比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2015-12-31)

2017/03/10

アイセイ薬局の最新業績

業界:調剤業界すぐ比較

アイセイ薬局の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からアイセイ薬局の事業内容についても確認できます。 注意:アイセイ薬局の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2015-12-31:4.65

2015-09-30:1.63

2015-06-30:-1.4

2015-03-31:-4.44

売上高

2015-12-31:443億3141万

2014-12-31:405億4112万

2013-12-31:354億6834万

2012-12-31:308億2504万

売上総利益

2015-12-31:55億7720万

2014-12-31:47億3781万

2013-12-31:44億0386万

2012-12-31:42億1014万

営業利益

2015-12-31:17億5546万

2014-12-31:6億5388万

2013-12-31:6億0257万

2012-12-31:8億9521万

経常利益

2015-12-31:16億6518万

2014-12-31:5億3725万

2013-12-31:4億8913万

2012-12-31:8億3071万

当期純利益

2015-12-31:4億8021万

2014-12-31:1億0675万

2013-12-31:8302万

2012-12-31:2億2353万

もっと見る

包括利益

2015-12-31:6億0248万

2014-12-31:1億4151万

2013-12-31:6073万

2012-12-31:2億2298万

営業CF

2015-09-30:16億2453万

2014-09-30:20億1225万

2013-09-30:5953万

2012-09-30:-2億1823万

投資CF

2015-09-30:-2億6386万

2014-09-30:-14億1040万

2013-09-30:-13億0018万

2012-09-30:-10億7705万

財務CF

2015-09-30:-4億8985万

2014-09-30:1億3443万

2013-09-30:16億9771万

2012-09-30:-2億8558万

総資産額

2015-12-31:294億1691万

2014-12-31:282億1213万

2013-12-31:274億9743万

2012-12-31:211億3550万

流動資産

2015-12-31:164億6675万

2014-12-31:137億1450万

2013-12-31:141億9737万

2012-12-31:118億2113万

もっと見る

現金及び現金同等物

2015-09-30:35億8546万

2014-09-30:27億3541万

2013-09-30:16億5555万

2012-09-30:12億5869万

現金及び預金

2015-12-31:48億8237万

2014-12-31:28億4661万

2013-12-31:27億4680万

2012-12-31:14億0093万

固定資産

2015-12-31:129億5016万

2014-12-31:144億9763万

2013-12-31:133億0005万

2012-12-31:93億1437万

負債

2015-12-31:247億6083万

2014-12-31:241億8366万

2013-12-31:235億9007万

2012-12-31:173億6245万

流動負債

2015-12-31:177億9104万

2014-12-31:162億5704万

2013-12-31:167億8870万

2012-12-31:118億5553万

固定負債

2015-12-31:69億6979万

2014-12-31:79億2661万

2013-12-31:68億0137万

2012-12-31:55億0691万

もっと見る

純資産額

2015-12-31:46億5608万

2014-12-31:40億2847万

2013-12-31:39億0735万

2012-12-31:37億7305万

従業員数

2015-03-31:1847

2014-03-31:1727

2013-03-31:1456

2012-03-31:1242

臨時従業員数(外)

2015-03-31:311

2014-03-31:280

2013-03-31:239

2012-03-31:246

売上総利益率

2015-12-31:12.6

2014-12-31:11.7

2013-12-31:12.4

2012-12-31:13.7

売上営業利益率

2015-12-31:4

2014-12-31:1.6

2013-12-31:1.7

2012-12-31:2.9

売上経常利益率

2015-12-31:3.8

2014-12-31:1.3

2013-12-31:1.4

2012-12-31:2.7

もっと見る

売上純利益率

2015-12-31:1.1

2014-12-31:0.3

2013-12-31:0.2

2012-12-31:0.7

ROA

2015-12-31:2.13328

2014-12-31:0.53332

2013-12-31:0.39999

2012-12-31:1.46663

ROE

2015-12-31:13.73299

2014-12-31:3.46658

2013-12-31:2.79993

2012-12-31:7.86647

自己資本比率

2015-12-31:15.8

2014-12-31:14.3

2013-12-31:14.2

2012-12-31:17.9

流動比率

2015-12-31:92.6

2014-12-31:84.4

2013-12-31:84.6

2012-12-31:99.7

固定比率

2015-12-31:278.1

2014-12-31:359.9

2013-12-31:340.4

2012-12-31:246.9

アイセイ薬局の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
アイセイ薬局
なし

キーワードの推移
2015/06/22(年度)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/11(四半期)2015/02/16(四半期)
アイセイ調剤薬局薬局調剤薬局ジェネコ
調剤薬局薬局調剤薬局薬局誠会
薬局誠会searchdr誠会調剤薬局
マンツーマン在宅医療誠会在宅医療薬局
ジェネコジェネリック医薬品在宅医療ジェネリック医薬品営業権
調剤報酬くすりジェネリック医薬品介護福祉はなまる
誠会お薬手帳くすりマンツーマン
処方箋passお薬手帳医療介護福祉
薬剤師介護福祉サーチ店舗調剤報酬
ジェネリック医薬品地域医療敷金福祉アイセイ薬局
薬価店舗passのれんみすず
診療所ドクタ差額処方箋
営業権ヘルス介護福祉不動産後発医薬品
患者医療地域医療診療所
開業医福祉保証金証券ジェネリック医薬品
医療制度改革カンパニ有価証券薬価
介護福祉ヘルス投資有価証券患者
医薬分業のれん医療株式開業医
後発医薬品原油店舗資金医療制度改革
医療機関電子アプリ製品医薬分業
医療費差額福祉グループ
診療報酬支払手形カンパニ環境
在宅医療不動産貸付研究開発医療機関
総合病院証券不動産セグメント医療費
診療科有価証券のれんm&a
事業譲渡投資有価証券材料売上高総合病院
アイセイ薬局資金利息成績診療科
すずらん長期電子有限会社ケイ
グループホーム株式コーノ
モール手形差額もえぎ
年度or届出書
四半期or半期

(20150622)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20160212)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

アイセイ薬局の類似企業へ

アイセイ薬局の業績推移

アイセイ薬局の同業他社

業績 (2014-08-15)

(2014-08-15) 売上高マイナス成長へ転落営業利益マイナス成長へ転落,8年連続黒字経常利益8年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益又は当期純損失(△)2年連続マイナス成長,4年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は平成21年6月1日付で新設型会社分割を行い、調剤薬局事業を新設子会社のファーマライズ株式会社が承継することで、当社(ファーマライズホールディングス株式会社)は持株会社となりました。現在の当社グループは、持株会社である当社を中心に、連結子会社18社と持分法適用関連会社3社で構成されております。それぞれの事業内容は以下のとおりであります。当社は連結子会社・関連会社において、医療機関の発行する処方せんに基づき一般患者に医薬品の調剤を行う調剤薬局を経営し、調剤による報酬は、健康保険法に基づき、患者一部負担金を患者に請求し、患者一部負担金以外については社会保険診療報酬支払基金及び国民健康保険団体連...(20160826に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、クオール株式会社(当社)、連結子会社20社、非連結子会社1社及びその他の関係会社1社より構成され、保険薬局事業、BPO受託事業を営んでおります。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び連結子会社17社は保険薬局又は病院内売店等の経営を行っております。アポプラスステーション株式会社を含む、4社でO事業、CRO事業、医療周辺事業を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び関係会社10社(連結子会社6社、非連結子会社3社及び関連会社1社)により構成されており、「ドラッグストア」を基本として、医薬品・衛生介護品・ベビー用品・健康食品、調剤、化粧品、家庭用雑貨及び食品等の販売を主たる事業とする小売業を主な事業としております。また、(株)CFSサンズは平成28年9月1日付でウエルシアオアシス(株)と合併しております。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/06

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは当社(株式会社クリエイトSDホールディングス)及び子会社5社により構成されており、医薬品、化粧品等の小売販売を主たる業務としております。株式会社クリエイトエス・ディーが担当しております。また、ドラッグストアで販売するプライベートブランド商品の製造企画を株式会社エスタが、店舗清掃等を株式会社クリエイトビギンが、それぞれ担当しております。ドラッグストア事業の主な業務は医薬品、化粧品、食料品、日用雑貨品等の販売及び調剤であります。有料老人ホーム事業をウェルライフ株式会社が、デイサービス事業を株式会社サロンデイが、それぞれ担当しております。...(20160829に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益2年連続マイナス成長,3年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度末において当社グループは、当社及び当社の子会社10社により構成されており、調剤薬局事業、医薬品製造販売事業、医療従事者派遣・紹介事業を、主たる事業としております。<調剤薬局事業> 当社グループは、コア事業として「日本調剤株式会社」及び連結子会社6社にて調剤薬局事業を展開しております。近年、分業率はおよそ7割に達し「医薬分業」が日本国内に普及・定着してきているなか、大型総合病院前の門前型調剤薬局を主力としながら、面対応薬局の展開、メディカルセンターの開発など全国全都道府県に出店展開をしております。加えて、ジェネリック医薬品の積極的な使用、在宅医療・地域包括ケアへの参加など、現在国が...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社14社、及びその他の関係会社1社により構成されており、医療機関の発行する処方箋に基づき、医薬品の調剤を行う調剤薬局の経営を主たる事業としております。当社グループの事業内容は次のとおりであります。なお、次の4区分は「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に記載したセグメントの区分と同一であります。当社及び子会社である株式会社山梨薬剤センター、有限会社クローバー、株式会社メディケアサポート、有限会社ツルカメ調剤薬局は、処方箋に基づき医薬品の調剤を行う調剤薬局を経営しております。子会社である株式会社ヘルスケア一光、有限...(20170519に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成29年3月31日現在、株式会社メディカルシステムネットワーク(当社)、子会社18社より構成され、医薬品等ネットワーク事業、調剤薬局事業、賃貸・設備関連事業、給食事業及びその他事業を営んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。本事業は、当社及び当社子会社2社(株式会社H&M、株式会社システム・フォー)によって構成されております。本事業は、調剤薬局、病・医院と医薬品卸売会社間の医薬品売買を仲介することにより、医薬品流通過程の効率化を支援するビジネスモデルであります。本事業の具体的な内容は以下の3つの業務によって構成されております。ア.医薬品ネットワ...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社5社で構成され、臨床検査事業及び調剤薬局事業を行っております。次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(株)ファルコバイオシステムズは、各地の病院及び診療所等から臨床検体検査等を受託しており、その他に電子カルテ等の医療情報システムの開発・販売を行っております。また、(株)アテストは体外診断用医薬品等の卸売を行っております。(株)ファルコファーマシーズ及びチューリップ調剤(株)は、調剤薬局の運営を行っております。注) 平成28年10月1日付で(株)ファルコバイオシステムズは(株)...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”医療界においては、医療の高度化と人口の高齢化を背景に、増加し続ける医療費の抑制が重要な課題となっており、医業経営において、より効率的で質の高い医療サービスの提供が求められております。このような状況のなか、総合的な医業経営マネージメントに対するニーズは高まっております。当社グループは当社(連結財務諸表提出会社)、連結子会社28社により構成されておりますが、こうした社会的ニーズに応えるべく、「よい医療は、よい経営から」をコンセプトに医業経営全般に亘るトータルサポートを主な事業として展開しております。顧客の視点に立ち、医師と医療機関をサポートする「医業支援」、患者さんへのサービスを提供する「薬局」、...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社イーエムシステムズ(以下当社)及び連結子会社5社、持分法非適用関連会社1社、非連結子会社2社で構成されております。その関連事業.....................薬局向けのシステムを開発販売し、付帯するサプライの供給や保守メンテナンスサービスを行っております。主要な製品は薬局向けシステムであり、自社開発のソフトウェアをパソコンに導入調整してお客様に納入します。当社及び連結子会社コスモシステムズ株式会社が販売するほか、販売代理店経由で販売しております。連結子会社の益盟軟件系統開発(南京)有限公司は、当社からの受託開発を行っております。主要な製品はASP(アプリケーシ...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社(スギホールディングス株式会社)及び子会社4社により構成されております。当社グループの主要な会社の事業内容は次のとおりであります。医薬品・健康食品・化粧品・日用品等を販売するとともに、処方箋調剤や地域の医療関係者と連携した在宅医療に取り組む『地域医療対応型ドラッグストア』の経営を主たる業務としております。訪問看護サービス・居宅介護支援サービスの提供を通して、地域医療機関ならびに社会福祉事業者との連携を密にした『訪問看護ステーション』の経営を主たる業務としております。...(20170524に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-05-31)

(2015-03-31) ”当社は、親会社で純粋持株会社イオン株式会社を中心とするイオングループのH&BC事業の中核会社の一員として、ドラッグストア事業とその関連事業を展開しており、イオングループ各社との間でプライベートブランド等の商品供給、用度品・資材の供給、ショッピングセンターへの出店、クレジット・電子マネー等の取引を行っております。また、当社グループは当社を中心とする子会社3社から構成され、医薬品、化粧品、日用雑貨品及び加工食品、一部の生鮮食品等の小売を主体に事業活動を展開しております。当社を中心とした企業集団が営んでいる主な事業内容は、次のとおりであります。...(20150520に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社アインホールディングス)、子会社89社及び関連会社1社により構成されており、「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報と同一区分であり、当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。当社は、調剤薬局の経営及びフランチャイズ業、調剤薬局開設に係るコンサルティング等を行っております。子会社株式会社アインファーマシーズ、株式会社アインメディオ、株式会社ダイチク、株式会社あさひ調剤、株式会社メディオ薬局、NPホールディングス株式会社、株式会社葵調剤ほか73社は、調剤薬局の経...(20170731に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、昭和30年の創業時から、人々の健康の増進や福祉の向上及び快適な職場環境や住空間の創造に資することを目的に、社会に貢献できる企業を目指し60年にわたってさまざまな事業を展開してまいりました。平成29年3月31日現在におきましては、当社、子会社16社及び関連会社3社で構成され、「健康生活サービス」「調剤サービス」「環境サービス」「その他」の4分野に関係する事業を行っています。各事業に携わる連結子会社数は、「健康生活サービス」が5社、「調剤サービス」が2社、「環境サービス」が5社、「その他」が1社となっております。このセグメントでは、医療機関や介護福祉施設等、高度な衛生管理が求められ...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(札幌臨床検査センター株式会社)、子会社である株式会社帯広臨床検査センター及びアクテック株式会社により構成されております。当社及び株式会社帯広臨床検査センターは、主として病院等の診療に必要な臨床検査の受託業務を行っております。当社は、調剤薬局として45店舗の経営を行っております。また、医薬品の卸売販売業も行っております。子会社であるアクテック株式会社は高度医療機器から一般医療機器、理化学機器、福祉用具まで幅広く取り扱った販売業並びに医療機器修理業の許可を取得しており、修理及び保守を行っております。また、当社はアクテック株式会社から臨床検査機器や検査消耗品を購入しており、臨床...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社サンドラッグ(当社)及び子会社7社(株式会社サンドラッグファーマシーズ、株式会社星光堂薬局、株式会社サンドラッグプラス、株式会社サンドラッグ・ドリームワークス、株式会社ピュマージ、ダイレックス株式会社、株式会社サンドラッグエース)の合計8社により構成されております。当社グループは、薬局の経営並びに医薬品・化粧品・日用雑貨等の販売及び卸売りを主たる事業としております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益6年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続黒字,3年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社3社、持分法適用関連会社1社、非連結子会社1社及び持分法非適用関連会社1社の計7社で構成されており、ドラッグストア及び保険調剤薬局等における、医薬品、健康食品、化粧品、育児用品及び雑貨等の販売を主たる事業として展開しております。当連結会計年度において、連結子会社であったBEAUNET CORPORATION LIMITEDは第三者割当増資により議決権比率が減少し関連会社となったため、連結の範囲から除外し、持分法適用の範囲とするとともに、同社の子会社である上海美優文化伝播有限公司、璞優(上海)商貿有限公司並びに美悉商貿(上海)有限公司については、連結の範囲から除外...(20170529に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

アイセイ薬局の同業他社をもっと見る

アイセイ薬局の関連統計

統計分類検索へ

アイセイ薬局の基本情報

企業名 株式会社アイセイ薬局
カナ カブシキガイシャアイセイヤッキョク
英語名 
業種 小売業
所在地 千代田区丸の内2-2-2
ホームページ http://www.aisei.co.jp/
EDINET E24350
証券コード 3170
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3170)
決算日 03月31日