比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

ダイハツディーゼルの最新業績

業界:船舶関連業界すぐ比較

ダイハツディーゼルの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からダイハツディーゼルの事業内容についても確認できます。 注意:ダイハツディーゼルの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-2.58

2017-03-31:-4.48

2016-12-31:-2.51

2016-09-30:-0.56

売上高

2017-06-30:153億5138万

2016-06-30:129億0573万

2015-06-30:129億2470万

2014-06-30:123億1876万

売上総利益

2017-06-30:32億3708万

2016-06-30:31億3007万

2015-06-30:40億1299万

2014-06-30:31億2243万

営業利益

2017-06-30:5億1560万

2016-06-30:5億1614万

2015-06-30:13億2099万

2014-06-30:5億7241万

経常利益

2017-06-30:5億7756万

2016-06-30:3億9340万

2015-06-30:12億8827万

2014-06-30:5億8397万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:3億9799万

2016-06-30:3億0390万

2015-06-30:9億1426万

2014-06-30:3億4123万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:4億5416万

2016-06-30:1億4966万

2015-06-30:9億2699万

2014-06-30:4億3849万

営業CF

2017-03-31:49億7408万

2016-03-31:34億3791万

2015-03-31:-2億2100万

2014-03-31:99億1600万

投資CF

2017-03-31:-37億2500万

2016-03-31:-32億5600万

2015-03-31:-15億0300万

2014-03-31:-15億4300万

財務CF

2017-03-31:16億6190万

2016-03-31:-15億1000万

2015-03-31:-27億2200万

2014-03-31:-12億0600万

総資産

2017-06-30:790億3105万

2016-06-30:745億5149万

2015-06-30:716億8513万

2014-06-30:739億0479万

流動資産

2017-06-30:560億2929万

2016-06-30:532億0763万

2015-06-30:527億1613万

2014-06-30:537億3901万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:234億4285万

2016-03-31:206億0600万

2015-03-31:220億4033万

2014-03-31:262億4700万

現金及び預金

2017-06-30:269億4234万

2016-06-30:235億1880万

2015-06-30:256億8594万

2014-06-30:284億6083万

固定資産

2017-06-30:230億0176万

2016-06-30:213億4386万

2015-06-30:189億6900万

2014-06-30:201億6577万

負債

2017-06-30:425億9446万

2016-06-30:406億2794万

2015-06-30:394億5052万

2014-06-30:453億5565万

流動負債

2017-06-30:240億0086万

2016-06-30:266億5297万

2015-06-30:237億2558万

2014-06-30:285億4192万

固定負債

2017-06-30:185億9359万

2016-06-30:139億7497万

2015-06-30:157億2493万

2014-06-30:168億1373万

もっと見る

純資産

2017-06-30:364億3659万

2016-06-30:339億2355万

2015-06-30:322億3461万

2014-06-30:285億4913万

従業員数

2017-03-31:1188

2016-03-31:1077

2015-03-31:1079

2014-03-31:1052

臨時従業員数(外)

2017-03-31:220

2016-03-31:209

2015-03-31:182

2014-03-31:142

売上総利益率

2017-06-30:21.1

2016-06-30:24.3

2015-06-30:31

2014-06-30:25.3

売上営業利益率

2017-06-30:3.4

2016-06-30:4

2015-06-30:10.2

2014-06-30:4.6

売上経常利益率

2017-06-30:3.8

2016-06-30:3

2015-06-30:10

2014-06-30:4.7

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:2.6

2016-06-30:2.4

2015-06-30:7.1

2014-06-30:2.8

ROA

2017-06-30:2

2016-06-30:1.6

2015-06-30:5.2

2014-06-30:2

ROE

2017-06-30:4.4

2016-06-30:3.6

2015-06-30:11.2

2014-06-30:4.8

自己資本比率

2017-06-30:46.1

2016-06-30:45.5

2015-06-30:45

2014-06-30:38.6

流動比率

2017-06-30:233.4

2016-06-30:199.6

2015-06-30:222.2

2014-06-30:188.3

固定比率

2017-06-30:63.1

2016-06-30:62.9

2015-06-30:58.8

2014-06-30:70.6

業績ランキングは

2557

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

ダイハツディーゼルの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
ダイハツディーゼル
なし

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/09(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/09(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/11(四半期)
ダイハツディーゼルダイハツディーゼルdieselアルミホイールノッズルノッズルノッズル広畑区アルミホイールアルミホイール
dieseldieseldaihatsu販売台数精機精機精機広畑ガスタービン販売台数
daihatsudaihatsuダイハツディーゼル精密アルミホイールアルミホイールアルミホイールアルミホイール販売台数舶用
内燃機関内燃機関内燃機関舶用精密精密精密ガスタービン舶用メンテナンス
馬力内燃馬力メンテナンス舶用舶用舶用建設計画台数台数
内燃馬力内燃台数メンテナンスメンテナンスメンテナンス販売台数メンテナンス不動産
ノッズルノッズルガス燃料部品部品部品株安姫路戸前中国経済
舶用舶用舶用不動産政権戸前部品舶用不動産原材料
アルミホイールアルミホイールimo電子不動産不動産不動産台数棚卸電子
姫路用地取得ディーゼル大型中国経済棚卸中国経済メンテナンス電子手形
ディーゼルディーゼルアルミホイール手形eu離脱中国経済eu離脱不動産債権支払手形
belcobelco海事支払手形為替eu離脱円高物流手形棚卸
ダイハツデーゼルダイハツデーゼルモード棚卸電子円高電子電子支払手形機器
ironworksironworksnox機器手形為替手形手形機器受取手形
anqinganqingfuel受取手形支払手形電子支払手形支払手形受取手形債権
海運海運デュアル債権棚卸債権棚卸長期研究開発
精機精機気筒配当金機器手形棚卸機器配当金金融
スクラバスクラバダイハツデーゼル研究開発受取手形支払手形機器ニーズ研究開発
ダイテクダイテクironworks長期長期受取手形受取手形長期
精密用地anqing長期債権機器為替債権株式セグメント
エンジンエンジン型式承認セグメント株式受取手形債権研究開発セグメント環境
scrsox国際海事機関研究開発株式株式金融グループ
sox排気ガスdfグループ配当金配当金環境売上高
ファイナンス・リースファイナンス・リース売上高研究開発研究開発長期グループ
nox中日本ダイテクセグメントセグメント売上高
尿素臨海船級協会環境セグメント環境成績
脱硝トン船級成績グループセグメントグループグループ成績
中日本メンテナンスダイハツ売上高売上高売上高
トン船舶scrグループ
船舶ガスタービンsox環境売上高
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

ダイハツディーゼルの類似企業へ

ダイハツディーゼルの業績推移

ダイハツディーゼルの同業他社

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(黒谷株式会社)、連結子会社1社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、非鉄金属事業と美術工芸事業を主たる業務としております。非鉄金属事業は、銅を中心とした非鉄金属関連ビジネスとして、インゴットの製造・販売とスクラップの加工・販売を2本柱として事業展開を図っております。美術工芸事業は、美術工芸品に関する製造販売を行っております。なお、当該2事業は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社グループの非鉄金属事業における大きな特徴は、インゴットとスクラップを同時に取り扱っ...(20161125に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社24社で構成されており、塗料の製造・販売及び塗装の請負を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス業務等を営んでおります。ト区分と同一であります。CHUGOKU MARINE PAINTS (Hong Kong), Ltd.CHUGOKU MARINE PAINTS (Shanghai), Ltd.CHUGOKU MARINE PAINTS (Guang Dong), Ltd.CHUGOKU MARINE PAINTS (Taiwan), Ltd.CHUGOKU SAMHWA PAINTS, Ltd....(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び子会社1社で構成され、当社は産業機械関連機器と住宅関連機器の2部門で事業活動を行っております。事業内容は次のとおりであります。工作機械鋳物部品、周辺機器、産業機械鋳物部品及びディーゼルエンジン鋳物部品の製造・加工・販売などを行っております。鋳物ホーロー浴槽、マンホール鉄ふた、景観製品、木製建具、その他の日用品鋳物などの製造販売を行っております。関係会社は、(株)バスストップ1社であります。...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、関連会社及びその他の関係会社から構成されている。この内、当社は舶用内燃機関の製造販売を主な事業内容として、当事業に係わる部品販売・修理等の事業活動を展開しており、舶用内燃機関及びこれらの付随業務の単一セグメントである。当社の関連会社であるシンパツサンライズ(株)には請負工事を委託している。その他の関係会社である三菱重工舶用機械エンジン(株)とは三菱UEディーゼル機関の製造販売に関する技術提携契約を締結し特許権使用料を支払っており、主機関の部品の購入、請負工事や製品等を販売している。同じくその他の関係会社である三菱重工業(株)とは主機関の部品購入、請負工事また当社本社工場...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社が営んでいる主な事業内容は、船舶用ディーゼル機関等の製造販売、並びに当該製品に伴う部分品の販売・修理工事等であります。(1)主機関...主要な製品は船舶用ディーゼル機関、可変ピッチプロペラ、サイドスラスタ、潤滑油・燃料油清浄装置、船舶運航支援システム等であります。(2)部分品・修理工事...主要な製品・サービスは部分品、修理工事、特販等であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び関連会社3社(持分法非適用会社)により構成されており、内燃機関関連事業を主な事業として取り組んでおります。当社グループの事業におけるセグメントとの関連は、次のとおりであります。舶用内燃機関及び部分品、産業・土木機械の製造販売及び修理工事を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社4社および非連結子会社2社で構成され、船舶用機器、陸上用機器、水処理装置、消音冷熱装置等の製造および販売を主な内容とした事業活動を展開しております。なお、次の(1)~(4)は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントと同一の区分であります。当部門においては、船舶用海水淡水化装置、熱交換器、汚水処理装置、油水分離器、LNG船用超低温バタフライ弁等の製造販売をしております。(株)笹倉サービスセンター(連結子会社)が製造販売しております。(株)笹倉サービスセンターに据付運転やアフターサービス業務の一部を委託しております。(...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び連結子会社14社で構成され、自動車関連製品、舶用・その他の製品の製造・販売を主な内容とし、さらに各事業に関連する物流・サービス等の事業活動を展開しております。当社が製造・販売するほか、(株)日ピス福島製造所が製造・外注加工を、(株)日ピス岩手が外注加工を、エヌティー ピストンリング インドネシア社、日環汽車零部件製造(儀征)有限公司、エヌピーアール マニュファクチュアリング インドネシア社、サイアム エヌピーアール社、エヌピーアール オブ アメリカ社、エヌピーアール オートパーツ マニュファクチュアリング インディア社及び儀征日環亜新科粉末冶金製造有限公司が海外において製...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社および子会社15社、関連会社5社で構成され、乗用車・二輪車・トラック・バス・汎用製品等の小型エンジンバルブ、船舶用エンジンバルブ、自動車用電磁式連続カム位相可変機構、自動車・トラック・農業機械・建設機械・産業機械等の精密鍛造歯車、オートマチックトランスミッション用部品の製造販売を主な内容とし、事業活動を展開しております。当社が乗用車・二輪車・トラック・バス・汎用製品等の小型エンジンバルブを製造販売しております。台湾日鍛工業股份有限公司が台湾において、PT.フェデラルニッタンインダストリーズがインドネシアにおいて、ニッタンタイランド Co., Ltd.がタイにおいて、U.S...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社(非連結)2社で構成されており、協力企業とともに、主として船舶用、発電プラント用などの自動調節弁、バタフライ弁、遠隔操作装置を製造及び販売しております。なお、当事業年度において、当社の子会社であるNSエンジニアリング株式会社がNSプリンティング株式会社を設立しましたことにより、NSプリンティング株式会社は当社の子会社となりました。第89期(平成26年6月1日~平成27年5月31日)、第90期(平成27年6月1日~平成28年5月31日)の販売金額により、その比率を示すと、次のとおりであります。なお、当社はバルブ及び遠隔操作装置製造・販売事業...(20160831に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社2社により構成されており、親会社である(株) 東芝の社会インフラグループの一翼を担い、回転電気機械システムの販売をべースに、据付工事・保守点検事業、ファイナンス会社との連携も含めシステムコーディネート事業を展開しております。また、東芝グループファイナンス制度を利用し、(株) 東芝に資金の預入及び借入を行い、親会社の子会社である東芝エレベータプロダクツ(株)に当社工場用地の賃貸を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(寺崎電気産業株式会社)、連結子会社14社(国内5社、海外9社)、非連結子会社2社(国内1社、海外1社)及び関連会社2社(国内2社)により構成されております。当社グループでは、海外拠点での売上高が約32%を占めており、海外における売上の大半はアジア、ヨーロッパ地域であることから、「日本」、「アジア」、「ヨーロッパ」及び「その他」のセグメント区分としております。なお、当連結会計年度において、連結子会社であるTERASAKI DO BRASIL LTDA.において、事業内容の変更を行っております。また、非連結子会社である有限会社 寺崎エルダーにおいて、...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社(日清紡ホールディングス株式会社)、子会社33社、および関連会社1社により構成されております。当社、当社子会社および関連会社は、親会社のエレクトロニクス事業を営み、無線通信機器の開発、製造販売を主な事業とし、装備・保守工事、研究およびその他の事業を展開しております。当社が主に製品を開発、製造販売しております。製品の製造は、主に子会社の長野日本無線(株)、上田日本無線(株)および深圳恩佳升科技有限公司に委託しております。作業工程の一部は、子会社のジェイ・アール・シーエンジニアリング(株)等に委託しております。一部製品の販売は、子会社のAlphatron Marine ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社、連結子会社31社、非連結子会社5社及び関連会社2社で構成されており、超音波及び電磁波を中心としたセンサー技術をもとに、舶用電子機器及び産業用電子機器の製造販売を主たる事業としております。主要な製品は航海機器、漁労機器及び無線通信装置等であります。当社が製造・販売するほか、FURUNO FINLAND OY及び古野香港有限公司が製造しており、主に国内はフルノ九州販売(株)、フルノ関西販売(株)、海外はFURUNO U.S.A.,INC.、FURUNO(UK)LTD.、FURUNO DANMARK A/S、FURUNO NORGE A/S、FURUNO FRANCE S.A....(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、主として環境装置・プラント、機械装置、インフラ設備等の設計、製作、据付、販売、修理、保守・保全及び運営等を主な事業としており、当社、連結子会社109社及び持分法適用会社12社で構成されている。環境・プラント......ごみ焼却発電・リサイクル施設、水・汚泥処理施設、エネルギーシステム(発電設備等)、バイオマス利用システム、海水淡水化プラント等各種プラント、電力卸売機械.....................舶用原動機、舶用甲板機械、鍛圧機械、ボイラ、脱硝触媒、圧力容器等各種プロセス機器、原子力関連設備機器、プラスチック機械、食品機械、医薬機械、精密機器、エレクトロニクス・制御...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2014-12-31)

(2014-12-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益2年連続プラス成長,黒字へ回復経常利益2年連続プラス成長,黒字へ回復当期純利益3年連続赤字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、当社の子会社4社及び関連会社1社により構成されております。舶用機器、産業機器の製造・販売、機械装置の据付販売は当社が行っております。また、中国との合弁会社の江蘇金羊能源環境工程有限公司は空気予熱機及びそのエレメント、舶用機器及び産業機器等の製造・販売を行っており、当社はその一部を輸入し販売を行っております。結晶質石灰石は当社が採掘・加工・販売を行い、珪砂については当社が仕入・販売を行っております。また、砂利、砂、砕石は当社が仕入・販売を行っており、ハイシリカ(精製珪石粉等)は当社が製造・販売を行っております。オフィスビルの賃貸は当社が行っており、...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社9社及び関連会社2社で構成され、船舶港湾機器、油空圧機器、流体機器、防衛・通信機器の製造・販売及び修理を行う各事業並びにその他の事業(検査機器、防災機器、鉄道機器の製造・販売及び修理等)を主な内容とし、更に各事業に関連する物流、その他サービス等の事業活動を展開しております。舶用機器の製造・販売、修理及びサービス部品の販売を当社が行う他、舶用無線の通信料金の精算、設備の保守管理を(株)モコス・ジャパンが、舶用機器・部品の販売、販売斡旋及びアフターサービスを東涇技器(上海)商貿有限公司が行っております。油空圧機器の製造・販売及び修理を当社が行う他、油圧応用装置の製造・販...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社及び当社の関係会社(当社及び子会社4社、関連会社1社により構成)においては、マリン事業、防災事業、不動産賃貸事業、その他の4事業を行い、船外機、舟艇及びポンプの製造・販売を主な内容とし、更に外食産業、その他のサービス業等の事業活動を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。当事業においては、主に、船外機及び舟艇の製造・販売を行っております。 船外機については、当社及び子会社のトーハツマリーン(株)が製造・販売を行っております。なお、当社は、子会社のトーハツマリーン(株)に製造を委託しており、同社から仕入を行い販売しております。また、子会社のトーハツマリーン(株)は、子会社の...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当企業グループは、当社、子会社5社及び関連会社4社で構成され、輸送用機器(主としてオイルシール、ブーツ等の自動車部品)を製造し、販売しております。当社が製造販売するほか、子会社スターンキーパー(株)、AMERICAN KEEPER CORPORATION、SIAM KEEPER MANUFACTURING CO.,LTD.が製造しており、また子会社の製品の一部を当社が仕入れて販売しております。主要な得意先はNTN(株)であります。部品、半製品の一部については、子会社(株)トーイツ、ケーピー(株)及び関連会社浜田工業(株)から仕入れております。当社の製品の一部は子会社スターンキーパー(株)、AM...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

ダイハツディーゼルの同業他社をもっと見る

ダイハツディーゼルの関連統計

統計分類検索へ

ダイハツディーゼルの基本情報

企業名 ダイハツディーゼル株式会社
カナ ダイハツディーゼルカブシキガイシャ
英語名 DAIHATSU DIESEL MFG.CO.,LTD.
業種 輸送用機器
所在地 大阪市北区大淀中一丁目1番30号
ホームページ http://www.dhtd.co.jp/
EDINET E01477
証券コード 6023
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6023)
決算日 03月31日