比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/08

カルナバイオサイエンスの最新業績

業界:医療サービス業界すぐ比較

カルナバイオサイエンスの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からカルナバイオサイエンスの事業内容についても確認できます。 注意:カルナバイオサイエンスの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-10

2017-03-31:-6.19

2016-12-31:-5.22

2016-09-30:-1.42

売上高

2017-06-30:3億2679万

2016-06-30:4億4270万

2015-06-30:11億3488万

2014-06-30:3億0615万

売上総利益

2017-06-30:2億1419万

2016-06-30:3億0618万

2015-06-30:10億1631万

2014-06-30:1億9845万

営業利益

2017-06-30:-2億9184万

2016-06-30:-1億9550万

2015-06-30:6億7974万

2014-06-30:-2億7740万

経常利益

2017-06-30:-2億9731万

2016-06-30:-2億0852万

2015-06-30:7億0432万

2014-06-30:-2億5712万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:-3億1614万

2016-06-30:-3375万

2015-06-30:6億6636万

2014-06-30:-2億5781万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-3億1822万

2016-06-30:-1億5651万

2015-06-30:7億8637万

2014-06-30:-2億1481万

営業CF

2017-06-30:-2億2256万

2016-06-30:-1億6410万

2015-06-30:2268万

2014-06-30:-1億7767万

投資CF

2017-06-30:-2873万

2016-06-30:2億5462万

2015-06-30:-36万

2014-06-30:-4077万

財務CF

2017-06-30:-1558万

2016-06-30:6億2502万

2015-06-30:4億9569万

2014-06-30:-1461万

総資産額

2017-06-30:21億9326万

2016-06-30:26億2905万

2015-06-30:24億9565万

2014-06-30:16億8567万

流動資産

2017-06-30:21億3575万

2016-06-30:25億4826万

2015-06-30:20億2139万

2014-06-30:10億8128万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-06-30:18億9241万

2016-06-30:23億2073万

2015-06-30:11億4662万

2014-06-30:8億3231万

現金及び預金

2017-06-30:18億9241万

2016-06-30:23億2073万

2015-06-30:11億4662万

2014-06-30:8億3231万

固定資産

2017-06-30:5751万

2016-06-30:8079万

2015-06-30:4億7426万

2014-06-30:6億0438万

負債

2017-06-30:7億0205万

2016-06-30:6億4542万

2015-06-30:3億6256万

2014-06-30:2億9915万

流動負債

2017-06-30:2億3144万

2016-06-30:1億9019万

2015-06-30:1億3631万

2014-06-30:1億3195万

固定負債

2017-06-30:4億7061万

2016-06-30:4億5523万

2015-06-30:2億2625万

2014-06-30:1億6719万

もっと見る

純資産

2017-06-30:14億9121万

2016-06-30:19億8362万

2015-06-30:21億3308万

2014-06-30:13億8652万

従業員数

2016-12-31:60

2015-12-31:51

2014-12-31:49

2013-12-31:52

臨時従業員数(外)

2016-12-31:3

2015-12-31:2

2014-12-31:4

2013-12-31:3

売上総利益率

2017-06-30:65.5

2016-06-30:69.2

2015-06-30:89.6

2014-06-30:64.8

売上営業利益率

2017-06-30:-89.3

2016-06-30:-44.2

2015-06-30:59.9

2014-06-30:-90.6

売上経常利益率

2017-06-30:-91

2016-06-30:-47.1

2015-06-30:62.1

2014-06-30:-84

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:-96.7

2016-06-30:-7.6

2015-06-30:58.7

2014-06-30:-84.2

ROA

2017-06-30:-28.8

2016-06-30:-2.6

2015-06-30:53.4

2014-06-30:-30.6

ROE

2017-06-30:-42.4

2016-06-30:-3.4

2015-06-30:62.4

2014-06-30:-37.2

自己資本比率

2017-06-30:68

2016-06-30:75.5

2015-06-30:85.5

2014-06-30:82.3

流動比率

2017-06-30:922.8

2016-06-30:1339.9

2015-06-30:1482.9

2014-06-30:819.4

固定比率

2017-06-30:3.9

2016-06-30:4.1

2015-06-30:22.2

2014-06-30:43.6

業績ランキングは

3058

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

カルナバイオサイエンスの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
カルナバイオサイエンス

キーワードの推移
2017/03/27(年度)2016/03/25(年度)2015/03/25(年度)2015/02/13(年度)2017/08/08(四半期)2017/05/15(四半期)2016/11/08(四半期)2016/08/09(四半期)2016/05/10(四半期)2015/11/09(四半期)
キナーゼキナーゼキナーゼキナーゼ創薬創薬キナーゼキナーゼ創薬キナーゼ
アッセイアッセイアッセイアッセイキナーゼキナーゼpronaipronaiキナーゼ創薬
セルベースアッセイプロファイリングセルベースアッセイセルベースアッセイセイセルベースアッセイサービス創薬創薬製薬セイ
プロファイリングセルベースアッセイプロファイリングプロファイリング製薬アッセイサービスcdccdcセルベースアッセイサービスプロファイリング
創薬創薬probexprobexアッセイサービス製薬セイセイメガ・ファーマパイプライン
probexprobex創薬創薬プロファイリングセイ製薬化合物アッセイサービスジョンソン・エンド・ジョンソン
ミュータントミュータントルシフェラーゼミュータントプロファイリング化合物製薬セイヤンセン
pronaiジョンソン・エンド・ジョンソンミュータントセイオープンイノベーション疾患アッセイサービス疾患アッセイサービス
ルシフェラーゼヤンセンセイタンパク質タンパク質オープンイノベーションアッセイサービスがん小野薬品工業製薬
化合物ルシフェラーゼタンパク質gpcr医薬品タンパク質がん疾患プロファイリングバイオテック
タンパク質タンパク質ガンガンセル医薬品プロファイリングamed新薬
pfizerチロシンキナーゼリン酸化リン酸化ジェネリック医薬品セルプロファイリングamed日本医療研究開発機構小野薬品工業
チロシンキナーゼ基質チロシンキナーゼチロシンキナーゼ化合物ジェネリック医薬品脂質脂質ガン
基質化合物基質基質新薬化合物therapeutics日本医療研究開発機構オープンイノベーション医薬品
セイバイオテック化合物化合物なかライセンス医薬品therapeutics炎症
分子標的薬セイcarnabiocarnabioライセンスなかオープンイノベーション医薬品タンパク質タンパク質
細胞janssen薬理薬理炎症セルベンチャ
阻害剤小野薬品工業小野薬品工業pfizerイベント大手タンパク質オープンイノベーション免疫セル
薬理pfizerpfizer分子標的薬新株予約権社債セル炎症ジェネリック医薬品化合物
リン酸化分子標的薬臨床試験hts新株ベース免疫タンパク質がん疾患
サロミクス薬理結晶構造細胞社債大型ジェネリック医薬品asパイプラインバイオ
イニキシウムリン酸化分子標的薬rppa住宅ベンチャー企業セルベンチャー企業大手
分子細胞細胞臨床試験ベース技術臨床試験免疫バイオユーロ
臨床試験臨床試験cdc製薬大型研究開発データジェネリック医薬品大手関心
assayassayspirit個人消費長期バイオベンチャー企業医薬
小野薬品工業分子assay新薬資金大手バイオなかライセンス
製薬製薬rppa結晶構造技術グループ臨床大手医療テーマ
疾患新薬製薬疾患長期医薬医薬品大型
結晶構造結晶構造分子研究開発売上高ライセンス興国
binderbinder新薬結晶化債権セグメント技術医療ベース医療
年度or届出書
四半期or半期

(20170327)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170808)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

カルナバイオサイエンスの類似企業へ

カルナバイオサイエンスの業績推移

カルナバイオサイエンスの同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と連結子会社のIna Research Philippines, Inc.(以下「INARP」(注)と言います。)から構成されており、事業内容は「非臨床試験」、「臨床試験」、「環境」のセグメントから構成されております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。「非臨床試験」は、医薬品開発企業・食品関連企業及び大学等研究機関等から委託を受け、実験動物や細胞を用いて開発薬物や食品素材の安全性や有効性の確認を行う非臨床試験を実施しております。「臨床試験」においては、主に医薬品開発企業から開発薬...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-02-28)

(2014-02-28) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,5年連続黒字経常利益5年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益プラス成長に回復,4年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社リニカル)及び連結子会社であるLINICAL USA,INC.、LINICAL TAIWAN CO., LTD.、Linical Singapore Pte. Ltd.、LINICAL KOREA CO., LTD.、LINICAL Europe Holding GmbH、LINICAL Europe GmbH、LINICAL Spain, S.L.、LINICAL France SARL、LINICAL Benelux B.V.、LINICAL Croatia d.o.o.、LINICAL U.K. LIMITED及びLINICAL P...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-12-31)

(2014-12-31) ”当社及び当社の関係会社は、当社及び連結子会社1社、その他の関係会社1社より構成されており、西脇ラボ(兵庫県西脇市)、大阪ラボ(大阪府吹田市)、米国ラボ(米国イリノイ州ホフマンエステーツ)の3研究所(医薬品GLP*1)基準適合施設)を有する、製薬会社等における新医薬品開発試験研究に係る「バイオアナリシス(生体試料中薬物濃度測定)」、「医薬品品質安定性試験」などの受託試験研究に特化した医薬品開発受託研究機関(以下、CRO)*2)であります。当連結会計年度において、シミックホールディングス株式会社が当社のその他の関係会社になっております。また、セグメントと同一の区分であります。なお、本書において、一...(20140625に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社4社及び関連会社1社により構成されております。なお、平成28年8月に、医療支援事業に属しておりました連結子会社テラ少額短期保険株式会社の全株式を当 社グループ外へ譲渡したことに伴い、同社を連結の範囲から除外しております。その結果、同セグメントからも除外しております。当社グループの事業は、以下のとおりであります。テラ株式会社により、医療機関に対する樹状細胞ワクチン療法等、細胞医療に関する技術・運用ノウハウの提供及び樹状細胞ワクチン療法等、再生・細胞医療に関する研究開発を行っております。樹状細胞ワクチン療法を中心とするがん免疫療法を行うには、高度な技術・ノウハウ、専...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社4社及び関連会社1社により構成されており、遺伝子破壊マウスの作製受託、抗体作製受託、臨床・非臨床試験受託、遺伝子解析受託、病理診断サービスを主たる業務としております。なお、次の4事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社は、TG Resource Bank®等の遺伝子情報の使用権許諾や遺伝子破壊マウス作製受託、モデルマウスの販売及び抗体作製受託、新規バイオマーカーの開発などを行っております。また、(株)プライミューンは、研究用試薬の販売を行っております。(株)新...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-06-30)

(2016-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社メディビックグループ)、連結子会社4社により構成されております。平成18年7月に、当社のバイオマーカー創薬支援事業を新設分割により承継させた、当社が100%出資する子会社であります。連結子会社に該当いたします。平成18年3月に、当社が100%出資して設立された子会社であります。平成25年10月8日当社が100%の株式を取得して100%子会社となりました。平成25年10月10日子会社の(株)アニマルステムセルが47.77%を取得し、同社の100%子会社となりました。なお、次の5つの事業は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げ...(20160330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社2社)は、「常に本質を究め、誠実性と公正性をもって真の社会的付加価値を創造する」という経営理念の下、「次世代の医療を支える革新的な技術及びサービスを迅速かつ効率的に社会に提供し続ける」ことにより、人々の健康と“Quality of Life(生活の質)”の向上に資することを使命として、細胞加工業及び細胞医療製品事業を展開しております。細胞加工業では、これまでの医療機関向け免疫細胞療法総合支援サービスの提供に加えて、企業、大学、医療機関/研究機関等から、臨床用の細胞加工及び治験用の細胞加工物製造の受託や、再生・細胞医療のバリューチェーンを収益化し、細胞加工施設の運...(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、(株)アイロムグループ(当社)、連結子会社17社((株)アイロム、(株)アイロム、MCフィールズ(株)、(株)アイロムPM、(株)アイクロスジャパン、(株)アイクロス、CMAX CLINICAL RESEARCH PTY LTD、(株)IDファーマ等)及び関連会社1社(CJ PARTNE(株))により構成されており、より良い医療環境実現のため、医療関連分野における統合医療サポート企業として、様々な事業を展開しております。なお、CJ PARTNE(株)は持分法を適用した関連会社であります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社グループは、医薬品”...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は、当社、連結子会社22社及び関連会社3社の合計26社で構成されております。事業の内容は、1.製薬企業等から前臨床試験(注1)、臨床試験(治験)(注2)(注3)及び新薬承認申請業務を受託し、医薬品開発支援を行うCR(Contract Research)事業、2.当社が独自に開発した経鼻投与製剤(注4)並びに大学やバイオベンチャーの基礎的な知見や技術を育成してビジネス化していくトランスレーショナル リサーチ事業、3.メディポリス指宿において地熱発電や宿泊施設運営などを行うメディポリス事業を行っております。具体的には、CR事業では、安全性研究所において前臨床試験を、薬物代謝分...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-10-31)

(2015-10-31) ”当連結会計年度末の当社グループは、当社(株式会社綜合臨床ホールディングス)と子会社4社(株式会社綜合臨床サイエンス、株式会社あすも臨床薬理研究所、株式会社綜合臨床メデフィ、株式会社ジェービーエス)により構成されております。当社グループは、臨床試験(以下、治験という。それぞれの業務内容は、以下のとおりであります。医薬品の治験実施過程において、とりわけ被験者と治験との調整を行い、治験の倫理性、科学性を保証するための活動を行います。製薬企業等から依頼を受けた医療機関は、IRBを開催し、倫理的、科学的及び医学的妥当性の観点から治験実施の適否を判断する必要がありますが、当社は、IRB開催の通知、資料の配...(20151022に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/12/11

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年9月30日現在、EPSホールディングス株式会社(当社)、当社連結子会社42社、関連会社5社から構成され、事業としては主として国内CRO(*)事業、国内SMO(*)事業、国内CSO(*)事業、Global Research 事業及び益新事業の5つの事業から成り立っています。当社グループは、製薬会社を主とした医薬品開発に関係する業界に属しています。製薬会社では、多額の研究開発費と長い期間を費やしていわゆる「新薬」の開発に向けて多大な努力がなされています。「新薬」は、医薬品として承認される前段階において、製薬会社からの委託を受けた医療機関が必ず臨床試験を実施することとなって...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、純粋持株会社であるみらかホールディングス株式会社(以下「当社」という。)、富士レビオ株式会社、株式会社エスアールエル及びそれぞれの子会社・関連会社より構成されており、臨床検査薬の製造・販売、臨床検査の受託とヘルスケア関連の事業を行っております。富士レビオ株式会社は、臨床検査薬の製造・販売を行っており、国内外の代理店及び当社の子会社を通じて、医療機関及び受託臨床検査会社等へ販売しております。海外では、Fujirebio Diagnostics, Inc.は、癌関連臨床検査薬の抗原・抗体等を世界各国の臨床検査薬会社等に販売しております。Fujirebio America, Inc....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社医学生物学研究所)と子会社7社及び関連会社3社・3組合で構成されており、臨床検査薬及び基礎研究用試薬の研究・開発ならびに製造、販売を主な事業としているほか、これらに関連する各種機器、器具の販売も行っております。子会社及び関連会社においては遺伝子検査薬及び新しい抗体作製技術の開発、薬剤スクリーニング測定系の研究開発のほかに、バイオ関連企業への投資や技術提携の斡旋等を行っております。なお、以下の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) 試薬事業・・・主要な製品...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社が営んでいるSMO(※1)事業は、臨床試験(※2)等において、医療機関からその業務の一部を受託し、臨床試験等が適正かつ円滑に実施されるように医療機関の業務を支援する事業であります。なお、当社はSMO事業の単一セグメントを営んでおり、以下の当社の事業を説明する上で、GCP省令に沿って行われる業務を「SMO」、GCP省令の対象外となる業務を「その他」として記載しております。標準業務手順書の設置、治験事務局の設置運営補助、治験審査委員会の設置運営補助、臨床試験の啓発、GCP教育等を行い、倫理性、科学性、そして信頼性の高い臨床試験を実施するための適切なインフラ整備、及び実際の臨床試験への対応に関す...(20141218に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及びメタボローム解析事業の米国における販売子会社であるHuman Metabolome Technologies America, Inc. (以下「HMT-A」といいます。)並びにバイオマーカーを用いた診断薬・診断機器等の開発・製造・販売を行うHMTバイオメディカル株式会社(以下「HMT-B」といいます。)の3社で構成され、「未来の子供たちのために、最先端のメタボローム解析技術をコアとした研究開発により、人々の健康で豊かな暮らしに貢献する」ことを企業理念として、研究機関や企業のメタボローム解析試験受託及びバイオマーカー開発を主たる事業として展開する慶應義塾大学発のベンチャ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長経常利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長当期純利益4年連続黒字,3年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,4年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループ(以下、当社及び連結子会社SanBio, Inc.(米国カリフォルニア州マウンテンビュー市)の2社を指します。)は「再生細胞薬の開発を通じて、アンメットメディカルニーズ(未だ有効な治療法がない治療ニーズ)を充たし、ステークホルダーにとっての価値を創造する」ことをコーポレート・ミッションに掲げ、SanBio, Inc.を研究開発の主たる拠点として再生細胞薬の研究、開発、製造及び販売を手掛ける再生細胞事業を展開しております。当社グループが手掛ける再生細胞薬は、病気・事故等で失われた身体機能の自然な再生プロセスを誘引ないし促進させ、運動機能、感覚機能、認知機能を再生させる効能が期待される...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、『「生きる」を増やす。爆発的に。』というミッションの下、幹細胞技術をもって難治性疾患を罹患された方々に治癒と希望を届けるべく、当事業年度より取組みを開始いたしました体性幹細胞再生医薬品分野、iPS細胞に関連する技術を活用した再生医療等製品(iPSC再生医薬品)の研究・開発・製造を行うiPSC再生医薬品分野及び化合物医薬品分野において事業を推進しております。なお、当社の事業セグメントは、医薬品事業のみの単一セグメントであります。以下の表は、当事業年度末現在の当社の開発品並びにその適応症、市場、開発段階及び進捗状況を示しております。なお、製品の開発に際しては様々なリスクを伴うため、当社とし...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

カルナバイオサイエンスの同業他社をもっと見る

カルナバイオサイエンスの関連統計

統計分類検索へ

カルナバイオサイエンスの基本情報

企業名 カルナバイオサイエンス株式会社
カナ カルナバイオサイエンスカブシキガイシャ
英語名 Carna Biosciences, Inc.
業種 医薬品
所在地 神戸市中央区港島南町一丁目5番5号
ホームページ http://www.carnabio.com/japanese/
EDINET E00987
証券コード 4572
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(4572)
決算日 12月31日