比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-02-28)

2017/07/26

JMACSの最新業績

業界:電線・ケーブル業界すぐ比較

JMACSの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からJMACSの事業内容についても確認できます。 注意:JMACSの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

Not FoundNot Found

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

売上高

2017-05-31:11億9352万

売上総利益

2017-05-31:3億1028万

営業利益

2017-05-31:4448万

経常利益又は経常損失(△)

2017-05-31:5822万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-05-31:3429万

包括利益

2017-05-31:3900万

もっと見る

総資産額

2017-05-31:69億1746万

流動資産

2017-05-31:27億2801万

現金及び預金

2017-05-31:3億5591万

固定資産

2017-05-31:41億8944万

負債

2017-05-31:23億3166万

流動負債

2017-05-31:13億3350万

もっと見る

固定負債

2017-05-31:9億9815万

純資産

2017-05-31:45億8580万

売上総利益率

2017-05-31:26

売上営業利益率

2017-05-31:3.7

売上経常利益率

2017-05-31:4.9

売上純利益率

2017-05-31:2.9

もっと見る

ROA

2017-05-31:2

ROE

2017-05-31:2.8

自己資本比率

2017-05-31:66.3

流動比率

2017-05-31:204.6

固定比率

2017-05-31:91.4

JMACSの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
JMACS

キーワードの推移
2017/05/31(年度)2016/05/27(年度)2015/07/13(年度)2015/05/29(年度)2014/05/23(年度)2017/07/18(四半期)2017/01/16(四半期)2016/10/17(四半期)2016/07/15(四半期)2016/01/14(四半期)
電線電線電線電線電線電線電線電線電線電線
建値ライティングケーブルケーブルケーブルjmacsケティングスマートグアクロス
泉州電業泉州電業泉州電業たこライティング
トータル泉州電業弱電弱電弱電トータル製品戦略jmacs
ケーブル工場跡地東京オリンピックマーsmart glass販路ケーブル
泉州電業アクロス電子記録債権電子記録債権跡地ソリューションセグメラスライティング
ケーブル弱電駆け込み需要駆け込み需要マッチ建値ケーブルhong kong
低位ソリューション貯蔵品貯蔵品積立fa
弱電led照明本書本書本書gdpウェアラブル高2
出資金元手高1高1高1hong kongライティングライティングままソリューション
ソリューション日本銀行日本銀行株高エンジニア販路販路ソリューション生産量
ハードウェア物価物価太陽光発電トランプセンサマインドステージ
ハードウェア資源価格株価株価支払手形インフラ積立である高1
まま銀行銀行手形先行投資低位高2株価limited
積立本書原材料原材料保険貯蔵品高2商社中国経済販路
高2顧客満足度電子電子投資有価証券スピードiotまま製品事業所
貯蔵品高1大型大型iotマインド先行投資手形電力
アプリケーション販路手形手形証券ニーズマーケティング支払手形物価
預り金システム債権債権ソフトソリューショングローバルお客様システム
iotソフトウェア不動産高1eu離脱電気ニーズ土地
本書電力支払手形支払手形リスクlimited製品ニーズ受取手形ユーザ
販路支払手形不動産不動産棚卸販路ベースシステムシステム電気
パッケージ物流資金パッケージ支払手形材料コスト資金調達
原材料株価リスクリスク金額一環システムソリューション為替材料
仕掛品棚卸棚卸有価証券プラス為替円高研究開発機械
政権原油資金資金受取手形うえ手形ベース大型
ソフトウェア原材料金額金額仕入れマーケティング研究開発手形金額
マーケティング仕入れ受取手形受取手形債権であるセグメントニーズ
ニーズ資源仕入れ仕入れ配当金土地支払手形有価証券
保険手形配当金配当金製品人員金額不動産受取手形
年度or届出書
四半期or半期

(20170531)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170718)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

JMACSの類似企業へ

JMACSの業績推移

JMACSの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループにおける主要な関係会社の位置づけは概ね次のとおりであります。日立金属工具鋼(株)、日立金属MMCスーパーアロイ(株)、(株)日立金属ネオマテリアル、(株)日立金属若松、(株)日立メタルプレシジョン、(株)日立金属安来製作所、青山特殊鋼(株)(*)、三菱日立ツール(株)(*)、日立フェライト電子(株)、日立マグネットワイヤ(株)、台湾日立金属股份有限公司、Metglas, Inc.、日立金属韓国(株)、宝鋼日立金属軋グン(南通)有限公司、日立金属商事(株)、Hitachi Metals America, Ltd.、Hitachi Metals Hong Kong Ltd.、Hitac...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、電気機器や電子部品に使用されている材料・部品の金属メッキ加工や化学処理加工を主たる業務とする「電子機能材事業」と、電線用導体などの伸線加工を主たる業務とする「電気機能線材事業」を行っています。また、「電子機能材事業」と「電気機能線材事業」は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。なお、当社は親会社である古河電気工業株式会社を中心とする企業グループの中で事業運営を行っております。携帯電話やパソコン、家電製品や自動車など私達の身の回りには様々な機器が存在し、さらにその内部にはコネクタやコンデンサ、各種センサや半導体など数多くの...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、インフラ、電装エレクトロニクス、機能製品の各事業において培われた技術を発展、応用した製品の製造販売を主な内容とし、更に各事業に関連する物流、研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。当社、古河電池(株)、古河AS(株)、古河マグネットワイヤ(株)、Furukawa Metal (Thailand)Public Co.,Ltd.他が製造及び販売を行っております。当社、東京特殊電線(株)、Trocellen GmbH、古河銅箔股份有限公司他が製造及び販売を行っております。当社、古河物流(株)、古河インフォメーション・テクノロジー(株)、古河日光発電(株)他が各種サービス...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社および当社の主要な関係会社の、セグメント情報との関連における事業内容および当該事業に係る位置付けは、次のとおりである。当事業では、主に裸線、ゴム・プラスチック被覆線、母線の製造販売等を行っている。製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム(株)、冨士電線(株)、販売会社として(株)SDS、昭和電線電纜(上海)有限公司、その他の会社として昭和リサイクル(株)がある。当事業では、主に電力ケーブル、電力機器の製造販売および電力工事の設計・請負等を行っている。製造販売会社として昭和電線ケーブルシステム(株)、昭光機器工業(株)、販売会社として(株)SDS、昭和電線電纜(上海)有限公司、その他の会社...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(提出会社及び提出会社の関係会社)は、提出会社及び親会社1社、連結子会社6社及び関連会社1社で構成されており、電線・デバイス製品の製造販売を主な事業内容とし、さらに電線・デバイス製品に関連する研究等の事業を展開しております。電線・デバイス製品の製造販売については、提出会社が製造販売するほか、連結子会社である(株)特電及び関連会社である東特巻線(株)に対し材料の供給を行い、また、これらの会社より製品の購入をしております。当社のサービス業務受託については、連結子会社であるアットライフ(株)が行っております。連結子会社である(株)トクデンプロセルが電線・デバイス製品の製造販売を行い、海外...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社6社で構成され、電線・ケーブル事業、電子材料事業のほか、機器システム製品事業、光部品事業、環境分析事等を行っております。当社、TATSUTA ELECTRONIC MATERIALS MALAYSIA SDN. BHD....(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社5社、その他の関係会社1社で構成され、電線・ケーブルや電極線の製造販売及び不動産の賃貸を主な内容とし展開しております。電線・ケーブル 当社が製造販売するほか、連結子会社である沖電線ワイヤーハーネス(株)が製造、モガミ電線(株)が製造販売、日沖電線(常熟)有限公司、昨年設立したOKI ELECTRIC CABLE AMERICA CORPORATIONが販売しております。電極線 当社が製造販売しております。不動産賃貸 当社が不動産の賃貸をしております。非連結子会社である沖電線サービス(株)は、当社のサービス業務を受託しております。なお、その他の関係会社である沖電気工業...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-09-30)

(2017-09-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下当社という)及び連結子会社19社、持分法適用関連会社1社及び非連結子会社2社で構成されており、電線・ケーブル、ワイヤーハーネス、太陽光発電関連製品及びハーネス加工用機械・部品の製造販売を事業としております。・当社及び連結子会社であるアスレ電器(株)、ASLE CORPORATION SINGAPORE PTE. LTD.、O&S CALIFORNIA,INC.、CZECH REPUBLIC ONAMBA S.R.O.、欧南芭(上海)貿易有限公司、鈞星精密部件有限公司及び恵州市鈞星工貿有限公司は、専ら製品の加工を国内子会社、海外子会社に委託し、仕...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは放送・通信用ケーブル・ハーネス・コネクタ・機器(パッシブ・電子)及びその付帯器具を製造、販売しております。製造についてはカナレハーネス株式会社(日本)、株式会社カナレテック(日本)、カナレシステムワークス株式会社(日本)、Canare Electric(Shanghai)Co.,Ltd.(中国)がその役割を担っております。一方、販売については当社が国内及びその他の地域を、Canare Corporation of America(米国)が米国、カナダ及び中南米諸国への販売を、Canare Corporation of Korea(韓国)が韓国への販売を、Canare Electr...(20170321に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社3社により構成されており、ゴム電線、プラスチック電線、合成樹脂異形押出品ならびにその附属品、電熱線・帯、その他の製造販売を主たる業務としております。主要品目は次のとおりであります。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社19社により構成されており、電気・電子産業を支えるエレクトリックワイヤーの全般と光中継システム等の伝送・放送機器及び電線ケーブル技術を応用した医療チューブ等の製品の開発・設計・製造・販売・サービスを主たる業務としております。(1)「電線・加工品」.........このセグメントに含まれる品目は、機器用電線・加工品、ファインケーブル・加工品、電源コード・電源パーツ、ワイヤーハーネスであります。また、主要な製品はデジタル機器用ケーブル、高周波同軸ケーブル、車載用ケーブル、半導体製造装置関連ケーブル、携帯電話及び無線基地局用ケーブル、エネルギー産...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-12-31)

(2014-12-31) 売上高2年連続プラス成長営業利益8年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益8年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益8年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、株式会社エノモト(当社)及び子会社4社(連結子会社3社、非連結子会社1社)により構成されており、事業は主にIC・トランジスタ用リードフレーム(※1)、オプト用リードフレーム、コネクタ用部品とそれらの製造に使用する精密金型・周辺装置の製造・販売を行っております。当社グループは、金型技術の基本である「抜き・曲げ」に、「つぶし(コインニング)・絞り」及び樹脂成形など多彩な技術を複合させることにより、あらゆる分野で高度な要求に応えられることを強みとしています。なお、当社グループは、国内4工場、海外3工場(フィリピン2ヵ所、中国1ヵ所)に展開しております。ENOMOT...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社日本抵抗器製作所)、子会社10社により構成されており、電子部品(主な製品群としては、抵抗器、ポテンショメーター、ハイブリッドIC、電子機器)の製造販売を主たる業務としております。主な用途として自動車用、農電機器用、住設機器用、電源機器用、医療機器用、家電用等があり、主に(株)日本抵抗器大分製作所、(株)サンジェニックスで生産し、当社が生産管理、品質管理し、日本抵抗器販売(株)に販売しております。主な用途として自動車用、建設機械用、農電機器用等があり、主に(株)サンジェニックスで生産し、当社が生産管理、品質管理し、日本抵抗器販売(株)に販売...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社8社及び持分法適用関連会社1社により構成され、機械部品事業、電機部品事業並びにこれらに類しないその他の事業を行っております。当社グループの事業概要は次のとおりであります。NTダイカッター、切削工具、耐摩耐食部品、機械部品、磁気ヘッド基板、超精密加工品、半導体・液晶関連機械部品、自動化・省力化機器等を製造販売しております。NIPPON TUNGSTEN USA, INC. (米国、連結子会社)NIPPON TUNGSTEN EUROPE S.r.l (イタリア、連結子会社)電気接点、電極、遮蔽材、タングステン及びモリブデン線・棒・板等の製造販売を行っております。上...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社18社及び関連会社1社で構成され、主な事業内容は、電子機器等の回路部品である抵抗器、IC、複合部品等の製造販売であり、企業集団内の位置づけは次のとおりであります。(生産拠点)高度技術製品、高付加価値製品の生産等を目的として、当社と興亜エレクトロニクス(株)を含めた連結子会社4社、及び子会社である日本電子応用(株)において抵抗器、IC、高周波インダクタ等の生産を担当しております。(販売拠点)当社の9ヶ所の営業所と連結子会社である興亜販売(株)が担当しております。(生産拠点)生産コスト面の有利性とグローバルな事業展開を目的として、連結子会社であ...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益赤字へ転落当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-03-31)

(2013-03-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益4年連続プラス成長,3年連続黒字経常利益4年連続プラス成長,2年連続黒字当期純利益5年連続赤字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-08-31)

(2010-08-31) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

JMACSの同業他社をもっと見る

JMACSの関連統計

統計分類検索へ

JMACSの基本情報

企業名 JMACS株式会社
カナ ジェイマックスカブシキガイシャ
英語名 JMACS Japan Co.,Ltd.
業種 非鉄金属
所在地 大阪市福島区福島7丁目20番1号 KM西梅田ビル11階
ホームページ http://www.jmacs-j.co.jp/
EDINET E01348
証券コード 5817
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(5817)
決算日 02月28日