比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/08

SMCの最新業績

業界:FA・制御装置業界すぐ比較

SMCの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からSMCの事業内容についても確認できます。 注意:SMCの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:8.51

2016-12-31:7.7

2016-09-30:7.57

売上高

2017-06-30:1466億8700万

2016-06-30:1177億1700万

2015-06-30:1245億4300万

2014-06-30:1113億1700万

売上総利益

2017-06-30:739億9600万

2016-06-30:613億4200万

2015-06-30:632億4900万

2014-06-30:562億7300万

営業利益

2017-06-30:463億2000万

2016-06-30:364億4500万

2015-06-30:377億7800万

2014-06-30:336億5000万

経常利益

2017-06-30:498億8400万

2016-06-30:242億6400万

2015-06-30:437億9600万

2014-06-30:340億2200万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:361億9100万

2016-06-30:248億5100万

2015-06-30:306億8200万

2014-06-30:246億1700万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:464億2100万

2016-06-30:-314億6300万

2015-06-30:460億9500万

2014-06-30:216億0500万

営業CF

2017-03-31:1209億4900万

2016-03-31:1020億0600万

2015-03-31:1116億5200万

2014-03-31:837億1900万

投資CF

2017-03-31:-903億6500万

2016-03-31:-342億8200万

2015-03-31:-452億4000万

2014-03-31:-603億2600万

財務CF

2017-03-31:-455億0700万

2016-03-31:-342億9900万

2015-03-31:-127億6200万

2014-03-31:-18億0200万

総資産

2017-06-30:1兆2383億3400万

2016-06-30:1兆0776億5200万

2015-06-30:1兆1752億3900万

2014-06-30:9720億3500万

流動資産

2017-06-30:8786億8500万

2016-06-30:7113億3100万

2015-06-30:8365億8500万

2014-06-30:6788億3400万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:2774億4900万

2016-03-31:2952億7000万

2015-03-31:2817億1600万

2014-03-31:2085億7700万

現金及び預金

2017-06-30:4833億5300万

2016-06-30:3827億8700万

2015-06-30:4804億6000万

2014-06-30:3422億8000万

固定資産

2017-06-30:3596億4900万

2016-06-30:3663億2000万

2015-06-30:3386億5400万

2014-06-30:2932億0100万

負債

2017-06-30:1749億7500万

2016-06-30:1740億9700万

2015-06-30:2143億9700万

2014-06-30:1808億0700万

流動負債

2017-06-30:1413億2800万

2016-06-30:1447億8000万

2015-06-30:1888億9500万

2014-06-30:1543億1400万

固定負債

2017-06-30:336億4700万

2016-06-30:293億1600万

2015-06-30:255億0200万

2014-06-30:264億9300万

もっと見る

純資産

2017-06-30:1兆0633億5900万

2016-06-30:9035億5500万

2015-06-30:9608億4200万

2014-06-30:7912億2800万

従業員数

2017-03-31:1万9191

2016-03-31:1万8382

2015-03-31:1万7389

2014-03-31:1万6010

臨時従業員数(外)

2017-03-31:5139

2016-03-31:4998

2015-03-31:4939

2014-03-31:4703

売上総利益率

2017-06-30:50.4

2016-06-30:52.1

2015-06-30:50.8

2014-06-30:50.6

売上営業利益率

2017-06-30:31.6

2016-06-30:31

2015-06-30:30.3

2014-06-30:30.2

売上経常利益率

2017-06-30:34

2016-06-30:20.6

2015-06-30:35.2

2014-06-30:30.6

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:24.7

2016-06-30:21.1

2015-06-30:24.6

2014-06-30:22.1

ROA

2017-06-30:11.6

2016-06-30:9.2

2015-06-30:10.4

2014-06-30:10

ROE

2017-06-30:13.6

2016-06-30:11.2

2015-06-30:12.8

2014-06-30:12.4

自己資本比率

2017-06-30:85.9

2016-06-30:83.8

2015-06-30:81.8

2014-06-30:81.4

流動比率

2017-06-30:621.7

2016-06-30:491.3

2015-06-30:442.9

2014-06-30:439.9

固定比率

2017-06-30:33.8

2016-06-30:40.5

2015-06-30:35.2

2014-06-30:37.1

業績ランキングは

67

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

SMCの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
SMC
なし

キーワードの推移
2017/06/28(年度)2016/06/28(年度)2015/06/25(年度)2017/08/08(四半期)2017/02/08(四半期)2016/11/08(四半期)2016/08/05(四半期)2016/02/09(四半期)2015/11/09(四半期)2015/08/06(四半期)
空気圧空気圧空気圧日韓mfgmfg日韓積立積立興国
普通倉庫普通倉庫普通倉庫歯止めアジア地域主眼ni資源価格自己資本自己資本
mfgmfgmfg為替相場機器円高mfg自己資本機器機器
外貨建債券倉庫倉庫自己資本自己資本コストダウンe's機器拡販為替
倉庫排ガス規制工作機械半導体半導体資源国コストダウン為替拡販
半導体半導体アジア地域為替為替円高中国経済中国経済
工作機械東洋東洋相場円高預入保険保険自動車
液晶中華株式市況機器手形機器機器資源為替手形
精密機械株式市況積み増し拡販支払手形自己資本自己資本自動車自動車支払手形
東洋機器機器smartphone個人消費半導体半導体手形手形受取手形
円高市況物流コスト手形為替為替支払手形支払手形研究開発
機器センサ半導体支払手形受取手形定期預金拡販個人消費棚卸
自動車出資金センサ個人消費仕入れ拡販eu離脱棚卸資金製品
ユーロ圏自動車積立お客様債権自動車受取手形受取手形グループ
機械資源価格ユーロ研究開発個人消費個人消費仕入れ仕入れ
電機工作機械賃金受取手形グループ棚卸債権配当金
センサ電池研究開発セグメント棚卸債権研究開発研究開発セグメント
グローバルな医療機器運輸製品資金研究開発個人消費売上高
医療機器液晶機械グループ売上高仕入れ製品グループ成績
営業力営業力預入債権グループ製品
精密自動車セグメント成績配当金セグメント金融
アジア地域運輸興国研究開発セグメント売上高
運輸機械自己資本売上高製品売上高長期
為替相場為替市況成績成績
預入自己資本人員グループ成績
自己資本台数為替グループ
為替ユーザ定期預金
相場大手拡販セグメントセグメント
定期預金売上高売上高
拡販中国経済株価成績成績
年度or届出書
四半期or半期

(20170628)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170808)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

SMCの類似企業へ

SMCの業績推移

SMCの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社と連結子会社(NIC Autotec(Thailand)Co.,Ltd.)の計2社で構成されております。当社グループではアルファフレーム部門、装置部門及び商事部門の3部門体制で、機械・装置の基礎フレームなど機械要素となるアルミニウム合金製構造部材のアルミフレーム及びフレーム同士を結合するブラケット等の補助部品システムからなる「アルファフレームシステム」(商標名「ALFA FRAME® SYSTEMM」以下、「アルファフレームシステム」という。)、FA装置(FA:Factory Automation/「自動化・省力化装置」をいう。)等及び工業生産財といった製商品の販売を行っ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社17社と関連会社9社で構成され、工業用ファスナー及び工具類(ファスナー事業)、産業用機械及び精密機器(産機事業)、計測制御機器及びその他製品(制御事業)の製造及び販売を主たる事業の内容としております。当部門は、精密ねじ部品を基軸に、大幅な合理化を推進する特殊冷間圧造部品などの製造、販売を行っております。当社は、上記製品の設計、原材料の調達、加工、検査、包装までを一貫して行い、関係会社から仕入れた完成品とともに、これら製品を国内及びアジア、北米を中心とする海外市場にて販売しております。国内には、工業用ファスナーの製造・販売を行っている東洋圧造(株)及び(株)協栄製作...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社13社で構成されており、自動車関連生産設備事業、半導体関連生産設備事業、家電関連およびその他生産設備事業を柱に、自動省力機器の製造ならびに販売を主たる事業としております。当社グループの顧客は各業界におきまして高いシェアを誇る会社が多く、そういった顧客のニーズに応えるために、当社グループは、常に最新のテクノロジーに対応した生産システムエンジニアリング能力と、現場にて培われたモノ造りの経験から、最適なトータルソリューションを提案しております。当社グループは、日本、アジア、北米、欧州に拠点を置き、各地域ごとに、主として自動省力機器の製造ならびに販売事業をおこなって...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、横河電機(株)(当社)、子会社110社及び関連会社2社により構成されています。提供するソリューション及び主要な製品は、プラントの現場から経営レベルまでライフサイクルにわたりお客様価値を最大化する総合的ソリューション、生産性向上のための各種ソフトウェア、生産制御システム、流量計、差圧・圧力伝送器、プロセス分析計、プログラマブルコントローラ、工業用記録計等です。横河マニュファクチャリング(株)、Yokogawa Electric Asia Pte.Ltd.、横河電機(蘇州)有限公司等が製造したものを、日本国内につきましては主に横河ソリューションサービス(株...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”azbilグループは、当社と子会社59社及び関連会社4社により構成され、人々の安心、快適、達成感と地球環境への貢献を目指す「人を中心としたオートメーション」を追求し、建物市場でビルディングオートメーション(BA)事業を、工業市場でアドバンスオートメーション(AA)事業を、ライフラインや生活に密着した市場において、ライフオートメーション(LA)事業を展開しております。その事業内容は、以下のとおりであります。BA事業では、ビルディングオートメーションシステム、セキュリティシステムから、アプリケーションソフト、コントローラ、バルブ、センサまでのフルラインナップを自社にて開発、製造し、また計装設計から...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社の関係会社は、当社、連結子会社28社、非連結子会社1社及び関連会社1社(平成29年3月20日現在)により構成され、その主な事業内容は、電子応用機器の製造及び販売であります。当社が商品の開発、製造及び販売を行っているほか、キーエンスソフトウェア(株)は当社商品のソフトウェア開発、キーエンスエンジニアリング(株)は当社商品の製造を行っております。さらに北米・中南米ではKEYENCE CORPORATION OF AMERICAほか3社、欧州ではKEYENCE DEUTSCHLAND GmbHほか4社、アジアではKEYENCE(CHINA)CO.,LTD.ほか10社の子会社等を通じて販売を行って...(20170612に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”まで幅広い産業向けに制御・計測・検査機器の開発・製造・販売を事業内容としております。プロセス事業は鉄鋼・非鉄金属の生産ラインを主な対象とした製品を取り扱う事業です。その主な製品として、製鉄の主な工程において製銑・精鋼の工程で圧力・流量・温度等の制御を行うプロセス制御装置、連続鋳造の工程で湯面を計測する渦流式溶鋼レベル計、圧延や表面処理の工程で製品の位置を制御する耳端位置制御装置、工程の中途及び完成時に情報を製品に表示させる自動識別印字装置などがあります。ウェブ事業は、製紙、印刷から電子機器材料に至るまで、帯状素材(ウェブ)を扱う広範な業種を対象とした製品を取り扱う事業です。その主な製品として、...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社25社、関連会社2社及びその他の関係会社1社により構成されており、ITとFAの融合領域とも言うべきインテリジェントFAシステムビジネスを中心に、各社が同ビジネスの構成分野或いは隣接分野を分担しております。当社グループは、事業拡大のスピードアップ及びシナジー効果等による利益拡大を企業グループ経営方針の一つとしており、着実にグループ事業領域拡大・強化の成果を出してまいりました。特に日本の製造拠点の海外移転が加速する中で、海外ユーザーへの浸透と海外ビジネスの拡大を目的に海外展開を積極的に推し進めており、平成13年から順次タイ、マレーシア、シンガポールに子会社を設立し、東南...(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社及び子会社9社で構成され、次の事業を行っております。なお、子会社のうち1社(サンレッズ株式会社)は非連結子会社であります。KYOEI ELECTRONI SHANGHAI CO.,LTD.KYOEI ELECTRONI AMERICA INC.KYOEI ELECTRONI (THAILAND) CO.,LTD.”...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社10社及び関連会社3社で構成され、電子・電気機器、電子部品の販売及び輸出入並びに工業薬品の製造・販売を主な内容として事業活動を展開しております。電子部品事業..................当社が販売するほか、連結子会社Hakuto Enterprises Ltd.、伯東企業(上海)有限公司、Hakuto(Thailand)Ltd.、Hakuto Singapore Pte.Ltd.、Hakuto Taiwan Ltd.、Hakuto Trading(Shenzhen) Ltd. 及び関連会社株式会社ルーフスにおいても販売しております。な...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社2社(鳥羽(上海)貿易有限公司、TOBA(THAILAND)CO.,LTD.)、関連会社1社(東莞市鳥羽機械設備有限公司)で構成されており、下記、主要取扱品目に記載の制御機器、FA機器及び産業機器などの販売を主な事業内容としております。国内取引については、有力メーカーなどより商品を仕入れ、大手ユーザーを中心に販売を行っております。また、海外取引については、主として国内有力メーカーより仕入れた商品を海外ユーザーに販売を行っております。なお、当社グループは、単一の事業セグメントとしております。当社グループは、単に機械工具類の卸売りを行うばかりではなく、主としてユーザーの...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社と子会社4社で構成され、主な事業内容とその位置づけは、次のとおりです。(1) 当社は、国内有力メーカーよりFA機器、情報・通信機器、電子・デバイス機器、電設資材等を仕入れ、国内の有力企業及び海外子会社への販売を行っております。SUZUDEN SINGAPORE PTE LTD は、シンガポール及び周辺国の企業にFA機器、情報・通信機器、電子・デバイス機器等の販売を行っております。 斯咨電貿易(上海)有限公司(SUZUDEN TRADING (SHANGHAI)CO.,LTD)は、中国をはじめとする海外のメーカー・外注先及び国内有力企業からFA機器、情報・通信機器、電子・デバイ...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社9社(うち連結子会社9社)で構成されており、コンポーネント、電子情報機器等の国内外における製造及び販売を主な事業として取り組んでおります。また、当社グループはキヤノングループに属し、主として親会社であるキヤノン株式会社及びその生産子会社から部品を仕入れ、製造し、キヤノン株式会社及びその子会社へ製品の納入を行っております。主要な製品は、シャッターユニット、絞りユニット及びレーザースキャナーユニットであります。 シャッターユニット及び絞りユニットは、当社が開発・製造・販売を行っております。主な納入先は当社グループ外の得意先及びキヤノン株式会社、キヤノン株式会社の生産子会...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社企業グループ(当社及び当社の関係会社)は、連結子会社16社で構成され、FA機器・産業機械、半導体・電子デバイス、設備機器及び産業デバイスの販売を主に、これらに附帯する保守・サービス等の事業を営んでおります。当社及び当社の関係会社のセグメント等との関連は、次のとおりであります。当社企業グループを構成する連結子会社は、次のとおりであります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社日伝(当社)と連結子会社2社(岡崎機械株式会社、日伝国際貿易(上海)有限公司)、非連結子会社3社(NICHIDEN TRADING(Thailand)Co.,Ltd.、NICHIDEN(Thailand)Co.,Ltd.、NICHIDEN VIET NAM CO.,LTD)と関連会社1社(株式会社プロキュバイネット)で構成されております。当社は動力伝導機器、産業機器、制御機器等の機械設備及び機械器具関連商品の販売を主な事業とし、子会社岡崎機械株式会社は木工用機械等の産業機器の販売、日伝国際貿易(上海)有限公司、NICHIDEN TRADING(Thailand)Co.,...(20170704に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ミスミグループ本社(当社)、連結子会社46社、非連結子会社1社及び関連会社2社で構成されており、FA事業、金型部品事業、VONA事業の3つの領域において事業を展開しております。FA(ファクトリーオートメーション)などの生産システムの合理化・省力化で使用される自動機の標準部品(シャフト、ブッシュ、リニアガイド、位置決め部品、プーリー、アルミフレーム、ステ-ジなど)をはじめ、高精度の精密生産装置に利用される自動位置決めモジュール、光技術関連の各種実験研究機器の開発・提供と電子機器類のデジタル化に伴い変化する各種機器生産現場への部材などを開発・提供しております。主に自動車、電...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社の事業は環境空気調和(冷暖房)、工業用空気調和、冷凍機を主とする化学工業用設備等、あるいは商業用、家庭用機器類の自動機器の製造、販売であり、その主なるものは次のとおりである。なお、当社は自動制御機器製造販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略している。通電すると電磁力によって流体の通路を開く弁で、流体の流量の加減、流方向の変換、危険防止等を行い自動装置の操作機として広い応用範囲を持つ。冷媒、水、蒸気、ガス、電気、油等の流体の種類、流量の大きさにより極めて多種のものがある。冷凍装置の高圧液冷媒を絞り膨張させ、低圧とし蒸発器に送り込み蒸発ガス化させて周囲のものを冷却させるた...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/29

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-12-31)

(2010-12-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益4年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(アスカ株式会社)及び子会社8社により構成されており、自動車部品、配電盤及びロボットシステムの製造・販売を主な事業とし、モータースポーツ事業、賃貸及び太陽光事業、損害保険代理業も行っております。自動車部品事業 ......当社が製造・販売しております。子会社PT.AUTO ASKA INDONESIAは自動車部品の製造・販売を行っております。子会社AMI(株)は金型の設計・製作・販売を行っております。配電盤事業 ......当社が製造・販売しております。ロボットシステム事業......当社が製造・販売しております。子会社ASKA USA CORPO...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当社グループは、当社及び子会社12社及び関連会社2社(平成29年3月31日現在)で構成され、産機製品、自動機器製品、一般機器製品の製造・販売を主な内容とし、更に各製品に関連する研究及びその他サービスの事業活動を展開しております。当社グループは、製品の種類、性質、製造方法、販売市場等の類似性から判断して、同種、同系列の精密機器を専ら製造販売しております。部門別の主要製品は次のとおりであります。当社が大部分の製品を生産していますが、当社以外では連結子会社ヤマトハカリ計装(株)及び南武ヤマトハカリ(株)が工業用のはかりの一部を製造、販売あるいは当社からの委託を受けて、製造、据付工事を行っております。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/01

あとで比較する

すぐに比較する

SMCの同業他社をもっと見る

SMCの関連統計

統計分類検索へ

SMCの基本情報

企業名 SMC株式会社
カナ エスエムシーカブシキガイシャ
英語名 SMC CORPORATION
業種 機械
所在地 千代田区外神田四丁目14番1号
ホームページ http://www.smcworld.com/
EDINET E01673
証券コード 6273
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6273)
決算日 03月31日