比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

パシフィックシステムの最新業績

パシフィックシステムの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からパシフィックシステムの事業内容についても確認できます。 注意:パシフィックシステムの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:7.5

2016-12-31:6.05

2016-09-30:3.59

売上高

2017-06-30:19億3488万

2016-06-30:17億7308万

2015-06-30:16億3697万

2014-06-30:22億1147万

売上総利益

2017-06-30:4億2229万

2016-06-30:3億4912万

2015-06-30:3億2473万

2014-06-30:2億6295万

営業利益

2017-06-30:-1278万

2016-06-30:-6283万

2015-06-30:-5551万

2014-06-30:-1億1169万

経常利益

2017-06-30:-2032万

2016-06-30:-7548万

2015-06-30:-5247万

2014-06-30:-1億0848万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:-1706万

2016-06-30:-5458万

2015-06-30:-3360万

2014-06-30:-7063万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-5171万

2016-06-30:-5856万

2015-06-30:-1454万

2014-06-30:-6271万

営業CF

2017-03-31:6億7357万

2016-03-31:2億5643万

2015-03-31:10億0829万

2014-03-31:3億4617万

投資CF

2017-03-31:-3億8684万

2016-03-31:-1億5572万

2015-03-31:-1億2767万

2014-03-31:-1億5383万

財務CF

2017-03-31:-2億2785万

2016-03-31:-2億9339万

2015-03-31:-3億2036万

2014-03-31:-3億6053万

総資産

2017-06-30:60億7026万

2016-06-30:55億7599万

2015-06-30:54億5294万

2014-06-30:58億2575万

流動資産

2017-06-30:35億4998万

2016-06-30:32億2793万

2015-06-30:30億2454万

2014-06-30:34億1091万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:8億4545万

2016-03-31:7億8657万

2015-03-31:9億7926万

2014-03-31:4億1902万

現金及び預金

2017-06-30:12億1713万

2016-06-30:11億3608万

2015-06-30:9億0686万

2014-06-30:9億1641万

固定資産

2017-06-30:25億2027万

2016-06-30:23億4806万

2015-06-30:24億2840万

2014-06-30:24億1484万

負債

2017-06-30:21億8626万

2016-06-30:20億7301万

2015-06-30:21億0753万

2014-06-30:27億2339万

流動負債

2017-06-30:17億6253万

2016-06-30:16億2493万

2015-06-30:16億8864万

2014-06-30:22億4857万

固定負債

2017-06-30:4億2372万

2016-06-30:4億4808万

2015-06-30:4億1889万

2014-06-30:4億7482万

もっと見る

純資産

2017-06-30:38億8399万

2016-06-30:35億0297万

2015-06-30:33億4541万

2014-06-30:31億0236万

従業員数

2017-03-31:603

2016-03-31:611

2015-03-31:599

2014-03-31:603

売上総利益率

2017-06-30:21.8

2016-06-30:19.7

2015-06-30:19.8

2014-06-30:11.9

売上営業利益率

2017-06-30:-0.7

2016-06-30:-3.5

2015-06-30:-3.4

2014-06-30:-5.1

売上経常利益率

2017-06-30:-1.1

2016-06-30:-4.3

2015-06-30:-3.2

2014-06-30:-4.9

売上純利益率

2017-06-30:-0.9

2016-06-30:-3.1

2015-06-30:-2.1

2014-06-30:-3.2

もっと見る

ROA

2017-06-30:-1.2

2016-06-30:-4

2015-06-30:-2.4

2014-06-30:-4.8

ROE

2017-06-30:-1.6

2016-06-30:-6.4

2015-06-30:-4

2014-06-30:-9.2

自己資本比率

2017-06-30:64

2016-06-30:62.8

2015-06-30:61.4

2014-06-30:53.3

流動比率

2017-06-30:201.4

2016-06-30:198.7

2015-06-30:179.1

2014-06-30:151.7

固定比率

2017-06-30:64.9

2016-06-30:67

2015-06-30:72.6

2014-06-30:77.8

業績ランキングは

673

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

パシフィックシステムの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
パシフィックシステム
なし

キーワードの推移
2017/06/26(年度)2016/07/07(年度)2016/06/20(年度)2015/06/22(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/12(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)
ソフトウェア開発ソフトウェア開発ソフトウェア開発ソフトウェア開発コンソフトウェア開発ソフトウェア開発コンプラントソフトウェア開発コンプラント
太平洋セメント太平洋セメント太平洋セメント太平洋セメントソフトウェア画像処理画像処理画像処理画像処理ソフトウェア開発
画像処理画像処理画像処理画像処理ずれ画像euソフトウェア開発陰りパッケージ
コンコンプラントコンプラントコンプラント画像処理システム備品売上原価売上原価画像処理
情報サービス情報サービス情報サービスコンクリソフトウェア開発情報サービス画像eu情報サービス売上原価
流通業流通業流通業情報サービス画像アジア地域建設仮勘定販管費システム備品
金融業金融業金融業アフタシステム機器工具情報サービス機器建設仮勘定
パソコン画像画像画像情報サービスソフトウェア情報サービスソフトウェアインフラ工具
コンサル株安株安流通業機器センタ器具システム固定負債情報サービス
センタコンコンコンクリートセンタ繰延税金負債システムインフラ中国経済器具
システムパソコンパソコン赤字データデータ機器メーカ原油システム
パッケージソフトウェアコンサルコンサル資源配分売上原価インフラソフトウェア固定負債大型大型
ストックビジネスセンタセンタ金融業固定負債固定負債センタ機器
データパッケージソフトウェアパッケージソフトウェアパソコン大型メーカデータ機器長期インフラ
工数ストックビジネスストックビジネス情報システム受取手形インフラ受取手形配当金固定負債
製造業システムシステムコンサル受取手形手形円高手形個人消費
erpデータデータパッケージソフトウェア手形配当金固定負債配当金研究開発配当金
ソフトウェア工数工数ストックビジネス配当金研究開発配当金研究開発グループ
機器製造業製造業工数研究開発グループセグメント
繰延税金負債erperpパッケージ資金セグメント棚卸
コンクリート陰り陰りシステムセグメント資金
周辺機器機器機器製造業グループグループ受取手形売上高売上高長期
インフラコンクリートコンクリートerp売上高セグメント成績受取手形
アフタ周辺機器周辺機器図利売上高債権環境仕入れ
となりインフラインフラセンタ成績手形成績債権
納期売上原価売上原価機器成績研究開発手形
画像アフタアフタ繰延税金負債研究開発
株安となりとなりデータセグメントグループ
アプリケーション納期納期周辺機器グループセグメント
医療アプリケーションアプリケーションインフラ売上高
年度or届出書
四半期or半期

(20170626)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

パシフィックシステムの類似企業へ

パシフィックシステムの業績推移

パシフィックシステムの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社1社及び関連会社1社で構成されております。当社は、情報サービスを主たる事業とし、情報システムに係るコンサルティングから、業務システムの開発と保守及びITインフラの構築と運用管理に至る一貫したサービスを提供しております。当社グループの事業内容を、セグメント別に表しますと以下のとおりです。製造業、金融業、通信業等、幅広い業種の顧客に対する各種業務システムのコンサルティングからシステム設計、開発、保守に至る一連のシステム開発サービスを提供しております。顧客企業の様々なシステムを支えるインフラ構築から技術サービス、システム運用、監視、ヘルプデスク、フィールドサポートに至...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-09-30)

(2014-09-30) ”当社グループは、当社と連結子会社3社及び関連会社1社により構成されており、インフラからアプリケーションにわたる顧客のシステム全体について、コンサルティングから設計・構築、運用・保守に至るシームレスなICT(※1)サービスを提供しております。当社グループは、前連結会計年度まで事業本部制の組織体制に基づき、「ビジネスソリューション事業」、「プラットフォームソリューション事業」及び「サービス事業」の3区分により開示を行ってきました。当連結会計年度からは、新中期経営計画の実現に向け組織体制を見直しており、営業組織については産業別営業組織とソリューション別営業組織に再編成しました。これに伴い、事業セグメ...(20140618に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-09-30)

(2016-06-30) ”当社は、企業が本業に専念するために、顧客企業の情報システム部門が担当しているような小型コンピュータ(PC/PCサーバー等)の導入段階・利用・廃棄に至るまでの様々な業務を、各企業にとって最適な方法で代行するアウトソースサービスを事業としております。なお、ITアウトソース事業の単一セグメントであるため、サービス内容別に記載しております。当社は、顧客企業との秘密保持契約と継続的なサービス契約に基づいて、顧客企業内で情報システム部門が中心となり担っているPC/サーバー分野の維持管理業務を、より効率的に代替する役務(アウトソース・サービス)として「ITAS」の名称で顧客企業へ提供しており、その目的は「情...(20161228に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び非連結子会社1社(株式会社ティー・エム・アール・システムズ)により構成されており、公共分野及び産業分野の2つのセグメント別に情報処理事業(情報処理・通信サービス、ソフトウェア開発・システム提供サービス、システム機器販売等及びその他関連サービス)を主な業務としております。主に地方公共団体及び関係する諸団体向けに、システム提供サービス、機器システム・用品販売、情報処理サービス及びデータセンターサービス等の各種サービスを提供しております。主に民間企業及び医療・福祉機関向けに、ソフトウェア開発、機器システム・用品販売、情報処理サービス及びデータセンターサービス等の各種サービスを...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、情報サービス業(ソフトウェア開発サービス)を主たる業務としております。顧客より請け負った受託開発業務を中心に、主にソフトウェアの設計・開発・導入・維持管理等の業務を実施しております。当社グループは、長年の開発実績に基づき、品質保証のための世界標準であるCMMI®(注1)について、平成24年11月に最高位のレベル5を達成いたしました。また、平成27年11月にレベル5を再達成しております。さらに、プロジェクト管理の国際標準的な資格であるPMP®(注2)についても従業員の3分の1以上が取得しております。当社グループでは、このCMMI®、PMP®をベースに独自の開発標準(SICP(注3...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ブイキューブ)、アジアを中心とした海外の連結子会社13社、国内の連結子会社2社の計15社で構成されており、「アジアNo.1のビジュアルコミュニケーションプラットフォーム」を目指して、主に企業・教育機関・官公庁等に対して、「クラウド」型を中心としたビジュアルコミュニケーションサービスの提供を行っております。当社グループの提供するビジュアルコミュニケーションサービスは、「いつでも」・「どこでも」・『だれでも』使える、をコンセプトに、ユーザーのPCあるいはスマートフォン、タブレット端末等のモバイル端末から、インターネットを通じて、遠くの相手とお互いの顔や資料を共有しなが...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社および関連会社1社で構成され、コンピュータシステム構築に必要な全体または一部のソフトウェア開発を受託して行う「システム開発事業」、各種ERPパッケージ等によるシステム構築を核としたエンドユーザ向けのシステムインテグレーションを行う「SI事業」、顧客のコンピュータシステムに関する様々なニーズに対応する運用・保守等のサポートサービス事業、関連機器・パッケージソフト等の販売事業、新規領域を推進する新事業など、他の事業セグメントに属さない事業から構成される「その他事業」を主な事業としております。当社は、設立以来多様な分野において、特殊な業種・業務ノウハウ、先進技術を背景...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業は、音声を中心とする通信技術に関するソリューション提供を行う単一セグメントとなっており、通信事業者向けの高度なソリューション事業を中核としておりますが、その開発で蓄積してきた技術・経験を活かして、大手顧客を中心とするビジネスユース向けにもIP-PBX、通信事業者接続用ゲートウェイに加え、通話録音、音声認識、コールセンターソリューション、ユニファイドコミュニケーションとの連携ソリューションなどを展開しております。また、情報通信関連の技術やネットワーク環境の急速な発展に伴い、近年においては、より高度で広範なサービスの提供に対応すべく、さまざまな新規開発製品やサービスの提供に努めており、セ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、コムチュア株式会社、コムチュアマーケティング株式会社、コムチュアネットワーク株式会社、日本ブレインズウエア株式会社、コムチュアデータサイエンス株式会社、ジェイモードエンタープライズ株式会社、株式会社コメットホールディングス及び同社子会社株式会社コメットの8社から構成されおり、各種コンピュータシステムの提案、構築、保守及び運用に係る情報処理サービスの提供を行っており、顧客のIT活用の様々なステージ、及び提案、構築、保守及び運用のシステムライフサイクルの全局面において最新ITと業務知識に裏打ちされたソリューションを提供することを基本としております。当社グループは、これらのサービスの...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社子会社2社)は“全社共通のWebシステム構築基盤”を提供し、お客様のIT投資の効率化及び業績向上に貢献していくことを企業ビジョンとして掲げており、創業以来、Webシステム基盤を構築するためのパッケージソフトウェア(以下、「intra-mart」という。)の開発・販売を主な事業としております。「intra-mart」は、当社が企画、開発した独自の製品であり、Webシステムを構築する際の生産性向上とコスト削減を図り、Webシステムの導入を容易にすることを目的としたミドルウェア(*1)です。「intra-mart」は社内のWebシステムの共通基盤として利用されることが多く、...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、システムインテグレーターとして顧客の業態やニーズに応じたソフトウェアを開発し、システム機器や関連商品と併せて提供するほか、情報通信ネットワークの構築・運用管理や保守サービスに至るITソリューション・サービス事業を行うとともに株式会社アイ・シー・アール及び株式会社シー・ヴィ・シーではBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)などの事業も行っております。グループ各社の役割は、Webビジネスの分野において、株式会社スナッピー・コミュニケーションズがソフトウェアの企画・構築を担当し、株式会社グラス・ルーツはインターネット関連のコンテンツ制作を担当しております。また、株式会社アイセル...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び連結子会社JFEコムサービス株式会社(以下、当社グループという)は情報システムの企画、設計、開発、運用、保守を行うシステム・インテグレーション(SI)を主たる業務としております。主な業務内容は以下のとおりであります。顧客の多様な業務ニーズに対応した、各業種・分野の業務システムのSIを行っております。自社開発及び他社より導入したソフトウエア商品の開発、販売及びそれらを適用したSIを行っております。情報通信基盤の構築、運用及びそれらを利用した情報サービス提供を行っております。企業の持つ様々な資源(人材、資金、設備、資材、情報など)を統合的に管理・配分し、業務の効率化や経営の全体最適を目指す...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、日本電信電話(株)(NTT)を親会社とするNTTグループに属しています。同時に、当社グループ(当社、当社の子会社302社及び関連会社32社(2017年3月31日時点))は、公共・社会基盤、金融、法人・ソリューション、グローバルの4つを主な事業として営んでいます。当事業においては、行政、医療、通信、電力等の社会インフラや地域の活性化を担う、高付加価値なITサービスの提供を行っています。なお、本事業の一部を関係会社が分担しています。当事業においては、金融機関の業務効率化やサービスに対して、高付加価値なITサービスの提供を行っています。当事業においては、製造業、流通業、サービス業等の事業活動...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社をいう。以下、同じ。)は、株式会社KSK(当社)、子会社3社により構成されております。セグメントは「システムコア事業」、「ITソリューション事業」及び「ネットワークサービス事業」であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”顧客企業は、多くの上場企業を含む日本の産業構造を代表する大手及び中堅企業であり、親会社である住友商事(株)は大口得意先であります。主要な関係会社の異動について、持分法適用関連会社であった(株)エイトレッドは、平成28年12月22日付で保有株式の一部を売却したことにより、関連会社でなくなったため、持分法の適用範囲から除外しております。主に製造業界などのお客様に対して、生産から販売に至る一連の業務プロセスにおける長年の実績とノウハウに基づき、「基幹系システム」「生産管理システム」「情報系システム」「SCM/CRM」をはじめ、注力分野である「車載システム」など、幅広いITソリューションをグローバル規...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の事業は、情報サービス事業並びにこれらの附帯業務の単一事業であるため、セグメント別に代えて事業部門別に記載しております。当部門は、オープン系サーバ、ネットワークシステムの構築、運用管理をはじめ、各種ソフトのインストールのほか、ヘルプデスクや障害対応など幅広いサポート業務を行っております。当部門は、業務系システムの設計・開発、組込み系ソフト開発・検証、ERP(業務パッケージ)などのソフト開発に関わる業務を行っております。当部門は、汎用系システムの保守・運用管理を行っております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、純粋持株会社である当社、連結子会社13社、非連結子会社2社及び関連会社4社により構成されています。主な業務は、企業の情報システム、ネットワーク及び情報セキュリティに関するコンサルティングから、企画・構築・導入・運用・保守サービスにいたるまで、トータルなITサービスを提供して全国において展開しております。純粋持株会社である当社は、グループ経営戦略の策定、コーポレート・ガバナンスの構築、経営資源のグループ内最適配分などを行っております。なお、事業分野の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。IT活用に関する...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高プラス成長に回復営業利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、「熱心な素人は玄人に勝るー新しい事を自分で創めようー」という企業理念のもと、企業が利用するコールセンターの通信インフラにクラウドというサービス形態を導入したパイオニアであります。クラウドサービスは、企業が個別にシステム構築をするのではなく、同じシステムをインターネット経由で共同利用することにより、大規模な設備投資が不要になるとともに、導入コストの低減及び導入期間の短縮が可能となります。上記を模式図にすると、下図のとおりであります。当社のクラウドサービスは、以下の4つの主要サービスから成り立っております。IP電話交換機を現地構築する場合に比べ、ロケーションを選ばず、スピーディーかつリーズ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、企業経営とICT(※1)が融合し、その重要性と技術革新のスピードが増し続ける情報サービス産業において、「システムインテグレーション・サービス」、「インフラソリューション・サービス」及び「パッケージベースSI・サービス」の3つのサービスを通じて、顧客の経営に直結するシステム課題を解決する「システムソリューションサービス」を行うシステムインテグレータ(※2)であります。当社事業はシステムソリューションサービス及びこれらの付随業務の単一セグメントでありますが、事業領域をサービスライン別に区分した概要及び当社の特徴は、下記のとおりであります。システムインテグレーション・サービスは当社事業の中核...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

パシフィックシステムの同業他社をもっと見る

パシフィックシステムの関連統計

統計分類検索へ

パシフィックシステムの基本情報

企業名 パシフィックシステム株式会社
カナ パシフィックシステムカブシキカイシャ
英語名 PACIFIC SYSTEMS CORPORATION
業種 情報・通信業
所在地 さいたま市桜区田島八丁目4番19号
ホームページ http://www.pacific-systems.co.jp/
EDINET E05687
証券コード 3847
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(3847)
決算日 03月31日