比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2013-09-30)

2017/03/10

ワイズマンの最新業績

ワイズマンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からワイズマンの事業内容についても確認できます。 注意:ワイズマンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2013-09-30:-4.55

2013-06-30:-7.8

2013-03-31:-4.95

2012-12-31:-1.92

売上高

2013-09-30:18億6283万

2012-09-30:15億0032万

2011-09-30:17億2891万

2010-09-30:15億5460万

売上総利益

2013-09-30:2億5944万

2012-09-30:8429万

2011-09-30:2億2444万

2010-09-30:5億2158万

営業利益

2013-09-30:-2億5446万

2012-09-30:-4億0292万

2011-09-30:-3億0025万

2010-09-30:5006万

経常利益

2013-09-30:-2億6806万

2012-09-30:-4億2202万

2011-09-30:-3億1908万

2010-09-30:3356万

当期純利益

2013-09-30:-2億4291万

2012-09-30:-3億4051万

2011-09-30:-2億5904万

2010-09-30:259万

もっと見る

包括利益

2013-09-30:-2億4149万

2012-09-30:-3億3922万

2011-09-30:-2億5900万

2010-09-30:120万

営業CF

2013-09-30:8億0004万

2012-09-30:8億9848万

2011-09-30:5億2613万

2010-09-30:5億8117万

投資CF

2013-09-30:-4億0371万

2012-09-30:-4億4314万

2011-09-30:-4億3158万

2010-09-30:-8億1012万

財務CF

2013-09-30:-2億5402万

2012-09-30:-8826万

2011-09-30:-9113万

2010-09-30:2億0801万

総資産

2013-09-30:124億8318万

2012-09-30:138億4749万

2011-09-30:142億1639万

2010-09-30:125億6681万

流動資産

2013-09-30:46億7824万

2012-09-30:46億5500万

2011-09-30:40億4319万

2010-09-30:33億7662万

もっと見る

現金及び現金同等物

2013-09-30:24億3140万

2012-09-30:24億6700万

2011-09-30:13億3889万

2010-09-30:11億9947万

現金及び預金

2013-09-30:24億3140万

2012-09-30:24億6700万

2011-09-30:13億3889万

2010-09-30:11億9947万

固定資産

2013-09-30:78億0493万

2012-09-30:91億9249万

2011-09-30:101億7319万

2010-09-30:91億9019万

負債

2013-09-30:124億0317万

2012-09-30:130億9586万

2011-09-30:126億4279万

2010-09-30:105億8777万

流動負債

2013-09-30:77億4279万

2012-09-30:75億0540万

2011-09-30:67億9740万

2010-09-30:55億0769万

固定負債

2013-09-30:46億6037万

2012-09-30:55億9045万

2011-09-30:58億4539万

2010-09-30:50億8007万

もっと見る

純資産

2013-09-30:8001万

2012-09-30:7億5163万

2011-09-30:15億7360万

2010-09-30:19億7904万

従業員数

2013-03-31:425

2012-03-31:426

2011-03-31:422

2010-03-31:406

臨時従業員数(外)

2013-03-31:6

2012-03-31:12

2011-03-31:19

2010-03-31:35

売上総利益率

2013-09-30:13.9

2012-09-30:5.6

2011-09-30:13

2010-09-30:33.6

売上営業利益率

2013-09-30:-13.7

2012-09-30:-26.9

2011-09-30:-17.4

2010-09-30:3.2

売上経常利益率

2013-09-30:-14.4

2012-09-30:-28.1

2011-09-30:-18.5

2010-09-30:2.2

もっと見る

売上純利益率

2013-09-30:-13

2012-09-30:-22.7

2011-09-30:-15

2010-09-30:0.2

ROA

2013-09-30:-7.6

2012-09-30:-10

2011-09-30:-7.2

2010-09-30:0

ROE

2013-09-30:-1214.4

2012-09-30:-181.2

2011-09-30:-66

2010-09-30:0.4

自己資本比率

2013-09-30:0.6

2012-09-30:5.4

2011-09-30:11.1

2010-09-30:15.7

流動比率

2013-09-30:60.4

2012-09-30:62

2011-09-30:59.5

2010-09-30:61.3

固定比率

2013-09-30:9754.8

2012-09-30:1223

2011-09-30:646.5

2010-09-30:464.4

ワイズマンの事業内容

メインサブ
ワイズマン

書類を取得できませんでした。

ワイズマンの業績推移

ワイズマンの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業の目的は、我が国で少子高齢化が進み医療費の増加が大きな社会問題となるなか、国民の健康と医療費適正化に貢献し続けることであり、当社グループは、当社、子会社1社および関連会社1社で構成されております。当社が営む医療関連情報サービス事業は、自社で制作している医療関連データベース(*1)を利用したソフトウエアを開発し、このソフトウエアを利用したデータヘルス関連のサービスを保険者等に提供することを主としております。なお、当社は医療関連情報サービス事業の単一セグメントであります。当社の医療関連情報サービスは、主に保険者(*2)に提供するデータヘルス関連の保険者向け情報サービスとなっております。保...(20160920に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-12-31)

(0000-00-00) ”当社は、医療システム以外の分野でも事業を行っておりますが、医療システム事業の単一セグメントとしてセグメント別の記載は省略しております。当社は、医療機関の情報管理に係る負担を軽減させることが医療機関経営の効率と診療行為の質を向上させ、もってすべての患者に貢献するとの考えから、医療システム及び医療ネットワークシステムの開発を主たる業務としております。また、在宅医療・介護の分野においてもソリューションを展開しております。各医療機関においては、地域医療連携やPHRも含め、より質の高い医療の提供と医療機関経営の効率化を目的に、システム化の動きが拡大しており、医療情報システム市場はさらに拡大していくと考え...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と関連会社1社及びその他の関係会社1社により構成され、電子カルテシステム・オーダリングシステム・医事会計システム等の総合医療情報システムの開発・販売及び保守サポートを中心とするシステム事業を行っております。なお、当社の事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりますが、販売区分は「システムソフトウェア」、「ハードウェア」、「保守サービス等」としております。システムソフトウェアでは、医療機関向けに、患者の診療情報の記録、検査及び投薬等の指示、医事会計など一連の院内業務効率化のための各種医療情報システムの提供を行っております。自社開...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社1社で構成され、その概況は次のとおりであります。当社は、オーダリングシステム、電子カルテシステムをはじめとした医療情報システムの開発・販売から導入指導を行っております。当社は、当社の医療情報システム導入ユーザーに対し、オンラインネットワークを利用した保守サービスを提供しております。当社は、当社の医療情報システム導入に伴い、必要となるサーバー等の販売を行っております。なお、当社は医療情報システム事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170130に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/12

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社プロシップ)、連結子会社1社及び当社の関係会社(子会社2社)により構成されており、パッケージシステムの開発・販売、受託開発、システムの運用管理等を事業として行っております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。固定資産システム及び販売管理システムにおけるコンサルテーションから導入、保守までを含む事業であります。当社及び連結子会社の(株)プロシップフロンティア並びに普楽希普信息系統(大連)有限公司及び浦楽熙普信息科技(上海)有限公司がパッケージソリューション事業を営んでおりま...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”の3事業に大別され、子会社のうち2社はシステム開発事業の業務を行っており、1社及び持分法適用会社1社は情報処理サービス事業を行っております。ドキュメントの電子化や、電子データのファイル形式変換・メディア変換・データクリーニング等を行っています。急速に拡大していくインターネット時代において、HTMLやPDF、各種イメージデータはもとより、共通のデータ変換形式として注目されるXMLや保存性に優れるSGML等、多彩なデータフォーマットに対応しております。大学図書館・研究機関図書館などの大規模な文書管理について、図書データベースの構築からデータ入力、管理・運用スタッフの派遣まで、トータルなサービスを提...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社1社で構成され、SIサービスおよびソフトウエア開発を主たる業務としております。更にコンピュータ機器等の商品販売、WEBサイトの運営ならびにクラウドサービス(SaaS)、ソフトウエアプロダクト開発販売等も行う総合情報サービス業であります。当社グループはソフトウエア関連事業の単一セグメントであるため、業務区分別の内容を記載しております。請負契約にて、顧客の情報化ニーズから情報システムを提案・開発・構築を提供するサービス。システム構築用ハードウエア等を含む。大手企業を中心に、準委任契約や派遣契約による常駐型を中心とした企業の基幹業務のシステム開発やメンテナンス業務...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(株式会社アドバンスト・メディア)と連結子会社4社、持分法適用会社1社により構成されており、事業セグメントは、音声事業の単一セグメントであります。当社グループは、音声認識技術AmiVoice®を核とした事業を展開しております。その事業内容は、1AmiVoice®を組み込んだ音声認識ソリューションの企画・設計・開発を行う「ソリューション事業」、2AmiVoice®を組み込んだアプリケーション商品をライセンス販売する「プロダクト事業」、3企業内のユーザーや一般消費者へAmiVoice®をサービス利用の形で提供する「サービス事業」の3つを行っています。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社(エヌ・デーソフトウェア株式会社)および子会社(株式会社日本ケアコミュニケーションズ、日本コンピュータシステム株式会社、株式会社メディパス、株式会社ナレッジ・マネジメント・ケア研究所)により構成されており、以下のような業務運営を行っております。ヘルスケア等ソフトウェア事業は当社の主たる業務部門であり、介護保険法や障害者総合支援法の支援事業者、サービス事業者(医療機関・福祉施設)向けのトータルパッケージ業務ソフトウェア(ほのぼのシリーズなど)の開発・販売を行っております。また、医療系ソリューションを提供する体制を構築しております。受託開発等ソフトウェア事業を行っている日本コ...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社CEホールディングス)、子会社4社及び関連会社2社により構成されており、電子カルテシステム事業とその他を営んでおります。医療機関向けの自社パッケージ製品である「MI・RA・Isシリーズ」の開発と販売を中心に行う事業で、主に中小規模病院に対して、当社グループの電子カルテシステムと他社の医事会計システム等の部門システムを組み合わせ販売する他、医療を中心としたヘルスケア全般を支援するソリューションやサービスの提供を行っております。 また、主にNECグループからの受託により、地域中核病院を中心とした大規模病院の医事会計システム、電子カルテシステム...(20161220に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度において、株式会社アイエスアールを新たに連結の範囲に含めております。その結果、当社グループは当社及び連結子会社8社の構成となり、顧客の個別ニーズに合わせたオーダーメイド方式によるソフトウェアの受託開発等を行うソフトウェア事業、主として教育機関向けの業務パッケージの開発・販売等を行うパッケージ事業、ハードウェア・ソフトウェアの販売等を行うシステム販売事業、並びにレセプトの自動点検・分析・医療費通知のトータルサービスを行う医療ビッグデータ事業の4事業を営んでおります。当社グループの事業の内容は次のとおりであります。JAST TECHNIQUES PTE. LTD.JASTEC (TH...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業グループは、(株)フォーカスシステムズ(当社)と関連会社1社により構成されております。グループ各社は、公共関連事業、民間関連事業及びセキュリティ機器関連事業の各セグメント別に、システムインテグレーションサービス、ITサービス、セキュリティ機器の販売及び関連サービスを、主な業務としております。これら事業を通して、IT産業における有力企業グループとして社会に貢献し続けることを目指しております。当企業グループの事業内容は、以下のとおりであります。当社は、公共関連事業として、官公庁及び関係機関・地方自治体及び関連機関等の公共機関並びに銀行・保険等の金融機関向けのソフトウェアの開発、ハードウェア、...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)が行っている事業である「システム開発及びシステム開発に関連するサービス(システム開発等)」の売上品目別の概要は、以下のとおりであります。システムの設計、製造、運用・保守業務であります。システムに関するコンサルテーション及び調査研究業務であります。システムまたは自社ソフトウェア製品のインテグレーション・サービスであります。コンピュータ製品の販売及びその他のサービスであります。上海技菱系統集成有限公司は現在、清算手続き中であります。...(20160916に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社1社、非連結子会社5社および持分法非適用関連会社1社で構成され、情報サービス事業を展開しております。セグメントは「ソリューション事業」、「プロダクト事業」、「システムサポート事業」であります。他社が開発したERPパッケージ製品を主に利用し、企業の情報システムを設計、開発、導入するサービスを提供する事業であります。当社が開発したERPパッケージ製品をパートナー企業を通じて販売するとともに、同製品を利用して企業の情報システムを設計、開発、導入するサービスを提供する事業であります。基幹業務システムを導入した企業に対して、システムの運用・保守を始めとする支援サービスを提...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社アイネット)、子会社2社及び関連会社1社より構成されており、事業内容は情報処理サービス、システム開発サービス、システム機器販売を主たる業務としております。当社及び各社の事業内容は次のとおりであります。(当社)..............................(連結子会社).....................(子会社)........................... (1)情報処理サービス(関連会社)...........................(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-04-30)

(2009-04-30) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-03-31)

(2012-03-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益2年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益5年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益4年連続赤字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、「リアルなITコミュニケーションで豊かな社会形成に貢献する。」という経営理念のもと、ウェブ技術をベースとしたグループウェア(※1)である「desknet's NEO」とその関連製品・サービスの開発、販売を主な事業として行っております。当社の事業はソフトウェア事業の単一セグメントであります。売上区分につきましては、グループウェア及びその関連製品をインターネット経由で提供するサービスに関連した売上である「クラウドサービス」、グループウェア及びその関連製品のライセンス販売に関連した売上である「プロダクト」、ソフトウェアの受託開発に関連した売上である「技術開発」に区分しております。各売上区分の...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

ワイズマンの同業他社をもっと見る

ワイズマンの関連統計

統計分類検索へ

ワイズマンの基本情報

企業名 株式会社ワイズマン
カナ カブシキガイシャ ワイズマン
英語名 WISEMAN CO.,LTD
業種 情報・通信業
所在地 盛岡市盛岡駅西通2丁目11番1号
ホームページ http://www.wiseman.co.jp/
EDINET E04489
証券コード 3752
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3752)
決算日 06月30日