比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/09

千代田化工建設の最新業績

千代田化工建設の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から千代田化工建設の事業内容についても確認できます。 注意:千代田化工建設の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:1.6

2017-03-31:3.65

2016-12-31:5.05

2016-09-30:6.91

売上高

2017-06-30:1178億5800万

2016-06-30:1336億3900万

2015-06-30:1259億4600万

2014-06-30:876億7800万

営業利益

2017-06-30:5億8400万

2016-06-30:35億2500万

2015-06-30:39億7900万

2014-06-30:11億3500万

経常利益

2017-06-30:9億9600万

2016-06-30:89億2600万

2015-06-30:35億1200万

2014-06-30:17億1400万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:1億6500万

2016-06-30:37億1200万

2015-06-30:20億1700万

2014-06-30:3億4700万

包括利益

2017-06-30:-5億4200万

2016-06-30:4億1900万

2015-06-30:21億3200万

2014-06-30:14億6500万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:-43億7500万

2016-03-31:555億2600万

2015-03-31:-241億4500万

2014-03-31:-171億7700万

投資CF

2017-03-31:104億3300万

2016-03-31:-267億5000万

2015-03-31:-54億4400万

2014-03-31:-167億9600万

財務CF

2017-03-31:-26億9300万

2016-03-31:-39億4200万

2015-03-31:-45億6900万

2014-03-31:-52億4900万

総資産

2017-06-30:4564億7800万

2016-06-30:4892億9300万

2015-06-30:5187億7800万

2014-06-30:4822億6800万

流動資産

2017-06-30:4205億7800万

2016-06-30:4174億2900万

2015-06-30:4524億8600万

2014-06-30:4147億6100万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:1388億8900万

2016-03-31:1369億1900万

2015-03-31:1132億4600万

2014-03-31:1453億0300万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:1296億0400万

2016-06-30:1288億8000万

2015-06-30:417億7000万

2014-06-30:375億9600万

固定資産

2017-06-30:358億9900万

2016-06-30:718億6400万

2015-06-30:662億9100万

2014-06-30:675億0700万

負債

2017-06-30:3014億7900万

2016-06-30:2893億5000万

2015-06-30:3116億1800万

2014-06-30:2875億0700万

流動負債

2017-06-30:2983億3300万

2016-06-30:2744億0500万

2015-06-30:2975億0600万

2014-06-30:2703億9400万

固定負債

2017-06-30:31億4500万

2016-06-30:149億4500万

2015-06-30:141億1100万

2014-06-30:171億1200万

純資産額

2017-06-30:1549億9900万

2016-06-30:1999億4200万

2015-06-30:2071億6000万

2014-06-30:1947億6100万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:5367

2016-03-31:5866

2015-03-31:6097

2014-03-31:6062

臨時従業員数(外)

2017-03-31:1033

2016-03-31:1240

2015-03-31:1384

2014-03-31:1721

売上営業利益率

2017-06-30:0.5

2016-06-30:2.6

2015-06-30:3.2

2014-06-30:1.3

売上経常利益率

2017-06-30:0.8

2016-06-30:6.7

2015-06-30:2.8

2014-06-30:2

売上純利益率

2017-06-30:0.1

2016-06-30:2.8

2015-06-30:1.6

2014-06-30:0.4

ROA

2017-06-30:0

2016-06-30:3.2

2015-06-30:1.6

2014-06-30:0.4

もっと見る

ROE

2017-06-30:0.4

2016-06-30:7.6

2015-06-30:4

2014-06-30:0.8

自己資本比率

2017-06-30:34

2016-06-30:40.9

2015-06-30:39.9

2014-06-30:40.4

流動比率

2017-06-30:141

2016-06-30:152.1

2015-06-30:152.1

2014-06-30:153.4

固定比率

2017-06-30:23.2

2016-06-30:35.9

2015-06-30:32

2014-06-30:34.7

業績ランキングは

2213

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

千代田化工建設の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
千代田化工建設

キーワードの推移
2017/06/26(年度)2016/06/23(年度)2015/06/25(年度)2017/08/09(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/10(四半期)
ecsepciベルハッダepcepcecsepcepcepcepc
epcイーマス太陽熱発電連邦倒産法第11章ecsepcecsepciepci太陽熱発電
イーマスストリームストリームecslngepciストリームストリームlngストリーム
lngepcエクソダスストリームepciストリームイーマスlngストリームlng
epcilngドリアンイーマスストリームlnglng太陽熱発電太陽熱発電メタンハイドレート
ストリーム海中lngsubsea水素海中エクソダス海中海中既設
リミテッドfidepclng一般化学水素epciオフショア水素水素
海中リミテッドリミテッドテキサス州脱硫一般化学海中水素一般化学一般化学
ヤマルヤマル一般化学生化学石油化学海底feed一般化学フェーズプラント
ベルハッダベルハッダショア水素石炭火力発電メガソオフショア石油化学既設石油化学
連邦倒産法第11章feedichtys一般化学生化学石油化学一般化学スポンジ海底石油
一般化学海底メタンハイドレート脱硫toubro生化学海底プラントポンジパラボリック
キャメロンチタン国際空港石油化学larsentoubroアップストリームプロジェクトフェーズプラント空港
ichtysオフショア水素リスクマネジ石油larsen水素既設石油化学新エネルギー
生化学一般化学ワイ石炭火力発電オフショア石油化学海底石油rant
エクソダスichtysアロー石油プラント石油生化学石油チタンfpu
ドリアンepcm既設アラブ諸国リミプラントプラントジェットips細胞虎斑
海底エクソダス石油化学レーシアイーマスイーマス石油ディーゼルemasepscm
ペトロスポンジ新エネルギー既設既設既設生化学空港ショア
ワイドリアンプラントオフショアラクタラーラクタチタン新エネルギー溶融塩
アロー太陽熱発電石油新エネルギー化学ラクタ衛生基準ips細胞rantepcm
石油化学水素ランズ気概衛生基準衛生基準epcmemasfpuepcc
水素プラントプロジェクトマネジ化学epcmepcmepcc新エネルギーepscmエクソダス
脱硫ペトロp.t.既設epccepccコントepscmsubseaepci
石油ワイオフラクタエクソダスエクソダス化学subseaショア化学
連邦破産法第11章アロー空港プラントコントコント日本郵船化学epcm海洋
新エネルギー生化学化学医薬海洋化学リミテッドサウジepcc基地
p.t.石油化学液化天然ガス衛生基準海中海洋新エネルギー空港エクソダスセグ
石炭火力発電ips細胞航空運送epcm新エネルギー日本郵船医薬epcm千代田化工ガス
プラント石油サイペムインターナショナルepccfeed新エネルギーコンプレックスepcc化学サプライチェーン
年度or届出書
四半期or半期

(20170626)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170809)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

千代田化工建設の類似企業へ

千代田化工建設の業績推移

千代田化工建設の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び関係会社(連結子会社6社及び非連結子会社2社)で構成されており、建築付帯設備工事を施工する建設事業、産業用機器の販売並びに情報通信機器の施工・販売及びソフトウエアの開発・販売をする機器販売及び情報システム事業、空調設備等の修理・保守・据付並びに住宅設備機器の設置をする機器のメンテナンス事業、電子部品の製造事業の他、水道施設管理受託業務等を主な内容として事業活動を展開しております。建設事業 :ビル設備工事、産業設備工事及び環境設備工事については、当社が施工しております。機器販売及び情報システム事業:藤田ソリューションパートナーズ(株)が産業用機器の販売並びに情報通信機器の...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(田辺工業株式会社)及び連結子会社3社により構成されております。当社グループは、日本国内において設備工事事業(産業プラント設備工事、設備保全工事、電気計装工事、送電工事、管工事)を主体とした事業と、その他(鋳造用工業炉の製造・販売)の事業を営んでおります。また、海外においては中国、シンガポールを中心に設備工事事業と、タイ国内では表面処理事業及び設備工事事業を営んでおります。なお、次の部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社及び連結子会社が次の設備工事事業を営んでおりま...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(連結子会社7社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、建築設備事業、機械システム事業、環境システム事業、不動産事業を主な事業として取り組んでおります。なお、セグメントと同一の区分であります。ビル空調衛生、産業空調、電気、ファシリティシステムなどの建築設備全般に関する事業を行っております。(主な関係会社)三機テクノサポート(株)、THAI SANKI ENGINEERING & CONSTRUCTION CO.,LTD.FAシステム・物流システム・コンベヤ等の産業設備に関する事業を行っております。上下水処理設備等の環境施設に関する事業を行っております。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”日揮グループ(当社、当社の子会社47社および関連会社36社)は、各種プラント・施設の計画、設計、建設および試運転役務等を主たる事業としており、これに加え、触媒・ファイン製品の製造・販売、機器調達およびコンサルティング等の附帯事業を営んでおります。当セグメントは、石油、石油精製、石油化学、ガス、LNG、一般化学、原子力、金属製錬、バイオ、食品、医薬品、医療、物流、IT、環境保全、公害防止等に関する装置、設備および施設の計画、設計、調達、建設および試運転役務等のEPCビジネスを中心に構成されております。また、これらに関連した事業投資の一部も含んでおり、全般にわたり当社がこれに当たっております。なお...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社9社並びに関連会社1社で構成され、エネルギー分野(主に鉄鋼、自動車、非鉄金属、太陽電池製造関連)、情報・通信分野(主に精密塗工関連)、環境保全分野(主に大気浄化、廃棄物処理・リサイクル、バイオマス利用関連)の3分野における、工業炉・産業機械・環境設備・燃焼設備についての設計・製作・施工及び燃焼機器などの製作・販売を主な内容とし、さらに各事業に付帯するエンジニアリング、研究開発並びにその他のサービスなどの事業活動を展開しております。加熱炉、金属プロセスライン、太陽電池製造設備、自動車・機械部品熱処理炉、各種工業用バーナ、省エネ制御機器などの設計・製作・施工・販売を行...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び子会社6社で構成され、空調衛生設備技術を核とした設備工事の設計・施工を主な内容としており、さらに冷熱(空調)機器の販売、修理・サービス・リフォーム工事及び各事業に関連する研究の事業活動を展開しております。当社が大型空調衛生設備工事を中心として設計・施工するほか、子会社4社〔東京ダイヤエアコン(株)、菱和エアコン(株)、(株)アール・デザインワークス、PT.TECHNO RYOWA ENGINEERING〕においては、下記の冷熱(空調)機器類を使用した小型空調衛生設備工事の設計・施工を担当しております。また、当社の施工工程の一部について、上記子会社4社に外注施工させてお...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社7社で構成され、プラント事業を主な事業の内容としています。鉄鋼、化学、石油、ガス、電力、原子力、海洋開発、都市開発、自動車、通信、新素材、バイオテクノロジー、エレクトロニクス、ガラス、食品、医薬品、物流などの各種産業設備及び水処理、廃棄物処理その他公害防止設備などに関する設計、製作、据付、配管、電気、計装及び保全・修理事業、並びにこれらに関連する事業を営んでおります。...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社グループは、当社と子会社6社で構成され、建設工事業を営んでおり、その主な内容は、建築・土木、空調・衛生、電気・通信、水処理プラント、冷凍・冷蔵に関する工事の設計・監理・施工及びメンテナンスである。子会社の大和メンテナンス株式会社及び株式会社埼玉ヤマトは、当社が施工している上記各種工事に関わるメンテナンス、維持管理業務の一部を施工しており、株式会社ヤマト・イズミテクノスは、独自の営業による電気設備工事の設計・監理及び施工と当社が施工している上記各種工事に関わる電気設備工事の一部を施工している。株式会社サイエイヤマトは、独自の営業による空調衛生設備工事の設計・監理及び施工をしている。大和ビジネ...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社6社、関連会社1社で構成され、建設工事部門および補修工事部門を主な事業の内容としております。当社が施工する他、子会社である富士アイテック(株)他3社および関連会社である東京動力(株)が工事の施工を行っております。当社が施工する他、子会社である富士アイテック(株)他2社および関連会社である東京動力(株)が工事の施工、子会社である豊楽興産(株)他1社が部品・機器販売を行っております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社13社(うち、連結子会社12社)は、熱絶縁工事を中心とする建設工事事業及びボイラ事業の事業活動を展開しております。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社と国内及びアジア地域等での現地法人を含めた連結子会社で構成されており、国内外での材料等の製造及び施工において、熱絶縁工事、建材工事(クリーンルーム)、冷凍冷蔵低温工事等、幅広い需要先のニーズに対応しています。(施工) 明星建工(株)、(株)エムエステック、メイセイ工事(株)、MEISEI INTERNATIONAL PTE.LTD...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社、連結子会社13社及び持分法適用関連会社1社により構成されており、「発電システム部門」、「社会・産業システム部門」の2つのセグメントに関係する事業として、火力、水力、原子力発電設備、受変電設備、公共設備や一般産業向けの各種設備、ビル施設などのエンジニアリング・調達・施工・試運転・調整・サービスを一貫して提供しております。また、当社は、建設業法により、特定建設業者として、平成24年7月23日国土交通大臣許可(特-24)第3515号の更新許可、並びに一般建設業者として、平成24年7月23日国土交通大臣許可(般-24)第3515号の更新許可を受け...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当社は、空気調和、給排水衛生等設備工事の設計、施工及び保守管理を主な事業として営んでおります。当社の主な事業内容は次のとおりであります。...(20161122に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/13

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、昭和シェル石油株式会社より石油精製を受託する同社の連結子会社であります。同社事業は、原油・石油製品の輸入、輸送、精製、貯蔵、販売を中心とした石油事業ならびに太陽電池の製造、販売、電力の生産、供給、卸売を中心としたエネルギーソリューション事業であります。 東亜石油グループは、当社及び当社の連結子会社(株式会社ジェネックス、東亜テックス株式会社)、関連会社(扇島石油基地株式会社)の合計4社で構成されており、石油精製事業、電力卸供給事業を主な事業として取り組んでおります。当部門においては、昭和シェル石油株式会社との「原油精製委託契約」のもとで、受託精製を行っております。当部門においては、東京...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および当社の関係会社43社(子会社28社、関連会社15社)により構成されており、主な事業内容であるEPC事業は、一般化学、石油化学、石油精製、天然ガス、電力、原子力、水、交通、高度生産システム、物流、医薬、資源開発、バイオ、環境その他各種産業におけるプラントの研究・開発協力、企画、設計、機器調達、建設、試運転、技術指導などを内容としており、当社および当社のグループ会社が、グローバルな体制で、変化する顧客ニーズにフレキシブルに応える総合エンジニアリングビジネスを展開しております。なお、当社グループは、EPC事業ならびにこれらの付帯事業の単一セグメントであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(木村化工機株式会社(当社)、連結子会社2社、非連結及び持分法非適用子会社1社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、エンジニアリング事業、化工機事業及びエネルギー・環境事業の3事業を行っており、その製品の種類は多岐にわたっております。また、次の3部門は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当部門においては、蒸発装置、晶析装置、洗浄装置、攪拌機、圧力容器タンク、ステンレス・鉄・樹脂の配管工事等の設計、製作、加工並びに販売を行っております。当部門においては、プラント設備の設計、機器製作、既設撤去、据付、配管、塗装...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益2年連続黒字経常利益2年連続黒字当期純利益2年連続黒字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,プラス成長に回復経常利益3年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、製鉄・電力・ガス・石油等あらゆるプラントの解体工事を展開しております。当社ではプラント解体に特化した工事業者として、長年にわたるプラント解体工事を通じて得られた経験と、その間に蓄積してきたノウハウやアイデアをもとに、工法の提案、設計、施工計画、外注・資機材手配、施工管理、安全管理、原価管理、資金管理および行政対応等のエンジニアリング全般を提供しております。また、当社の設計、施工計画に基づいた工事の管理監督を行い、施工については専門の外注先に外注しております。また、プラント解体トータルマネジメントの強化を目的として、建設技能労働者の慢性的な人手不足に対応するため、平成25年1月より人材サ...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

千代田化工建設の同業他社をもっと見る

千代田化工建設の関連統計

統計分類検索へ

千代田化工建設の基本情報

企業名 千代田化工建設株式会社
カナ チヨダカコウケンセツカブシキガイシャ
英語名 CHIYODA CORPORATION
業種 建設業
所在地 横浜市西区みなとみらい四丁目6番2号
ホームページ http://www.chiyoda-corp.com/
EDINET E01569
証券コード 6366
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6366)
決算日 03月31日