比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

クボタの最新業績

業界:農業機械業界すぐ比較

クボタの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からクボタの事業内容についても確認できます。 注意:クボタの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(米国基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:7.02

2017-03-31:6.73

2016-12-31:7.71

2016-09-30:8.39

売上高

2017-06-30:8459億9600万

2016-06-30:7961億3600万

2015-06-30:8496億7400万

2014-06-30:7853億8600万

営業利益

2017-06-30:1005億9900万

2016-06-30:1055億8000万

2015-06-30:1130億9100万

2014-06-30:1102億1300万

税引前当期純利益

2017-06-30:1076億0700万

2016-06-30:971億1400万

2015-06-30:1153億8400万

2014-06-30:1102億4400万

当社株主に帰属する当期純利益

2017-06-30:704億4400万

2016-06-30:623億2100万

2015-06-30:773億9400万

2014-06-30:700億8200万

包括利益

2017-06-30:659億9100万

2016-06-30:-475億3200万

2015-06-30:947億3200万

2014-06-30:588億7000万

もっと見る

営業CF

2017-06-30:1047億8200万

2016-06-30:927億1800万

2015-06-30:1185億4100万

2014-06-30:266億1500万

投資CF

2017-06-30:-485億5300万

2016-06-30:-661億0500万

2015-06-30:-544億8700万

2014-06-30:-621億8200万

財務CF

2017-06-30:-338億7500万

2016-06-30:183億3300万

2015-06-30:-585億6200万

2014-06-30:142億9400万

総資産額

2017-06-30:2兆6606億1500万

2016-06-30:2兆3512億8200万

2015-06-30:2兆4997億9000万

2014-06-30:2兆0909億8500万

現金及び現金同等物

2017-06-30:1907億5100万

2016-06-30:1769億4600万

2015-06-30:1279億4600万

2014-06-30:869億8500万

現金及び現金同等物

2016-12-31:1694億1600万

2015-12-31:1462億8600万

2014-12-31:1061億4629万

2013-12-31:901億7867万

もっと見る

純資産

2017-06-30:1兆2336億5200万

2016-06-30:1兆0712億4300万

2015-06-30:1兆1336億7600万

2014-06-30:9413億4500万

純資産額

2017-06-30:1兆3101億1500万

2016-06-30:1兆1349億9000万

2015-06-30:1兆2125億9600万

2014-06-30:1兆0092億7600万

従業員数

2016-12-31:3万8291

2015-12-31:3万6233

2014-12-31:3万5082

2013-12-31:3万3250

臨時従業員数(外)

2016-12-31:3280

2015-12-31:3650

2014-12-31:4140

2013-12-31:4607

売上営業利益率

2017-06-30:11.9

2016-06-30:13.3

2015-06-30:13.3

2014-06-30:14

売上純利益率

2017-06-30:8.3

2016-06-30:7.8

2015-06-30:9.1

2014-06-30:8.9

もっと見る

ROA

2017-06-30:5.2

2016-06-30:5.4

2015-06-30:6.2

2014-06-30:6.8

ROE

2017-06-30:11.4

2016-06-30:11.6

2015-06-30:13.6

2014-06-30:14.8

自己資本比率

2017-06-30:46.4

2016-06-30:45.6

2015-06-30:45.4

2014-06-30:45

業績ランキングは

1417

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

クボタの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
クボタ

キーワードの推移
2017/03/24(年度)2016/03/25(年度)2015/06/19(年度)2017/08/09(四半期)2017/05/12(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/09(四半期)2016/05/13(四半期)2015/11/11(四半期)2015/08/11(四半期)
クボタクボタクボタダクタイルダクタイルトラクタトラクタダクタイルダクタイルダクタイル
ダクタイルダクタイルダクタイル鉄管鉄管ダクタイルダクタイル鉄管トラクタ鉄管
トラクタトラクタ鉄管スパイラルトラクタ鉄管鉄管農業機械鉄管トラクタ
鉄管鉄管トラクタトラクタ建設機械コンバイン農業機械スパイラル農業機械スパイラル
農業機械農業機械農業機械乾季エンジンスパイラルスパイラルトラクタコンバインビークル
インプルメントコンバインパイプ取水制限パイプ農業機械建設機械パイプパイプパイプ
スパイラルインプルメントスパイラル田植インプルメントパイプパイプ排ガス規制建設機械ユーティリティ
田植機スパイラル鋼管建設機械外貨建て建設機械ポンプ鋼管電装電装
鋼管鋼管建設機械鋼管田植機排ガス規制エンジン
コンバインcorpcorpパイプポンプ鋼管鋼管インプルメントエンジン建設機械
建設機械パイプエンジンインプルメントコンバインインプルメントエンジン社会インフラ耕運機鋼管
corp建設機械ローダ田植機雨季社会インフラ建設機械クボタ農業機械
パイプ電装siamエンジンスパイラル農業バルブ社会インフラエンジン
ポンプローダ金融債社会インフラ社会インフラ農業芝刈耕運機
ローダsiamバルブコンバイン米価バルブコンバインポンプ水処理クボタ
siamエンジンポンプ取水農業エンジン農業コンバイン農業社会インフラ
エンジン上下水道農業排ガス規制ポンプ排ガス処理排ガス処理スパイラルバルブ
電装ポンプライスロボ社会インフラ機械金融債干ばつ干ばつ干ばつ芝刈
クボタファームマシナリーヨーロッパ農業ゼネレータ鋼管排ガス処理機械ビークル機械ポンプ
シナリプラント機械農業機械干ばつ機械ビークル水処理
自脱型コンバインバルブ農業農業機械中型epcユーティリティ金融債
夢魔自動販売機ディーラバルブ機械ミャンマepcマニュファクチュアコンバイン
クボタケミックスズカナダ電動カート電装製造所外貨建てバルブユーティリティ
txaxバルブ機材機械化農産物外貨建てepc機械
農業クボタバウマシーネンプラントポンプepc電装電装排ガス規制マニュファクチュア
プラントハースロールtxax電装プラント排ガス規制水処理水処理鋼管農業
クボタマテリアルズカナダサイアムクボタメタルテクノロジ円高円高通貨建設需要排ガス規制
バルブサイアムクボタメタルテクノロジズカナダ機材繰延税金負債新機種中型ドル
ズカナダサイアムクボタリーシングクボタバウマシーネン製品外貨建て機材組み替え
クボタバウマシーネンクバンランドハースロール為替レート為替電装円高機材中型
年度or届出書
四半期or半期

(20170324)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

クボタの類似企業へ

クボタの業績推移

クボタの同業他社

業績赤字あり (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高2年連続マイナス成長営業利益2年連続マイナス成長,7年連続赤字経常利益2年連続マイナス成長,7年連続赤字当期純利益2年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社ダイキアクシス(当社)及び連結子会社9社(国内6社、国外3社)により構成されており、環境機器関連事業、住宅機器関連事業を主な事業として取組んでおります。浄化槽をはじめとする各種水処理設備の製造・施工・販売及び維持管理を主体とし、生活排水処理・産業排水処理・地域集落排水処理の各用途に分類された製品を取扱っております。また、合成樹脂製・コンクリート製など、多岐用途に対応可能で各処理水質に応じた最適な排水処理設備を提供するとともに、集落のし尿・生活雑排水の処理については地域の環境に合わせた設計・施工を行っております。維持管理については、当社グループで販売・施工を行った施設はも...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び主要な関係会社の主な事業の内容と当該事業における位置付けをセグメント情報の区分により事業系統図で示すと、下記のとおりであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社17社、非連結子会社5社および関連会社1社で構成され、小型屋外作業機械(刈払機、チェンソーなど)、農業用管理機械(畦草刈機、モアなど)および一般産業用機械(発電機、溶接機など)の製造、販売を主な事業内容としております。製造事業関係・・・主に、当社、エコー・インコーポレイテッド、愛可機械(深圳)有限公司(以下「愛可機械」)および追浜工業株式会社(以下「追浜工業」)で製造しております。販売事業関係・・・主に国内では、当社およびやまびこ東部株式会社ほか販売会社6社(以下「販売会社」)、海外では当社、エコー・インコーポレイテッド、ゴールデンイーグルディストリビューティン...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(野村マイクロ・サイエンス株式会社)及び連結子会社6社により構成されており、超純水製造装置(注)の設計・施工・販売とそのメンテナンス、並びに消耗品の販売を主たる業務としております。半導体の製造過程では洗浄工程は必須であり、使用される水の純度は歩留りに影響するため、水中に溶解している不純物を徹底的に除去した超純水が必要となります。当社グループは、水処理装置事業を主力事業として、半導体及び液晶向け超純水製造装置を中心に、超純水分野で培った技術を応用した各種用途向けの水処理装置の設計・施工・販売のほか、納入した装置のメンテナンス並びに装置に付帯するカート...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び関連会社1社で構成され、半導体・電子工業分野及びバイオロジカル分野を主な需要先とした、クリーンエアーシステムの企画、製造、サービス等の総合技術の販売という単一セグメントに属する事業を営んでおります。事業内容及び当社と関連会社との関係は次のとおりであります。当社よりクリーンエアーシステムの技術供与をうけ、クリーンエアー機器の製造販売を行っております。...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、株式会社神鋼環境ソリューション(当社)、子会社20社で構成され、水処理関連事業、廃棄物処理関連事業及び化学・食品機械関連事業に係る製品の製造販売に加え、各事業に関連するアフターサービス等の事業活動を展開しております。また、親会社である株式会社神戸製鋼所は、鉄鋼関連事業、アルミ・銅関連事業、産業機械の製造販売等を営んでおります。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び子会社3社により構成されており、主要な製品は次のとおりであります。神鋼環境メンテナンス株式会社、K...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、稲作、野菜作等に関連する農業用機械の開発、製造、販売を主な事業の内容とした事業活動を展開しております。農業関連事業に係わる当社及び関係会社は、「開発、製造部門」「販売部門」「その他部門」の3部門に関連付けられます。主に当社で農業機械の開発、設計を行い、関係会社9社で農業機械の製造並びにそれに関連する部品加工を行っております。PT.ISEKI INDONESIA(インドネシア)、東風井関農業機械有限公司(中国)国内においては、主として全国の販売会社13社を通じて販売しております。また、海外につきましては、関係会社を通じて販売するほか、現地販売代理店等を通じて販売しております。国内...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社は、当社及び国内子会社5社、海外子会社及び関連会社5社から構成されており、主な事業内容は、農林業用機械(防除機、林業機械、部品、その他)、工業用機械(工業用機械、その他)及び、その他の機械(消防機械、その他)の製造・販売及び不動産賃貸事業他であります。(製 造)防除機は、主に当社が製造し、一部を日本クライス(株)(連結子会社)、西部丸山(株)(連結子会社)、マルヤマ(タイ)CO.,LTD.(連結子会社)及び山東秋田丸山機械股份有限公司(持分法適用関連会社)が製造しております。林業機械(刈払機)は、主に日本クライス(株)が製造し、一部をマルヤマ(タイ)CO.,LTD.が製造...(20161220に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び関連会社1社で構成され、農業機械の製造・販売及び軸受加工を行っております。当社グループの事業内容は、次のとおりであります。農業機械事業.........当社及び関連会社は主に牧草や飼料稲・飼料用とうもろこしの収穫等に使用する酪農・畜産用飼料収穫機や肥料や土壌改良剤の散布等に使用する土づくり関連作業機等の農業用作業機の製造及び販売を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社の(株)エバジツにより構成され、環境関連機器・装置の製造・販売、水処理施設などの各種プラント類の設計・施工、風水力冷熱機器などの仕入・販売を主な内容として事業活動を展開しております。また、(株)荏原製作所及び同社の関係会社(以下「荏原グループ」という。)とは、販売代理店契約を締結して風水力冷熱機器など荏原グループ製品の仕入・販売を行うとともに、水処理施設など各種プラント類の施工では荏原グループから機器材料を調達するなど継続的な事業上の関係があります。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当連結会計年度末現在、当社と子会社18社および関連会社10社で構成され、上下水道設備を主要マーケットとする水環境事業と、化学、鉄鋼、食品等の産業用設備および廃液や固形廃棄物処理等環境関連設備を主要マーケットとする産業事業の2つを主たる事業と位置付けており、それら以外の事業をその他としておりますが、その主要な事業内容は以下のとおりであります。当社、サンエコサーマル(株)、月島環境エンジニアリング(株)、月島マシンセールス(株)、テーエスケーエンジニアリング(タイランド)CO., LTD.、月島環保機械(北京)有限公司、大同ケミカルエンジニアリング(株)、BOKELA有限会社なお、...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社1社、持分法非適用関連会社1社及びその他の関係会社1社で構成され、建設機械・一般産業機械等の製造、販売を主な内容とし、それに関連する事業活動を展開しております。当社は、法人主要株主である日本バルカー工業(株)(シール製品及び工業用部品の製造・販売会社)よりライニング関係資材を購入してライニング製品を製造し、ライニング製品のうちライニング配管製品を同社及び同社の販売子会社へ販売しております。シートライニング容器製品の販売につきましては、日本バルカー工業(株)から事業移管を受け、当社にて販売活動を行っております。なお、日本バルカー工業株式会...(20160630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、東レ株式会社(親会社)、子会社2社及び関連会社2社により構成されており、水処理機械、水処理用機器類の製造、据付ならびに販売等を主とした事業活動を展開しております。また、親会社である東レ株式会社は合成繊維、プラスチック・ケミカル製品の製造・販売等を主として行っており、当社とは水処理事業分野での業務提携契約を締結しております。なお、以下の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。Suido Kiko Middle East Co.,Ltd.SUIDO KIKO VIET NAM CO.,LTD...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社グループは、当社及び連結子会社2社、持分法非適用関連会社2社で構成され、上下水道用機器・水処理装置の製造及び販売をもとに、環境関連分野の社会資本整備、浄化事業に取り組んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。(株)前澤エンジニアリングサービス(連結子会社)はメンテナンス事業を、(株)ウォーテック北海道(連結子会社)はバルブ事業を行っております。また、持分法非適用関連会社は浄水場排水処理施設等整備・運営を行っております。...(20160830に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社NFKホールディングス)、連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社より構成されております。当社は、純粋持株会社として、グループ全体の経営戦略の立案、事業子会社に対する経営指導を行っております。また、子会社は工業炉燃焼装置関連及びそれに付帯する事業を行っております。主要な製品は、下記のとおりであります。日本ファーネス株式会社が製造販売するほか、株式会社ファーネスESがメンテナンスサービスをしております。当事業においては、主に連結子会社の管理等の業務を行っております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-03-31)

(2011-03-31) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益黒字へ回復経常利益黒字へ回復当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当期末日現在、当社、連結子会社10社、非連結子会社15社及び関連会社10社で構成され、「プラントエンジニアリング事業」及び「サービスソリューション事業」の2つのセグメントに区分されており、その主要な事業内容と、主な関係会社は以下のとおりであります。当事業は、国内外の浄水場・下水処理場等向け設備の設計・建設及びこれらの設備にて使用される各種機器類の設計・製造・販売を主たる業務としております。当社、METAWATER USA, INC.、Aqua-Aerobic Systems, Inc.、株式会社エス・アイ・シー、株式会社あけぼのエンジニアリング当事業は、国内の浄水場・下水処理場...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社4社で構成され、水関連事業とエネルギー関連事業を行っております。各事業の内容は以下のとおりです。なお、子会社である那賀水処理技術(瀋陽)有限公司並びに那賀(瀋陽)水務設備製造有限公司につきましては、平成28年5月17日開催の当社取締役会において解散することを決議しています。清算の日程につきましては、現地の法令に従い必要な手続きが完了次第、清算結了となる見込みです。超高速無薬注生物処理装置(以下「ケミレス」という。)等の設計・製造・施工・販売・メンテナンス、取水用スクリーン及び建築・土木分野の建設向け排水用スクリーンの製造・販売を行っています。これらの製品で取水・水処...(20170508に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

クボタの同業他社をもっと見る

クボタの関連統計

統計分類検索へ

クボタの基本情報

企業名 株式会社 クボタ
カナ カブシキガイシャクボタ
英語名 KUBOTA CORPORATION
業種 機械
所在地 大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号
ホームページ http://www.kubota.co.jp/
EDINET E01267
証券コード 6326
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6326)
決算日 12月31日