比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

ディジタルメディアプロフェッショナルの最新業績

業界:半導体業界すぐ比較

ディジタルメディアプロフェッショナルの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からディジタルメディアプロフェッショナルの事業内容についても確認できます。 注意:ディジタルメディアプロフェッショナルの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-8.04

2017-03-31:-10

2016-12-31:-7.98

2016-09-30:-7.24

売上高

2017-06-30:1億4108万

2016-06-30:4363万

2015-06-30:6066万

2014-06-30:1億0741万

売上総利益

2017-06-30:8613万

2016-06-30:2990万

2015-06-30:5174万

2014-06-30:1億0571万

営業利益

2017-06-30:-1億1417万

2016-06-30:-1億3198万

2015-06-30:-1億1876万

2014-06-30:-7530万

経常利益

2017-06-30:-1億1424万

2016-06-30:-1億4157万

2015-06-30:-1億1307万

2014-06-30:-9844万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:-1億1420万

2016-06-30:-1億4171万

2015-06-30:-1億1318万

2014-06-30:-9853万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:-7403万

2016-03-31:-2億6568万

2015-03-31:-1億6109万

2014-03-31:-3億5121万

投資CF

2017-03-31:4億1049万

2016-03-31:-1億8451万

2015-03-31:2億6485万

2014-03-31:6億6547万

財務CF

2017-03-31:3594万

2016-03-31:2340万

2015-03-31:3億2893万

2014-03-31:2億7794万

総資産額

2017-06-30:16億1506万

2016-06-30:19億3598万

2015-06-30:20億0319万

2014-06-30:22億1391万

流動資産

2017-06-30:13億0683万

2016-06-30:16億6135万

2015-06-30:18億8409万

2014-06-30:20億3902万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:10億6903万

2016-03-31:6億9712万

2015-03-31:11億3051万

2014-03-31:6億8260万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:7億7412万

2016-06-30:5億3251万

2015-06-30:8億9073万

2014-06-30:15億5831万

固定資産

2017-06-30:3億0823万

2016-06-30:2億7462万

2015-06-30:1億1910万

2014-06-30:1億7489万

負債

2017-06-30:5936万

2016-06-30:8117万

2015-06-30:5649万

2014-06-30:7759万

流動負債

2017-06-30:4065万

2016-06-30:6231万

2015-06-30:3724万

2014-06-30:5660万

固定負債

2017-06-30:1871万

2016-06-30:1886万

2015-06-30:1924万

2014-06-30:2099万

純資産額

2017-06-30:15億5569万

2016-06-30:18億5480万

2015-06-30:19億4670万

2014-06-30:21億3632万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:33

2016-03-31:35

2015-03-31:33

2014-03-31:30

臨時従業員数(外)

2017-03-31:2

2016-03-31:1

2015-03-31:1

2014-03-31:3

売上総利益率

2017-06-30:61.1

2016-06-30:68.5

2015-06-30:85.3

2014-06-30:98.4

売上営業利益率

2017-06-30:-80.9

2016-06-30:-302.5

2015-06-30:-195.8

2014-06-30:-70.1

売上経常利益率

2017-06-30:-81

2016-06-30:-324.5

2015-06-30:-186.4

2014-06-30:-91.7

売上純利益率

2017-06-30:-81

2016-06-30:-324.8

2015-06-30:-186.6

2014-06-30:-91.7

もっと見る

ROA

2017-06-30:-28.4

2016-06-30:-29.2

2015-06-30:-22.8

2014-06-30:-18

ROE

2017-06-30:-29.2

2016-06-30:-30.4

2015-06-30:-23.2

2014-06-30:-18.4

自己資本比率

2017-06-30:96.3

2016-06-30:95.8

2015-06-30:97.2

2014-06-30:96.5

流動比率

2017-06-30:3214.7

2016-06-30:2665.9

2015-06-30:5058.2

2014-06-30:3602.4

固定比率

2017-06-30:19.8

2016-06-30:14.8

2015-06-30:6.1

2014-06-30:8.2

業績ランキングは

2917

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ディジタルメディアプロフェッショナルの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ディジタルメディアプロフェッショナル

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/21(年度)2015/06/23(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/10(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/11(四半期)
ipコアipコアipコアziaipコアgpugpuipコアipコアipコア
ziaopenglopenglジアrsipコアipコア画像処理gpuランニング
openglグラフィックスグラフィックスclassifierzianedoグラフィックスgpuランニングsoc
ifieropenvgopenvg住友三井オートサービスgpulsilsiランニング画像処理コンピューティング
gpugpusmaphrsジアディープラーニングディープラーニングライセンス画像lsi
classifierkhronosantipコアnedosocip終止符通貨危機ロイヤリティ
ipslsmaphkhronosnedoディープラーニングプロセッサcoda画像ライセンスライセンス
openvgmaestromaestroランニングプロセッサ人工知能チップス・アンド・メディアコグニビュコグニビュgpu
rssocsocプロセッサ画像処理グラッフィクスsocロイヤリティlsiプロフェッショナル
グラフィックスランニングgpu人工知能socm30画像処理半導体ロイヤリティuser interface
khronoslsiランニングクラシファイアグラッフィクスプロフェッショナルプロセッサプロフェッショナルbricsモジュール
smaph画像処理コンピューティングdvm30消費電力ipslディープラーニング低炭素社会画像
maestroライセンスlsiifierクラシファイアエンジンビデオsocuser interface半導体
socesライセンス消費電力ifierコグニビュ国立研究開発法人nedoディープラーニング画像処理
class業界標準es知能プロフェッショナルライセンス人工知能グラフィックスsocプロバイダ
ランニングコグニビュ業界標準lsiclassifierukcホールディングス消費電力コンピューティングnedoモノのインターネット
nedoipコグニビュロイヤリティ人工知能第3世代ライセンス国立研究開発法人コンピューティングワンストップ
ディープラーニングコンピューティングip人工エンジンアーキテクチャukcホールディングスリーマンショック国立研究開発法人関心
lsiロイヤリティukcgpuコグニビュ深層ボード産業用ロボット産業用ロボットアプリケーション
画像処理プロフェッショナルプロフェッショナルナムコukcホールディングスモジュール産業技術総合研究所消費電力消費電力医療機器
ミドルウエアライブラリapiapiclasslsi電力画像酸素半導体メーカ
ティエレクトロニクスハードウエアnedoプラットフォームライセンス半導体半導体利上げ観測viot
m30画像プロセッサディープラーニングナムコグラフィックスアミューズメント新エネルギープラットフォームセキュリティ
クラシファイアカスタマイズハードウエアバンダイclassコンピューティング低炭素社会炭素プロフェッショナル機器
ジアアミューズメントカスタマイズエッジ半導体国立研究開発法人深層アミューズメント新エネルギー株高
ライセンス消費電力ロイヤリティエンジン深層ランニングプラット販売チャネル炭素
esディープラーニングプロバイダドライブレコーダセンスアルゴリズムエンジン機器クリーン拡販
業界標準vector消費電力データ処理バンダイ自動運転日本電気モジュールipソリューション
ip半導体vectorコンピューティングラン酸素v商社モジュール医療
ナムコnedo画像国立研究開発法人v画像処理nedo関心機器smartphone
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ディジタルメディアプロフェッショナルの類似企業へ

ディジタルメディアプロフェッショナルの比較例

ディジタルメディアプロフェッショナルの業績推移

ディジタルメディアプロフェッショナルの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の関係会社は国内子会社8社(連結子会社6社、非連結子会社2社)及び海外子会社12社(連結子会社10社、非連結子会社2社)であります。また、当社のその他の関係会社は新日鐵住金株式会社と三菱マテリアル株式会社であり、当社は当該両社のグループに属しております。なお、新日鐵住金株式会社と三菱マテリアル株式会社は、平成29年2月15日に両社が保有する当社株式の一部を売却しております。その結果、当社は両社の持分法適用関連会社から除外されることとなり、両社は当社にとりましてその他の関係会社から主要株主へ異動しております。当社と当社の子会社で構成されるグループ(以下「当社グループ」といいます。)の事業は半...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、イハラサイエンス株式会社(当社)及び連結子会社1社並びに持分法適用の非連結子会社4社により構成されており、事業は、配管用継手、バルブ類の製造及び販売、配管工事並びに機械器具設置工事の設計、施工及び請負、配管システム並びに配管システムを構成する部材等の設計、製造、請負及び販売等を行っております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) CP事業部 主要な製品は半導体・液晶製造装置用の継手、バルブ等であります。(2) GP事業部 主要な製品は油圧用継手、バルブ等であります。(3) IPE...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ニューフレアテクノロジー)及び子会社2社により構成されており、電子ビームマスク描画装置、マスク検査装置、エピタキシャル成長装置の3製品を中心とした半導体製造装置の開発、製造、販売、保守サービスを主たる事業として行っております。各製品の特徴は、次のとおりであります。電子ビームマスク描画装置は、LSI(大規模集積回路)製造工程において、電子ビームを用いてナノ・オーダーの微細な電子回路パターンを回路原板(フォトマスク)となる感光剤を塗布した石英ガラス基板上に描画する装置です。電子ビーム描画制御技術をコアの技術として、精密機械制御技術、大規模データ処理技術、高速・高精度ア...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、TOWA株式会社(当社)及び子会社13社の合計14社により構成されており、主に半導体製造用精密金型、半導体製造装置及びファインプラスチック成形品の製造販売並びに製品のアフターサービス等を行っております。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。TOWAM Sdn.Bhd....(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社および子会社3社で構成され、半導体検査装置の製造・販売を単一の事業として運営しているため、事業の種類別セグメントおよび事業部門は一括して記載しております。TESEC,INC.TESEC(M)SDN.BHD....(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社34社で、半導体デバイス、パワーモジュール(PM)、パワーシステム(PS)等の製造・販売並びにこれらに付随するサービスを主な内容として事業活動を展開しております。半導体デバイス事業 ...半導体デバイス製品は、子会社石川サンケン株式会社、山形サンケン株式会社、鹿島サンケン株式会社、サンケンオプトプロダクツ株式会社、大連三墾電気有限公司及びポーラー セミコンダクター エルエルシーに製造を委託しております。当社の製品は、当社の他、子会社大連三墾貿易有限公司、アレグロ マイクロシステムズ エルエルシー、サンケン パワー システムズ(ユーケー)リミテッド、サンケン エ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は研究開発型のファブレス半導体メーカーであり、研究開発とマーケティング活動に特化したビジネスを展開しております。組み込み機器市場に向けましては、FA機器や医療機器、大型建設機器等に搭載される液晶表示装置等に向けたグラフィックスLSIを販売しております。また、LSIの高機能化に伴い顧客の開発負荷が増大していることに鑑み、顧客の開発負荷を軽減するための開発評価用基板や開発支援用ソフトウェアの開発にも注力しております。さらに、平成27年度よりパソコン・スマートフォンのブラウザで再生可能なムービーミドルウェア「H2MD」等のソフトウェアIP製品、ミドルウェア製品の開発、販売も行っております。...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”(1)当社グループは、当社(ザインエレクトロニクス株式会社)、連結子会社4社および関連会社1社で構成されております。当社グループは、独自のアナログ設計技術および論理設計技術をもとに、ASSP(特定用途向け標準品)として各種用途向けミックスドシグナルLSIを開発し、自社ブランドで販売するファブレスメーカーであります。また、製品開発によって得られたIP(回路設計資産)をライセンスする事業等も行っております。当社は独自のアナログ設計技術および論理設計技術を駆使して、情報伝送用のLSIをはじめとして下記のような製品を開発、販売しております。イ)V-by-One®HSおよびLVDS規格品をはじめとする、...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社(株式会社AKIBAホールディングス)及び連結子会社7社の計8社で構成されており、メモリ製品製造販売事業、ウェブソリューション事業、コンテンツ事業、通信コンサルティング事業、及びHPC事業の5セグメントに分類される事業を展開しております。なお、次の5つの事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に記載のとおりであります。メモリ製品の製造・販売、パソコン周辺機器・パーツの国内外からの調達、卸売及び販売等を行っております。該当会社...(20170731に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社メガチップス)及び子会社10社により構成されており、画像・音声・通信分野の基礎技術をベースとしたシステムLSI、自社システムLSIを搭載した電子部品及びシステム機器などの設計・開発・製造(外部委託)及び販売を主たる業務としております。主な製品は、ゲーム機等エンターテインメント機器向けLSI、デジタルカメラ向け等画像処理LSI、液晶パネル向けタイミングコントローラLSI、Smart Connectivity LSI(DisplayPort)、MEMSタイミングデバイス、セキュリティ分野向け映像監視システム機器であり、当社及び当社の子会社において製品の設計・開発を行い...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、親会社 日清紡ホールディングス(株)、当社および子会社9社で構成されております。当社の親会社グループは、エレクトロニクス、ブレーキ、精密機器、化学品、繊維、不動産、その他事業を営んでおります。当社および子会社9社は、主に電子部品(マイクロ波製品、電子デバイス製品)の製造・販売および研究開発業務を分担し、事業活動を展開しております。当社、THAI NJR CO.,LTD.当社、佐賀エレクトロニックス(株)、(株)エヌ・ジェイ・アール福岡、THAI NJR CO.,LTD.NJR CORPORATION、NJR KOREA CO.,LTD.、NJR Europe GmbHNJR ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-03-31)

(2016-03-31) ”当社の企業集団は、親会社1社、連結子会社5社(海外5社)で構成され、パワー半導体の製造販売を柱に事業活動を展開しております。親会社は、京セラ株式会社であります。なお、連結子会社5社のうちフィリピンに所在する製造子会社である1社は平成28年2月に清算することを決議し、生産活動を終了しております。...(20160617に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社3社(うち連結子会社2社)で構成されており、半導体及び関連製品の販売、デザインサービスの提供、停電対策システムの提供を主たる業務としております。当社グループは、半導体関連事業を単一事業として行っているため、セグメントの記載を省略しております。 当社グループの事業内容及び当社と主要な関係会社は次のとおりであります。...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、半導体ウエハ及びマスク上の半導体の回路寸法を、電子ビームによって測定する微小寸法測定装置の開発・製造・販売を主たる業務としております。半導体デバイスの製造プロセス(1)では、マスクと呼ばれるものとウエハと呼ばれるものとがあります。写真の世界で言えばマスクはネガフィルム、ウエハは印画紙に相当します。半導体デバイスは微細化が進み、従来の光学式測定装置では測定が不可能となり、光源に電子ビームを使った微小寸法測定装置(電子ビーム技術、それをコントロールする制御技術及び真空技術等を要素技術とした検査装置)が開発されました。この電子ビームによるマスクとウエハ上の回路パターンの微小寸法測定装置が当社...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(イノテック株式会社)、子会社19社及び関連会社1社により構成されており、半導体の設計や検査及び電子部品に係る製商品の開発、販売を主たる業務とし、さらに各事業に関連する物流管理・市場調査等の事業活動を行っております。 なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社グループの高度なエンジニアリング力を活用した事業を展開しており、主に米国ケイデンス社製半導体設計用(EDA)ソフトウェアの輸入販売を行っております。そのほかに米国インテル社製CPUの販売や自社製品である...(20170710に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長当期純利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高5年連続マイナス成長営業利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長当期純利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社41社で構成され、集積回路、電子デバイス、ネットワーク関連商品の販売を中心とした事業を行っております。MACNICA CHUNGJU CO., LTD.MACNICA AMERICAS, INC....(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び艾爾斯半導體股份有限公司(連結子会社)の2社により構成されております。当社グループは「地球環境を大切にし、世界の人々に信頼され、常に創造し挑戦する。」という経営理念に基づき事業活動を展開しております。シリコンウェーハの再生は、半導体製造工程の特徴及び製造コストの面から需要が発生するものであり、新興国の経済発展及び先進国の更なるデバイス用途(車・医療・環境・家・町・M2M・IoT)の広がり等を背景とした半導体需要の増加ととともに需要が拡大しております。当社グループは、国内外の半導体製造会社を取引先とし、大手ファウンドリを含めグローバルに販売活動を実施しており、艾爾斯半導體...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

ディジタルメディアプロフェッショナルの同業他社をもっと見る

ディジタルメディアプロフェッショナルの関連統計

統計分類検索へ

ディジタルメディアプロフェッショナルの基本情報

企業名 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
カナ カブシキガイシャディジタルメディアプロフェッショナル
英語名 Digital Media Professionals Inc.
業種 情報・通信業
所在地 中野区中野4-10-2
ホームページ http://www.dmprof.com/
EDINET E25620
証券コード 3652
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3652)
決算日 03月31日