比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2015-12-31)

2017/03/10

駐車場綜合研究所の最新業績

業界:駐車場業界すぐ比較

駐車場綜合研究所の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から駐車場綜合研究所の事業内容についても確認できます。 注意:駐車場綜合研究所の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2015-12-31:10

2015-09-30:8.16

2015-06-30:6.31

2015-03-31:4.43

売上高

2015-12-31:51億5010万

2014-12-31:49億1757万

2013-12-31:41億3883万

2012-12-31:39億1638万

売上総利益

2015-12-31:9億9173万

2014-12-31:7億6572万

2013-12-31:6億8240万

2012-12-31:6億8831万

営業利益

2015-12-31:2億3589万

2014-12-31:1億0739万

2013-12-31:1億1939万

2012-12-31:1億9629万

経常利益

2015-12-31:2億3789万

2014-12-31:1億0209万

2013-12-31:1億1271万

2012-12-31:1億9026万

当期純利益

2015-12-31:1億5160万

2014-12-31:4922万

2013-12-31:5636万

2012-12-31:9832万

もっと見る

包括利益

2015-12-31:1億5012万

2014-12-31:5284万

2013-12-31:6212万

2012-12-31:9597万

営業CF

2015-09-30:1億0750万

2014-09-30:1億2629万

2013-09-30:5082万

2012-09-30:5725万

投資CF

2015-09-30:-1619万

2014-09-30:-3835万

2013-09-30:-1億4155万

2012-09-30:-3439万

財務CF

2015-09-30:-8655万

2014-09-30:-9038万

2013-09-30:-7005万

2012-09-30:-6137万

総資産

2015-12-31:25億1033万

2014-12-31:22億9153万

2013-12-31:19億3561万

2012-12-31:19億0713万

流動資産

2015-12-31:12億6904万

2014-12-31:10億3711万

2013-12-31:8億6572万

2012-12-31:9億5219万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2015-09-30:7億1735万

2014-09-30:5億3782万

2013-09-30:5億3731万

2012-09-30:5億6259万

現金及び預金

2015-12-31:7億8365万

2014-12-31:6億0633万

2013-12-31:5億1689万

2012-12-31:6億3371万

固定資産

2015-12-31:12億4129万

2014-12-31:12億5441万

2013-12-31:10億6989万

2012-12-31:9億5493万

負債

2015-12-31:13億4345万

2014-12-31:13億5081万

2013-12-31:10億5627万

2012-12-31:10億9861万

流動負債

2015-12-31:11億6797万

2014-12-31:11億0133万

2013-12-31:8億0655万

2012-12-31:7億6587万

固定負債

2015-12-31:1億7548万

2014-12-31:2億4947万

2013-12-31:2億4971万

2012-12-31:3億3274万

もっと見る

純資産額

2015-12-31:11億6687万

2014-12-31:9億4071万

2013-12-31:8億7934万

2012-12-31:8億0851万

従業員数

2015-03-31:180

2014-03-31:180

2013-03-31:140

2012-03-31:125

臨時従業員数(外)

2015-03-31:774

2014-03-31:679

2013-03-31:632

2012-03-31:512

売上総利益率

2015-12-31:19.3

2014-12-31:15.6

2013-12-31:16.5

2012-12-31:17.6

売上営業利益率

2015-12-31:4.6

2014-12-31:2.2

2013-12-31:2.9

2012-12-31:5

売上経常利益率

2015-12-31:4.6

2014-12-31:2.1

2013-12-31:2.7

2012-12-31:4.9

もっと見る

売上純利益率

2015-12-31:2.9

2014-12-31:1

2013-12-31:1.4

2012-12-31:2.5

ROA

2015-12-31:7.9998

2014-12-31:2.79993

2013-12-31:3.86657

2012-12-31:6.93316

ROE

2015-12-31:17.3329

2014-12-31:6.93316

2013-12-31:8.53312

2012-12-31:16.26626

自己資本比率

2015-12-31:46.5

2014-12-31:41.1

2013-12-31:45.4

2012-12-31:42.4

流動比率

2015-12-31:108.7

2014-12-31:94.2

2013-12-31:107.3

2012-12-31:124.3

固定比率

2015-12-31:106.4

2014-12-31:133.3

2013-12-31:121.7

2012-12-31:118.1

駐車場綜合研究所の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
駐車場綜合研究所
なし

キーワードの推移
2015/06/26(年度)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/12(四半期)2015/02/13(四半期)
サーキュレーション駐輪場駐輪場駐輪場駐輪場
お手玉放置自転車放置自転車月極放置自転車
駐輪場新車販売台数コンパクトシティ放置自転車新車販売台数
有人交通新車販売台数コンパクトシティ交通
市街地再開発コンサルティング交通新車販売台数コンサルティング
オーナ都市交通コンサルティングコンサルティング都市交通
運営事業都市計画都市交通都市交通都市計画
再開発運営事業都市計画都市計画運営事業
歩行者月極運営事業運営事業月極
バレー東京オリンピック東京オリンピック交通東京オリンピック
動線新車新車東京オリンピック新車
オペレータ台数台数新車台数
市街ポストコンサル台数ポスト
月極スキームホスピタリティコンサルスキーム
コンサルティングガソリン利用者ホスピタリティガソリン
都市再開発法オーナ実証実験実証実験オーナ
間貸インフラrepeater囲い込みインフラ
秋葉原udxパーキング自動車販売囲い込みスキーム自動車販売
てい再開発自動車軽自動車再開発
車番人員スキームオーナ人員
スキーム自動車軽自動車インフラ自動車
テナントオーナテナント
機動インフラ自動車販売機動
放置自転車コンセプト再開発コンセプト
フリーアドレスシステム開発再開発人員システム開発
シュミレーション利用者人員自動車利用者
車両マネジメントソリューションテナントマネジメント
新車販売台数マーケットコンセプトソリューションマーケット
東京オリンピックであるシステム開発コンセプトである
タイミング駆け込み需要敷金システム開発駆け込み需要
年度or届出書
四半期or半期

(20150626)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20160212)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

駐車場綜合研究所の類似企業へ

駐車場綜合研究所の業績推移

駐車場綜合研究所の同業他社

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社24社で構成されております。国内・海外駐車場事業は、当社及び連結子会社であるNPD GLOBAL CO.,LTD.、NIPPON PARKING DEVELOPMENT(THAILAND)CO.,LTD.、邦駐(上海)停車場管理有限公司、日本自動車サービス株式会社、NPD KOREA CO.,LTD.、PT. NPD SOLUTIONS INDONESIA等が行っており、直営事業、リーシング事業、マネジメント事業、VA(Value Added=付加価値)サービス事業、カーシェアリング事業等を行っております。直営事業は、生命保険会社や損害保険会社など自社ビルを所...(20161028に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社12社で構成されており、連結子会社であるトラストパーク株式会社及び株式会社グランシップにおいて駐車場の運営・管理を行う駐車場事業のほか、トラストパーク株式会社、トラストネットワーク株式会社及びトラストアセットパートナーズ株式会社において不動産等事業を行っております。さらに、トラストネットワーク株式会社において、水素水の製造・販売を行うウォーター事業のほか、温浴施設及びゴルフ練習場の運営を行うアミューズメント事業を行っております。なお、当社は特定上場会社等であります。当社グループの主力事業である駐車場事業は、「遊休地の有効利用」と「既存駐車場の活性化」を事業コン...(20160930に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(パーク24株式会社)、連結子会社11社、非連結子会社2社及び関連会社4社で構成されており、駐車場の運営・管理、自動車の貸付・売買これらに関連した事業を展開しております。当社は特定上場会社等であります。土地所有者から遊休地等を賃借するサブリース契約と、駐車場施設所有者から管理の委託を受ける管理受託契約により、時間貸および月極駐車場サービスを提供しております。また、駐車場に付帯した施設の管理運営を行っております。全国のレンタカー店舗におけるレンタカーサービスの提供と、新たなクルマの利用方法としてカーシェアリングサービスの展開を進めています。また、クル...(20170127に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社4社で構成されており、システム開発事業、サポート&サービス事業及びパーキングシステム事業を主として行っております。当社グループ企業とセグメントとの関連は、次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”事業の系統図は、次のとおりであります。賃借駐車場及び保有駐車場は、駐車場の運営形態別に分類しており、時間貸駐車場の運営管理に関する業務全般を一貫して行っております。また「その他」は、不動産賃貸、自動販売機収入、太陽光発電及び駐輪場の運営管理等となっております。賃借駐車場は、当社事業の基本を成すビジネスモデルであり、具体的には、土地オーナーに賃借料を支払い、当社で駐車場設備を設置し、運営管理を行います。時間貸駐車料金(一部月極を含む)が売上高、そこから賃借料(月額)、駐車機器のリース料(精算機・ロック板・看板等)、減価償却費、運営管理費(機器メンテナンス料・集金費・清掃費・光熱費等)を差し引いた...(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び子会社30社、関連会社1社(平成29年3月31日現在)においては、時間情報システム及び環境関連システムの2部門に関係する事業を主として行っております。当事業の主な製品は就業情報システム・給与計算システムを中心とする情報システム機器、タイムレコーダーを中心とする時間管理機器、並びにパーキングシステム機器であります。これらの機器は、当社が製造し、国内販売を行うとともに、輸出販売を行っております。また、アマノビジネスソリューションズ(株)が情報処理業務及び情報提供サービス業務を行っております。米国地域においては、アマノ シンシナティ Inc.が情報システム機器及び時間管理機器の製造・販売を行...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続赤字,2年連続プラス成長経常利益3年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-02-28)

(2017-02-28) ”当グループは、当社、徳倉建設(株)(親会社)、中央管理(株)(関連会社),東京中央管理(株)(関連会社)の4社で構成され、不動産事業及び建設事業を主体として、これに伴う不動産の売買・仲介ならびに土地、建物の賃貸・管理及び工事の発注、施行の事業を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。土地、建物等の不動産の売買等を行っております。ビル、マンション等のメンテナンス業務及び管理、建物賃貸等を行っております。土地、建物等の不動産の仲介等を行っております。戸建住宅、マンション等の建築工事,修繕等を行っております。...(20170530に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、建物賃貸を中心に、それに関連する駐車場賃貸の事業を営んでおります。なお、この二つの事業は、いずれも建物賃貸を実施することに伴う関連事業であることから、不動産賃貸という単一セグメントとしております。当社建物の1階から6階までの30室(11.7坪1室・14.12坪5室・14.73坪11室・22.02坪6室・27.52坪1室・28.85坪2室・32.23坪1室・36.75坪1室・37.28坪1室・70.62坪1室)を坪数により区切り貸し出しております。当社建物の構内駐車場として94台、構外駐車場である県有地を60台分借用して、入居者及び来館者等へ貸し出しております。当事業年度において、当社が...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は事務室及び会議室の貸室業、並びに貸駐車場を営んでおります。なお、主な貸室先は関連団体となっております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-09-30)

(2014-09-30) 売上高7年連続プラス成長営業利益2年連続プラス成長,8年連続黒字経常利益2年連続プラス成長,8年連続黒字当期純利益8年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-02-28)

(2011-02-28) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益プラス成長に回復,黒字へ回復当期純利益プラス成長に回復,2年連続赤字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-05-31)

(2013-05-31) 売上高3年連続プラス成長営業利益3年連続プラス成長,6年連続黒字経常利益6年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益4年連続プラス成長,6年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社及び関係会社(連結子会社15社(平成29年3月31日現在))は、高速道路事業、駐車場事業、受託事業及びその他の事業の4部門に関係する事業を行っており、各事業における当社及び関係会社の位置付け等は、次のとおりであります。高速道路事業においては、首都圏の1都3県(3政令指定都市を含む。)(注1)において、平成18年3月31日に当社が独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(以下「機構」といいます。)と締結した「都道首都高速1号線等に関する協定」(以下「協定」といいます。)、道路整備特別措置法(昭和31年法律第7号)(以下「特措法」といいます。)第3条の規定による許可及び同法第4条の規定に基づ...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(西日本高速道路(株))、子会社27社及び関連会社7社(平成29年3月31日現在)により構成されており、高速道路事業、受託事業、SA・PA事業、その他の4部門に関係する事業を行っており、各事業における当社及び関係会社の位置付け等は、次のとおりです。なお、次の4部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。高速道路事業においては、西日本地域の2府22県(注1)において、平成18年3月31日に当社が独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構(以下「機構」といいます。)と締結した「高速自...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-07-31)

(2014-07-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社1社の2社で構成されており、セグメントは映画興行関連事業を核として、ボウリング関連事業、賃貸関連事業である。なお、セグメントと同一区分である。当社は静岡市葵区鷹匠でシネマコンプレックス10スクリーン、駿東郡清水町でシネマコンプレックス12スクリーンを営んでいる。当社はボウリング場及び付設の売店、駐車場を静岡市内に1店舗営んでいる。当社は静岡市内で7店舗及び土地(駐車場)を賃貸している。うち1店舗は連結子会社である(有)静活観光に賃貸している。なお、(有)静活観光は賃貸物件を他に転貸している。...(20140423に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社は、中京競馬場の土地建物及び諸設備を所有し、日本中央競馬会に賃貸する不動産賃貸業を主要な業務として事業活動を展開しております。なお、当社には関係会社はありません。現在行っている事業は、次のとおりであります。競馬法(昭和23年法律第158号)により中央競馬を施行する日本中央競馬会、地方競馬を施行する愛知県競馬組合に賃貸しております。競馬施行に協力する関連事業として、東第1駐車場他を整備し、有料でファンに利用していただいております。また、中京競馬場周辺の社有地を、地域住民の月極駐車場として利用していただいております。競走馬を保有し、畜産振興等に協力するとともに競走馬賞金を事業収入に計上しており...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/20

あとで比較する

すぐに比較する

駐車場綜合研究所の同業他社をもっと見る

駐車場綜合研究所の関連統計

統計分類検索へ

駐車場綜合研究所の基本情報

企業名 株式会社駐車場綜合研究所
カナ カブシキガイシャチュウシャジョウソウゴウケンキュウジョ
英語名 Parking Management Organization, Ltd.
業種 不動産業
所在地 渋谷区渋谷三丁目6番6号渋谷パークビル2F
ホームページ http://www.pmo.co.jp/
EDINET E05715
証券コード 3251
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3251)
決算日 03月31日