比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

大阪チタニウムテクノロジーズの最新業績

大阪チタニウムテクノロジーズの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から大阪チタニウムテクノロジーズの事業内容についても確認できます。 注意:大阪チタニウムテクノロジーズの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-6.75

2017-03-31:-8.06

2016-12-31:-9.11

2016-09-30:-10

売上高

2017-06-30:89億5600万

2016-06-30:85億1700万

2015-06-30:120億5500万

2014-06-30:83億7200万

売上総利益

2017-06-30:15億6100万

2016-06-30:11億9900万

2015-06-30:13億1200万

2014-06-30:24億9200万

営業利益

2017-06-30:2億3100万

2016-06-30:-1億3900万

2015-06-30:1億7300万

2014-06-30:13億2200万

経常利益

2017-06-30:2億6200万

2016-06-30:-9億7400万

2015-06-30:3億7000万

2014-06-30:16億8800万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:1億5800万

2016-06-30:-7億0600万

2015-06-30:2億2900万

2014-06-30:12億8300万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:-19億0500万

2016-03-31:60億7700万

2015-03-31:168億0900万

2014-03-31:111億0700万

投資CF

2017-03-31:-19億0900万

2016-03-31:-21億2900万

2015-03-31:-40億1900万

2014-03-31:-23億6000万

財務CF

2017-03-31:40億4800万

2016-03-31:-52億8300万

2015-03-31:-103億3800万

2014-03-31:-111億5400万

総資産額

2017-06-30:935億5800万

2016-06-30:900億3500万

2015-06-30:1022億0300万

2014-06-30:1085億4600万

流動資産

2017-06-30:445億6600万

2016-06-30:376億5900万

2015-06-30:400億5500万

2014-06-30:425億3100万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:21億8200万

2016-03-31:20億3600万

2015-03-31:34億6700万

2014-03-31:9億2800万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:48億8600万

2016-06-30:12億5400万

2015-06-30:15億2300万

2014-06-30:19億4900万

固定資産

2017-06-30:489億9100万

2016-06-30:523億7600万

2015-06-30:621億4700万

2014-06-30:660億1500万

負債

2017-06-30:590億4800万

2016-06-30:569億3100万

2015-06-30:589億9900万

2014-06-30:662億6800万

流動負債

2017-06-30:262億9500万

2016-06-30:311億6100万

2015-06-30:251億2300万

2014-06-30:186億6900万

固定負債

2017-06-30:327億5300万

2016-06-30:257億7000万

2015-06-30:338億7500万

2014-06-30:475億9900万

純資産額

2017-06-30:345億0900万

2016-06-30:331億0400万

2015-06-30:432億0400万

2014-06-30:422億7800万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:766

2016-03-31:746

2015-03-31:750

2014-03-31:739

臨時従業員数(外)

2017-03-31:98

2016-03-31:74

2015-03-31:68

2014-03-31:110

売上総利益率

2017-06-30:17.4

2016-06-30:14.1

2015-06-30:10.9

2014-06-30:29.8

売上営業利益率

2017-06-30:2.6

2016-06-30:-1.6

2015-06-30:1.4

2014-06-30:15.8

売上経常利益率

2017-06-30:2.9

2016-06-30:-11.4

2015-06-30:3.1

2014-06-30:20.2

売上純利益率

2017-06-30:1.8

2016-06-30:-8.3

2015-06-30:1.9

2014-06-30:15.3

もっと見る

ROA

2017-06-30:0.8

2016-06-30:-3.2

2015-06-30:0.8

2014-06-30:4.8

ROE

2017-06-30:2

2016-06-30:-8.4

2015-06-30:2

2014-06-30:12

自己資本比率

2017-06-30:36.9

2016-06-30:36.8

2015-06-30:42.3

2014-06-30:38.9

流動比率

2017-06-30:169.5

2016-06-30:120.9

2015-06-30:159.4

2014-06-30:227.8

固定比率

2017-06-30:142

2016-06-30:158.2

2015-06-30:143.8

2014-06-30:156.1

業績ランキングは

2811

(3061社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

大阪チタニウムテクノロジーズの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
大阪チタニウムテクノロジーズ

キーワードの推移
2017/06/26(年度)2016/06/27(年度)2015/06/22(年度)2017/08/09(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/09(四半期)2016/02/15(四半期)2015/11/11(四半期)2015/08/10(四半期)
ポリシリコンポリシリコンポリシリコンチタンポリシリコンチタンヘビーチタンチタンチタン
チタンチタンチタンポリシリコンチタンポリシリコンチタンポリシリコンポリシリコンポリシリコン
神戸製鋼所神戸製鋼所神戸製鋼所tilop製造所tilopポリシリコンスポンジtilopヘビー
塩化チタン塩化チタン塩化チタンロップ高圧線ロップボトムtilopロップtilop
新日鐵住金新日鐵住金新日鐵住金戸前tilop海水淡水化tilopロップスポンジロップ
tiloptilopスポンジ純度ロップ熱交換器ロップ切替切替ミニマム
ロップスポンジtilop粉末戸前海水淡水化戸前戸前ボトム
インゴットロップロップ半導体鉄塔プレート戸前純度半導体スポンジ
スポンジ神鋼商事三井住友ファイナンス&リース材料関西電力純度純度粉末純度戸前
純度インゴットインゴット航空機海水淡水化粉末粉末トラブル粉末純度
製造所トラブル純度液晶熱交換器半導体粉末
丸紅純度水溶液航空戸前円高半導体半導体材料スクラップ
粉末丸紅粉末プラント航空機航空機材料液晶サプライチェーン
高圧線水溶液支払手形プレート材料材料液晶棚卸半導体
水溶液粉末サプライチェーンコスト純度液晶液晶受け手電力航空機
トラブル三井住友ファイナンス&リース航空機手形粉末プラント航空電力原油価格材料
神鋼商事海水淡水化住友商事配当金トラブル航空仕掛品原油価格ユーザ液晶
住友商事材料研究開発火災ユーザ航空
機体材料半導体製品半導体興国棚卸コスト原油価格
鉄塔熱交換器熱交換器材料原油棚卸
材料戸前戸前金融資本興国コスト資金コスト
関西電力歩留りシリコン売上高航空機原油債権
海水淡水化プラントスクラップ成績為替レート円高配当金配当金原油
住友商事プレートパネル支払手形大型研究開発研究開発配当金
熱交換器半導体アルミ液晶棚卸差額製品研究開発
戸前シリコン電子材料航空資金為替
プラント建設機械為替債権売上高売上高
プレートアルミ商社仕入れ研究開発成績売上高
半導体電子材料鉄鋼債権製品成績成績
シリコンスポット電力手形
年度or届出書
四半期or半期

(20170626)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

大阪チタニウムテクノロジーズの類似企業へ

大阪チタニウムテクノロジーズの業績推移

大阪チタニウムテクノロジーズの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(アルコニックス株式会社)、連結子会社33社、関連会社6社(うち、持分法適用関連会社4社)により構成されており、アルミ、銅、ニッケル、レアメタル・レアアース等の各種製品並びにそれらの原材料の輸出、輸入及び国内取引の業務を行うほか、金属加工を中心とした製造業への事業拡大を行っています。特に近年、製造業のM&A、事業投資に注力した結果、利益面で製造業の比率が飛躍的に高まっており、商社機能と製造業を融合した新しい企業集団の形成が進んでおります。当社グループを取り巻く非鉄金属業界は鉱山会社、精錬メーカー、圧延・加工メーカーと各工程に介在する商社で成り立っており、当社グループの事業は...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の関係会社は国内子会社8社(連結子会社6社、非連結子会社2社)及び海外子会社12社(連結子会社10社、非連結子会社2社)であります。また、当社のその他の関係会社は新日鐵住金株式会社と三菱マテリアル株式会社であり、当社は当該両社のグループに属しております。なお、新日鐵住金株式会社と三菱マテリアル株式会社は、平成29年2月15日に両社が保有する当社株式の一部を売却しております。その結果、当社は両社の持分法適用関連会社から除外されることとなり、両社は当社にとりましてその他の関係会社から主要株主へ異動しております。当社と当社の子会社で構成されるグループ(以下「当社グループ」といいます。)の事業は半...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”各セグメントにおける当社及び関係会社の位置付け等は次のとおりです。なお、次の4つのセグメントは「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。化成品セグメントにおいては、苛性ソーダ、ソーダ灰、塩化カルシウム、珪酸ソーダ、塩化ビニルモノマー、塩化ビニル樹脂、酸化プロピレン、イソプロピルアルコール、塩素系溶剤等を製造・販売しております。特殊品セグメントにおいては、多結晶シリコン、乾式シリカ、四塩化珪素、窒化アルミニウム、電子工業用高純度薬品、フォトレジスト用現像液等を製造・販売しております。Tokuyama Malaysia Sdn. Bh...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社128社及び関連会社14社(平成29年3月31日現在)により構成され、塩化ビニル、か性ソーダ等の製造・販売を主体とする「塩ビ・化成品事業」、シリコーンの製造・販売を主体とする「シリコーン事業」、セルロース誘導体、金属珪素等の製造・販売を主体とする「機能性化学品事業」、半導体シリコンの製造・販売を主体とする「半導体シリコン事業」、希土類磁石、合成石英製品等の製造・販売を主体とする「電子・機能材料事業」、信越ポリマーグループの事業および建設・修繕をはじめとする各種役務提供を行う「加工・商事・技術サービス事業」を営んでおり、当社及び関係会社が製造・販売等を分担し、相互に協...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社18社、非連結子会社3社で構成され、化学工業製品の製造販売を主な事業とし、その他の関連事業を行っております。当事業の事業内容は以下のとおりであります。・酸化チタン製品...・樹脂添加剤.........・バリウム製品......・触媒製品............・電子材料...............(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社1社並びに関連会社1社により構成されております。当社は、酸化チタン及び酸化鉄並びにこれらに付随する化学工業品の製造及び販売を行っております。子会社であるTKサービス株式会社(当社100%出資)は、当社の生産業務及び場内物流業務を行っております。関連会社である山東三盛鈦工業有限公司(当社44%出資)は、中国市場における化合繊向け酸化チタンの生産・販売を行っております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1) 財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント区分と同一であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社・非連結子会社2社により構成されており、プラスチック成形に関する事業を中心に展開しております。主要な製品は、シリコンウエハ出荷容器及びシリコンウエハ工程内容器等の半導体関連製品、フルイドシステム、電子部品、金型等のその他関連製品であります。半導体関連製品.........当社が製造・販売しております。その他関連製品.........当社、株式会社宮本樹脂工業(連結子会社)、有限会社創進ケミテック(非連結子会社)が製造・販売しております。主要な製品は、竪型射出成形機、金型及び関連製品であります。竪型射出成形機.........株式会社山城精機製作所(連結子会...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/12

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社5社の計6社で構成されており、消防・防災事業、航空・宇宙、工業用品事業、不動産賃貸事業を展開しております。主に、当社、桜ホース(株)並びに日本エス・エイ・エス(株)において、消防ホース、消防用吸管、防災救助資機材、労働安全機器などの製造販売を行っております。主に、当社、櫻テクノ(株)並びに(株)川尻機械において、航空・宇宙関連部品、金属部品、ダクト、複合材、石油関連ゴム製品、建築土木関連ゴム製品及びゴム製品等製造用金型などの製造販売と防水工事、その他土木・建設工事の施工を行っております。当社及び(株)二十一世紀において、主に笹塚ショッピング・モールの賃貸、運営を...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社7社(平成29年3月31日現在)により構成されており、事業は「研磨材等製造販売業」を営んでおります。FUJIMI-MICRO TECHNOLOGY SDN. BHD.(子会社)以上の当社グループについて図示すると、次のとおりとなります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社156社及び関連会社44社で構成され、セメント・生コンクリート等の製造・販売、銅・金・銀等の製錬・加工・販売、超硬製品・高機能製品の製造・販売、機能材料・化成品・電子デバイス・多結晶シリコン等の製造・販売、飲料用アルミ缶・アルミ圧延・加工品等の製造・販売、などを主に営んでおります。セメント事業 ...... 当社及び子会社菱光石灰工業(株)が産する石灰石等を原料として当社がセメントを製造し、関連会社宇部三菱セメント(株)が販売しております。また、米国において子会社米国三菱セメント社がセメントを製造・販売し、子会社MCCデベロップメント社の子会社が生コンクリートを製造...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社、子会社4社及び関連会社2社により構成されており、金属チタン事業のほか、プロピレン重合用触媒、超微粉ニッケル等の電子部品材料の製造、販売を主な事業としております。この他に親会社であるJXTGホールディングス(株)とその子会社のJX金属(株)があります。JXTGホールディングス(株)は、エネルギー事業、石油・天然ガス開発事業、金属事業を行う子会社及びグループ会社の経営管理並びにこれに付帯する業務を行っております。JX金属(株)は、JXTGホールディングス(株)の100%子会社であり、非鉄金属事業を主な事業の内容としております。Toho Titanium America Co.,...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、ローツェ株式会社(当社)、子会社8社、関連会社2社により構成されており、事業はモータ制御機器、半導体及び液晶用ガラス基板搬送装置の開発、製造、販売を主とした事業活動を行っております。各セグメントにおける主要品目、主要製品、及び開発・製造・販売を行う主要な会社は、以下のとおりであります。RORZE TECHNOLOGY, INC.RORZE AUTOMATION, INC.RORZE ROBOTECH CO., LTD.JIKA JIKA CO., LTD.また、当社グループの半導体・液晶関連装置事業における主要品目及び主要製品の概要は、次のとおりであります。...(20170606に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、当社の子会社19社及び関連会社5社で構成されており、その他の関係会社が1社あります。なお、平成29年5月9日付で新日鐵住金株式会社が所有する当社普通株式の一部が、住友商事株式会社に対して譲渡されたため、同日付で新日鐵住金株式会社がその他の関係会社でなくなり、住友商事株式会社が新たにその他の関係会社となっております。当社が製造販売するほか、一部製品の製造・販売については子会社Sumitomo Precision USA,Inc.他へ委託しております。ほかに、子会社SPP Canada Aircraft,Inc.(以下SPPCA社)は北米顧客を中心に...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”連結財務諸表提出会社(以下、当社という)に係る企業集団は、当社、子会社27社及び関連会社3社で構成され、事業内容と主要な関係会社の当該事業に係る位置づけ及びセグメントとの関連は、次のとおりである。次の5部門は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一である。主な製品は、救難飛行艇、訓練支援機等の航空機及び海外航空機メーカー向けの航空機部品であり、当社がその製造、販売及び修理を行っている。資材の海外調達については、ShinMaywa (California), Ltd.(非連結子会社)に委託している。新明和岩国航空整備株式会社(連結子会社)は、救難飛行...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社、子会社9社及び関連会社1社で構成され、輸送用機器関連の製造・販売、ならびに事務所用ビル、商業施設等の不動産賃貸を主な事業内容とし、このほかホテル、ゴルフ場、スポーツ施設の運営、また物販等、各種事業活動を行っております。Showa Aircraft Industry Philippines Inc. )及び非連結子会社1社(SHOWA AIRCRAFT USA INC.)...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループの企業集団は、当社、子会社11社、関連会社1社、その他の関係会社2社で構成され、旅客機用ギャレー(厨房設備)、ラバトリー(化粧室)、シート(座席)を主体とした客室内装品、及び航空機搭載機器、炭素繊維構造部材、航空機エンジン部品等の製造・販売、並びに航空機の整備を主体に事業活動を展開しており、次のとおりセグメントに区分しています。ギャレー、ラバトリーを主体とした製品製造と販売を行っており、航空機客室の全内装品に関わるデザイン、開発から機体システム改造までを含めた、客室内装備の一括供給メーカー(トータル・インテリア・インテグレーター)として、国内外の主要なエアライン、ボーイング社及びエ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社の企業集団は、当社、当社のその他の関係会社1社及びその他の関係会社の子会社で構成されております。当社は、半導体材料の加工、精密機器の販売、自動化装置の設計・製作・販売ならびにこれらに付帯する事業を展開しております。当社の事業は、3事業部からなり、各事業部の主要製・商品は次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。主な得意先は、信越半導体(株)であり、半導体事業部におけるプライムウエハー加工は同社より受注しております。...(20160830に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-03-31)

(2010-03-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長経常利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長当期純利益3年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び艾爾斯半導體股份有限公司(連結子会社)の2社により構成されております。当社グループは「地球環境を大切にし、世界の人々に信頼され、常に創造し挑戦する。」という経営理念に基づき事業活動を展開しております。シリコンウェーハの再生は、半導体製造工程の特徴及び製造コストの面から需要が発生するものであり、新興国の経済発展及び先進国の更なるデバイス用途(車・医療・環境・家・町・M2M・IoT)の広がり等を背景とした半導体需要の増加ととともに需要が拡大しております。当社グループは、国内外の半導体製造会社を取引先とし、大手ファウンドリを含めグローバルに販売活動を実施しており、艾爾斯半導體...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

大阪チタニウムテクノロジーズの同業他社をもっと見る

大阪チタニウムテクノロジーズの関連統計

統計分類検索へ

大阪チタニウムテクノロジーズの基本情報

企業名 株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ
カナ カブシキガイシャ オオサカ チタニウム テクノロジーズ
英語名 OSAKA Titanium technologies Co.,Ltd
業種 非鉄金属
所在地 尼崎市東浜町1番地
ホームページ http://www.osaka-ti.co.jp/
EDINET E01327
証券コード 5726
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(5726)
決算日 03月31日