比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/04

一正蒲鉾の最新業績

一正蒲鉾の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から一正蒲鉾の事業内容についても確認できます。 注意:一正蒲鉾の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:9.86

2017-03-31:7.48

2016-12-31:5.1

2016-09-30:2.73

売上高

2017-06-30:347億8510万

2016-06-30:350億4374万

2015-06-30:344億2671万

2014-06-30:334億0396万

売上総利益

2017-06-30:89億8120万

2016-06-30:83億3662万

2015-06-30:77億2677万

2014-06-30:85億8283万

営業利益

2017-06-30:13億3184万

2016-06-30:7億9858万

2015-06-30:3億8278万

2014-06-30:12億2231万

経常利益

2017-06-30:15億2610万

2016-06-30:4億8535万

2015-06-30:4億6165万

2014-06-30:11億7813万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:8億4658万

2016-06-30:2億4934万

2015-06-30:1億2565万

2014-06-30:12億6081万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:8億4708万

2016-06-30:6017万

2015-06-30:9億1386万

2014-06-30:14億9682万

営業CF

2017-06-30:25億9945万

2016-06-30:19億4636万

2015-06-30:21億5352万

2014-06-30:20億1553万

投資CF

2017-06-30:-8億6513万

2016-06-30:-2億0742万

2015-06-30:-26億5920万

2014-06-30:-31億9512万

財務CF

2017-06-30:-17億4930万

2016-06-30:-19億4030万

2015-06-30:3億7416万

2014-06-30:10億3863万

総資産額

2017-06-30:235億2007万

2016-06-30:239億3512万

2015-06-30:259億3275万

2014-06-30:238億7502万

流動資産

2017-06-30:65億1702万

2016-06-30:63億3002万

2015-06-30:67億8870万

2014-06-30:69億0315万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-06-30:8億3749万

2016-06-30:8億2833万

2015-06-30:10億7875万

2014-06-30:11億4697万

現金及び預金

2017-06-30:10億3350万

2016-06-30:8億6153万

2015-06-30:12億1095万

2014-06-30:14億2429万

固定資産

2017-06-30:170億0305万

2016-06-30:176億0510万

2015-06-30:191億4405万

2014-06-30:169億7187万

負債

2017-06-30:132億4048万

2016-06-30:143億9242万

2015-06-30:162億6929万

2014-06-30:150億3256万

流動負債

2017-06-30:78億5947万

2016-06-30:85億1357万

2015-06-30:100億8806万

2014-06-30:89億7721万

固定負債

2017-06-30:53億8100万

2016-06-30:58億7884万

2015-06-30:61億8122万

2014-06-30:60億5534万

もっと見る

純資産額

2017-06-30:102億7959万

2016-06-30:95億4270万

2015-06-30:96億6345万

2014-06-30:88億4246万

従業員数

2016-06-30:947

2015-06-30:891

2014-06-30:878

2013-06-30:870

臨時従業員数(外)

2016-06-30:1067

2015-06-30:1145

2014-06-30:1099

2013-06-30:935

売上総利益率

2017-06-30:25.8

2016-06-30:23.8

2015-06-30:22.4

2014-06-30:25.7

売上営業利益率

2017-06-30:3.8

2016-06-30:2.3

2015-06-30:1.1

2014-06-30:3.7

売上経常利益率

2017-06-30:4.4

2016-06-30:1.4

2015-06-30:1.3

2014-06-30:3.5

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:2.4

2016-06-30:0.7

2015-06-30:0.4

2014-06-30:3.8

ROA

2017-06-30:3.6

2016-06-30:1

2015-06-30:0.5

2014-06-30:5.3

ROE

2017-06-30:8.2

2016-06-30:2.6

2015-06-30:1.3

2014-06-30:14.3

自己資本比率

2017-06-30:43.7

2016-06-30:39.9

2015-06-30:37.3

2014-06-30:37

流動比率

2017-06-30:82.9

2016-06-30:74.4

2015-06-30:67.3

2014-06-30:76.9

固定比率

2017-06-30:165.4

2016-06-30:184.5

2015-06-30:198.1

2014-06-30:191.9

業績ランキングは

2246

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

一正蒲鉾の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
一正蒲鉾

キーワードの推移
2016/09/28(年度)2015/09/18(年度)2017/05/15(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/05/13(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/05/15(四半期)2015/02/13(四半期)
練製品練製品きのこきのこきのこ練製品練製品練製品練製品練製品
きのこきのこ蒲焼き蒲焼き蒲焼ききのこkmlきのこきのこきのこ
水産蒲鉾次郎次郎次郎ichimasaichimasakml蒲鉾水産
惣菜水産揚物揚物揚物kmlはんぺんichimasa水産揚物
一正蒲鉾惣菜練製品練製品練製品はんぺん運送事業揚物竹輪竹輪
kml一正蒲鉾運送事業運送事業運送事業蒲鉾すり身運送事業おせち気温
ichimasamars竹輪竹輪おでん運送事業水産おでんかに冷夏
はんぺん運送事業ウナウナウナ気温おせち水産風味おせち
蒲鉾竹輪うなぎうなぎうなぎ水産きのこカニ大雨
揚物すり身残暑残暑残暑おせちかに日照大雪
mars貨物運送業野菜野菜高温かに減塩風味倉庫天候
運送事業おせち倉庫倉庫倉庫減塩風味foods
貨物運送業カニサラダ高温生活防衛風味foods倉庫便倉庫
おせち倉庫高温相場気温foods倉庫pt天候
かに生活防衛生活防衛水産倉庫pt低温運送事業便
減塩ゴルフ場気温荷役惣菜便払い込み惣菜運送事業
倉庫常州相場気温野菜pt払い込み気温なか台風
常州風味水産水産便気温惣菜野菜惣菜
風味惣菜惣菜仕掛品払い込み惣菜野菜赤字なか
foods大雪貯蔵品社債なか惣菜なかゴルフ場野菜
有償物価野菜原材料建設仮勘定赤字
倉庫業なか相場なか車両仕掛品機械ゴルフ場
pt便原材料天候エネルギ原油中国経済相場仕掛品建設仮勘定
有償天候なかエネルギお客様仕掛品社債エネルギ振替機械
物流コスト生産技術素材お客様物流天候持分原油価格物価振替
倉庫業事業譲渡天候物流社債相場固定負債物流繰延税金負債相場
便科技エネルギ固定負債エネルギ原材料社債相場エネルギ
科技姿お客様eu離脱円高中国経済差額材料エネルギ駆け込み需要
売上原価省力物流コスト原材料社債支払手形持分駆け込み需要物流
野菜エネルギ固定負債支払手形持分お客様コスト物流社債
年度or届出書
四半期or半期

(20160928)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170515)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

一正蒲鉾の類似企業へ

一正蒲鉾の業績推移

一正蒲鉾の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは株式会社極洋(当社)及び子会社25社、関連会社2社により構成され、水産商事事業、冷凍食品事業、常温食品事業、物流サービス事業、鰹・鮪事業を主として行っております。当社及び極洋商事(株)他において水産物の買付及び販売を行っております。当社及び極洋食品(株)他において冷凍食品の製造及び販売を行っております。当社及び(株)ジョッキ他において缶詰・海産物珍味の製造及び販売を行っております。キョクヨー秋津冷蔵(株)他において冷蔵倉庫業等を行っています。当社及び極洋水産(株)他においてカツオ・マグロの漁獲、養殖、買付及び加工、販売を行っております。キョクヨー総合サービス(株)他において保険代...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社69社及び関連会社28社で構成され、水産事業、食品事業、ファイン事業及び物流事業を主な内容とし、さらに各事業に関連する研究及びサービス等を展開している。○水産事業.........当社及び連結子会社[黒瀬水産(株)、NIPPON SUISAN(U.S.A.),INC.他28社]、非連結子会社5社[持分法適用会社]、並びに関連会社(株)ホウスイ、(株)大水他18社[持分法適用会社]で漁撈事業、養殖事業、加工・商事事業を行っている。○食品事業.........当社及び連結子会社[日本クッカリー(株)、GORTON'S INC.他16社]、並びに関連会社5社[持分法適用会...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-03-31)

(2014-03-31) 売上高プラス成長に回復営業利益7年連続黒字,3年連続マイナス成長経常利益7年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、「いちご」という農産物において、新しい品種の研究開発から始まり、苗の生産販売から収穫した果実の販売までの全てを行っており、1年365日、洋菓子メーカー等に対して国産いちごを供給しております。国内で広く一般的に販売されている「とちおとめ」等のほとんどのいちごは、いちごの中でも一季成性といわれる品種であり、品種特性により収穫時期は主に冬から春に限られます。そのため、夏秋期には一部国産いちごの収穫はあるものの、現在夏秋期に販売されているいちごの大部分はアメリカ合衆国から輸入されたものであり、そのため、ケーキにのっているいちごにも輸入品が使用されております。この自社品種により、洋菓子メーカーの...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社(カネ美食品株式会社)は、弁当・寿司・おにぎり・惣菜等の製造、販売を主たる業務としております。また当社の関係会社(その他の関係会社1社)は、総合小売事業、コンビニエンスストア事業等の持株会社であります。また、その他の関係会社はユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社であり、当社の主要取引先は同社の事業会社であるユニー株式会社及び株式会社ファミリーマートであります。当社の事業内容は次のとおりであります。A.テ ナ ン ト 事 業当社が、スーパーマーケット等に総合惣菜店舗、寿司専門店舗及び洋風惣菜店舗を出店し、寿司・惣菜等の製造、販売を行っております。また、外食店舗として和食レストラン...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社3社および関連会社1社で構成され、食品事業を主な事業内容とし、他に不動産賃貸等の事業を行っています。食品事業 :当社は、缶詰類・パスタ・包装米飯およびその他製品の製造販売を行っています。子会社である(株)マルアイは、かつお削りぶし・のり・ギフト等の製造委託先です。子会社であるマルアイ商事(株)は、ギフト等の販売を行っています。子会社であるセントラルサービス(株)は、当社の物流業務のうち製品出荷手配および運送業者への運賃支払などの運送事務等を行っています。関連会社であるP.T.アネカ・ツナ・インドネシアは、ツナ製品等の製造委託先です。その他事業:当社は、不動産賃貸他を...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社2社(株式会社エス・エフ・ディー及び巽パン株式会社 以下、当社グループという)で構成され、その主な事業内容は、弁当、おにぎり、調理パン、寿司及び惣菜等の製造販売であります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(0000-00-00) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(オーケー食品工業株式会社)及び子会社1社(非連結)並びに親会社(日本製粉株式会社)により構成されております。当社では、油あげ及びあげ加工品の製造及び販売を行っており、その製品及び商品の一部を子会社(バイテク・シーピー(株))を通じて、主に当社従業員に対して販売しております。また、同社は産業廃棄物収集運搬事業の許可を取得し、当社の油あげ及びあげ加工品製造工程で発生した食品残渣及び汚泥の一部を収集し産業廃棄物処分業者へ運搬する事業を営んでおります。親会社では、主として、小麦粉、ふすま等を製造し、特約店を通じて販売しております。なお、当社と親会社との間...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び子会社6社(平成29年3月31日現在)により構成され、惣菜製品、昆布製品、豆製品、ヨーグルト製品、デザート製品、その他製品の製造・販売を主な事業としております。惣菜製品...............主要な製品は、おかず畑惣菜・日配惣菜・調味食品であります。当社が製造・販売しております。また、非連結子会社香港富吉高貿易有限公司から当社が原料を仕入れて加工・販売しております。昆布製品...............主要な製品は、ふじっ子煮(佃煮昆布)・ふじっ子(塩こんぶ)・純とろ(とろろ昆布)・だし昆布であります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社の企業集団は、当社と子会社2社で構成され、そうざいの製造・販売を行っております。 展開ブランドといたしましては、サラダ、フライ、料理等の洋そうざいを中心とした基幹ブランド「RF1(アール・エフ・ワン)」、当社ブランドのセレクトショップ「グリーン・グルメ」、日本の伝統食を日本のさらだとして新提案する和そうざいブランド「いとはん」、素材と製法にこだわったコロッケ専門店「神戸コロッケ」、フレッシュジュースとスープの専門店「ベジテリア」、アジア各国の人気メニューをアジアン・サラダとして提案するブランド「融合」を展開しております。 子会社である岩田(上海)餐飲管理有限公司は中国上海でそうざいの製造・...(20170728に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社(大森屋(上海)貿易有限公司)の計2社で構成され、海苔を中心とした食料品全般にわたる食品製造販売事業及び不動産賃貸事業を主な内容として事業活動を展開しております。当社は、主に国内において、家庭用海苔、進物品、ふりかけ等、業務用海苔製品の製造及び販売を営んでおります。連結子会社の大森屋(上海)貿易有限公司は、主に中国及び東南アジアにおいて、家庭用海苔、ふりかけ等、業務用海苔の販売を営んでおります。当社は、所有不動産を有効活用するため、賃貸事業を営んでおります。...(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社7社、非連結子会社5社および関連会社1社で構成されています。当社グループの主な事業は、米飯群、調理パン群、惣菜群、和菓子などの調理済食品の製造、販売ならびに食品用材料の仕入、加工、販売です。このほか、食品関係の配送、食品製造設備などの販売、人材派遣および業務請負などの事業活動を展開しています。なお、区分方法については、「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。食品関連事業は、米飯群などをコンビニエンスストアなどに販売している事業です。具体的には、わらべや日洋株式会社は、北海道から関西および四国までの地域において、米飯...(20170526に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(持株会社)、東京デリカフーズ(株)、名古屋デリカフーズ(株)、大阪デリカフーズ(株)、(株)メディカル青果物研究所、デザイナーフーズ(株)、エフエスロジスティックス(株)により構成されており、外食産業、中食産業(注1)等向けのホール野菜(注2)の販売、カット野菜の製造・販売等を主たる事業としております。(注1) 中食産業は、持ち帰り弁当や調理済み食品・惣菜など家庭で食事をするための食品および食材を販売している産業であります。レストランなどで食事をする外食産業と家庭で素材から調理する「内食」の中間に相当する意味として、「中食」という名称が使われております。(注2) 当社グル...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループが営んでいる主な事業内容は、以下の通りですが、セグメントは同じ区分としております。鮮凍魚・魚卵・すり身を中心に取り扱っておりますが子会社による加工、海外子会社よりの輸入を行い、当社及び子会社において販売しております。子会社が漁網・ロープ類の製造、漁具の仕立・修理を行い、他の漁業資材・養殖用資材・船舶機器と共に当社及び子会社において販売しております。北海道ニチモウ(株) 西日本ニチモウ(株) (株)ニチモウワンマン (株)ニチモウマリカルチャー 日本測器(株) 日本船燈(株) ノールイースタントロールシステムズINC.他子会社並びに主要な取引先で製造を行った食品加工機械等を、当社及び...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社、子会社98社及び関連会社55社により構成されており、漁業・養殖事業、商事事業、海外事業、加工事業、物流事業を主たる事業として行っております。なお、次の5事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)漁業・養殖事業......当社及び連結子会社[大洋エーアンドエフ(株)他13社]、非連結子会社4社、並びに関連会社4社において、はえ縄、まき網などの漁業、クロマグロやカンパチなど付加価値の高い魚の養殖、海外合弁事業を柱に、直接、水産資源の調達を行っております。(2)商事事業.....(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-08-31)

(2012-08-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”(1)当社グループは、当社及び関連会社1社で構成されております。当社の主要事業は、卸売市場法に基づく農林水産大臣許可の水産物卸売業であります。全国各地の生産者等から生鮮、冷凍、加工水産物の販売の委託を受け、また買付を行い、名古屋市中央卸売市場において、せり売りなどの方法により仲卸業者などに販売することを主要業務とし、附帯事業として、飼料製造販売業、食品加工販売業、冷蔵倉庫業及び不動産賃貸業を営んでおります。関連会社1社は、名古屋市中央卸売市場の分場として開設された北部市場の同業会社であり、資本関係は有するものの、取引はすべて他地区市場間の一般的な取引と同様であります。水産物卸売業..........(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、親会社である株式会社ディア・ライフが形成する企業集団であるディア・ライフグループのアウトソーシングサービス事業を構成しております。株式会社ディア・ライフは不動産開発・売買、管理及び人材派遣事業を営んでおります。当社は、「セルフストレージ(レンタル収納スペース・トランクルーム)市場で必要不可欠のインフラとなり、セルフストレージ市場とともに発展する」を経営ビジョンとして掲げ、「ビジネスソリューションサービス」を中核として、「ITソリューションサービス」、「ターンキーソリューションサービス」を営んでおります。(1)ビジネスソリューションサービス(以下、「」という。当サービスは、セルフスト...(20161220に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

一正蒲鉾の同業他社をもっと見る

一正蒲鉾の関連統計

統計分類検索へ

一正蒲鉾の基本情報

企業名 一正蒲鉾株式会社
カナ イチマサカマボコカブシキカイシャ
英語名 ICHIMASA KAMABOKO CO.,LTD.
業種 食料品
所在地 新潟市東区津島屋7丁目77番地
ホームページ http://www.ichimasa.co.jp/
EDINET E00476
証券コード 2904
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(2904)
決算日 06月30日