比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/08

日阪製作所の最新業績

日阪製作所の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から日阪製作所の事業内容についても確認できます。 注意:日阪製作所の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-8.94

2017-03-31:-10

2016-12-31:-8.77

2016-09-30:-7.83

売上高

2017-06-30:57億6164万

2016-06-30:52億2959万

2015-06-30:63億8187万

2014-06-30:55億2880万

売上総利益

2017-06-30:13億1671万

2016-06-30:12億6409万

2015-06-30:13億6436万

2014-06-30:13億2178万

営業利益

2017-06-30:2億4385万

2016-06-30:1億9317万

2015-06-30:3億4720万

2014-06-30:4億4974万

経常利益

2017-06-30:3億7818万

2016-06-30:1億6475万

2015-06-30:4億9674万

2014-06-30:6億1285万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:2億7723万

2016-06-30:10億9952万

2015-06-30:2億8501万

2014-06-30:3億8591万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:7億9794万

2016-06-30:-2億7642万

2015-06-30:25億2812万

2014-06-30:-1億4441万

営業CF

2017-03-31:-4億9995万

2016-03-31:5億4219万

2015-03-31:18億8534万

2014-03-31:33億9178万

投資CF

2017-03-31:6億9092万

2016-03-31:32億3325万

2015-03-31:3億6441万

2014-03-31:-27億9404万

財務CF

2017-03-31:-7億6603万

2016-03-31:-7億0390万

2015-03-31:-5億2266万

2014-03-31:-15億5610万

総資産額

2017-06-30:567億2749万

2016-06-30:533億8259万

2015-06-30:659億2424万

2014-06-30:546億7919万

流動資産

2017-06-30:277億5982万

2016-06-30:265億7805万

2015-06-30:248億3241万

2014-06-30:227億4735万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:114億5775万

2016-03-31:120億7521万

2015-03-31:91億2951万

2014-03-31:73億5190万

現金及び預金

2017-06-30:125億5663万

2016-06-30:108億3289万

2015-06-30:88億2291万

2014-06-30:82億9868万

固定資産

2017-06-30:289億6767万

2016-06-30:268億0454万

2015-06-30:410億9183万

2014-06-30:319億3183万

負債

2017-06-30:79億7815万

2016-06-30:69億1520万

2015-06-30:127億3145万

2014-06-30:91億6862万

流動負債

2017-06-30:60億5820万

2016-06-30:55億8300万

2015-06-30:71億7563万

2014-06-30:68億8423万

固定負債

2017-06-30:19億1995万

2016-06-30:13億3219万

2015-06-30:55億5582万

2014-06-30:22億8439万

もっと見る

純資産額

2017-06-30:487億4934万

2016-06-30:464億6739万

2015-06-30:531億9278万

2014-06-30:455億1056万

従業員数

2017-03-31:663

2016-03-31:643

2015-03-31:619

2014-03-31:590

売上総利益率

2017-06-30:22.9

2016-06-30:24.2

2015-06-30:21.4

2014-06-30:23.9

売上営業利益率

2017-06-30:4.2

2016-06-30:3.7

2015-06-30:5.4

2014-06-30:8.1

売上経常利益率

2017-06-30:6.6

2016-06-30:3.2

2015-06-30:7.8

2014-06-30:11.1

売上純利益率

2017-06-30:4.8

2016-06-30:21

2015-06-30:4.5

2014-06-30:7

もっと見る

ROA

2017-06-30:2

2016-06-30:8.4

2015-06-30:1.6

2014-06-30:2.8

ROE

2017-06-30:2.4

2016-06-30:9.6

2015-06-30:2

2014-06-30:3.2

自己資本比率

2017-06-30:85.9

2016-06-30:87

2015-06-30:80.7

2014-06-30:83.2

流動比率

2017-06-30:458.2

2016-06-30:476.1

2015-06-30:346.1

2014-06-30:330.4

固定比率

2017-06-30:59.4

2016-06-30:57.7

2015-06-30:77.3

2014-06-30:70.2

業績ランキングは

2973

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

日阪製作所の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
日阪製作所

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2014/07/16(年度)2014/06/27(年度)2017/08/08(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/09(四半期)2016/02/12(四半期)
熱交換器熱交換器熱交換器熱交換器熱交換器熱交換器熱交換器熱交換器熱交換器熱交換器
bheバルブバルブバルブバルブバルブバルブプレス機バルブバルブ
phebhebhebhebheレトルト
バルブダイヤフラムバルブダイヤフラムバルブダイヤフラムバルブダイヤフラムバルブバルブ
プレートサニタリーバルブサニタリーバルブサニタリーバルブサニタリーバルブ機械工業プレス機プレス機産油
ブレージングプレートphephephepheプロセスレトルト液体化学プラント
ダイヤフラムバルブ高温レトルト食品高温高温エンジニアリングトラブル鉄鋼産油国
サニタリーバルブプレート高温プレートプレート給湯機器医薬医薬
高温超臨界プレート超臨界超臨界東京オリンピック食品hi機器船舶
レトルトスチーム漢方薬スチームスチーム産業機械医薬乳業プラント機種
超臨界レトルト食品超臨界レトルト食品レトルト食品空調プラントプラント資源国通貨
スチーム高圧スチーム食品通貨資源国円高金属
ボトム高圧高圧飲料資源国食品メンテナンス株式市場
プラント高圧プラントm&a化学eu離脱化学
医薬医薬受け手政権メンテナンス資源電力
ボール医薬アジア地域メンテナンス機器有価証券マイナス
高圧真空真空真空真空中小興国短期貸付金為替機器
保存食プラント無菌無菌無菌機器工業マイナス金利中国経済
真空無菌プラント液体液体機械エネルギ研究開発着実
無菌液体flngプラントプラント化学eu離脱船舶証券原油
サーキュラ液体ボールボール半導体円高円高金額機械
トラブルボール医薬米飯米飯製造業資源産業機械セグメント為替
液体米飯ボールデュアックスデュアックスインフラ有価証券鉄鋼グループ
デュアックス米飯ブレージングプレートブレージングプレート工業コスト納期研究開発
米飯ブレージングプレートデュアックスタンクボトムバルブタンクボトムバルブ大手為替m&a売上高個人消費
デュアックスタンクボトムバルブブレージングプレートスピンジェクションスピンジェクションeu離脱仕入れ資源環境株式
タンクボトムバルブスピンジェクションタンクボトムバルブピグランチャピグランチャ有価証券預入成績金額
スピンジェクションピグランチャスピンジェクションエフレスエフレス為替研究開発貸付グループ
ピグランチャエフレスピグランチャブレージングブレージング個人消費電力環境
エフレスブレージングエフレス切り出し切り出し研究開発製品エネルギセグメント
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170808)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

日阪製作所の類似企業へ

日阪製作所の業績推移

日阪製作所の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社13社、持分法適用関連会社1社により構成されており、染色加工事業、繊維販売事業を主な事業として展開しています。染色加工事業では当社、(株)サカイナゴヤ、二日市興業(株)、朝日包装(株)及び東麗酒伊織染(南通)有限公司があり、当社と(株)サカイナゴヤとの間で染色加工の一部受委託を行っています。繊維販売事業では、当社の医療資材事業部、テキスタイル販売部、アパレル販売部及び酒伊貿易(上海)有限公司が繊維製品等の販売を行っています。その他の事業は、主に織布事業、水産資材事業、複合部材事業、電子機器事業、縫製事業及び建設不動産事業の6つの事業により構成されています。織布...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-11-30)

(2016-11-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、当連結会計年度において、株式会社Drinkable Air Asiaを新規に設立したことにより連結の範囲に含めることとしました。また、有限会社ダイヤモンドムーン及びJapan Special Healty Water Ltd. の株式を取得したことにより持分法の適用範囲に含めることとしました。この結果、当社及び連結子会社9社並びに持分法適用関連会社2社により構成されております。 当社グループは、医療関連事業を中核ビジネスとして、医療用機器製造販売、当社独自のノウハウによる「EndoSCAを使った再生医療」、病院やクリニックの管理運営及び次世代検診サービスを展...(20170227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、連結財務諸表提出会社(以下当社という。当社グループを構成している各会社間の取引の概要は以下の図のとおりであります。(国内)当社は、カテーテルシステム、人工心肺システムの製品を製造し、また人工心肺システムの一部、人工血管を輸入し、主として医家向業務用代理店を通じて、全国の病院、診療所等へ販売しております。 テルモ・クリニカルサプライ(株)は、カテーテルシステムの製品の一部を製造し、販売しております。 テルモ山口(株)はカテーテルシステムの半製品の製造を行っております。(海外)テルモメディカルCorp.及びテルモヨーロッパN.V.の2社は、当社より製品及び原材料の一部を仕入れ、カ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(栄研化学(株))と連結子会社1社(栄研生物科技(中国)有限公司)により構成されており、検査薬の製造販売を主な事業として営んでおります。なお、連結子会社の栄研生物科技(中国)有限公司は、当社検査薬の加工生産及び検査薬の仕入製造販売を主な事業として営んでおります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社免疫生物研究所(当社)及び連結子会社2社、持分法非適用会社1社で構成されております。主要な製品およびサービスは、研究用関連では、主に抗体を基盤とした研究用試薬販売及び試薬関連受託サービスを行っております。また、医薬用関連では、医薬シーズライセンス事業及び体外診断用医薬品原料の製造・販売を行っております。カイコの繭中に目的タンパク質を効率よく大量生産できる技術による受託サービスや化粧品原料の販売、さらに診断薬、医薬品への実用化を目指し、製薬企業等との共同研究を推進しております。主にLipoSEARCHRを中核事業とし、臨床研究、基礎研究、動物医療...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、子会社12社及び関連会社2社で構成され、暖房機器、空調・家電機器、住宅設備機器の製造、販売、施工及び不動産賃貸を主な事業内容とし、さらにこれら事業に関する物流、サービス等の事業活動を行っております。製品につきましては、当社を中心に子会社(株)新井コロナ、(株)今町コロナ及び(株)栃尾コロナで製造しており、部品につきましては、子会社(株)栃尾コロナ及び(株)コロナテクノで製造しております。販売につきましては、当社のほか、子会社大和興業(株)、(株)金辰商事を通じて販売しております。不動産賃貸につきましては、主に当社で行っております。倉庫管理につきましては、子会社コロナ物流...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社((株)ノーリツ)及び子会社33社、並びに関連会社1社の計35社(平成28年12月31日現在)で構成されており、温水空調機器、住設システム機器、厨房機器、新エネルギー機器等の製造・販売事業及びこれに付帯する事業を行っており、各製品・部品は、当社及び国内外の関係会社によって製造されております。国内事業は、当社を中心に子会社大成工業(株)、信和工業(株)、(株)ハーマン、(株)多田スミス、(株)アールビー、関東産業(株)ほか2社が製品及び部品類の製造を行っております。また、当社で使用する部品の調達及び製造を子会社能率電子科技(香港)有限公司及び東莞大新能率電子有限公司が行ってお...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは当社、子会社8社及び関連会社1社で構成され、繊維機械及び工作用機器の製造、販売を主な事業内容としている。繊維機械等...............当社が製造販売している。なお、製造については、電装部品の一部を共和電機工業(株)に委託している。津田駒機械設備(上海)有限公司及びTSUDAKOMA SERVICE INDIA PRIVATE LIMITEDはアフターサービスを行っている。津田駒機械製造(常熟)有限公司はウォータジェットルームの一部機種について、中国での製造・販売を行っている。経緯津田駒紡織機械(咸陽)有限公司はエアジェットルームの一部機種について、中国での製造・販売を行...(20170227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業グループは、横編機、デザインシステム、手袋靴下編機の製造販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する部品の製造販売等に加え、その他サービス等の事業活動を展開しております。横編機、デザインシステム、手袋靴下編機の製品及び部品は当社で製造しております。また、製品の一部部品につきましては、連結子会社 株式会社シマファインプレス、ティーエスエム工業株式会社及び株式会社海南精密に製造を委託し、組立用部品として購入しております。国内販売及び海外販売は当社が需要者へ直接又は商社、代理店経由で販売しておりますが、海外販売の一部につきましては、連結子会社 SHIMA SEIKI EUROPE LTD...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社企業グループは、工業用ミシンの製造販売及びダイカスト部品の製造販売を主な事業として取り組んでおります。当社企業グループは当社のほか、国内では工業用ミシン部品製造子会社1社、海外では工業用ミシン販売子会社としてシンガポール、米国、ドイツに1社ずつ、工業用ミシン販売及び製造子会社として中国、ベトナムに1社ずつ、ダイカスト部品販売及び製造子会社として中国、ベトナム、メキシコに1社ずつの合計10社で構成されております。工業用ミシン事業は、縫製工場においてアパレル生産に使用される業務用ミシンのうち、主にニット衣料等の縫製に使用される「環縫いミシン」と呼ばれる種類のミシンの製造販売を行っております。「...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(0000-00-00) ”当社グループは、当社と関連会社より構成されており、電子機器、繊維機器、医療機器の開発、製造、販売を主たる業務としております。なお、下記の事業は「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)電子機器事業... 主要な製品は、液晶製造機器、半導体製造機器、マルチワイヤーソーであり、当社が製造、販売を行っております。関連会社について、株式会社エムテーシー(事業内容:半導体製造装置並びに計測装置の製造及び販売)は、技術の共同研究、製品の共同開発等を行っております。(2)繊維機器事業... 主要な製品は、自動裁断機であり、当社が製造、販売を...(20161226に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、当社の子会社19社及び関連会社5社で構成されており、その他の関係会社が1社あります。なお、平成29年5月9日付で新日鐵住金株式会社が所有する当社普通株式の一部が、住友商事株式会社に対して譲渡されたため、同日付で新日鐵住金株式会社がその他の関係会社でなくなり、住友商事株式会社が新たにその他の関係会社となっております。当社が製造販売するほか、一部製品の製造・販売については子会社Sumitomo Precision USA,Inc.他へ委託しております。ほかに、子会社SPP Canada Aircraft,Inc.(以下SPPCA社)は北米顧客を中心に...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(JUKI株式会社)、子会社37社及び関連会社5社で構成されており、縫製機器(工業用ミシン、家庭用ミシン等)及び産業装置(チップマウンタ・検査機・印刷機等)の製造販売を主な事業として取り組んでおります。(株)鈴民精密工業所、JUKI松江(株)、JUKI金属(株)、新興重機工業(有)、上海重機ミシン(有)、重機(寧波)精密機械(有)、重機(上海)工業(有)、JUKI(VIETNAM)CO., LTD.JUKI (HONG KONG) LTD.、JUKI AMERICA, INC.、JUKI SINGAPORE PTE. LTD.、JUKI CENTR...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は主に病院の血液検査が行われる臨床検査室に必要な製品群(検体検査装置、臨床検査試薬、臨床検査情報システム、検体検査自動化システム、各消耗品)の開発・製造・販売・カスタマーサポートの事業を行っております。また、当社の関係会社は1社(親会社:株式会社トクヤマ(以下、トクヤマ))となっております。当社はトクヤマの連結子会社であり、同社グループのライフアメニティーセグメントに属する1社でありますが、当社以外、主として臨床検査に関する製品及びサービスを顧客に提供する事業を営む会社はなく、自ら経営責任を持ち事業経営を行っており、人的関係以外、重要な営業上の取引はありません。...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社40社の合計41社(平成29年3月31日現在)で構成されており、医用電子機器の研究開発・製造・販売・保守サービスの事業活動を展開しています。 国内では、当社および日本光電富岡(株)が医用電子機器の研究開発・製造を行っています。また、(株)日本バイオテスト研究所が免疫化学製品の開発・製造・販売、(株)ベネフィックスが医療情報システム製品の製造・販売を行っています。 海外では、上海光電医用電子儀器(有)が医用電子機器、デフィブテック LLCが救命救急医療機器の開発・製造・販売を行い、日本光電マレーシア(株)が医用電子機器の製造・販売・販売促進を行っています。日本光電フィ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社2社、子会社5社で構成され、熱交換器、燃料タンク及びプレス板金製品の製造販売を主な事業内容とし、更にこれらに付帯関連するサービス事業等を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ティラド)、連結子会社15社及び関連会社3社より構成されており、各種熱交換器の製造・販売を主たる業務としているほか、これらに付帯するサービス業務等を営んでおります。T.RAD North America, Inc.Tripac International Inc.T.RAD Czech s.r.o.TRM Cororation B.V.T.RAD (THAILAND) Co., Ltd.PT.T.RAD INDONESIA...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社8社(ASAHI INTECC THAILAND CO.,LTD.、ASAHI INTECC HANOI CO.,LTD.、ASAHI INTECC USA,INC.、朝日インテックJセールス株式会社、朝日英達科貿(北京)有限公司、フィルメック株式会社、トヨフレックス株式会社、TOYOFLEX CEBU CORPORATION)で構成されており、医療機器分野及び産業機器分野における製品の開発・製造・販売を主な事業としております。(製造) ASAHI INTECC THAILAND CO.,LTD.、ASAHI INTECC HANOI CO.,LTD.、朝日イ...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(メディキット(株))、子会社3社(連結子会社2社、持分法非適用非連結子会社1社)により構成されており、医療機器の開発・製造・販売を業務としております。医療機器の製造は連結子会社である東郷メディキット(株)、Medikit Vietnam Co.,Ltd.が行っており、当社は東郷メディキット(株)より同製品を仕入れ、国内外ユーザーに販売しております。当社グループは、主として血管・血液に関する分野の医療機器を取扱っております。単一セグメントのため品目別に分類しますと、次のとおりであります。人工透析類では人工透析用留置針を中心とした人工透析関連製品の製...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、研究開発型医療機器メーカーとして、主に麻酔関連・病院内感染防止関連製品の企画開発・製造販売を行っております。なお、当社には、親会社、子会社、関連会社及びその他の関係会社はありません。当社の製品開発の特徴は、麻酔関連・病院内感染防止関連の医師、看護師及び臨床工学技士を中心とした医療現場のニーズを開発担当者が直接聞き、特許を含め独創的な技術を駆使して製品化することを製品開発の基本理念としていることであります。国内の医療機関の多くが、欧米メーカーを中心とした輸入医療機器に依存しており、この欧米主導の医療機器業界において、当社は医療現場第一主義に徹し、現場の小さな声も拾い上げ、製品化することに...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

日阪製作所の同業他社をもっと見る

日阪製作所の関連統計

統計分類検索へ

日阪製作所の基本情報

企業名 株式会社日阪製作所
カナ カブシキガイシャヒサカセイサクショ
英語名 HISAKA WORKS,LTD.
業種 機械
所在地 大阪市北区曾根崎二丁目12番7号
ホームページ http://www.hisaka.co.jp/
EDINET E01643
証券コード 6247
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6247)
決算日 03月31日