比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

藤倉ゴム工業の最新業績

業界:ゴム工業品業界すぐ比較

藤倉ゴム工業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から藤倉ゴム工業の事業内容についても確認できます。 注意:藤倉ゴム工業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:0.23

2017-03-31:-2.43

2016-12-31:-4.86

2016-09-30:-6.46

売上高

2017-06-30:80億9394万

2016-06-30:72億1042万

2015-06-30:76億1299万

2014-06-30:71億1558万

売上総利益

2017-06-30:21億5005万

2016-06-30:18億2409万

2015-06-30:18億3304万

2014-06-30:17億6414万

営業利益

2017-06-30:5億9114万

2016-06-30:3億4498万

2015-06-30:3億4000万

2014-06-30:4億0666万

経常利益

2017-06-30:6億7336万

2016-06-30:2億6361万

2015-06-30:3億9865万

2014-06-30:4億1292万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:4億5275万

2016-06-30:1億9133万

2015-06-30:2億7208万

2014-06-30:2億4400万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:1億4000万

2016-06-30:113万

2015-06-30:4億6136万

2014-06-30:-599万

営業CF

2017-03-31:21億3413万

2016-03-31:26億4057万

2015-03-31:12億3653万

2014-03-31:52億2886万

投資CF

2017-03-31:-25億6078万

2016-03-31:-15億5373万

2015-03-31:-9億9805万

2014-03-31:-23億5036万

財務CF

2017-03-31:-4億1521万

2016-03-31:-7億9503万

2015-03-31:-11億8131万

2014-03-31:362万

総資産

2017-06-30:336億7219万

2016-06-30:314億3040万

2015-06-30:325億2379万

2014-06-30:295億9916万

流動資産

2017-06-30:196億6216万

2016-06-30:188億8269万

2015-06-30:195億3196万

2014-06-30:180億7428万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:40億8521万

2016-03-31:51億4988万

2015-03-31:49億4079万

2014-03-31:55億2549万

現金及び預金

2017-06-30:42億6788万

2016-06-30:48億0398万

2015-06-30:51億3945万

2014-06-30:40億9826万

固定資産

2017-06-30:140億1002万

2016-06-30:125億4771万

2015-06-30:129億9182万

2014-06-30:115億2488万

負債

2017-06-30:99億4789万

2016-06-30:86億3248万

2015-06-30:95億0209万

2014-06-30:87億7553万

流動負債

2017-06-30:82億0856万

2016-06-30:69億1697万

2015-06-30:78億3854万

2014-06-30:66億1307万

固定負債

2017-06-30:17億3933万

2016-06-30:17億1550万

2015-06-30:16億6354万

2014-06-30:21億6245万

もっと見る

純資産

2017-06-30:237億2429万

2016-06-30:227億9792万

2015-06-30:230億2170万

2014-06-30:208億2363万

従業員数

2017-03-31:2071

2016-03-31:1727

2015-03-31:1611

2014-03-31:1617

臨時従業員数(外)

2017-03-31:685

2016-03-31:778

2015-03-31:733

2014-03-31:722

売上総利益率

2017-06-30:26.6

2016-06-30:25.3

2015-06-30:24.1

2014-06-30:24.8

売上営業利益率

2017-06-30:7.3

2016-06-30:4.8

2015-06-30:4.5

2014-06-30:5.7

売上経常利益率

2017-06-30:8.3

2016-06-30:3.7

2015-06-30:5.2

2014-06-30:5.8

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:5.6

2016-06-30:2.7

2015-06-30:3.6

2014-06-30:3.4

ROA

2017-06-30:5.2

2016-06-30:2.4

2015-06-30:3.2

2014-06-30:3.2

ROE

2017-06-30:7.6

2016-06-30:3.2

2015-06-30:4.8

2014-06-30:4.8

自己資本比率

2017-06-30:70.5

2016-06-30:72.5

2015-06-30:70.8

2014-06-30:70.4

流動比率

2017-06-30:239.5

2016-06-30:273

2015-06-30:249.2

2014-06-30:273.3

固定比率

2017-06-30:59.1

2016-06-30:55

2015-06-30:56.4

2014-06-30:55.3

業績ランキングは

2355

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

藤倉ゴム工業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
藤倉ゴム工業

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/12(四半期)
フジクラフジクラフジクラputterプロツアevolutionシャフトシャフトシャフトブランケット
haiphonghaiphonghaiphongカーボン登山靴登山靴登山靴mciブランケットplatinum
compositecompositecomposite登山靴電気材料電気材料mci電気材料platinum電気材料
藤栄藤栄キャラバンhaiphongブランケット電気材料
スポーツ用品スポーツ用品藤栄離脱交渉シャフトゴルフゴルフゴルフキャラバン
スポーツ用品電気材料アウトドア用品シャフトアウトドア用品ゴルフゴルフ
フジクラevolutionアウトドア用品evolutionアウトドア用品キャラバンシャフト
シャフトシャフトカーボンカーボンカーボンevolutionアウトドア用品
アウトドア用品アウトドア用品シャフトdiamond舶用舶用舶用自然環境アウトドア用品evolution
プロツアjack wolfskinアウトドア用品compositeスポーツ用品スポーツ用品スポーツ用品カーボンevolution工房
カーボンカーボンjack wolfskinシャフトグローバル企業グローバル企業舶用工房カーボン
登山靴登山靴リシャフトアウトドア用品環境負荷環境負荷コミットメントスポーツ用品カーボン舶用
iermciツアープロmc米国大統領荷動きグローバル企業シューズ災害スポーツ用品
電気材料ierカーボンevolution品種品種コミットメント舶用シューズ
graphics電気材料舶用商用車ゴルフ資源価格環境負荷グローバル企業スポーツ用品不動産市場
製造工程graphicsハイフォン市舶用資源価格まま軽量環境負荷シューズコミットメント
キャラバンゴルフmciスポーツ用品技術開発技術開発ファン荷動きコミットメントグローバル企業
er製造工程ier乗用車材料材料資源価格品種グローバル企業環境負荷
資材キャラバン電気材料荷動き部材液晶技術開発機材環境負荷荷動き
incincgraphicsゴム金融市場コストダウン液晶生産量荷動き品種
speed資材製造工程自動車メーカー液晶災害貸出資源価格品種機材
ゴルフevolution資材ゴルフコストダウン自動車コストダウン産業機械機材生産量
evolution舶用incユーロ災害ii災害技術開発生産量資源価格
舶用荷動き機材材料自動車電力ii部材資源価格まま
米国大統領america福島第一原子力発電所部材電力マーケットマーケット液晶技術開発技術開発
america機材ゴルフ液晶マーケット半導体半導体貸出部材液晶
oa物流evolution半導体シェア資材液晶貸出
品種産業機械air精密シェアインフラ為替コストダウン貸出コストダウン
物流液晶シューズ為替工業製品災害コストダウン災害
oem原子力機器インフラ資材物流自動車情報通信自動車
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

藤倉ゴム工業の類似企業へ

藤倉ゴム工業の業績推移

藤倉ゴム工業の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、子会社12社及び関連会社1社により構成)は、同種・同系列の各種部品及び部品素材の製造を業とする単一事業を営んでおり、主な事業内容及び当該事業に係る各社の位置づけ並びにセグメントとの関連は次のとおりであります。当部門においては、家電用ホース(掃除機用・洗濯機用・エアコン用のホース)及び産業用ホース(一般産業用・土木建築用・住宅用等のホース)を製造・販売しております。セグメント区分は製造拠点ごとの区分によっており、当該区分ごとの主要な関係会社の名称は、以下のとおりであります。(日本)当社、武庫川化成(株)、ラバー・フレックス(株)(米州)Tigerflex Corporatio...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社企業集団は昭和ホールディングス株式会社(当社)及び連結子会社18社、持分法適用関連会社9社により構成され、Digital Finance事業、スポーツ事業、コンテンツ事業、ゴム事業を主な内容とし事業活動を展開しております。また、主要な関係会社における異動は、以下のとおりであります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当事業は、主にタイ王国、カンボジア王国、ラオス人民民主共和国及びインドネシア共和国において当社グループ独自のFintechを中心としたDigital Financeを展開しております。主な関係会社は、Group Lease PCL.であります。当事業は、ソ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社関係会社)は、当社(日東化工株式会社)、子会社1社及び関連会社1社により構成されており、ゴム製品、樹脂製品の製造・販売を主たる業務としております。ゴム事業: 主な製品はコンパウンド、シート、マット、成形品等であります。成形品製品の一部については、PERUBCO NITTO KAKO CO.,LTD.に生産を委託しております。尚、マット製品の一部については、湘南エヌティケー(株)に販売し、同社が施工・販売しております。樹脂事業: 主な製品は、高機能樹脂コンパウンド及び樹脂洗浄剤等であります。以上の親会社等の企業グループ及び当社グループの状況について図で示すと次の通りであ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(当社)、連結子会社13社および関連会社3社(うち持分法適用会社1社)で構成され、自動車用部品ならびに建築・土木・化粧品等の業界向け一般産業資材を製造販売しております。自動車用部品事業においては、ゴム・樹脂シール製品(ドアシール、ドリップシール、トランクシール、グラスランチャンネル)および内外装製品(ドアオープニングトリム、ドアホールシール)等を当社が製造販売するほか、連結子会社の西川物産(株)、(株)西川ゴム山口ほかに製造を、(株)西川ビッグオーシャンほかに加工を委託しております。また、海外においてはニシカワ・クーパー LLCが主に北米地域の製造拠点として...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/23

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、親会社である株式会社朝日ラバーおよび子会社5社より構成されており、工業用ゴム製品および医療・衛生用ゴム製品の製造・販売事業ならびにこれらに付帯する事業を営んでおります。(1) 工業用ゴム事業............... 主要な製品は、車載用機器、電子・電気機器、産業機器、スポーツ用品等に使用されるゴム製品であります。当社および東莞朝日精密橡膠制品有限公司で製造し、販売は当社、子会社朝日橡膠(香港)有限公司が国内および中国を除くアジア諸国へ販売し、東莞朝日精密橡膠制品有限公司は中国へ販売し、欧米向けには子会社ARI INTERNATIONAL CORPORATIONが販売しており...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ニチリン(当社)、子会社14社(連結子会社14社)、関連会社1社(持分法適用会社1社)およびその他の関係会社1社により構成されております。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ピーティー.ニチリン インドネシア当社グループについて図示すると次のとおりであります。...(20170424に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社フコク)及び連結子会社17社、持分法適用会社1社により構成されており、機能品事業、防振事業、金属加工事業、ホース事業、新事業を主な事業として営んでおります。次の5事業はセグメントの区分と同一であります。機能品事業・・・・シール部品及びワイパーブレードラバー等の製品の製造販売であります。当社及び韓国フコク(株)、サイアムフコク(株)、(株)フコク東海ゴムインドネシア、フコクインディア(株)、フコクベトナム(有)、上海フコク有限公司、東莞フコク有限公司、フコクアメリカインク、フコクメキシコ(株)、フコクチェコ(有)が製造しております。販売につ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(当社、子会社27社及び関連会社10社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、ベルト・ゴム製品、ホース・チューブ製品、その他産業用製品、不動産、経営指導を主たる事業としております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。ニッタコーポレーションオブアメリカ、ニッタホールディングB.V.、ニッタインダストリーズヨーロッパGmbH、ニッタコーポレーションオブシンガポールPTE LTD、三友産業(香港)有限公司、ニッタ精密伝動(常州)有限公司、賛友貿易(深圳)有限公司、ニッタ(上海)企業管理有限公司、ニッタコーポレーションインディアPvtLtd、ニッ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社、子会社80社及び関連会社9社により構成されており、自動車用品及び一般産業用品の製造販売を主な事業とし、その製品は多岐にわたっております。SumiRiko Ohio, Inc.(米国)SumiRiko Tennessee, Inc.(米国)SumiRiko Poland Sp. z o.o.(ポーランド)Tokai Eastern Rubber (Thailand) Ltd.(タイ)Dytech-Dynamic Fluid Technologies S.p.A....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社2社及び関連当事者1社で構成され、ヘルスケア製品(主に医療用ゴム・ポリウレタン製品及び生活自助具)、プラスチック製品(主に包装用チューブ・フィルム)、その他製品の製造販売を主な内容とし、さらに各事業に関連する研究開発及び社会福祉に役立つ介護サービス等の事業活動を展開しております。なお、当社グループの事業は、セグメントと同一の区分であります。ヘルスケア事業...............当社が製造販売しており、子会社相模マニュファクチャラーズ有限公司は、当社との営業取引(同社に対する販売及び同社からの仕入)をしております。また、当社製品の一部を子会社(株)ラジアテックス...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社25社および関連会社9社で構成され、自動車部品事業、産業資材事業、高機能エラストマー製品事業の製造・販売および加工を主な内容とし、さらにロボット事業、不動産業等のその他の事業を展開しております。製造・加工・販売については、国内では子会社 東日本バンドー株式会社、福井ベルト工業株式会社、西日本バンドー株式会社、関連会社 バンドー・ショルツ株式会社、海外では子会社 Bando USA, Inc.、Bando Jungkong Ltd.、Bando Korea Co., Ltd.、Bando Belt (Tianjin) Co., Ltd.、Bando (Shanghai...(20170809に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-06-30)

(2016-06-30) ”当社グループは、当社、子会社35社及び関連会社3社で構成されており、自動車用並びにその他の使用に供するゴム及び合成樹脂製品の製造販売を主な内容とした事業活動を展開しております。また、日産自動車(株)はその他の関係会社であり、主要な得意先であります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。当社は、自動車用並びにその他の使用に供するゴム及び合成樹脂製品の製造販売を行っております。子会社の(株)キヌガワ郡山、(株)キヌガワ大分及び佐藤ゴム化学工業(株)で車体シール部品を製造しており、当社で仕入れて販売しております。子会社のナリタ合成(株)及び(株)キヌガワ防振部品で防振部品を製造し...(20160628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社2社で構成され、主にゴム製品及び精密機器等の製造・販売及びそれらに付帯する事業を行っております。また、当社グループの事業は、セグメントと同一の区分であります。当社は、医療機器等のゴム製品の製造・販売を行っております。不二ライフ(株)は、主に当社製品(コンド-ム)の販売事業を行っております。当社が精密機器(主に緩衝器)の製造・販売を行っております。FUJI LATEX SHANGHAI CO., LTD.は、主に緩衝器の輸出入及び中国国内での販売を行っております。当社が風船及び販売促進用品等の販売を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社58社、関連会社11社より構成されており、自動車部品とオプトエレクトロニクス製品に関する事業を行っております。当事業においては、ドアウェザストリップ・ガラスランなどのウェザストリップ製品、機能系コンポーネント・燃料タンクモジュール構成部品などの機能部品、インストルメントパネル・コンソールボックスなどの内外装部品、ハンドル・エアバッグモジュールなどのセーフティシステム製品など、自動車部品およびその金型・機械装置を製造・販売しております。当事業においては、液晶バックライト・照明光源用の高光度LEDランプ・チップ製品などを製造・販売しております。...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社54社で構成され、スポーツシューズ類、スポーツウエア類、スポーツ用具類などスポーツ用品等の製造販売を主な事業内容としております。子会社であるアシックスジャパン(株)を通じて、当社ブランド製品を販売しております。また、当社ブランド製品を取引先より直接購入し、当社にロイヤルティを支払っております。子会社であるアシックス商事(株)は、各地域の子会社へ当社ブランド製品の仲介貿易を行っており、また、自社企画・開発製品の販売を行っております。加えて、一部の当社ブランド製品の販売に伴い、当社にロイヤルティを支払っております。子会社であるアシックスアメリカコーポレーションなどを...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社28社で構成され、主にスポーツ用品関連事業を展開しております。なお、次の4地域は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。用品の製造及び販売を行う当社と(株)フォーティーン、用品の販売を行う(株)ワールドスポーツ、ウインザー商事(株)、部品の販売及び用品の修理を行う(株)スポーツライフプラネッツ及び用品の製造を行う那須ダイワ(株)があります。その他、福利厚生事業を行う(株)デスコ、倉庫荷役業務を行う(株)ロジスポがあります。用品の販売を行うダイワ・コーポレーションがあります。用品の製造及び販売を...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、美津濃株式会社(当社)を中心として、子会社20社及び関連会社4社で構成されており、スポーツ品の製造及び販売を主な事業内容としております。 なお、次の4地域は「第5 経理の状況 1 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ベースボール品、スポーツウエア、スポーツシューズ、ゴルフ品などスポーツ品全般の製造及び販売を主たる事業としております。そのほか、日本国内ではスポーツ施設の建設工事(当社)、スポーツ施設の運営及び運営受託(当社及びミズノスポーツサービス株式会社)、スクールビジネス(当社)並びにスポーツ機器の製造・販売(セノー株式会社ほか)などの事業...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社および子会社13社、関連会社2社で構成されており、主として繊維製品を中心に各種スポーツ用品の製造・販売を行っております。なお、当社グループは、スポーツ用品関連事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。アウトドアスタイル関連商品.........登山用ウエア、マリンウエア、アウトドア用品および関連商品アスレチックスタイル関連商品......トレーニングウエア、テニスウエア、フィットネスウエア、スイムウエア、アクティブスタイル関連商品.........スキーウエア、スノーボードウエア、モーターサイクルウエアおよび関連商品そ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,プラス成長に回復経常利益黒字へ回復,プラス成長に回復当期純利益2年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

藤倉ゴム工業の同業他社をもっと見る

藤倉ゴム工業の関連統計

統計分類検索へ

藤倉ゴム工業の基本情報

企業名 藤倉ゴム工業株式会社
カナ フジクラゴムコウギョウカブシキガイシャ
英語名 Fujikura Rubber Ltd.
業種 ゴム製品
所在地 江東区有明三丁目5番7号 TOC有明
ホームページ http://www.fujikurarubber.com/
EDINET E01094
証券コード 5121
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(5121)
決算日 03月31日