比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの最新業績

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からアーキテクツ・スタジオ・ジャパンの事業内容についても確認できます。 注意:アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-10

2017-03-31:-8.03

2016-12-31:-8.7

2016-09-30:-6.94

売上高

2017-06-30:2億7146万

2016-06-30:3億2242万

2015-06-30:3億2224万

2014-06-30:3億2191万

売上総利益

2017-06-30:2億2045万

2016-06-30:2億5644万

2015-06-30:2億5463万

2014-06-30:2億5027万

営業利益

2017-06-30:-9158万

2016-06-30:-5857万

2015-06-30:-2078万

2014-06-30:-2171万

経常利益

2017-06-30:-7271万

2016-06-30:-5849万

2015-06-30:-2074万

2014-06-30:-2181万

当期純利益

2017-06-30:-7307万

2016-06-30:-5894万

2015-06-30:-1469万

2014-06-30:-1264万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:-3851万

2016-03-31:35万

2015-03-31:-5792万

2014-03-31:3億2621万

投資CF

2017-03-31:-8459万

2016-03-31:-2億7268万

2015-03-31:-6686万

2014-03-31:-7365万

財務CF

2017-03-31:-6万

2016-03-31:445万

2015-03-31:3210万

2014-03-31:4億7508万

総資産額

2017-06-30:12億4910万

2016-06-30:15億0213万

2015-06-30:16億5987万

2014-06-30:16億3319万

流動資産

2017-06-30:9億2193万

2016-06-30:10億0028万

2015-06-30:13億7400万

2014-06-30:13億1621万

現金及び現金同等物

2017-03-31:5億5073万

2016-03-31:6億7391万

2015-03-31:9億4178万

2014-03-31:10億3445万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:5億9151万

2016-06-30:6億6299万

2015-06-30:9億3766万

2014-06-30:8億9155万

固定資産

2017-06-30:3億2717万

2016-06-30:5億0185万

2015-06-30:2億8586万

2014-06-30:3億1697万

負債

2017-06-30:2億7805万

2016-06-30:2億5722万

2015-06-30:2億7110万

2014-06-30:3億2330万

流動負債

2017-06-30:2億7805万

2016-06-30:2億5722万

2015-06-30:2億7110万

2014-06-30:3億1144万

固定負債

2014-12-31:296万

2013-12-31:4882万

2012-12-31:8509万

純資産額

2017-06-30:9億7105万

2016-06-30:12億4491万

2015-06-30:13億8876万

2014-06-30:13億0989万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:61

2016-03-31:63

2015-03-31:58

2014-03-31:58

売上総利益率

2017-06-30:81.2

2016-06-30:79.5

2015-06-30:79

2014-06-30:77.7

売上営業利益率

2017-06-30:-33.7

2016-06-30:-18.2

2015-06-30:-6.5

2014-06-30:-6.7

売上経常利益率

2017-06-30:-26.8

2016-06-30:-18.1

2015-06-30:-6.4

2014-06-30:-6.8

売上純利益率

2017-06-30:-26.9

2016-06-30:-18.3

2015-06-30:-4.6

2014-06-30:-3.9

ROA

2017-06-30:-23.6

2016-06-30:-15.6

2015-06-30:-3.6

2014-06-30:-3.2

もっと見る

ROE

2017-06-30:-30

2016-06-30:-18.8

2015-06-30:-4.4

2014-06-30:-4

自己資本比率

2017-06-30:77.7

2016-06-30:82.9

2015-06-30:83.7

2014-06-30:80.2

流動比率

2017-06-30:331.6

2016-06-30:388.9

2015-06-30:506.8

2014-06-30:422.6

固定比率

2017-06-30:33.7

2016-06-30:40.3

2015-06-30:20.6

2014-06-30:24.2

業績ランキングは

3060

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
なし

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/25(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/13(四半期)
asjasjasj建築家asjasjasj建築家手番asj
建築家建築家建築家アクセス件数プラニングコース建築家建築家手番建築家建築家
スタジオスタジオスタジオアカデミ建築家ローコストゾーン東京丸の内asjasjアカデミ
アカデミアカデミアカデミasj請負契約cosnavitokyoアカデミコース持家
請負契約請負契約家づくりロイヤリティcosnaviアカデミローコストゾーンソフトウエア会員元手
家づくり家づくり請負契約コースアカデミumedacosnaviスタジオフラット35s会員
svsvsv請負契約umedayokohama一等地住宅省エネ住宅資材
業務委託契約運営会社業務委託契約富裕スタジオコースumeda会員アカデミコース
東京丸の内コース運営会社検索エンジン会員家づくりスタジオ資材資材新設住宅着工戸数
運営会社業務委託契約プラットホームリードタイム相続税法houseコースコースソフトウエア
tokyoプラットホームコース富裕層yokohama請負契約yokohama新設住宅着工戸数パッケージ住宅
コースアトリエアトリエスタジオコースゾーン路面店スタジオパッケージ
アトリエ会員phiサイト家づくり会員会員住宅戸数
ロイヤリティ建設業者プロモーションフィページソフトウエアリードタイムパッケージwebweb
会員リードタイムtokyo家づくり戸数ロイヤリティマーケティング
設計図会場設計図ソフトウェア開発tokyoスタジオhousewebチャネル駆け込み需要
建設計画設計図建設計画引渡しwebロー路面マーケティングネットワーク
イベント建設計画イベント物件情報発信歩留りネットワーク関心ブランド
会員イベントロイヤリティ新設住宅着工戸数マーケティングロイヤリティゾーンブランドラインナップ
プラットホーム見学会プラニングコースイベントチャネルアカデミポイントコスト
見学会ケース会員住宅ローン情報発信新設住宅着工戸数リードタイムコスト仕入れ
建築模型建築模型見学会ホームページロイヤリティ地代家賃仕入れ個人消費
工務サイド建築模型最適化住宅帳簿ロー株式市場
umedaリードタイム建設工事住宅新設住宅着工戸数備品地代長期マインド金融
一等地ネットワーク会場webサイト金融資本空間情報発信研究開発プロセス研究開発
会場建設工事元手戸数帳簿住宅ローンフローセグメント
工務店図式サイドweb備品戸建て住宅セグメント金利
建設工事新進横浜ランドマークタワーコンテンツ空間建設仮勘定チャネル環境マーケティング売上高
ケースフランチャイズネットワークソフトウェア住宅ローン工具家賃売上高新株予約権成績
ネットワーク元手ケース金利工具synergy新設住宅着工戸数成績ネットワーク
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの類似企業へ

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの比較例

業界ごとの代表的な比較例へ

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの業績推移

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、オフィスや各種施設に関わるCM(コンストラクション・マネジメント)手法のプロジェクト・マネジメント事業を展開しており、そのサービスの内容から、「オフィス事業」、「CM事業」及び「CREM事業」の3つに区分しております。なお、セグメントと同一の区分であります。オフィスの移転・新設・改修のプロジェクト・マネジメント、ICT・データセンターの構築、ワークスタイルの変革、維持費削減を狙ったスペースの削減等、オフィスづくりと運用に関するあらゆる業務をサポートしております。また、オフィス移転等のコストは独自の設計&CM(コンストラクション・マネジメント)手法による見積査定・入札・交渉を通して、コス...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社を含む79社(当社、子会社74社および関連会社4社)で構成されており、コンサルタント国内事業、コンサルタント海外事業、電力エンジニアリング事業、都市空間事業および不動産賃貸事業を主な事業としております。当事業には、当社、連結子会社3社、非連結子会社3社が関わっており、日本国内の社会資本整備に関するコンサルティング業務を主に行っております。当社は、水資源総合開発、電源開発、農業開発、交通・運輸、都市・地域開発、自然・生活環境整備などに関する調査、計画、評価、設計、工事監理、運営指導などを行っております。連結子会社では、玉野総合コンサルタント(株)が都市開発および地方計画などに...(20160930に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)ぐるなび)、連結子会社4社、非連結子会社2社及び関連会社1社により構成されております。主な事業内容は、パソコン・携帯電話・スマートフォン等による飲食店のインターネット検索サービスその他関連する事業であります。当社はインターネット上で運営する飲食店情報検索サイト『ぐるなび』(以下『ぐるなび』という。)を通して、利用者(ユーザー)にさまざまな飲食店情報をパソコン・携帯電話・スマートフォン等で提供しております。飲食店販促サービスにおいては、飲食店の情報を『ぐるなび』に掲出し、その情報を飲食店が自らリアルタイムに更新することのできる「加盟店管理画面...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは純粋持株会社である当社を中心として連結子会社10社、非連結子会社で持分法非適用会社14社及び関連会社で持分法非適用会社4社により構成された企業集団であり、インフラ整備を中心としてマネジメントサービスの提供を行うほか、工事施工、不動産管理などの事業を行っております。...(20161222に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、環境計量証明業を基盤とした事業を展開しています。 環境計量証明業は、環境関連諸法規にて定められている基準への適合状況を確認するための測定・分析を行い、計量法に基づく計量証明書を成果品としてお客様に納品する事業です。当社は、大気汚染・水質汚濁・土壌汚染・騒音・振動・悪臭などあらゆる環境媒体に対応するとともに、一般分析項目から極微量化学物質まであらゆる環境調査に対応できます。この環境調査分野は、公共用水域や一般環境の大気汚染などを調査する環境監視業務、工場稼働に伴う排水や排ガスなどを調査する施設・事業場業務、廃棄物処理に係る様々な環境影響を調査する廃棄物業務、土地取引等の際に土壌汚染の有無...(20160930に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-20)

(2017-04-20) ”当社は、主に建設コンサルタント事業を営んでおります。なお、以下に示す区分はセグメントと同一の区分であります。 当社の事業内容は以下のとおりであります。(建設コンサルタント事業) 新潟県内を中心に地質調査・土木設計等の業務を営んでおります。(不動産賃貸等事業) 主に新潟県内において不動産賃貸業等を営んでおります。...(20170118に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は平成25年12月2日に単独株式移転の方法により日本ERI株式会社の完全親会社として設立されました。当社グループは、純粋持株会社である当社及び連結子会社4社(日本ERI株式会社、株式会社ERIソリューション、株式会社ERIアカデミー及び株式会社東京建築検査機構) の計5社で構成され、建築物等に関する専門的第三者機関として、社名にある、Evaluation(評価) Rating(格付け) Inspection(検査) を主な事業として展開しております。また関連事業として、長期優良住宅の認定に係る技術的審査を行っております。<建築確認検査> 建築基準法には、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関...(20160830に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社と子会社3 社で構成され、国や地方公共団体、民間等を主な顧客として、社会資本に関わる調査、計画、設計、検査試験等を主要業務とする建設コンサルタント事業を行っています。橋梁点検、劣化予測、振動試験、補修設計など、主に構造物の劣化について点検、診断、対策をする業務。...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社ラックランド)と連結子会社13社(株式会社ケークリエイト、株式会社資産管理、LUCKLAND ASIA PTE. LTD.、ニイクラ電工株式会社、LUCKLAND(CAMBODIA) Co.,Ltd.、LUCKLAND MALAYSIA SDN.BHD.、光電機産業株式会社、LUCKLAND(THAILAND)CO.,LTD.、LUCKLAND VIET NAM CO.,LTD.、PT.LUCKLAND CONSTRUCTION INDONESIA、マッハ機器株式会社、エースセンター株式会社、株式会社木戸設備工業)及び関連会社1社(株式会社ラックもっく工房:持分法...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社建設技術研究所)および子会社により構成されており、河川、ダム、道路、環境、情報などの公共事業に関する建設コンサルタント業を営んでおります。なお、当連結会計年度において連結子会社は4社、持分法適用会社はありません。主要な業務は、国内における公共事業の企画、調査、計画、設計、発注者支援、施工管理、運用維持管理などの総合コンサルティング業務および付随するシステム開発、保守管理、一般事務処理受託ならびに土地区画整理業務であり、当社はこれら全般を担当しております。また、子会社日本都市技術株式会社は、主に土地区画整理および都市再開発業務を、子会社株式会社地圏総合コンサルタント...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社((株)長大)と連結子会社6社、非連結子会社2社並びに関連会社2社により構成されており、コンサルタント事業、サービスプロバイダ事業及びプロダクツ事業を主要事業としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。KISO-JIBAN(MALAYSIA)SDN.BHD.CHODAI KOREA CO., LTD.CHODAI & KISO-JIBAN VIETNAM CO., LTD....(20161221に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、株式会社協和コンサルタンツ(当社)及び子会社3社により構成されており、建設コンサルタント事業(都市、港湾、空港等、建設事業全般における事業計画、企画、設計、測量、調査、施工計画、管理)を主要事業としているほか、情報処理事業及び不動産賃貸・管理事業を営んでおります。以上の当社グループについて図示すると次のとおりであります。...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2014-04-30)

(2014-04-30) 売上高プラス成長に回復営業利益2年連続黒字,2年連続プラス成長経常利益2年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社5社で構成され、総合建設コンサルタント業として社会資本整備や民間企業施設整備などに貢献しております。業務内容は多岐に亘っており、「地理空間情報業務」、「環境業務」、「まちづくり業務」、「設計業務」、「事業ソリューション業務」を中心として、これらの業務を複合的に推進しております。各業務の内容は次のとおりであります。また、従来の「調査測量・情報業務」は「地理空間情報業務」に、「街づくり業務」は「まちづくり業務」に名称を変更しております。地上測量、GPS精密測量、航空写真測量など、MMS(モービルマッピングシステム:移動計測車両)をはじめとするIT機器を駆使した地...(20160826に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(いであ株式会社)、連結子会社4社、非連結子会社3社及び関連会社4社(うち持分法適用関連会社1社)により構成され、環境コンサルタント事業、建設コンサルタント事業、情報システム事業、不動産事業を主な業務内容としております。なお、次の4事業は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。同事業は、当社並びに連結子会社4社、非連結子会社2社及び関連会社4社が営んでいる事業であり、環境アセスメント及び環境計画部門、環境生物部門、数値解析部門、調査部門、環境化学部門、気象・沿岸部門の6部門よ...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、大日本コンサルタント株式会社(当社)、Nippon Engineering-Vietnam Co., Ltd.(連結子会社)、NEテクノ株式会社(連結子会社)および株式会社清流パワーエナジー(持分法非適用関連会社)の4社により構成されており、主な事業内容は、社会資本整備に関するコンサルタント業務のうち、調査・計画・設計・工事監理などであります。連結子会社との営業取引は、主として当社が委託する構造物のCADによる図化業務、設計アドバイザリー業務、橋梁点検業務、発注者支援補助業務、一般派遣業務であります。また、平成27年11月に株式会社トオヤマと合弁会社...(20160926に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-12-31)

(2009-12-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益赤字へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-09-30)

(2009-09-30) 営業利益2年連続赤字経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社である株式会社日新企画設計の2社で構成されており、主に土木建設工事に係る試験総合サービス事業を展開しているほか、地盤補強サービス事業及びその他事業を行っております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。土木建設工事において建造物や道路、橋、トンネルなどのインフラを整備するためには、法令等で定められた試験を行う必要があり、また、その場所が安全に構造物を施工できるかを調査する必要があります。当社グループでは、構造物が安全に建設できるように土や地盤の状態を調べる土質・地質調査試験、コンクリート構造物等の状態や劣化を調査する非破壊調査試験、土木建設...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの同業他社をもっと見る

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの関連統計

統計分類検索へ

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの基本情報

企業名 アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社
カナ アーキテクツスタジオジャパンカブシキガイシャ
英語名 ARCHITECTS STUDIO JAPAN INC.
業種 サービス業
所在地 港区浜松町二丁目7番5号
ホームページ http://www.asj-net.com/
EDINET E30119
証券コード 6085
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6085)
決算日 03月31日