比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

鉱研工業の最新業績

鉱研工業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から鉱研工業の事業内容についても確認できます。 注意:鉱研工業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-0.45

2017-03-31:1.81

2016-12-31:4.09

2016-09-30:6.44

売上高

2017-06-30:16億0680万

2016-06-30:18億5277万

2015-06-30:16億1447万

2014-06-30:18億1215万

売上総利益

2017-06-30:3億1104万

2016-06-30:4億4715万

2015-06-30:4億6382万

2014-06-30:4億5581万

営業利益

2017-06-30:-7073万

2016-06-30:7551万

2015-06-30:1億3611万

2014-06-30:1億5863万

経常利益

2017-06-30:-7277万

2016-06-30:7085万

2015-06-30:1億3690万

2014-06-30:1億5007万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:-7209万

2016-06-30:4832万

2015-06-30:1億2888万

2014-06-30:1億3344万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-6959万

2016-06-30:5089万

2015-06-30:1億2628万

2014-06-30:1億3216万

営業CF

2017-03-31:5109万

2016-03-31:4億8328万

2015-03-31:3億8613万

2014-03-31:7億6478万

投資CF

2017-03-31:-4891万

2016-03-31:-1億3244万

2015-03-31:-1億1873万

2014-03-31:-7974万

財務CF

2017-03-31:-2億1292万

2016-03-31:-4億2805万

2015-03-31:-2億3316万

2014-03-31:-1億3127万

総資産

2017-06-30:73億9949万

2016-06-30:75億5889万

2015-06-30:74億4860万

2014-06-30:70億7037万

流動資産

2017-06-30:56億0353万

2016-06-30:58億9015万

2015-06-30:57億3900万

2014-06-30:53億7378万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:6億6959万

2016-03-31:8億8046万

2015-03-31:9億5784万

2014-03-31:9億2337万

現金及び預金

2017-06-30:6億6122万

2016-06-30:9億1088万

2015-06-30:8億4237万

2014-06-30:9億2761万

固定資産

2017-06-30:17億9596万

2016-06-30:16億6874万

2015-06-30:17億0960万

2014-06-30:16億9658万

負債

2017-06-30:39億8893万

2016-06-30:42億3257万

2015-06-30:48億0032万

2014-06-30:51億0542万

流動負債

2017-06-30:28億6431万

2016-06-30:31億7533万

2015-06-30:36億2721万

2014-06-30:37億9296万

固定負債

2017-06-30:11億2462万

2016-06-30:10億5724万

2015-06-30:11億7310万

2014-06-30:13億1245万

もっと見る

純資産

2017-06-30:34億1056万

2016-06-30:33億2632万

2015-06-30:26億4827万

2014-06-30:19億6494万

従業員数

2017-03-31:235

2016-03-31:227

2015-03-31:206

2014-03-31:201

売上総利益率

2017-06-30:19.4

2016-06-30:24.1

2015-06-30:28.7

2014-06-30:25.2

売上営業利益率

2017-06-30:-4.4

2016-06-30:4.1

2015-06-30:8.4

2014-06-30:8.8

売上経常利益率

2017-06-30:-4.5

2016-06-30:3.8

2015-06-30:8.5

2014-06-30:8.3

売上純利益率

2017-06-30:-4.5

2016-06-30:2.6

2015-06-30:8

2014-06-30:7.4

もっと見る

ROA

2017-06-30:-4

2016-06-30:2.4

2015-06-30:6.8

2014-06-30:7.6

ROE

2017-06-30:-8.4

2016-06-30:6

2015-06-30:19.6

2014-06-30:27.2

自己資本比率

2017-06-30:46.1

2016-06-30:44

2015-06-30:35.6

2014-06-30:27.8

流動比率

2017-06-30:195.6

2016-06-30:185.5

2015-06-30:158.2

2014-06-30:141.7

固定比率

2017-06-30:52.7

2016-06-30:50.2

2015-06-30:64.6

2014-06-30:86.3

業績ランキングは

2407

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

鉱研工業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
鉱研工業

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/23(年度)2015/06/24(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/07(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/09(四半期)2015/11/11(四半期)2015/08/07(四半期)
o・d・aperco・d・a井戸リニア新幹線percperc立坑立坑立坑
リニア中央新幹線温泉バッチャープラント立坑立坑立坑ツールスo・d・aツールス
機材温泉トンネルロータリロータリ温泉ツールスo・d・a
rpd立坑トンネルperco・d・a口径口径井戸井戸口径
perc地すべり地すべりロータリドリルドリルo・d・a製品原価トンネル
温泉ロータリ未成工事受入金喪主トンネルマシンマシン製品原価口径井戸
井戸製品原価o・d・awl口径機材
地すべりo・d・a地下水ドリルperc温泉温泉工具器具備品温泉製品原価
ロータリ製品原価物価高温泉温泉トンネルトンネルトンネル金融支援
海底地質調査少額機材大型大型工事損失引当金オリンピック
建設工事口径土壌汚染マシンロータリファイナンス・リース機械トンネルファイナンス・リースマシン
地質調査地質調査地質機械井戸機械未成工事受入金オリンピック未成工事支出金オリンピック
土壌汚染土壌汚染建設コンサルタントストックps公共工事機材未成工事受入金
ドリルドリル資金需要備品建設工事電子記録債権電子記録債権未成工事受入金貯蔵品日経平均
地質地質工事損失引当金ドリル備品備品未成工事支出金
建設コンサルタント鉄道土壌工具ミャンマ工具貯蔵品機材
ブーム建設コンサルタント大型器具マシン器具工具コマーシャル機器仕掛品
資金需要資金需要マシン仕掛品電子記録債権資源国器具備品機械公共投資
土壌土壌受入機器備品仕掛品資源国貯蔵品仕掛品受入
マシンマシン機器興国貯蔵品公共投資仕掛品公共投資機器
減災過去最高益機械シェア機器公共投資マネジメントマネジメント
小幅減災ポンプ工具である受入工具リスクインフラ
トンネルトンネルバリュビジネス器具定期預金機器器具定期預金リスク
ポンプオリンピックファイナンス・リース大型資源国資金調達である機械資金調達原油価格
震災復興ポンプ工法なか機械公共公共リスク公共株価
ファイナンス・リース機器部品仕掛品eu離脱eu離脱車両売上原価公共
老朽化ファイナンス・リース未成工事支出金リスク公共投資電子原材料受入原材料原油
機器機械技術である債権電子なか大型機械
工法工法公共製品手形機器手形なか
インフラ未成工事受入金貯蔵品固定負債eu離脱支払手形支払手形マネジメント支払手形支払手形
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

鉱研工業の類似企業へ

鉱研工業の業績推移

鉱研工業の同業他社

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末現在において純粋持株会社であるサムシングホールディングス株式会社(以下当社という。)のもとにグループ会社9社及び関連会社1社により構成されております。事業としては、主に戸建用住宅地を対象として、地盤調査、地盤改良工事及び地盤保証を主に展開しております。なお、当社は、純粋持株会社であり、連結子会社各社の経営指導、グループ全体の事業統括及び新規事業開発等を行っております。また、連結子会社各社から、総務、人事、経理及び経営企画等の管理業務も受託しております。そして、第三者割当による新株式発行(以下、「本第三者割当」といいます。)を行ったことにより、平成28年9月29日...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社(株式会社グリーンアローズ中部及び株式会社グリーンアローズ九州)により構成されており、親会社である株式会社ダイセキの企業グループに属しております。当社グループは、汚染土壌の調査・処理事業、廃石膏ボードリサイクル事業、廃蛍光灯等リサイクル事業及び環境分析事業を主な事業内容としております。セグメント別の事業内容は次のとおりであります。っております。理、迅速性、価格競争力等で、他社との差別化を図っております。主な処理方法としては汚染土壌の掘削除去です。ループリサイクルセンターで加工され、セメント原料として再利用されます。...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(第一カッター興業株式会社)、連結子会社4社(株式会社ウォールカッティング工業、株式会社光明工事、株式会社新伸興業、株式会社ムーバブルトレードネットワークス)、持分法適用関連会社1社(ダイヤモンド機工株式会社)、持分法非適用非連結子会社1社、持分法非適用関連会社1社で構成されており、切断・穿孔工事事業、ビルメンテナンス事業及びリユース・リサイクル事業を展開しております。当社グループの切断・穿孔工事事業は、工業用ダイヤモンドを使用したダイヤモンド工法(各種舗装及びコンクリート構造物の解体、撤去工事に必要な切断工事、穿孔工事)及び、水圧を利用したウォータージェット工法を中心に事...(20160928に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当事業年度末における当社グループは、当社及びその他の関係会社(三井金属鉱業株式会社)1社の2社より構成されております。当社は『顧客のニーズを先取りして、創造にチャレンジし 社会に貢献すると共に、社業の発展を期する』を経営理念として、『材料と環境の橋渡し』をスローガンに、様々な環境の中で使用される金属材料を腐食から守り、構造物の期待寿命を確実に維持させることを使命としております。そのために、各種環境に曝されている構造物の腐食・劣化調査と解析・評価を行い、その結果に基づいた腐食対策の提案、防食設計、対策工事そして維持管理という総合的な防食システムの提供(以下「工事」)を主たる業務としております。ま...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社6社及び関連会社1社で構成され、土木事業、地盤改良事業及びブロック事業を主な事業内容としている。当社、高橋秋和建設(株)が土木工事の施工を行っており、両社は相互に工事の発注又は受注を行っている。当社、(株)ソイルテクニカ及びFudo Construction Inc.が地盤改良工事の施工等を行っており、当社は(株)ソイルテクニカより建設機械を賃借している。当社、(株)三柱及び東亜土木(株)が消波・根固ブロック用鋼製型枠の賃貸等を行っており、当社は土木事業においてこれらの会社より消波・根固ブロック用鋼製型枠を貸借している。福祉商事(株)が保険代理等のサービスの提供を行...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社2社で構成され、建設事業及び建設コンサルティング事業を主な事業の内容としております。建設事業 当社は特殊土木技術の専門工事業を営んでおります。子会社である三信建設工業(香港)有限公司が建設業を営んでおりましたが、現在は平成23年10月に開設しました香港支店が香港を拠点とした東南アジア諸国での建設事業を営んでおり、業務移管をしております。その他の事業 子会社である(株)日東テクノ・グループが工業所有権の管理・販売並びに建設用資機材販売事業を営んでおります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び文化財調査コンサルタント(株)(関連会社)の2社により構成されております。当社は建設工事に関連する地質調査、土質調査を中心に環境・防災・海洋調査業務等を行い、これらに関連する測量、建設計画、設計等の業務および工事を営む単一セグメントであります。関連会社の文化財調査コンサルタント(株)は微化石分析と文化財調査を行っております。その一部は当社が発注しております。...(20170227に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、地盤改良工事を行わない地盤解析専門会社として、一般的には、地盤調査、地盤解析、地盤改良工事が同一の事業者により行われているケースが多い中、第三者的立場かつ専門家としての見地から地盤改良工事の要・不要についての判定情報を工務店、住宅設計事務所及びハウスメーカー(以下、工務店等という)に提供し、消費者と地盤改良工事を施工する地盤業者との間に存在する情報格差を解消するという、消費者の視点に立った地盤解析事業を展開しております。工務店等が住宅を建築する際には、地盤調査を実施し、国土交通省令を始めとする関係法令に基づいて住宅基礎仕様を決める義務があります。また、...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”平成28年8月31日現在の当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(株式会社技研製作所)と子会社8社により構成されており、無振動・無騒音で環境負荷を極小に抑えた圧入工法の優位性を最大限に活かした機械と新工法の開発を行い、国内外で公害対処企業として事業活動を行っております。当社グループの目指すところは、国民の視点に立った建設工事のあるべき姿を実現させることであり、この基準を環境性・安全性・急速性・経済性・文化性の5つの要素に集約して「建設の五大原則」として定め、当社グループの機械・工法開発の絶対条件としております。当社グループのセグメントとその主たる内容は次のとおりであります。当社は、各...(20170609に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結グループの事業の系統図は次のとおりです。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社8社で構成され、主に道路舗装機械並びに道路維持補修機械、散水車など多種類にわたって製造し、国内外に販売するほか、他社製品である産業機械の販売も行っております。更に、新製品の開発などの研究開発活動も併せて行うと同時に、各事業に関連するその他サービス等の事業活動を展開しております。なお、次の4部門は「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。SAKAI AMERICA,INC.P.T.SAKAI INDONESIAP.T.SAKAI ROAD MACHINERY INDONESIA...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社6社及び関連会社1社で構成され、コンプレッサ、発電機及び車両系建設機械等の建設機械・産業機械の製造及び販売を主な内容とし事業活動を展開しております。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。主要な製品は、エンジンコンプレッサ、エンジン発電機及び高所作業車等であります。当社、子会社イーエヌシステム(株)、(株)ファンドリー及びAIRMAN USA CORPORATION、関連会社上海復盛埃爾曼機電有限公司が製造・販売するほか、子会社(株)エーエスシー、HOKUETSU INDUS...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、「当社」、「連結子会社4社、非連結子会社3社及び関連会社6社」で構成され、建設用クレーン、油圧ショベル等及びその他の製品の製造ならびに販売を主な事業としております。当社グループのセグメントは、製造・販売体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日本」は当社(建設用クレーン・油圧ショベル等・その他の製品)及び株式会社KATO HICOM(建設用クレーン・油圧ショベル等・その他の製品)、「中国」は加藤(中国)工程机械有限公司(油圧ショベル等)及び石川島中駿(厦門)建機有限公司(油圧ショベル等)及び「その他」はKATO WORKS(THAILAND)CO.,LTD.(建...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社30社及び関連会社2社で構成され、建設用クレーン、車両搭載型クレーン及び高所作業車等の製造販売を営んでおります。主要品目は次のとおりであります。当社は日本セグメントにおいて製造販売等を行っております。なお、子会社及び関連会社の業務は次のとおりであります。タダノ・アメリカCorp.、タダノ・パナマ S.A.、タダノ・ブラジル・エキパメントス・デ・エレヴァサォンLtda.タダノ・マンティスCorp.タダノ・アメリカ・ホールディングスInc....(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社4社から構成されております。主たる事業は、建設機械の製造・販売であり、平成29年2月期において当社グループの売上高のうち99.3%を占めております。また、当該事業のほか、その他事業として主に撹拌機の製造・販売を行っております。建設機械の製造・販売を行っております。中国市場へは、主に竹内工程機械(青島)有限公司が製造し、現地ディーラーに販売しております。加えて、当社から一部の国内メーカーを対象にOEM供給契約(相手先ブランドによる生産)に基づく製品供給を行っているほか、日本国内の販売を行っております。TAKEUCHI MFG.(U.S.),LTD. (販売会社)...(20170525に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社、以下同じ)は、当社(応用地質株式会社)、子会社32社及び関連会社5社により構成されており、調査・コンサルティング事業(地質調査・設計・工事・環境調査・環境アセスメント・自然災害及び環境リスク分析事業等)と計測機器事業(地質調査用・地震観測用・物理探査用及び石油探査用の計測機器・セキュリティー機器の開発・製造・販売)を営んでおります。当社は専門的技術力をもって、地質調査及びそれに関連・付帯する事業を含む地質総合コンサルタントを業として行っております。連結子会社のエヌエス環境(株),東北ボーリング(株)、オーシャンエンジニアリング(株)、宏栄コンサルタント(株...(20170328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および連結子会社1社で構成され、製品およびサービスの販売方法の類似性から主に消波根固ブロックの製造用鋼製型枠の型枠貸与事業と工場で製造した護岸ブロック等のコンクリート二次製品、連結した自然石製品、吸出防止、洗掘防止、遮水等の土木シート製品等の製品販売事業を主な事業としております。当社グループの売上構成は、次のとおりであります。(13.8)(14.9)(86.2)(85.1)(100.0)...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績未設定-

()

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、持株会社である当社、連結子会社8社(株式会社アイ・エス・ソリューション、YAMAテック株式会社、株式会社ランドコンシェルジュ、株式会社エンバイオ・リアルエステート、ヴェガ・ソーラー合同会社、アルタイル・ソーラー合同会社、ソーラー年金株式会社、太陽光パーク2合同会社)、関連会社1社(江蘇聖泰実田環境修復有限公司)及びその他の関係会社1社(株式会社シーアールイー)により構成されています。当社グループは、土壌汚染の調査・浄化工事・リスクコンサルティング及び土壌汚染関連機器・資材販売を行う土壌汚染対策事業、土壌汚染地の有効活用を支援するブラウンフィールド活用事業を主要な事業とし、土地の...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と連結子会社7社により構成されており、フィルタ製品の製造・販売を主たる事業としております。当社グループは、「仕濾過事」(ろかじにつかふる)を経営理念に掲げ、フィルタビジネスを通じて社会に貢献すべくフィルタ製品の開発・製造・販売をしております。当社グループはフィルタ事業の単一セグメントであり、製品品目は建設機械向け油圧フィルタ(以下、建機用フィルタ)、産業機械向け油圧フィルタ(以下、産業用フィルタ)、プロセス用フィルタの3品目であります。当社グループは、創業以来、一貫してフィルタの専門メーカとして実績を重ねてきました。当社グループは、フィルタのキーパ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

鉱研工業の同業他社をもっと見る

鉱研工業の関連統計

統計分類検索へ

鉱研工業の基本情報

企業名 鉱研工業株式会社
カナ コウケンコウギョウカブシキガイシャ
英語名 KOKEN BORING MACHINE CO., LTD.
業種 機械
所在地 豊島区高田2-17-22目白中野ビル1階
ホームページ http://www.koken-boring.co.jp/
EDINET E01699
証券コード 6297
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6297)
決算日 03月31日