比較リスト

赤字あり (19年12月)

20年02月14日

一正蒲鉾の最新業績

”当社グループは、当社、連結子会社3社及び関連会社1社で構成され、その事業は、食品の製造販売を主な事業内容として、当事業に関する物流、サービス等の事業を展開しております。水産練製品・惣菜の製造販売及びきのこの生産販売を行っております。水産練製品の製造販売を行っており、当社が一部原材料を有償支給し、当社販売商品を製造委託しております。きのこの生産販売を行っております。PT.KML ICHIMASA FOODS水産練製品の製造販売を行っております。貨物運送業及び倉庫業を事業としており、主に当社の製品・商品及び材料の運送・... ”
(19年09月26日に提出された書類より抜粋)

※ポイント(0~10)表記

一正蒲鉾の最新の業績(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。 注意:一正蒲鉾の業績は有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに季節的変動を反映させるように推定(業績の推定方法)しています(決算日を3月31日としたデータも推定)。 企業ページについて 総合点について

累計四半期(0630)/連結/JPYの概況

売上高

19年12月:198億

18年12月:199億

17年12月:199億

売上総利益

19年12月:54億

18年12月:52億

17年12月:52億

営業利益

19年12月:11億

18年12月:10億

17年12月:10億

経常利益

19年12月:12億

18年12月:9億7061万

17年12月:11億

当期純利益

19年12月:7億1741万

18年12月:5億7865万

17年12月:6億 204万

親会社株主に帰属する当期純利益

19年12月:7億1741万

18年12月:5億7865万

17年12月:6億 204万

包括利益

19年12月:6億6865万

18年12月:2億2405万

17年12月:5億9589万

親会社株主に係る包括利益

19年12月:6億6865万

18年12月:2億2405万

17年12月:5億9589万

営業CF

19年12月:-9億4440万

18年12月:-4億8467万

17年12月:-14億

投資CF

19年12月:-5億1378万

18年12月:-7億8713万

17年12月:-3億6693万

財務CF

19年12月:15億

18年12月:10億

17年12月:18億

総資産

19年12月:268億

18年12月:274億

17年12月:278億

負債

19年12月:152億

18年12月:165億

17年12月:171億

純資産

19年12月:115億

18年12月:109億

17年12月:107億

資本金

19年12月:9億4000万

18年12月:9億4000万

17年12月:9億4000万

株主資本

19年12月:103億

18年12月:96億

17年12月:93億

現金及び預金

19年12月:11億

18年12月:10億

17年12月:9億7997万

現金及び現金同等物

19年12月:10億

18年12月:9億7203万

17年12月:9億4676万

流動資産

19年12月:112億

18年12月:110億

17年12月:110億

固定資産

19年12月:156億

18年12月:163億

17年12月:168億

流動負債

19年12月:119億

18年12月:127億

17年12月:128億

固定負債

19年12月:33億

18年12月:37億

17年12月:42億

正規従業員

19年06月:970

18年06月:971

17年06月:968

平均臨時雇用人員

19年06月:935

18年06月:962

17年06月:988

全従業員

19年06月:1905

18年06月:1933

17年06月:1956

総合点

19年12月:7.42

19年09月:7.18

19年06月:6.95

収益性

19年12月:4.21

19年09月:3.13

19年06月:2.57

安全性

19年12月:9.84

19年09月:9.89

19年06月:10

成長性

19年12月:8.22

19年09月:8.51

19年06月:8.27

ROA

19年12月:5.29

18年12月:4.18

17年12月:4.29

ROE

19年12月:13.77

18年12月:11.89

17年12月:12.81

売上高総利益率

19年12月:27.51

18年12月:26.23

17年12月:26.17

売上高営業利益率

19年12月:5.96

18年12月:5.11

17年12月:5.12

売上高経常利益率

19年12月:6.15

18年12月:4.87

17年12月:5.69

売上高純利益率

19年12月:3.61

18年12月:2.9

17年12月:3.02

自己資本比率

19年12月:38.45

18年12月:35.15

17年12月:33.51

固定比率

19年12月:151.47

18年12月:169.59

17年12月:180.76

固定長期適合率

19年12月:114.28

18年12月:121.9

17年12月:123.95

流動比率

19年12月:94.07

18年12月:87.1

17年12月:85.97

手元流動性比率

19年12月:0.33

18年12月:0.29

17年12月:0.29

資産回転率

19年12月:1.47

18年12月:1.44

17年12月:1.42

提出日対象時期書類名総合点収益性安全性成長性
20年02月19年12月半期報告書7.424.219.848.22
19年11月19年09月四半期報告書(第1四半期)7.183.139.898.51
19年09月19年06月有価証券報告書6.952.57108.27
19年05月19年03月四半期報告書(第3四半期)6.461.569.468.36
19年02月18年12月半期報告書5.920.428.98.45
18年11月18年09月四半期報告書(第1四半期)6.110.779.018.54
18年09月18年06月有価証券報告書6.341.369.088.59
18年05月18年03月四半期報告書(第3四半期)6.562.528.88.37
18年02月17年12月半期報告書6.913.78.868.19
17年11月17年09月四半期報告書(第1四半期)7.334.818.928.27
17年09月17年06月有価証券報告書7.134.318.978.09
17年05月17年03月四半期報告書(第3四半期)6.633.138.328.43
17年02月16年12月半期報告書6.151.937.688.83
16年11月16年09月四半期報告書(第1四半期)5.910.757.779.22
16年09月16年06月有価証券報告書6.251.117.949.69
16年05月16年03月四半期報告書(第3四半期)5.7607.419.88
16年02月15年12月半期報告書5.930.757.0410
15年11月15年09月四半期報告書(第1四半期)6.271.747.49.67
15年09月15年06月有価証券報告書6.372.17.749.26
15年05月15年03月四半期報告書(第3四半期)6.623.37.848.73
15年02月14年12月半期報告書6.834.57.838.15

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
一正蒲鉾

調味料

すぐに比較する

惣菜

すぐに比較する

製粉

すぐに比較する

肉・肉加工品

すぐに比較する

卵加工品

すぐに比較する

製油

すぐに比較する

即席カップ麺

すぐに比較する

大豆加工品

すぐに比較する

冷凍食品

すぐに比較する

漬物・珍味

すぐに比較する

業界検索へ

(19年12月) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(ホクト株式会社)及び子会社8社により構成しており、今後の幅広い事業展開と経営の効率化を目的として、「国内きのこ事業」、「海外きのこ事業」、「加工品事業」及び「化成品事業」の4事業部門に関係する事業を営んでおります。昭和30年代より今...”(19年06月21日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(20年01月) ”当社の企業集団は、当社と子会社2社で構成され、そうざいの製造・販売を行っております。 展開ブランドといたしましては、サラダ、フライ、料理等の洋そうざいを中心とした基幹ブランド「RF1(アール・エフ・ワン)」、当社ブランドのセレクトショップ「グリーン・グルメ」、日本の伝統食を日本の...”(19年07月26日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年03月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年11月) ”食品の製造販売および運送保管等を主たる業務としています。「調理・調味料」、「サラダ・惣菜」、「タマゴ」、「フルーツ ソリューション」、「ファインケミカル」、「物流」および「共通」...”(20年03月10日に提出された書類より抜粋)

業界調味料

更新日:20年03月04日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社の企業集団の事業内容及び当該事業における位置付けは次のとおりです。(1) 冷蔵倉庫事業 ・・・ 当社において、水産物を中心に畜産物、農産物およびその加工品の冷蔵・冷凍保管業を営んでおります。(2) 水産食品事業 ・・・ 当社グループにおいて、えび、かに、いか、凍魚などの水産物...”(19年06月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月14日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年05月) ”当社グループは、イオン株式会社を親会社とする当社と連結子会社2社(永旺美思佰楽(江蘇)商業有限公司・デリカ食品株式会社)により構成されております。 当社は、純粋持株会社イオン株式会社を中心とするグループのスーパーマーケット事業における中部地区の中核企業として、愛知県・岐阜県・三重...”(19年05月17日に提出された書類より抜粋)

更新日:19年07月20日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当グループは、当社及び子会社3社(2019年3月31日現在)により構成され、惣菜製品、昆布製品、豆製品、ヨーグルト製品、デザート製品、その他製品の製造・販売を主な事業としております。惣菜製品...............主要な製品は、日配惣菜・おかず畑惣菜・調味食品であります。当...”(19年06月25日に提出された書類より抜粋)

業界惣菜

更新日:20年02月07日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当グループ(当社、連結子会社及び関連会社)の事業に係る位置づけは次のとおりです。当社及びプリマハムミートファクトリー(株)、プリマ食品(株)、プライムフーズ(株)、秋田プリマ食品(株)、四国フーズ(株)、プリマルーケ(株)が製造し、当社及び販売会社を通じて販売しております。プライ...”(19年06月27日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月12日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループの事業に関わる位置付け及びセグメントとの関連は次の通りである。○水産事業.........当社及び連結子会社[黒瀬水産(株)、NIPPON SUISAN(U.S.A.),INC.他30社]、非連結子会社5社[持分法適用会社]、並びに関連会社(株)ホウスイ、(株)大水他...”(19年06月26日に提出された書類より抜粋)

業界水産

更新日:20年02月13日

あとで比較する

すぐに比較する

(19年12月) ”当社グループは、当社及び連結子会社1社で構成され、調理済食品の製造及び販売を主とした事業活動を行っております。なお、当社グループは、食品事業の単一セグメントであります。当社は、八千代工場、京丹波工場、唐津工場の3工場体制にて生産を行っております。当社の顧客サービス部のほか、子会社...”(19年06月24日に提出された書類より抜粋)

更新日:20年02月10日

あとで比較する

すぐに比較する

一正蒲鉾の同業他社をもっと見る

製造業(雇用者)

1,020.000 (万人)(20年01月)

すぐに比較する

機械受注額(通信業)

389,437.0 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

機械受注額(運輸業・郵便業)

1,150,671.0 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

精密機械工業(旧分類)(付加価値額)[2010年基準]

114.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

機械工業(付加価値額)[2010年基準]

108.5 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

鉱工業生産財在庫率指数(逆サイクル)(先行指数)

113.3 (2015=100)(20年01月)

すぐに比較する

鉱工業(付加価値額)[2010年基準]

103.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

製造工業(付加価値額)[2010年基準]

103.0 (2010=100)(18年09月)

すぐに比較する

機械受注額(建設業)

539,213.0 (百万円)(20年01月)

すぐに比較する

統計分類検索へ

一正蒲鉾の基本情報

企業名 一正蒲鉾
カナ イチマサカマボコカブシキカイシャ
英語名 ICHIMASA KAMABOKO CO.,LTD.
業界 食料品
所在地 新潟市東区津島屋7丁目77番地
ホームページ http://www.ichimasa.co.jp/
EDINET E00476
証券コード 2904
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2904)
決算日 6月30日