理・販売を主とし、和食を中心としたレストラン業を主たる事業としております。カフェテリア方式の「ザめしや」「めしや食堂」、ファーストフード方式の「街かど屋」(ザめしや24)、カフェテリア方式の讃岐製法うどん店「讃岐製麺」などをチェーン展開し、関西地区(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県)中部地区(愛知県、三重県、岐阜県)中国地区(岡山県)の2府7県に及んでおります。主な業態の内容は、次のとおりであります。「家庭料理」を中心とした約120種類ほどの豊富なメニューを用意し、洋食・中華も交えてお客様がご自由に料理の組み合わせを作りあげる事ができる和食を中心としたカフェ...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、昭和53年6月にステーキハウス「ブロンコ」を名古屋市北区に開店いたしました。その後、「ブロンコビリー」の店名で名古屋市内から郊外へと店舗を拡大しはじめ、お客様が気軽に立ち寄り易いよう駐車場を完備した郊外型のレストランとして、幹線道路沿いに店舗展開しております。メインのメニューであるステーキやハンバーグは主に豪州産牛肉を使用し、一緒に新鮮なサラダ(サラダバー)を揃えております。しかも原材料となる牛肉や野菜、ステーキソースに至るまで、こだわった食材を追求しつづけており、バランスの取れた商品構成等を心がけております。また、その味や鮮度を活かすためにステーキやハンバーグについては、ファクトリー...(20170316に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は「私達は人類の幸福を向上させるために、思いやりの心を持つ優秀な人材を採用育成し、社員の幸せと、お客様満足度日本一のレストランチェーンを築き、適正利潤を確保し、社会貢献致します。」という経営理念のもとに、ハンバーグ・チキンをメニューの中心とした郊外型レストラン「フライングガーデン」の直営多店舗展開を事業の主たる内容としております。当社の出店形態は、郊外型のロードサイド店を中心とし、出店地域は栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・千葉県となっております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、洋食レストラン「ベーカリーレストラン・サンマルク」の全国展開をはじめとして、コーヒーショップ「サンマルクカフェ」、高級回転ずし「すし処函館市場」など複数業態による事業展開を推進してまいりました。今後も継続的な会社の安定的利益成長を図るため、リスク分散の観点からも多業態を組み合わせた会社運営が有効であるとの経営判断のもとに、恒常的な新業態の開発など中期的な施策に鋭意注力しております。このような背景をベースに、当社グループは、中長期的な視野に立ったグループ内における最適な機能の分権と集権を実現するために、平成18年3月1日付をもって最終的な持株会社体制に移行いたしました。すなわち、...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(株式会社サイゼリヤ)及び子会社9社で構成され、外食事業を基幹事業としております。なお、次の3分野は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社は、「日々の価値ある食事の提案と挑戦」をメニュー提案のテーマとして、イタリアンワイン&カフェレストラン『サイゼリヤ』を全国に1,025店舗運営しており、『マリアーノ』などのファストフード店を3店舗運営しております。国内の5工場では、店舗で使用する食材の製造及び物流業務を行っております。SAIZERIYA AUSTRALIA PTY.LTD.は、当社で使用する食...(20161130に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社と連結子会社3社及び関連会社3社で構成されており、カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を中心に国内外で飲食店を展開しております。国内での展開は、当社直営店及びFC店に分かれており、FC店に対しましては、店舗経営の指導を行うとともに、店舗で使用する食材、消耗品並びに店舗設備等の商製品を販売しております。その他、食品メーカー等への商標の貸し出しを行っております。海外での展開につきましては、連結子会社、関連会社及びその他の現地法人によって店舗展開を行っており、当社は商製品販売等による売上やロイヤルティ収入等を得ております。当社グループは、「経営を通じ人々に感動を与え続け、地...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)モスフードサービス(当社)及び子会社8社、関連会社12社により構成されており、主にフランチャイズシステムによる飲食店の展開を事業としております。事業は大きく「モスバーガー」等の商標を使用した飲食店を展開する「モスバーガー事業」、「マザーリーフ」「MOSDO」「ミアクッチーナ」「あえん」「chef's V」「GREEN GRILL」等の商標を使用した飲食店を展開する「その他飲食事業」、これらの飲食事業を衛生、金融、保険等で支援する「その他の事業」に分けることができます。子会社及び関連会社の連結の範囲は、次のとおりであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、ファミリーレストラン事業を主な事業内容とする活動を展開しております。当社は、西欧料理主体の「ファミリーレストラン フレンドリー」・「フレッシュフレンドリー」、和食主体の「産直鮮魚と寿司・炉端 源ぺい」・「団欒れすとらん ボンズ」、都市型居酒屋の「和み料理と味わいの酒 つくしんぼう」・「新・酒場 なじみ野」、セルフうどん店の「釜揚げ讃岐うどん 香の川製麺」の7業態を展開しております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、連結子会社34社および持分法適用関連会社5社で構成され、国内の事業においては「吉野家」「はなまる」「アークミール」「京樽」を主要なセグメントとして展開しております。海外の事業においては、地域ごと、拠点ごとに複数の事業活動を行うため、「海外」というひとつのセグメントとして展開しております。YOSHINOYA AMERICA,INC.(米国)ASIA YOSHINOYA INTERNATIONAL SDN.BHD.(マレーシア)...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社10社で構成され、飲食店の経営、フランチャイズ(FC)店舗への材料提供及び経営指導を主な事業の内容としております。SINGAPORE SAGAMI PTE.LTD.BANGKOK SAGAMI CO.,LTD.NADEERA GROBAL CO.,LTD....(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度末において、当社グループは、株式会社ジョイフル(以下「当社」という。)及び子会社14社(うち非連結子会社1社)により構成されています。当社及び株式会社ジョイフル東関東・東北他10社は、洋食メニューを中心としたファミリーレストラン事業を国内でチェーン展開しております。また、台湾珍有福餐飲股份有限公司(非連結子会社)は、洋食メニューを中心としたファミリーレストラン事業を海外でチェーン展開しております。 株式会社Rising Sun Food Systemは、和食メニューを中心としたファミリーレストラン事業をチェーン展開しております。株式会社ジョイフルサービスは、保険代理店業を行ってお...(20170321に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(持株会社)及び子会社7社(2016年12月31日現在)で構成され、レストランの経営を主体としているほか、食品の販売、グループ会社支援等の事業も展開しております。当社は2015年9月17日開催の取締役会において、会社分割の方式により持株会社体制へ移行するため、分割準備会社として株式会社すかいらーくレストランツ(旧社名:すかいらーく分割準備株式会社)を設立するとともに、2016年1月1日を効力発生日として、当社が営むレストラン事業に関する権利義務の一部を、吸収分割により、株式会社すかいらーくレストランツに承継させることを決議し、2016年1月1日付で当該決議に基づき当社のレス...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ホットランド)及び関係会社14社(株式会社ホットランド大阪、株式会社大釜屋、コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン株式会社、L.A.Style株式会社、株式会社1016、WAEN International Limited、台湾和園國際股份有限公司、GINDACO (CAMBODIA) CO.,LTD.、青島和園福商貿有限公司、HL.Honolulu LLC、HOTLAND MAURINVEST SEAFOOD INDUSTRY S.A、Pacific Restaurant Partners,INC.、Ncounter Franchising,LLC.、LH ...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

スターバックス コーヒー ジャパンの同業他社をもっと見る

スターバックス コーヒー ジャパンの関連統計

統計分類検索へ

スターバックス コーヒー ジャパンの基本情報

企業名 スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
カナ スターバックス コーヒー ジャパン カブシキガイシャ
英語名 Starbucks Coffee Japan, Ltd.
業種 小売業
所在地 品川区上大崎二丁目25番2号
ホームページ http://www.starbucks.co.jp/
EDINET E03382
証券コード 2712
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2712)
決算日 03月31日