比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-05-31)

2017/07/17

ドトール・日レスホールディングスの最新業績

ドトール・日レスホールディングスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からドトール・日レスホールディングスの事業内容についても確認できます。 注意:ドトール・日レスホールディングスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-05-31:10

2017-02-28:8.72

2016-11-30:7.57

2016-08-31:6.49

売上高

2017-05-31:330億5400万

2016-05-31:315億1834万

2015-05-31:312億2100万

2014-05-31:299億5100万

売上総利益

2017-05-31:196億2900万

2016-05-31:193億3974万

2015-05-31:187億6000万

2014-05-31:182億4400万

営業利益

2017-05-31:32億0700万

2016-05-31:29億2985万

2015-05-31:26億8600万

2014-05-31:28億7100万

経常利益又は経常損失(△)

2017-05-31:31億9200万

2016-05-31:29億5784万

2015-05-31:28億0600万

2014-05-31:29億4600万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-05-31:20億7600万

2016-05-31:17億1212万

2015-05-31:16億1000万

2014-05-31:17億5000万

もっと見る

包括利益

2017-05-31:20億1100万

2016-05-31:16億9521万

2015-05-31:15億9100万

2014-05-31:16億6800万

営業CF

2017-02-28:94億3676万

2016-02-29:103億6200万

2015-02-28:104億3100万

2014-02-28:108億6900万

投資CF

2017-02-28:-54億3899万

2016-02-29:-47億1300万

2015-02-28:-65億6700万

2014-02-28:-41億1500万

財務CF

2017-02-28:-34億0941万

2016-02-29:-18億9700万

2015-02-28:-27億0400万

2014-02-28:-28億7800万

総資産額

2017-05-31:1264億9800万

2016-05-31:1215億7600万

2015-05-31:1172億1700万

2014-05-31:1125億5000万

流動資産

2017-05-31:546億8400万

2016-05-31:501億7900万

2015-05-31:471億3800万

2014-05-31:447億0100万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-02-28:374億1400万

2016-02-29:368億9700万

2015-02-28:331億5800万

2014-02-28:319億5000万

現金及び預金

2017-05-31:377億6400万

2016-05-31:346億2700万

2015-05-31:317億2300万

2014-05-31:301億8000万

固定資産

2017-05-31:718億1400万

2016-05-31:713億9700万

2015-05-31:700億7800万

2014-05-31:678億4800万

負債

2017-05-31:257億3500万

2016-05-31:247億2900万

2015-05-31:234億8900万

2014-05-31:233億0600万

流動負債

2017-05-31:187億6300万

2016-05-31:178億6400万

2015-05-31:172億9100万

2014-05-31:171億9800万

固定負債

2017-05-31:69億7200万

2016-05-31:68億6400万

2015-05-31:61億9700万

2014-05-31:61億0800万

もっと見る

純資産

2017-05-31:1007億6300万

2016-05-31:968億4700万

2015-05-31:937億2800万

2014-05-31:892億4300万

従業員数

2017-02-28:2706

2016-02-29:2625

2015-02-28:2548

2014-02-28:2379

臨時従業員数(外)

2017-02-28:6687

2016-02-29:6562

2015-02-28:6533

2014-02-28:6004

売上総利益率

2017-05-31:59.4

2016-05-31:61.4

2015-05-31:60.1

2014-05-31:60.9

売上営業利益率

2017-05-31:9.7

2016-05-31:9.3

2015-05-31:8.6

2014-05-31:9.6

売上経常利益率

2017-05-31:9.7

2016-05-31:9.4

2015-05-31:9

2014-05-31:9.8

もっと見る

売上純利益率

2017-05-31:6.3

2016-05-31:5.4

2015-05-31:5.2

2014-05-31:5.8

ROA

2017-05-31:6.4

2016-05-31:5.6

2015-05-31:5.6

2014-05-31:6.4

ROE

2017-05-31:8.4

2016-05-31:7.2

2015-05-31:6.8

2014-05-31:8

自己資本比率

2017-05-31:79.7

2016-05-31:79.7

2015-05-31:80

2014-05-31:79.3

流動比率

2017-05-31:291.4

2016-05-31:280.9

2015-05-31:272.6

2014-05-31:259.9

固定比率

2017-05-31:71.3

2016-05-31:73.7

2015-05-31:74.8

2014-05-31:76

業績ランキングは

150

(3909社中 , 2017-03-31)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ドトール・日レスホールディングスの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ドトール・日レスホールディングス

キーワードの推移
2017/05/26(年度)2016/05/26(年度)2015/05/28(年度)2017/07/14(四半期)2017/01/13(四半期)2016/10/14(四半期)2016/07/14(四半期)2016/01/14(四半期)2015/10/14(四半期)2015/07/14(四半期)
日本レストランシステム日本レストランシステム日本レストランシステムドトール日本レストランシステム日本レストランシステム日本レストランシステムドトール日本レストランシステム星乃珈琲店
ランシステムドトールランシステム日本レストランシステムドトールドトールドトール日本レストランシステムドトール日本レストランシステム
ドトールランシステムドトールランシステムランシステムランシステムランシステムランシステムランシステムドトール
restrestrestrestrestrestrestrestrestランシステム
ドトールコーヒドトールコーヒドトールコーヒエクセルシオールベーカリ腰塚牛たん洋麺屋五右衛門洋麺屋五右衛門rest
サンメリ洋麺屋五右衛門洋麺屋五右衛門星乃珈琲店和風スパゲティ五味焼き星乃珈琲店星乃珈琲店洋麺屋五右衛門
コーヒ星乃珈琲店ドトールコーヒーショップ腰塚サンメリエクセルシオール港区白金台coffeecoffee
牛たんりんご洋菓子エクセルシオール洋麺屋五右衛門ドトールバリューカードノルウェーサーモン千歳船橋駅
洋麺屋五右衛門コーヒコーヒフローズンドリンク五味ベーカリ外食業エアロプレスリンゴンベリoslo
肉料理星乃珈琲店nドトールバリューカードサンメリconfectionery星乃珈琲店osloエアロプレスttime!
nコーヒー豆excellentカフェエクセルシオール外食業ドリップコーヒエクセルシオールoslo外食業
ベーカリn焙煎osloconfectionery星乃珈琲店チルド飲料ttime!ttime!シャポ
洋菓子excellent外食業あずき洋麺屋五右衛門れんがドトールコーヒーショップ外食業外食業三河安城
excellent焙煎texchem国産外食業ドリップコーヒexcellentシャポシャポ自然食品
焙煎外食業レクセル外食業星乃珈琲店肉料理三河安城三河安城ドリップコーヒ
コーヒー豆リンゴンベリ直営店パイナップルれんが牛たん立地輸入品輸入品チルド飲料
ノルウェーサーモンnコン宇治抹茶メニュメニュ店舗オペレーションドリップコーヒドリップコーヒexcellent
外食業焼きフェクショナリドリップコーヒドリップコーヒ黒毛和牛メニュオリジンオリジン焙煎
和風スパゲティ直営店エフアンドエフシステム白桃肉料理チルド飲料コンビニエンス地下街デニッシュコーヒー豆
直営店nコンレストランハムソ酸味牛たんドトールコーヒーショップベーカリcoffeeチルド飲料メニュ
腰塚エアロプレスdeux肉料理黒毛和牛excellent個人所得チルド飲料excellent
nコンフェクショナリレストランフーズcoffeeチルド飲料立地ブラッシュ麻布サンドイッチコンビニエンス
レストランベジエフアンドエフシステムレストランベジmade in japanドトールコーヒーショップ食材コーヒexcellent焙煎店舗
フェクショナリドトールバリューカードコングロマリット企業チルド飲料excellent焼き戸前メニュコーヒー豆ブラッシュ
エフアンドエフシステムレストランハムソレストランフローズンプリペイド陰り白金ケーキコーヒ
レストランハムソdeuxlesexcellent立地店舗プリペイドシングル輸入品
deuxレストランフーズサンメリストレート食材洋菓子ブランディング直営店チーズ戸前
レストランフーズレストランベジフォトコンジュース焼き物価シングルメニュ歯止め
五味les奥底立地プリペイドコンビニエンスリーディングコンビニエンスコンビニエンスフェア
lesサンメリカレーパンプリペイド店舗お客様店舗店舗リーディング
年度or届出書
四半期or半期

(20170526)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170714)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ドトール・日レスホールディングスの類似企業へ

ドトール・日レスホールディングスの比較例

業界ごとの代表的な比較例へ

ドトール・日レスホールディングスの業績推移

ドトール・日レスホールディングスの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は関係会社(その他の関係会社)であるバスキン・ロビンス・フランチャイジング エルエルシーと「ライセンス及び技術援助契約」を締結しており、日本国内におけるアイスクリーム類の製造・販売並びにフランチャイズ方式によるアイスクリーム販売の組織化及び運営に関するノウハウの提供を受けております。それに対し、当社は売上高の一定率をロイヤリティーとして同社に支払っております。また、当社は関係会社(その他の関係会社)である(株)不二家との間に、バスキン・ロビンス31アイスクリーム小売店の運営並びに同アイスクリームに係る商標、意匠、小売店販売方法等の使用に関する「フランチャイズ契約」を他のフランチャイジーと同...(20170317に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) ”当社は、日本国内におきましてスターバックス コーヒー ストアを展開しており、スターバックス ブランドの下、コーヒー及び関連商品を販売する事業を営んでおります。スターバックス コーヒー ストアは、「サードプレイス(お客様の職場と家庭との間にあって、いつでも安心してくつろげる第三の場所)」をコンセプトに、独自のコーヒー文化と、コーヒーを楽しむライフスタイルを店舗全体で演出し、お客様にご提案しております。また、新しいスターバックス体験の提供を目指したインターネット会員サービス“My Starbucks”における、メールニュース「Starbucks Mail News」の配信、パソコンやスマートフォン...(20140623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社9社で構成されております。なお、上海藤尾餐飲管理有限公司及び株式会社ホノルルコーヒージャパンは連結子会社であります。当社は各種業態の飲食店の経営及び飲食店のフランチャイズチェーン(以下、「FC」という。)本部の経営を、主な事業内容としております。なお、台湾及びインドネシアにおきましては、当社の子会社である FUJIO FOOD SYSTEM SINGAPORE PTE. LTD.が現地有力企業をパートナーとする合弁会社 美樂食餐飲股份有限公司およびPT MULIA SUKSES PERDANAを設立し、当該合弁企業を通して、当社ブランドの展開を行っております。直...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社及び子会社(Kuni's Corporation)1社により構成されております。事業内容は次のとおりであります。当社グループは、一般的に高級料理といわれるステーキやその他肉類を中心とした加熱料理を、感熱センサー付電磁調理器を用いた独自の店舗運営システムにより、手頃な価格で素早くお客様に提供する「ペッパーランチ」及び立食スタイルにすることによりお客様の回転率を上げ、ステーキを低価格にて提供する「いきなり!ステーキ」店舗の展開を主力事業としております。当社グループは「ペッパーランチ」を柱として、ペッパーランチの成功要素を取り入れた業態「ペッパーランチダイ...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は「私達は人類の幸福を向上させるために、思いやりの心を持つ優秀な人材を採用育成し、社員の幸せと、お客様満足度日本一のレストランチェーンを築き、適正利潤を確保し、社会貢献致します。」という経営理念のもとに、ハンバーグ・チキンをメニューの中心とした郊外型レストラン「フライングガーデン」の直営多店舗展開を事業の主たる内容としております。当社の出店形態は、郊外型のロードサイド店を中心とし、出店地域は栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・千葉県となっております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、「味覚とサービスを通して都会生活に安全で楽しい食の場を提供する」という経営理念のもと、「あったら楽しい」、「手の届く贅沢」をコンセプトとして、「東京圏ベストロケーション」「ライトフード」「女性ターゲット」という方針に基づいた営業活動を行っております。そして、「カフェカンパニー」(「椿屋珈琲グループ」と「ダッキーダック」)、及び「ダイニングカンパニー」(「イタリアンダイニングドナ」と「創作お好み焼き・鉄板焼き ぱすたかん・こてがえし」)を1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)において展開しております。各業態の特徴は下記のとおりであります。なお、当社は、フードサービス事業の単一セグメ...(20170725に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(株式会社サイゼリヤ)及び子会社9社で構成され、外食事業を基幹事業としております。なお、次の3分野は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社は、「日々の価値ある食事の提案と挑戦」をメニュー提案のテーマとして、イタリアンワイン&カフェレストラン『サイゼリヤ』を全国に1,025店舗運営しており、『マリアーノ』などのファストフード店を3店舗運営しております。国内の5工場では、店舗で使用する食材の製造及び物流業務を行っております。SAIZERIYA AUSTRALIA PTY.LTD.は、当社で使用する食...(20161130に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、ファミリーレストラン事業を主な事業内容とする活動を展開しております。当社は、西欧料理主体の「ファミリーレストラン フレンドリー」・「フレッシュフレンドリー」、和食主体の「産直鮮魚と寿司・炉端 源ぺい」・「団欒れすとらん ボンズ」、都市型居酒屋の「和み料理と味わいの酒 つくしんぼう」・「新・酒場 なじみ野」、セルフうどん店の「釜揚げ讃岐うどん 香の川製麺」の7業態を展開しております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社6社並びに非連結子会社2社で構成され、牛めし・カレー・各種定食等を提供する和風ファーストフード店「松屋」の運営を主力事業として展開しております。(株)エム・テイ・テイは、当社の店舗の総合メンテナンス及び建設施工監理、給排水工事を行う100%出資子会社であります。(株)エム・エル・エスは、当社の店舗で使用するユニフォームのクリーニング事業及び衛生用品(洗剤)の販売を行う100%出資子会社であります。(株)松屋ファームは、農業及び農業の代行・受託等を目的として、平成18年8月に設立された農業生産法人であり10%の出資を行いました。「Matsuya Foods US...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団等は、当社及び親会社とで構成されております。当社は、パスタ専門店「ジョリーパスタ」を中心にレストラン事業を展開しております。当社は株式会社ゼンショーホールディングスを中心とする企業集団に属しており、株式会社ゼンショーホールディングスとは業務提携を行っております。...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社10社で構成され、飲食店の経営、フランチャイズ(FC)店舗への材料提供及び経営指導を主な事業の内容としております。SINGAPORE SAGAMI PTE.LTD.BANGKOK SAGAMI CO.,LTD.NADEERA GROBAL CO.,LTD....(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)ココスジャパン)及び親会社で構成され、外食事業を主な事業内容としております。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社グループ(当社および当社の関連会社)は、当社(株式会社ハチバン)、子会社2社、関連会社2社により構成されております。...(20170615に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,2年連続プラス成長経常利益4年連続赤字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続プラス成長,4年連続赤字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-02-28)

(0000-00-00) ”当社グループは、株式会社どん(当社)および連結子会社1社により構成されており、当社は「ステーキのどん」「フォルクス」「しゃぶしゃぶどん亭」「ドン・イタリアーノ」の4業態を主として展開する専門レストランチェーンであります。連結子会社である株式会社千年農園はR事業の推進を目的にレストラン事業等の運営を行っております。(1)ステーキのどん 「圧倒的なボリュームとオリジナリティあふれる味付けでお腹が満たされるファミリーステーキレストラン」をコンセプトに、ステーキとハンバーグを中心とする業態です。ビジネスマン、ファミリー層を中心に、幅広い年齢層を主要顧客層とする業態です。「ステーキのどん」業態のフー...(20150519に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度末において、当社グループは、株式会社ジョイフル(以下「当社」という。)及び子会社14社(うち非連結子会社1社)により構成されています。当社及び株式会社ジョイフル東関東・東北他10社は、洋食メニューを中心としたファミリーレストラン事業を国内でチェーン展開しております。また、台湾珍有福餐飲股份有限公司(非連結子会社)は、洋食メニューを中心としたファミリーレストラン事業を海外でチェーン展開しております。 株式会社Rising Sun Food Systemは、和食メニューを中心としたファミリーレストラン事業をチェーン展開しております。株式会社ジョイフルサービスは、保険代理店業を行ってお...(20170321に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社2社により構成されています。当社は、純粋持株会社としてグループ各社をとりまとめ、経営管理および業務遂行支援を行い、JBレストラン株式会社は飲食店の運営事業、桶狭間フーズ株式会社は食材の製造販売事業を行っています。飲食店の運営事業は、当連結会計年度末時点においてラーメン・中華料理の分野で「一刻魁堂」、その派生業態の「一刻魁堂/真一刻」「LONG‐hu Air KITCHEN(ロンフーエアーキッチン)」、「ロンフーダイニング」およびその派生業態の「LONG‐hu BISTRO(ロンフービストロ)」を直営店により多店舗展開しています。食材の製造販売事業は、名古屋センタ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ホットランド)及び関係会社14社(株式会社ホットランド大阪、株式会社大釜屋、コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン株式会社、L.A.Style株式会社、株式会社1016、WAEN International Limited、台湾和園國際股份有限公司、GINDACO (CAMBODIA) CO.,LTD.、青島和園福商貿有限公司、HL.Honolulu LLC、HOTLAND MAURINVEST SEAFOOD INDUSTRY S.A、Pacific Restaurant Partners,INC.、Ncounter Franchising,LLC.、LH ...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、「To Entertain People~より多くの人々を楽しませるために~」という企業理念のもと、「音楽」、「アート」、「食」等をはじめとする様々なカルチャーコンテンツ(以下「カルチャーコンテンツ」という。)を企画・融合させ、「楽しみに溢れた豊かなライフスタイルをより多くの人々に提案する」という、店舗の運営等を通したカルチャーコンテンツ提供事業を行っており、具体的には以下の飲食サービス及びコンテンツ企画サービスを展開しております。なお、当社は単一セグメントのため、各サービス別に記載しております。当社は、業界環境及び消費者ニーズの「変化」が起こりやすい飲食業界において、「変化」を迅速に...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、株式会社バルニバービ(当社)、連結子会社9社及び非連結子会社2社で構成されております。当社グループでは「美味しいものを、より楽しく、より健康に、より安く」をテーマに、当社が企画開発・デザインしたレストラン・カフェ・バーなどの飲食店を店舗運営子会社が運営するレストラン事業、主に株式会社パティスリードパラディによるロールケーキなどのスイーツ事業、株式会社アスリート食堂によるアスリートに代表される健康を志向する顧客層に対して、食事とランニングステーションなどのアスリート施設を提供するアスリート食堂事業、及びレストランや開発エリアの企画を行うコンサルティング等のその他の事業を行っており...(20161028に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/12

あとで比較する

すぐに比較する

ドトール・日レスホールディングスの同業他社をもっと見る

ドトール・日レスホールディングスの関連統計

統計分類検索へ

ドトール・日レスホールディングスの基本情報

企業名 株式会社ドトール・日レスホールディングス
カナ カブシキガイシャドトールニチレスホールディングス
英語名 DOUTOR NICHIRES Holdings Co Ltd.
業種 小売業
所在地 渋谷区猿楽町10-11
ホームページ http://www.dnh.co.jp/
EDINET E03518
証券コード 3087
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3087)
決算日 02月28日