比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

医学生物学研究所の最新業績

業界:医療サービス業界すぐ比較

医学生物学研究所の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から医学生物学研究所の事業内容についても確認できます。 注意:医学生物学研究所の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:3.98

2017-03-31:3.77

2016-12-31:2.16

2016-09-30:0.5

売上高

2017-06-30:17億0918万

2016-06-30:20億0246万

2015-06-30:18億8792万

2014-06-30:16億5804万

売上総利益

2017-06-30:9億9041万

2016-06-30:12億1632万

2015-06-30:10億8155万

2014-06-30:9億6053万

営業利益

2017-06-30:1158万

2016-06-30:638万

2015-06-30:-1億1708万

2014-06-30:-2億2647万

経常利益

2017-06-30:-326万

2016-06-30:-1億0692万

2015-06-30:-1億0198万

2014-06-30:-2億6595万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:261万

2016-06-30:1億5375万

2015-06-30:-9620万

2014-06-30:-2億6950万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-557万

2016-06-30:1億2315万

2015-06-30:-1億1546万

2014-06-30:-2億8407万

営業CF

2017-03-31:8億3367万

2016-03-31:1億2580万

2015-03-31:-4億9285万

2014-03-31:3億3304万

投資CF

2017-03-31:-3億6392万

2016-03-31:2億0565万

2015-03-31:-5億2034万

2014-03-31:-27億6494万

財務CF

2017-03-31:-8億8349万

2016-03-31:2540万

2015-03-31:-3億1048万

2014-03-31:-1億9061万

総資産

2017-06-30:99億6068万

2016-06-30:110億8814万

2015-06-30:119億4462万

2014-06-30:122億6292万

流動資産

2017-06-30:56億3217万

2016-06-30:65億2635万

2015-06-30:82億7928万

2014-06-30:90億0098万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:24億9598万

2016-03-31:30億6769万

2015-03-31:26億9843万

2014-03-31:39億2537万

現金及び預金

2017-06-30:19億0283万

2016-06-30:28億3804万

2015-06-30:41億0852万

2014-06-30:52億3731万

固定資産

2017-06-30:43億2850万

2016-06-30:45億6179万

2015-06-30:36億6533万

2014-06-30:32億6194万

負債

2017-06-30:29億9972万

2016-06-30:41億6470万

2015-06-30:41億1631万

2014-06-30:38億9564万

流動負債

2017-06-30:19億5278万

2016-06-30:25億5538万

2015-06-30:23億6008万

2014-06-30:23億3492万

固定負債

2017-06-30:10億4694万

2016-06-30:16億0931万

2015-06-30:17億5623万

2014-06-30:15億6072万

もっと見る

純資産

2017-06-30:69億6095万

2016-06-30:69億2344万

2015-06-30:78億2830万

2014-06-30:83億6727万

従業員数

2017-03-31:367

2016-03-31:453

2015-03-31:440

2014-03-31:411

売上総利益率

2017-06-30:57.9

2016-06-30:60.7

2015-06-30:57.3

2014-06-30:57.9

売上営業利益率

2017-06-30:0.7

2016-06-30:0.3

2015-06-30:-6.2

2014-06-30:-13.7

売上経常利益率

2017-06-30:-0.2

2016-06-30:-5.3

2015-06-30:-5.4

2014-06-30:-16

売上純利益率

2017-06-30:0.2

2016-06-30:7.7

2015-06-30:-5.1

2014-06-30:-16.3

もっと見る

ROA

2017-06-30:0

2016-06-30:5.6

2015-06-30:-3.2

2014-06-30:-8.8

ROE

2017-06-30:0

2016-06-30:8.8

2015-06-30:-4.8

2014-06-30:-12.8

自己資本比率

2017-06-30:69.9

2016-06-30:62.4

2015-06-30:65.5

2014-06-30:68.2

流動比率

2017-06-30:288.4

2016-06-30:255.4

2015-06-30:350.8

2014-06-30:385.5

固定比率

2017-06-30:62.2

2016-06-30:65.9

2015-06-30:46.8

2014-06-30:39

業績ランキングは

1946

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

医学生物学研究所の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
医学生物学研究所

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/24(年度)2015/06/24(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/09(四半期)2016/11/09(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/11(四半期)
mblilstr試薬mblimblimblibca試薬試薬試薬
試薬試薬mbl試薬試薬試薬mblijsrjsrmebgentm
mblivdmebgentm皮膚筋炎mblmblmblmebgentmmebgentmmblvc
婦人科jsrbionmblfreelitefreeliteステイシア抗体テトラマelisa
mebgentm臨床検査クレックス筋炎corprationcorprationmebluxtm細胞mblvcrasket
自己免疫疾患自己免疫疾患自己免疫疾患婦人科bionbion試薬テトラマelisaステイシア
臨床検査mbl臨床検査子宮頸がん皮膚筋炎rasketcorprationmblvcrasketmebluxtm
基礎研究mebgentmnras自己免疫疾患mblvcmebgentmbionrasketmebluxtmタイピング
jmseedサブクラス基礎研究モノクローナル抗体rasketステイシアテトラマmebluxtmステイシアキット
freelite自己抗体rasket皮膚mebgentmmebluxtmrasketステイシアタイピングras
血漿抗体jmseed臨床検査ステイシア婦人科mebgentmタイピングキット免疫グロブリン
jsr基礎研究抗体免疫mebluxtm子宮頸がんrasキット免疫ヒトパピローマウイルス
rasketjmseedkras基礎研究筋炎egfrmhc免疫細胞傷害性t細胞遺伝子型
オリゴ血漿がん婦人科婦人科細胞傷害性t細胞rashpv
ステイシアiggテトラマ疾患子宮頸がん多発性骨髄腫子宮頸がんrasヒトパピローマウイルスigg
mebluxtm血漿mbliegfr自己免疫疾患自己免疫疾患ヒトパピローマウイルス遺伝子型血漿
タイピング臨床g&ginternationaljsr大腸がん大腸がん遺伝子型hpvjsr
アカデミア抗体医薬細胞ファンドinternationalinternationalhpvmhc自己免疫疾患
ウイルステトラマ血液学臨床多発性骨髄腫蛍光遺伝子検査mhc細胞蛋白質
免疫グロブリン遺伝子検査タイピングcorporation自己免疫疾患タンパク質乳がん子宮頸がん子宮頸がんモノクローナル抗体
細胞糖鎖大腸がんenterpriseマーカ自己免疫疾患自己免疫疾患大腸がん
ヒトパピローマウイルスがん生命科学建設仮勘定international臨床検査核酸大腸がん遺伝子検査
蛋白コンパニオンrasbrexit抗体enterprise抗体医薬モノクローナル抗体
遺伝子型elisa臨床中国経済皮膚キット臨床検査遺伝子検査大腸がん臨床検査
hpv血液学遺伝子検査保険enterprise免疫抗体ウイルス遺伝子検査投資事業有限責任組合
臨床免疫免疫製品臨床検査基礎研究キットseedsウイルス抗体
iggrasket生物支払手形投資事業有限責任組合がん免疫臨床検査ライフ・サイエンス
子宮頸がん免疫学ヒトパピローマウイルス投資有価証券抗体細胞基礎研究臨床検査投資事業有限責任組合免疫
egfrmebluxtmがん固定負債リーダ疾患がん投資事業有限責任組合積み増し基礎研究
多発性骨髄腫ステイシア蛋白手形キット疾患積み増し抗体輸入品
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

医学生物学研究所の類似企業へ

医学生物学研究所の業績推移

医学生物学研究所の同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社のIna Research Philippines, Inc.(以下「INARP」(注)と言います。)から構成されており、事業内容は「非臨床試験」、「臨床試験」、「環境」のセグメントから構成されております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。「非臨床試験」は、医薬品開発企業・食品関連企業及び大学等研究機関等から委託を受け、実験動物や細胞を用いて開発薬物や食品素材の安全性や有効性の確認を行う非臨床試験を実施しております。「臨床試験」においては、主に医薬品開発企業から開発薬...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-02-28)

(2014-02-28) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,5年連続黒字経常利益5年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益プラス成長に回復,4年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社リニカル)及び連結子会社であるLINICAL USA,INC.、LINICAL TAIWAN CO., LTD.、Linical Singapore Pte. Ltd.、LINICAL KOREA CO., LTD.、LINICAL Europe Holding GmbH、LINICAL Europe GmbH、LINICAL Spain, S.L.、LINICAL France SARL、LINICAL Benelux B.V.、LINICAL Croatia d.o.o.、LINICAL U.K. LIMITED及びLINICAL P...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-12-31)

(2014-12-31) ”当社及び当社の関係会社は、当社及び連結子会社1社、その他の関係会社1社より構成されており、西脇ラボ(兵庫県西脇市)、大阪ラボ(大阪府吹田市)、米国ラボ(米国イリノイ州ホフマンエステーツ)の3研究所(医薬品GLP*1)基準適合施設)を有する、製薬会社等における新医薬品開発試験研究に係る「バイオアナリシス(生体試料中薬物濃度測定)」、「医薬品品質安定性試験」などの受託試験研究に特化した医薬品開発受託研究機関(以下、CRO)*2)であります。当連結会計年度において、シミックホールディングス株式会社が当社のその他の関係会社になっております。また、セグメントと同一の区分であります。なお、本書において、一...(20140625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、シミックホールディングス株式会社(当社)、当社連結子会社19社、関連会社2社の、計22社で構成されております。当社グループは、医薬品の開発支援を中心に製造から販売まで、主に製薬企業を支援する業務を実施しております。当社グループは、製薬企業の付加価値向上に貢献する当社独自の事業モデルであるPVC(Pharmaceutical Value Creator)のもと、CRO(医薬品開発支援)事業、CMO(医薬品製造支援)事業、O(医薬品営業支援)事業、ヘルスケア事業、IPD(知的財産開発)事業という事業領域においてサービスを提供しております。当社グループの事業における主たる業務内容...(20161215に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)アイロムグループ(当社)、連結子会社17社((株)アイロム、(株)アイロム、MCフィールズ(株)、(株)アイロムPM、(株)アイクロスジャパン、(株)アイクロス、CMAX CLINICAL RESEARCH PTY LTD、(株)IDファーマ等)及び関連会社1社(CJ PARTNE(株))により構成されており、より良い医療環境実現のため、医療関連分野における統合医療サポート企業として、様々な事業を展開しております。なお、CJ PARTNE(株)は持分法を適用した関連会社であります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社グループは、医薬品”...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は、当社、連結子会社22社及び関連会社3社の合計26社で構成されております。事業の内容は、1.製薬企業等から前臨床試験(注1)、臨床試験(治験)(注2)(注3)及び新薬承認申請業務を受託し、医薬品開発支援を行うCR(Contract Research)事業、2.当社が独自に開発した経鼻投与製剤(注4)並びに大学やバイオベンチャーの基礎的な知見や技術を育成してビジネス化していくトランスレーショナル リサーチ事業、3.メディポリス指宿において地熱発電や宿泊施設運営などを行うメディポリス事業を行っております。具体的には、CR事業では、安全性研究所において前臨床試験を、薬物代謝分...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、受託解析及びDNAチップ・次世代シークエンス関連技術開発を行う「研究受託事業」と、RNAチェック関連サービスの販売を行う「診断事業」を主な事業の内容としております。研究受託事業におきましては、大学や研究機関、製薬・食品会社等を主要な顧客としてDNAチップ、次世代シークエンス実験解析等を行っております。また、国家プロジェクト等からの研究開発事業などの経験から得られたノウハウを活用し、新規サービスメニューの拡充を図っております。これらの経験に基づき、製薬・食品等の企業向けの、高次データ解析による遺伝子データの高付加価値化などを通じて、顧客の各レベルの要望に応じたコンサルテーションを行ってお...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-10-31)

(2015-10-31) ”当連結会計年度末の当社グループは、当社(株式会社綜合臨床ホールディングス)と子会社4社(株式会社綜合臨床サイエンス、株式会社あすも臨床薬理研究所、株式会社綜合臨床メデフィ、株式会社ジェービーエス)により構成されております。当社グループは、臨床試験(以下、治験という。それぞれの業務内容は、以下のとおりであります。医薬品の治験実施過程において、とりわけ被験者と治験との調整を行い、治験の倫理性、科学性を保証するための活動を行います。製薬企業等から依頼を受けた医療機関は、IRBを開催し、倫理的、科学的及び医学的妥当性の観点から治験実施の適否を判断する必要がありますが、当社は、IRB開催の通知、資料の配...(20151022に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/12/11

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年9月30日現在、EPSホールディングス株式会社(当社)、当社連結子会社42社、関連会社5社から構成され、事業としては主として国内CRO(*)事業、国内SMO(*)事業、国内CSO(*)事業、Global Research 事業及び益新事業の5つの事業から成り立っています。当社グループは、製薬会社を主とした医薬品開発に関係する業界に属しています。製薬会社では、多額の研究開発費と長い期間を費やしていわゆる「新薬」の開発に向けて多大な努力がなされています。「新薬」は、医薬品として承認される前段階において、製薬会社からの委託を受けた医療機関が必ず臨床試験を実施することとなって...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、純粋持株会社であるみらかホールディングス株式会社(以下「当社」という。)、富士レビオ株式会社、株式会社エスアールエル及びそれぞれの子会社・関連会社より構成されており、臨床検査薬の製造・販売、臨床検査の受託とヘルスケア関連の事業を行っております。富士レビオ株式会社は、臨床検査薬の製造・販売を行っており、国内外の代理店及び当社の子会社を通じて、医療機関及び受託臨床検査会社等へ販売しております。海外では、Fujirebio Diagnostics, Inc.は、癌関連臨床検査薬の抗原・抗体等を世界各国の臨床検査薬会社等に販売しております。Fujirebio America, Inc....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”人ががん疾患、リウマチなどの免疫炎症疾患、アルツハイマー病などの神経変性疾患になると、体内では細胞の異常な増殖、分化が起こっています。この原因と考えられている分子のひとつに、細胞内外の情報伝達をつかさどるキナーゼ(*)と呼ばれる酵素があります。当社は、このキナーゼに焦点をあてて研究開発を行っております。がん、炎症、リウマチなどの異常な細胞の増殖を伴う疾患では、それら細胞のなかに存在する特定のキナーゼ(*)がそれら細胞の異常な増殖や分裂を引き起こしていることについて明らかになっていました。しかしながら、キナーゼは細胞の生命機能において大変重要な働きを担っているため、キナーゼを阻害する薬は副作用が...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、連結子会社として(株)協同医学研究所、(株)ピーシーエルジャパン、(株)東京公衆衛生研究所、(株)ジャパンクリニカルサービス、(株)愛媛メディカルラボラトリー、(株)アレグロ、(株)BMLフード・サイエンス、(株)松戸メディカルラボラトリー、(株)第一臨床医学検査センター、(株)日研医学、(株)オー・ピー・エル、(株)盛岡臨床検査センター、(株)BMLライフサイエンス・ホールディングス、微研(株)、(株)ラボテック、(株)第一岸本臨床検査センター、(株)九州オープンラボラトリーズ、(株)リンテック、(株)QOLセントラルラボラトリーズ、(株)BMLメディカルワークス及び(株)...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社が営んでいるSMO(※1)事業は、臨床試験(※2)等において、医療機関からその業務の一部を受託し、臨床試験等が適正かつ円滑に実施されるように医療機関の業務を支援する事業であります。なお、当社はSMO事業の単一セグメントを営んでおり、以下の当社の事業を説明する上で、GCP省令に沿って行われる業務を「SMO」、GCP省令の対象外となる業務を「その他」として記載しております。標準業務手順書の設置、治験事務局の設置運営補助、治験審査委員会の設置運営補助、臨床試験の啓発、GCP教育等を行い、倫理性、科学性、そして信頼性の高い臨床試験を実施するための適切なインフラ整備、及び実際の臨床試験への対応に関す...(20141218に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社により構成されております。当社グループの主たる事業は、医療アシスタンス事業及びライフアシスタンス事業であり、連結子会社は、主に医療アシスタンス事業を行っております。当社グループが行っているアシスタンスサービスは主に国境をまたいだ環境におられるユーザーに対するサービスで、海外での問題を解決するサービス(医療アシスタンスサービス)と海外での生活をより楽しくするサービス(コンシェルジュサービス、当社のセグメントではライフアシスタンス事業)の両サイドをご提供しています。国内外の要医療サービス地に健康危機管理、救助・救急、及びエマージェンシ―教育などのサービスを提供しま...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及びメタボローム解析事業の米国における販売子会社であるHuman Metabolome Technologies America, Inc. (以下「HMT-A」といいます。)並びにバイオマーカーを用いた診断薬・診断機器等の開発・製造・販売を行うHMTバイオメディカル株式会社(以下「HMT-B」といいます。)の3社で構成され、「未来の子供たちのために、最先端のメタボローム解析技術をコアとした研究開発により、人々の健康で豊かな暮らしに貢献する」ことを企業理念として、研究機関や企業のメタボローム解析試験受託及びバイオマーカー開発を主たる事業として展開する慶應義塾大学発のベンチャ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当連結グループは、当社、当社の親会社、子会社10社及び関連会社6社で構成され、試薬、化成品及び臨床検査薬の製造・販売、さらに不動産の維持・管理・賃貸等の事業活動を行っております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社、子会社(株)シバヤギが製造・販売するほか、子会社(株)ワコーケミカルが製造し、当社に納入しております。子会社ドイツ和光純薬(有)、米国和光純薬(株)及び米国和光オートメーション(株)並びに関連会社6社が販売しております。また、親会社武田薬品工業(株)から原材料を購入し、製商品を販売して...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/26

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長経常利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長当期純利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(以下、当社及び連結子会社SanBio, Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)の2社を指します。)は「再生細胞薬の開発を通じて、アンメットメディカルニーズ(未だ有効な治療法がない治療ニーズ)を充たし、ステークホルダーにとっての価値を創造する」ことをコーポレート・ミッションに掲げ、SanBio, Inc.を研究開発の主たる拠点として再生細胞薬の研究、開発、製造及び販売を手掛ける再生細胞事業を展開しております。当社グループが手掛ける再生細胞薬は、病気・事故等で失われた身体機能の自然な再生プロセスを誘引ないし促進させ、運動機能、感覚機能、認知機能を再生させる効能が期待される...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

医学生物学研究所の同業他社をもっと見る

医学生物学研究所の関連統計

統計分類検索へ

医学生物学研究所の基本情報

企業名 株式会社医学生物学研究所
カナ カブシキガイシャイガクセイブツガクケンキュウショ
英語名 MEDICAL&BIOLOGICAL LABORATORIES CO., LTD.
業種 医薬品
所在地 名古屋市中区栄四丁目5番3号
ホームページ http://www.mbl.co.jp/
EDINET E00978
証券コード 4557
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(4557)
決算日 03月31日