比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

川田テクノロジーズの最新業績

川田テクノロジーズの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から川田テクノロジーズの事業内容についても確認できます。 注意:川田テクノロジーズの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:8.64

2017-03-31:10

2016-12-31:8.33

2016-09-30:6.57

営業収益

2017-06-30:237億8900万

2016-06-30:237億4700万

2015-06-30:229億8800万

2014-06-30:230億9300万

売上総利益

2017-06-30:13億7500万

2016-06-30:27億2800万

2015-06-30:19億5700万

2014-06-30:10億3600万

営業利益

2017-06-30:-5億7100万

2016-06-30:9億6900万

2015-06-30:2億1600万

2014-06-30:-4億7200万

経常利益

2017-06-30:-7億7800万

2016-06-30:16億9300万

2015-06-30:3億5100万

2014-06-30:-6億2800万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:-7億5500万

2016-06-30:16億8900万

2015-06-30:4億0900万

2014-06-30:-6億8000万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-6億1900万

2016-06-30:15億0200万

2015-06-30:6億3000万

2014-06-30:-7億7700万

営業CF

2017-03-31:138億5500万

2016-03-31:76億2300万

2015-03-31:-14億5700万

2014-03-31:-4億2500万

投資CF

2017-03-31:-33億3800万

2016-03-31:-18億2200万

2015-03-31:-11億9000万

2014-03-31:-21億5400万

財務CF

2017-03-31:-82億2300万

2016-03-31:-67億8100万

2015-03-31:40億8600万

2014-03-31:15億9900万

総資産

2017-06-30:1082億9400万

2016-06-30:1059億9100万

2015-06-30:1055億6300万

2014-06-30:1023億9500万

流動資産

2017-06-30:523億2800万

2016-06-30:530億3100万

2015-06-30:518億0900万

2014-06-30:502億6900万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:83億7100万

2016-03-31:60億7500万

2015-03-31:70億5700万

2014-03-31:56億1100万

現金及び預金

2017-06-30:93億4100万

2016-06-30:71億7300万

2015-06-30:60億0000万

2014-06-30:74億9900万

固定資産

2017-06-30:559億6600万

2016-06-30:529億5900万

2015-06-30:537億5400万

2014-06-30:521億2500万

負債

2017-06-30:653億5000万

2016-06-30:689億0300万

2015-06-30:710億0800万

2014-06-30:715億2900万

流動負債

2017-06-30:475億8900万

2016-06-30:491億6900万

2015-06-30:494億5500万

2014-06-30:509億3600万

固定負債

2017-06-30:177億6100万

2016-06-30:197億3300万

2015-06-30:215億5200万

2014-06-30:205億9200万

もっと見る

純資産額

2017-06-30:429億4300万

2016-06-30:370億8800万

2015-06-30:345億5500万

2014-06-30:308億6600万

従業員数

2017-03-31:2216

2016-03-31:2165

2015-03-31:2111

2014-03-31:2064

売上総利益率

2017-06-30:5.8

2016-06-30:11.5

2015-06-30:8.5

2014-06-30:4.5

売上営業利益率

2017-06-30:-2.4

2016-06-30:4.1

2015-06-30:0.9

2014-06-30:-2

売上経常利益率

2017-06-30:-3.3

2016-06-30:7.1

2015-06-30:1.5

2014-06-30:-2.7

売上純利益率

2017-06-30:-3.2

2016-06-30:7.1

2015-06-30:1.8

2014-06-30:-2.9

もっと見る

ROA

2017-06-30:-2.8

2016-06-30:6.4

2015-06-30:1.6

2014-06-30:-2.8

ROE

2017-06-30:-7.2

2016-06-30:18.4

2015-06-30:4.8

2014-06-30:-8.8

自己資本比率

2017-06-30:39.7

2016-06-30:35

2015-06-30:32.7

2014-06-30:30.1

流動比率

2017-06-30:110

2016-06-30:107.9

2015-06-30:104.8

2014-06-30:98.7

固定比率

2017-06-30:130.3

2016-06-30:142.8

2015-06-30:155.6

2014-06-30:168.9

業績ランキングは

1175

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

川田テクノロジーズの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
川田テクノロジーズ

キーワードの推移
2017/06/30(年度)2016/06/30(年度)2015/06/29(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/10(四半期)
日本梱包運輸倉庫日本梱包運輸倉庫川田工業高速道路会社高速道路会社首都高速道路高速道路会社鉄骨鉄骨中日本高速道路
川田工業川田工業川田工業工期首都高速
鉄骨中日本高速道路鉄骨首都高速道路
ykカワダ橋梁多度津町道路道路超高層ビル
橋梁臨港橋梁香川県多度津町橋梁鉄道・運輸機構高速
カワダ橋梁住金物産出来高鉄骨高速鉄道・運輸機構首都高速道路
高速道路会社住金物産鉄骨道路道路高速航空機首都高速道路工事損失引当金
街区鉄骨大型民間需要首都高速道路道路土木
鉄骨鉄骨入札制度高速高速土木中日本高速道路高速民間需要鉄骨
臨港大型街区repeater航空土木中日本高速道路橋梁
首都高速道路西日本高速道路土木事務所橋梁土木都道土木低位
入札制度東日本高速道路高速道路大型未成工事受入金工期再開発工期大型
入札制度街区街区repeater航空機橋梁大型橋梁戸前
街区埠頭首都圏中央連絡自動車道未成工事受入金土木建設仮勘定大型道路大型システム
道路首都高速道路戸田建設repeater航空持分交通航空機持分
橋脚道路埠頭航空機都道受入戸前航空
高架橋第一種市街地再開発事業道路工期持分システムプロジェクト交通受取手形
高州土木久喜白岡ジャンクション橋梁持分高速金額
高速西日本高速道路第一種市街地再開発事業パラリンピック資金手形倉庫債権
八幡ジャンクション倉庫土木航空東京オリンピック金額支払手形持分手形
上粕屋東日本高速道路八幡ジャンクションシステム航空機システム研究開発資金
土木川田建設高速受入建設仮勘定受取手形長期長期研究開発
東日本高速道路東邦航空カワダ販売事業航空債権株式システム手形セグメント
川田建設新中央航空川田建設プロジェクト事業所手形セグメント受取手形
東邦航空守口ジャンクション東邦航空金額長期グループ
新中央航空ビーム橋新中央航空受取手形持分金額グループ支払手形
ビーム橋プレ守口ジャンクション手形研究開発売上高研究開発システム売上高
中日本高速道路四国横断自動車道ビーム橋支払手形長期資金受取手形成績
プレ高架橋プレ金額システム株式成績セグメント金額
本牧線高速高架研究開発資金セグメント債権
年度or届出書
四半期or半期

(20170630)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

川田テクノロジーズの類似企業へ

川田テクノロジーズの業績推移

川田テクノロジーズの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社17社及び関連会社1社で構成され、当社は純粋持株会社として当社グループの経営戦略立案及び子会社の業務執行に関する管理を行い、地域及び事業内容別に配置された連結子会社が土木建築工事業及び製品の製造及び販売に関する事業を展開しています。なお、セグメントと同一の区分です。連結子会社であるショーボンド建設(株)他13社が、公共構造物の補修補強工事及び製品販売を行っています。製品製造事業は連結子会社であるショーボンド化学(株)、ショーボンドカップリング(株)、及び関連会社1社が営んでいます。ショーボンド化学(株)については、当社グループで施工する工事用材料の一部を製造し、...(20160927に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社5社で構成され、当社が持株会社として子会社の経営管理及び極東ビルディングの賃貸管理をし、グループ各社においては、橋梁を中心とするプレストレストコンクリート工事を専門分野とする建設事業を主な事業とし、製品販売事業としてコンクリート二次製品の製造販売、情報システム事業として情報処理・ソフトウエア開発等を展開しております。主に橋梁を中心としたプレストレストコンクリート工事の施工、販売及び鉄道のマクラギ製造、販売を担当しております。主に当社グループの工事用部材の製造を担当しております。主に当社グループのコンクリート二次製品の製造を担当しております。主に当社グループの情報...(20170816に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社2社で構成され、プレストレストコンクリート(以下「PC」という。)及び一般コンクリートを用いる土木・建築工事の請負、設計、施工、監理を中心に、PC製品及び一般コンクリート製品の製造及び販売、型枠の賃貸、不動産の賃貸・販売、太陽光発電による売電及び健康食品等の販売の事業を行っております。当事業は、一般土木の施工と違い、当社を中心とした橋梁工事部門と基礎工事部門及び連結子会社(株)ケイテックを中心とした橋梁・各種構造物の補修工事部門にて事業活動を行っております。当事業は、当社にて製造したPC関連を中心としたコンクリート製品及び一般土木用コンクリート製品の販売、同製品の連...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社、子会社2社、その他の関係会社1社により構成され、PC(プレストレスト・コンクリート)技術を用いた建設業を主な事業の内容としております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。土木事業 当社はPC技術を用いた土木工事の請負及びPC土木製品の製造・販売を行っております。(株)シーピーケイ(連結子会社)はPCマクラギ製品の製造・販売を行っております。太平洋セメント(株)(その他の関係会社)からは同社製品のセメント等を購入しております。建築事業 当社はPC技術を用いた建築工事の請負...(20170710に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社2社及び関連会社4社で構成され、鉄構建設事業及び不動産事業の二事業を主な内容とし、更に各事業に付帯する事業活動を展開している。鉄構建設事業......当社は立体構造物・橋梁・鉄骨・鉄塔の設計、製作、施工並びに総合建設工事の企画、設計、施工を行っており、関係会社にその一部を発注している。不動産事業.........当社は不動産の売買、管理及び賃貸借並びにこれらの仲介を行っており、その業務の一部を関係会社に委託している。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社6社および関連会社1社で構成され、橋梁、鉄骨等の鋼構造物の調査診断・点検、設計、製作、架設、補修・補強の請負ならびに土木工事、プレストレストコンクリート工事の設計、施工・工事管理の請負を主として行っております。当社は事業会社である宮地エンジニアリング株式会社、宮地建設株式会社およびエム・エム ブリッジ株式会社等の支配、管理を目的とする持株会社であります。「宮地エンジニアリング」とは、宮地エンジニアリング株式会社および宮地建設株式会社で、新設橋梁の設計・製作・現場施工、既設橋梁の維持・補修・補強、橋梁周辺鋼構造物、複合構造物の設計・製作・現場施工、その他鋼構造物の製作...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの主な事業内容と主な関係会社の事業における位置付けは、次のとおりであります。鋼材 (株)川口金属加工が異形鋼の製造販売を行っております。鋳造品 (株)川口金属工業、特殊メタル(株)が鋳造品の製造販売を行っております。精密鋳造品 (株)林ロストワックス工業、大連[林]精密鋳造有限公司が精密鋳造品の製造販売を行っております。ダイカスト製品 (株)川金ダイカスト工業がダイカスト製品の製造販売を行っております。橋梁機材 (株)川金コアテック、Kawakin Core-Tech Vietnam Co.,Ltd.、(株)ノナガセが橋梁機材の製造販売を行っております。建築材料 (株)川金テクノソ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社6社、持分法適用会社1社および持分法を適用していない非連結子会社4社の12社により構成されており、当社は持株会社としてグループの有機的かつ効率的な統括を図り、事業会社の事業担当分野における経営の主体性を明確にするとともに、事業会社間の調整を行い、経営の連携を高めることを基本的な役割としています。グループ各社は、橋梁をはじめとする鋼構造物の設計・製作・現場施工と、それに関連する事業を主たる業務としています。なお、次の4つの事業は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。株式会社横河ブリッジは、新設橋梁...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、橋梁事業(プレストレストコンクリート橋梁及び鋼構造物の設計・製作・架設)及び建設事業(ニューマチックケーソン及び補修補強工事の設計・施工)を主要な事業内容としております。なお、当社は特定上場会社等であります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社4社及び関連会社1社により構成され、橋梁・鉄骨・鉄塔その他鋼構造物の設計・製作及び現場組立・架設・補修が主な事業であり、これ以外に建設機械・運搬機械等各種機械の設計・製造・据付・販売、建築工事の企画・設計・施工・監理及びコンサルティング業務、風力発電機等による売電事業、複写業務、不動産賃貸業等を行っております。一般道路・自動車専用道路・高速自動車道路その他高架道路・鉄道等にかかる鋼橋の設計・製作・現場架設・維持補修・検査業務等を行っております。高層建築物、工場建物、受信・送信・電送用の鉄塔等の鋼構造物等の設計・製作及び現場建方並びに建設機械・運搬機械等各種機械の設計...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社8社、関連会社1社、その他の関係会社1社で構成され橋梁・鉄骨・その他鉄構物の設計・製作の受注生産販売を主要事業として行っております。当社は、鋼構造物の設計・製作・施工を行っております。子会社の富川鉄工(株)及び子会社の(株)瀧上工作所は、橋梁・鉄骨等の製作加工を行っております。子会社の瀧上建設興業(株)は、一般土木建築・橋梁・鉄骨・その他鉄構物の製作・施工を行っております。関連会社の有限責任会社Universal Steel Fabrication Vina-Japan(ベトナム)は、鉄骨加工製品の製造を行っております。当社及び丸定産業(株)は不動産賃貸並びに管理業...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社2社で構成されております。当社の主な事業は、鉄骨等鋼構造物の設計、製作および現場施工であります。子会社の川岸工事株式会社は、当社が受注した鉄骨工事のうち、主に東日本での施工工事について現場施工を、川岸プランニング株式会社は、設計・積算業務を担っております。当社は、平成3年にプレキャストコンクリート事業を開始し、建築用プレキャストコンクリート製品の製造、販売および取付工事を営んでおります。...(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社8社、非連結子会社1社及び関連会社1社で構成され、電力・通信関連事業、建築・道路関連事業、碍子・樹脂関連事業に関わる製品の製作・販売を主な内容とし、事業活動を展開しております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。主な事業内容は、鉄塔・鉄構、鉄柱、架線金物、地中線材料等の製作・販売であります。主な事業内容は、鉄骨、鉄構、道路施設機材の製作・販売ならびに溶融亜鉛めっき賃加工および建設工事の請負であります。主な事業内容は、碍子、電気用樹脂製品(碍子用樹脂カバー等)等の製作・販売であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、橋梁、鉄骨及びその他鋼構造物の設計から製作、現場施工を主な事業としております。当社の事業の詳細は次のとおりであり、セグメントの区分と同一であります。新設鋼橋の設計・製作・現場据付、既設橋梁維持補修工事の設計・製作・現場据付、橋梁関連鋼構造物の設計・製作・現場据付、複合構造物の設計・製作・現場据付、土木及び海洋関連鋼構造物の製作をしております。超高層ビル鉄骨等の製作・現場施工、大空間構造物の設計・製作・現場施工、制震部材の製作をしております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績未設定-

()

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益4年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-09-30)

(2012-09-30) 売上高プラス成長に回復営業利益3年連続赤字,2年連続プラス成長経常利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落当期純利益3年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益3年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益4年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社、子会社1社及び関連会社2社により構成されております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

川田テクノロジーズの同業他社をもっと見る

川田テクノロジーズの関連統計

統計分類検索へ

川田テクノロジーズの基本情報

企業名 川田テクノロジーズ株式会社
カナ カワダテクノロジーズカブシキガイシャ
英語名 KAWADA TECHNOLOGIES,INC.
業種 金属製品
所在地 南砺市苗島4610番地
ホームページ http://www.kawada.jp/
EDINET E21955
証券コード 3443
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3443)
決算日 03月31日