比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/04

エス・ディー・エス バイオテックの最新業績

エス・ディー・エス バイオテックの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からエス・ディー・エス バイオテックの事業内容についても確認できます。 注意:エス・ディー・エス バイオテックの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-0.71

2017-03-31:-3.07

2016-12-31:-0.95

2016-09-30:1.18

売上高

2017-06-30:29億1562万

2016-06-30:21億6560万

2015-06-30:30億1257万

2014-06-30:29億6531万

売上総利益

2017-06-30:8億0214万

2016-06-30:5億8595万

2015-06-30:10億4753万

2014-06-30:9億0039万

営業利益

2017-06-30:-1億3381万

2016-06-30:-4億4802万

2015-06-30:-1億2862万

2014-06-30:-6717万

経常利益

2017-06-30:-1億2591万

2016-06-30:-6億0808万

2015-06-30:-2億2765万

2014-06-30:-1億0870万

当期純利益

2017-06-30:-1億8456万

2016-06-30:-3億3552万

2015-06-30:-1億3931万

2014-06-30:-9262万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-1億7553万

2016-06-30:-5億8098万

2015-06-30:-1億1118万

2014-06-30:-2489万

営業CF

2017-03-31:-524万

2016-03-31:4億2067万

2015-03-31:-1億3640万

2014-03-31:16億2529万

投資CF

2017-03-31:-2億5954万

2016-03-31:-2億7880万

2015-03-31:-9億9441万

2014-03-31:-16億0753万

財務CF

2017-03-31:-2億1951万

2016-03-31:2億5610万

2015-03-31:9億0726万

2014-03-31:-1億9557万

総資産額

2017-06-30:173億1086万

2016-06-30:175億5667万

2015-06-30:189億1459万

2014-06-30:163億5063万

流動資産

2017-06-30:125億8715万

2016-06-30:119億6891万

2015-06-30:127億1961万

2014-06-30:105億7959万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:7億4712万

2016-03-31:12億7488万

2015-03-31:8億9495万

2014-03-31:10億6305万

現金及び預金

2017-06-30:9億7623万

2016-06-30:8億4011万

2015-06-30:6億8516万

2014-06-30:17億9240万

固定資産

2017-06-30:47億2371万

2016-06-30:55億8776万

2015-06-30:61億9498万

2014-06-30:57億7104万

負債

2017-06-30:112億9650万

2016-06-30:112億0399万

2015-06-30:124億7917万

2014-06-30:112億1023万

流動負債

2017-06-30:80億3855万

2016-06-30:80億2986万

2015-06-30:88億0949万

2014-06-30:69億5875万

固定負債

2017-06-30:32億5795万

2016-06-30:31億7413万

2015-06-30:36億6967万

2014-06-30:42億5148万

もっと見る

純資産

2017-06-30:60億1436万

2016-06-30:63億5267万

2015-06-30:64億3542万

2014-06-30:51億4039万

従業員数

2017-03-31:496

2016-03-31:503

2015-03-31:528

2014-03-31:514

臨時従業員数(外)

2017-03-31:356

2016-03-31:527

2015-03-31:724

2014-03-31:528

売上総利益率

2017-06-30:27.5

2016-06-30:27.1

2015-06-30:34.8

2014-06-30:30.4

売上営業利益率

2017-06-30:-4.6

2016-06-30:-20.7

2015-06-30:-4.3

2014-06-30:-2.3

売上経常利益率

2017-06-30:-4.3

2016-06-30:-28.1

2015-06-30:-7.6

2014-06-30:-3.7

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:-6.3

2016-06-30:-15.5

2015-06-30:-4.6

2014-06-30:-3.1

ROA

2017-06-30:-4.4

2016-06-30:-7.6

2015-06-30:-2.8

2014-06-30:-2.4

ROE

2017-06-30:-12.4

2016-06-30:-21.2

2015-06-30:-8.8

2014-06-30:-7.2

自己資本比率

2017-06-30:34.7

2016-06-30:36.2

2015-06-30:34

2014-06-30:31.4

流動比率

2017-06-30:156.6

2016-06-30:149.1

2015-06-30:144.4

2014-06-30:152

固定比率

2017-06-30:78.5

2016-06-30:88

2015-06-30:96.3

2014-06-30:112.3

業績ランキングは

2425

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

エス・ディー・エス バイオテックの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
エス・ディー・エス バイオテック
なし

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/30(年度)2015/03/27(年度)2014/03/28(年度)2017/08/04(四半期)2017/02/09(四半期)2016/11/04(四半期)2016/08/05(四半期)2016/02/05(四半期)2015/11/06(四半期)
雑草雑草雑草雑草ダコニールダコニール原体原体原体原体
ダコニール原体ramcidesramcides原体原体ベンゾビシクロンベンゾビシクロン農薬水稲
原体ダコニール原体防除ipnベンゾビシクロン農薬殺菌剤集落営農殺虫
水稲水稲水稲原体農薬ipn農薬取締法ダクタール殺菌剤殺虫剤
除草剤除草剤ダコニール水稲水稲農薬ダクタール農業環境ダコ除草剤
ramcides防除除草剤除草剤除草剤水稲農繁期カルブチレート生物農薬カフェンストロール
防除殺菌剤防除ipm製剤除草剤農繁農繁ダクタールダクタール
ipmipm殺菌剤多年生中間体農薬取締法カルブチレート農繁期農業環境農繁期
多年生ネマモールipmヒエカフェンストロール中間体ダイムロンダイムロン農繁期カルブチレート
殺菌剤多年生多年生殺菌剤農繁期ダクタールダコニールダコニール農繁ベンゾビシクロン
生物農薬生物農薬生物農薬農薬農繁農繁期水和インド共和国ベンゾビシクロン農繁
cienceramcides殺虫剤殺虫剤カルブチレート農繁バイオ燃料水和カルブチレートダイムロン
cropscience農薬農薬ダコニールバイオ燃料カルブチレート干ばつ製剤ダイムロンダコニール
農薬殺虫剤バチルスネマモール農業ダイムロン農業バイオ燃料ダコニールバイオ燃料
病害虫バチルス新河アゼナ閑散病害虫顆粒干ばつ農業農業
ベンゾビシクロン新河ネマモールコナギ油剤水和水稲顆粒営農農林水産業
殺虫剤アゼナアゼナ病害虫農作物バイオ燃料農作物水稲水和農作物
バチルスホタルイホタルイ病害殺虫農業殺虫閑散干ばつ殺菌剤
ipn線虫コナギイネ殺菌剤顆粒殺菌剤農業洪水農林
新河コナギ病害虫生物農薬殺虫剤農作物殺虫剤農作物耕作放棄地肥料
ネマモール病害虫病害薬害肥料殺虫generic殺虫米価農薬
アゼナ病害殺虫耐性菌農産物殺菌剤除草剤殺虫剤顆粒水産
ホタルイ水和うどんこ病tpn規格殺虫剤肥料除草剤水稲金融市場
線虫ダコ薬害乳剤eugeneric農産物肥料殺虫高齢化
コナギ殺虫クロ金融資本生地製剤農薬殺虫剤高齢
クロップスうどんこ病殺虫構造改革肥料eueu除草剤政権
病害薬害cienceベンゾビシクロン政権農産物金融資本金融資本穀物興国
水和cropscience興国製剤消費者マインド消費者マインド生物
イネcience耐性菌有効成分繰延税金負債eu構造改革政権肥料プラン
殺虫cropsciencetpnフマキラー資材金融資本興国興国農産物原油価格
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170804)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

エス・ディー・エス バイオテックの類似企業へ

エス・ディー・エス バイオテックの業績推移

エス・ディー・エス バイオテックの同業他社

業績 (2015-06-30)

(2015-06-30) ”当社企業グループ(当社及び当社の関係会社)においては、化学肥料の製造販売、化成品の製造販売に関わる事業を行っており、各事業内容と当社及び関係会社の当該事業における位置付け並びにセグメントとの関連は、次のとおりであります。更に全国農業協同組合連合会は当社の大口、かつ安定した取引先であり同会に対する連結売上比率も高いことなどから当社の親会社に該当することとなりました。当社が100%出資する連結子会社である朝日産業(株)と岩手興産(株)は、平成26年10月1日を効力発生日として合併しております。また、非連結子会社であった芳田化工有限公司は、平成27年3月に清算いたしました。...(20150626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、連結財務諸表提出会社(以下「当社」といいます。)および子会社25社、関連会社12社により構成されております。ニッサン ケミカル ヨーロッパ S.A.R.L.、以上の当社グループについて図示すると、次のとおりであります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営んでいる主な事業内容(セグメント情報の事業区分)と事業を構成する当社及び関係会社(子会社13社、関連会社6社)の当該事業に係わる位置づけは次のとおりであります。当社と連結子会社である大成肥料(株)、東西肥料(株)が肥料を製造・販売しております。連結子会社である多木物産(株)が肥料・農業関連資材などを販売しております。当社が水処理薬剤、機能性材料などを製造・販売しております。連結子会社である多木建材(株)が石こうボードを製造・販売しております。連結子会社であるしき島商事(株)が石油の販売などをしております。当社と連結子会社である別府鉄道(株)が商業ビル及...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社24社及び関連会社5社により構成され、酸化チタンを軸とする無機化学分野と、農薬を軸とする有機化学分野における化学工業製品の製造・販売及びその他の事業の3部門に関する事業を行っております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1(1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。酸化チタンは、当社及び富士チタン工業(株)で製造し、国内はもとより世界市場に向けて直接・間接に販売しております。台湾石原産業(股)は、当社グループの酸化チタン製品等の輸入・販売業務を行っております。機能材料は、当社及び富士チタン工業(株)が製造し...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、片倉コープアグリ株式会社(以下「当社」という。当社、大日本産肥株式会社(連結子会社)、株式会社アグリドック(連結子会社)及び宮古カルサイン株式会社(連結子会社)が製造・販売を行っております。また、当社が全国農業協同組合連合会(その他の関係会社)から原材料を購入し、同会に製品を販売しております。そのほか、当社が丸紅株式会社(その他の関係会社)から原材料を購入し、同社に製品を販売しております。当社、コープ商事物流株式会社(連結子会社)及び防城天睦化工有限公司(関連会社)が製造・販売しております。当社及びコープ商事物流株式会社(連結子会社)が不動産の賃貸を行っております。当社及び株式...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社10社及び関連会社3社から構成されており、その主な事業内容は各種肥料の製造・販売、肥料・工業用原材料等の輸入・販売及び不動産賃貸であり、他に関連する事業として、ホテル事業・運送事業・倉庫事業を展開しております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。化成肥料、配合肥料を中心とした各種製品は、当社が製造・販売を行っているほか、協同肥料(株)、北海道肥料(株)、中日本肥料(株)、丸菱肥料(株)、新東化学工業(株)、中菱肥料(株)、菱東肥料(株)及び太陽肥料(株)も製造・販売を行って...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社38社及び関連会社9社(平成29年3月31日現在)により構成されており、化学品事業、農業化学品事業、商社事業、運輸倉庫事業、建設事業等国内外での製品の製造・販売及びサービスの提供を主な事業としております。(工業薬品) 工業薬品の製造、販売を当社が行っております。当社は、上越日曹ケミカル(株)に対し製品の一部を製造委託しております。(化成品) 化成品の製造、販売を当社が行っております。当社は、ニッソーファイン(株)、上越日曹ケミカル(株)に対し製品の一部を製造委託しております。当社はNISSO AMERICA INC.、NISSO CHEMICAL EUROPE Gm...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社5社で構成され、その主な事業内容と当社および主な関係会社は次のとおりであります。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(川崎化成工業(株)(以下、「当社」という))、親会社であるエア・ウォーター(株)、連結子会社のカワカ産業(株)の3社で構成されており、化学品事業を主たる事業とし、併せてこれに関連する事業活動を行っております。当社は、有機酸製品、有機酸系誘導品及びキノン系製品の製造、販売を行っております。親会社エア・ウォーター(株)は、当社の一部製品の中間原料を受託製造しております。また、当社は製品の一部を同社に販売しております。連結子会社カワカ産業(株)は、施設の管理運営、警備、構内諸作業、生活支援その他のサービス提供を行っております。同社は、当社川崎工場内の施設管理、警...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社1社で構成され、医薬、農薬、機能性等の各種用中間物及び界面活性剤の製造販売を主な内容とし、さらに、各事業に関連する研究及びサービス等の事業活動を展開しています。子会社は次のとおりです。スガイケミー株式会社 ..................... 化学製品等の販売及び生産補助業務等...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、火工品事業及び賃貸事業を営んでおります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社は火工品を製造し、製品の大部分を外部顧客に販売しております。株式会社ホソヤエンタープライズは、役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社としての関連当事者であります。株式会社ホソヤエンタープライズには、主に原材料を供給して外注加工を発注し、半製品を購入しておりますが、重要な取引ではありません。当社は、大型商業店舗、大型実験棟や火薬庫の施設を賃貸しております。火薬庫の一部について、株式会社ホソヤエンタープライズに賃貸しております。...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団(当社グループ)は、当社と連結子会社2社の合計3社で構成されており、害虫防除剤、病害防除剤等農業薬品の製造販売を主な事業としております。なお、当社グループは、農薬の製造、販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。連結子会社Kanesho Soil Treatment SPRL/BVBAは、農業用土壌消毒剤の原体及びバルクを当社及び世界90カ国へ販売しております。連結子会社AGRO-KANESHO KOREA CO., LTD.は、韓国国内での当社グループ製品販売及び普及推進を行っております。以上の企業集団について図示すると次のとおりであります。...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-01-31)

(2017-01-31) ”当社グループは、当社及び子会社4社(連結子会社3社、持分法適用非連結子会社1社)、関連会社8社(うち持分法適用関連会社5社)、その他の関係会社1社で構成されており、その事業内容と各関係会社の当該事業に係わる位置付けは、次のとおりであり、セグメントと同一区分であります。稲・棉花・畑作用除草剤、稲・果実・そ菜・園芸用殺菌剤等の原体及び農薬原料を製造、販売しております。クミアイ化学工業(株)との共同開発である農薬原体につきましては、当社が製造し、クミアイ化学工業(株)に販売しております。製品の主要原材料等を、連結子会社イハラニッケイ化学工業(株)及びケイ・アイ化成(株)並びに関連会社上海群力化工有限...(20170125に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社および連結子会社4社(北興産業(株)、美瑛白土工業(株)、ホクコーパツクス(株)、張家港北興化工有限公司)により構成されており、農薬並びにファインケミカル製品の製造・販売を主たる事業として行っております。農薬につきましては、当社が主として製造しておりますが、当社で使用する農薬用白土および農薬原料の一部は、連結子会社美瑛白土工業(株)が製造しております。製品の販売につきましては、当社が主として行っておりますが、一部の農薬は、連結子会社北興産業(株)が販売しており、連結子会社美瑛白土工業(株)は、銅基剤、白土およびバルーン等を販売しております。電子材料原料等のファインケミカル製...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当グループは、当社、子会社10社(うち連結子会社8社)及び関連会社9社(うち持分法適用関連会社6社)で構成され、化学品セグメント(主として農薬の製造・販売業)、賃貸セグメント(不動産賃貸業)及びその他(発電及び売電業、各種印刷物の製造・販売業、運送・倉庫業、情報サービス業等)を行っております。当社は殺虫剤、殺菌剤、除草剤などの農薬を製造し、農協の全国組織であります全国農業協同組合連合会を通じて国内に販売しております。製品の一部は連結子会社の尾道クミカ工業(株)に生産委託しております。 非農耕地用薬剤等につきましては、持分法適用関連会社の(株)理研グリーンを通じて国内の需要先に販売しております。...(20170130に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは日本農薬株式会社(当社)及び関係会社20社で構成されており、その内訳はその他の関係会社1社、連結子会社10社、非連結子会社3社、関連会社6社(持分法適用関連会社2社)です。事業としては、農薬の製造・販売を主として行っており、この他にも医薬品の製造、関係会社による造園緑化工事、スポーツ施設の経営、不動産の賃貸、農薬の生産・物流業務等の請負、建物の付帯設備の営繕、作物・環境中の残留農薬の分析等を行っています。当社が製造し、全国に跨る特約店網、JA、全農及び農薬メーカー等を通じて販売しています。連結子会社のNichino America,Inc.、Hyderbad Chemical Pv...(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,プラス成長に回復経常利益3年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益3年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、サンケイ化学株式会社(以下当社)及び、子会社2社、関連会社1社により構成されており、農薬の製造販売、ならびに農薬に関連した防除事業を主な事業内容としております。当社は製造した製品、及び関係会社等を通じて仕入れた商品を全国農業協同組合連合会(全農)を通じて経済連・農協に、他は商社及び特約店等を通じて販売しております。また、関係会社を通じて製品・商品を販売しております。関係会社は製造した製品、及び仕入れた商品を商社及び特約店等を通じて販売しております。...(20170222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

エス・ディー・エス バイオテックの同業他社をもっと見る

エス・ディー・エス バイオテックの関連統計

統計分類検索へ

エス・ディー・エス バイオテックの基本情報

企業名 株式会社エス・ディー・エス バイオテック
カナ カブシキガイシャエスディーエスバイオテック
英語名 SDS Biotech K.K.
業種 化学
所在地 中央区東日本橋一丁目1番5号
ホームページ http://www.sdsbio.co.jp/
EDINET E21969
証券コード 4952
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(4952)
決算日 03月31日