比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/08

加地テックの最新業績

業界:ポンプ・圧縮機器業界すぐ比較

加地テックの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から加地テックの事業内容についても確認できます。 注意:加地テックの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-7.53

2017-03-31:-4.6

2016-12-31:-2.02

2016-09-30:1.08

売上高

2017-06-30:6億6940万

2016-06-30:7億9298万

2015-06-30:8億3016万

2014-06-30:8億2327万

売上総利益

2017-06-30:1億6757万

2016-06-30:2億1597万

2015-06-30:2億3086万

2014-06-30:1億7724万

営業利益

2017-06-30:-8894万

2016-06-30:-231万

2015-06-30:1771万

2014-06-30:-2544万

経常利益

2017-06-30:-8704万

2016-06-30:11万

2015-06-30:2064万

2014-06-30:-2263万

当期純利益又は当期純損失(△)

2017-06-30:-5953万

2016-06-30:7万

2015-06-30:1704万

2014-06-30:-1743万

もっと見る

営業CF

2017-03-31:4530万

2016-03-31:-2339万

2015-03-31:9094万

2014-03-31:4億8240万

投資CF

2017-03-31:-3億5261万

2016-03-31:-16億8274万

2015-03-31:-6億2487万

2014-03-31:-1億1812万

財務CF

2017-03-31:-1億6998万

2016-03-31:-3447万

2015-03-31:-3674万

2014-03-31:-7734万

総資産額

2017-06-30:75億1879万

2016-06-30:75億5970万

2015-06-30:73億5900万

2014-06-30:74億1240万

流動資産

2017-06-30:64億4758万

2016-06-30:64億1873万

2015-06-30:61億4803万

2014-06-30:61億6397万

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:4億7921万

2016-03-31:9億5651万

2015-03-31:26億9712万

2014-03-31:32億6779万

もっと見る

現金及び預金

2017-06-30:7億3228万

2016-06-30:7億4686万

2015-06-30:7億9385万

2014-06-30:3億8400万

固定資産

2017-06-30:10億7120万

2016-06-30:11億4097万

2015-06-30:12億1096万

2014-06-30:12億4843万

負債

2017-06-30:18億9260万

2016-06-30:20億2256万

2015-06-30:20億1559万

2014-06-30:21億0656万

流動負債

2017-06-30:12億0821万

2016-06-30:13億1165万

2015-06-30:12億5581万

2014-06-30:13億9311万

固定負債

2017-06-30:6億8438万

2016-06-30:7億1091万

2015-06-30:7億5977万

2014-06-30:7億1345万

純資産額

2017-06-30:56億2618万

2016-06-30:55億3714万

2015-06-30:53億4340万

2014-06-30:53億0584万

もっと見る

従業員数

2017-03-31:198

2016-03-31:193

2015-03-31:192

2014-03-31:191

臨時従業員数(外)

2017-03-31:20

2016-03-31:23

2015-03-31:31

2014-03-31:36

売上総利益率

2017-06-30:25

2016-06-30:27.2

2015-06-30:27.8

2014-06-30:21.5

売上営業利益率

2017-06-30:-13.3

2016-06-30:-0.3

2015-06-30:2.1

2014-06-30:-3.1

売上経常利益率

2017-06-30:-13

2016-06-30:0

2015-06-30:2.5

2014-06-30:-2.7

売上純利益率

2017-06-30:-8.9

2016-06-30:0

2015-06-30:2.1

2014-06-30:-2.1

もっと見る

ROA

2017-06-30:-3.2

2016-06-30:0

2015-06-30:0.8

2014-06-30:-0.8

ROE

2017-06-30:-4.4

2016-06-30:0

2015-06-30:1.2

2014-06-30:-1.2

自己資本比率

2017-06-30:74.8

2016-06-30:73.2

2015-06-30:72.6

2014-06-30:71.6

流動比率

2017-06-30:533.6

2016-06-30:489.4

2015-06-30:489.6

2014-06-30:442.5

固定比率

2017-06-30:19

2016-06-30:20.6

2015-06-30:22.7

2014-06-30:23.5

業績ランキングは

2870

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

加地テックの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
加地テック

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/28(年度)2015/06/25(年度)2017/08/08(四半期)2017/02/14(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/11(四半期)
圧縮機圧縮機圧縮機出前出前出前出前fcv出前圧縮機
出前水素ステーション出前fcvfcvfcv株安水素ステーションfcvfcv
空気三菱化工機空気燃料電池車燃料電池車燃料電池車インバウンド圧縮機燃料電池車燃料電池車
三井造船出前三井造船水素ステーション水素ステーション水素ステーション仕掛品出前水素ステーション水素ステーション
fcv空気番地石油精製圧縮機圧縮機eu離脱水素圧縮機出前
土工三井造船abenomics石油石油精製水素円高高圧水素水素
風水fcv土工石油化学石油踊り場支払手形fuel預入高圧
燃料電池車土工風水電池水素高圧手形燃料電池車高圧電池
水素ステーション風水鋳鉄卸売業底打ち電池研究開発vehicle資源価格海外移転
鋳鉄鋳鉄即値仕掛品高圧円高引渡し電池燃料
管工事管工事管工事燃料石油化学燃料電池中国経済
鋳物鋳物鋳物電池環境賃金年齢
石油精製購買力市場金利化学株高製造業売上高資源国株式市場eu
市場金利市場金利電気工事素材仕掛品仕掛品仕掛品ペース
電気工事電気工事損害賠償最高燃料原材料成績燃料燃料
石油預入利率市況なか仕掛品
水素利率流動比率なか化学支払手形人員最高製造業
損害賠償高圧ガス支払手形原油コスト支払手形
利率流動比率機械為替住宅資金資源手形
高圧ガス石油化学手形原材料棚卸支払手形原油研究開発
流動比率機械買い入れ研究開発手形仕入れ手形資源製品
ガス買い入れ製造業なか手形研究開発ベース環境
機械引渡しプロ売上高支払手形債権支払手形
トランプeu受取手形配当金売上高リスク
石油化学成績研究開発研究開発環境資金セグメント
買い入れ産業機械夏場成績棚卸売上高
消費者マインド産業機械成績
産業機械株安賃金仕入れ
電池器具利息売上高売上高手形
利息なか成績成績債権
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170808)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

加地テックの類似企業へ

加地テックの業績推移

加地テックの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、水を中心とした流体に関するさまざまな問題を、自社独自の技術・ノウハウによって解決する「水ソリューション企業」として、業務用のポンプ・バルブの分野におきまして顧客から受注を受けて、開発から製造(鋳造・加工・組立)・販売までを行っております。現在では、自社開発の特殊ステンレス合金鋳鋼を組み合わせることにより発電所、製鉄・非鉄金属・半導体・電子機器・産業機械・食品・化学・薬品などの各種工場、農業用灌漑施設、上下水道施設、水族館など多方面の分野で使用されております。また、当社製品の納入先である発電所、各種工場などにメンテナンス用部品の供給と外部の保守管理委託先などを利用して定期点検工事サービス...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社26社(MODEC INTERNATIONAL,INC.他25社)及び関連会社17社(MODEC VENTURE 10 B.V.他16社)で構成され、FPSO、FSO及びTLPといった浮体式海洋石油・ガス生産設備の設計・建造・据付、販売、リース及びオペレーションを主な事業としております。主な得意先は海外各国の政府系又は民間石油開発会社であり、当社グループは浮体式海洋石油・ガス生産設備について、次のようなトータルサービスを提供しております。石油開発事業は、油田の探鉱から始まって開発・生産、精製・販売といった過程に大きく分けられます。石油開発事業は一般的に、比較的リスク...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社タクミナ)及び子会社2社、関連会社1社より構成されており、主に定量ポンプ、ケミカル移送ポンプ、計測機器・装置、流体機器、ケミカルタンクの製造及び販売を行っており、環境保全、水処理、ケミカル、電子材料、滅菌、食品、医薬、半導体などの分野で使用されております。当社グループでは、仕入先より原材料及び部品の調達を行い、生産本部(工場)にて加工、塗装、組立等の工程を経て出荷検査を実施した後に得意先へと出荷しております。...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および当社の関係会社43社(子会社28社、関連会社15社)により構成されており、主な事業内容であるEPC事業は、一般化学、石油化学、石油精製、天然ガス、電力、原子力、水、交通、高度生産システム、物流、医薬、資源開発、バイオ、環境その他各種産業におけるプラントの研究・開発協力、企画、設計、機器調達、建設、試運転、技術指導などを内容としており、当社および当社のグループ会社が、グローバルな体制で、変化する顧客ニーズにフレキシブルに応える総合エンジニアリングビジネスを展開しております。なお、当社グループは、EPC事業ならびにこれらの付帯事業の単一セグメントであります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社7社及び関連会社2社により構成されており、エンジニアリング事業、単体機械事業の2事業を主たる事業としております。MKK Asia Co.,Ltd.MKK EUROPE.B.V.(非連結子会社)...(20170809に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社15社により構成されており、ケミカル用モータポンプ及びケミカル以外用モータポンプを主な製品とする「ポンプ事業」、自動車用電装品及び産業機器用基板を主な製品とする「電子部品事業」及び特殊機器、健康食品及び人材派遣の「その他」を主な内容として事業活動を展開しております。また、当社には親会社等はありません。子会社である株式会社協和電機製作所、株式会社帝伸製作所及び上月電装株式会社を外注加工先として、当社が製品を製造し、国内及び一部海外での販売及びアフターサービスを行っております。当社製品の海外での販売及びアフターサービスは、台湾では子会社である...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社鶴見製作所)、子会社11社及び関連会社4社で構成され、水中ポンプを主力とした各種ポンプとその関連機器の製造、仕入及び販売(輸出入を含む)並びに賃貸を行っており、それに附帯する修理及びアフターサービス並びに機械器具設置工事業、土木工事業、電気工事業、管工事業、水道施設工事業、清掃施設工事業、鋼構造物工事業、固定資産のリース業の事業活動を展開しております。なお、次の3地域は「第5 経理の状況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社がポンプと関連機器の製造販売、工事業等を行うほか、子会社 株式会社ツルミテクノロジーサービスが不動産...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社86社(うち連結子会社 56社)及び関連会社8社より構成されており、当社を中心として風水力事業、エンジニアリング事業、精密・電子事業、その他の各分野にわたり製造、販売、工事、保守、サービス等を行っています。主な事業内容と当社、主要な連結子会社及び関連会社(持分法適用会社)の機能及び分担は、以下のとおりです。Ebara Industrias Mecanicas e Comercio Ltda.Thebe Bombas Hidráulicas S.A.Ebara Pumps Europe S.p.A.Ebara Technologies Inc.Ebara Precis...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社23社(うち連結子会社18社)及び関連会社4社で構成され、各種ポンプ・ポンププラント、環境装置、風力発電設備、小水力発電設備、メカニカルシール、その他ポンプ関連機器の製造・販売、据付工事・サービス、電気の供給及びこれらに附帯する業務を主な事業内容としております。PT.TORISHIMA GUNA INDONESIAPT.GETEKA FOUNINDOPT.TORISHIMA GUNA ENGINEERINGTORISHIMA EUROPE LTD.TORISHIMA SERVICE SOLUTIONS FZCO.TORISHIMA SERVICE SOLUTIONS...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、株式会社電業社機械製作所(当社)並びに子会社の電業社工事株式会社、株式会社エコアドバンスおよびDMWインド社の4社によって構成されており、風水力機械、廃水処理装置・廃棄物処理装置、配電盤・電気計装制御装置・電気通信制御装置、海水淡水化用エネルギー回収装置等の製造・販売、据付工事及びこれらに附帯する業務を主な事業内容としています。* ... 株式会社エコアドバンスの取扱製品を示します。(その他については当社の取扱製品です。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(木村化工機株式会社(当社)、連結子会社2社、非連結及び持分法非適用子会社1社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、エンジニアリング事業、化工機事業及びエネルギー・環境事業の3事業を行っており、その製品の種類は多岐にわたっております。また、次の3部門は「第5 経理の状況 1 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当部門においては、蒸発装置、晶析装置、洗浄装置、攪拌機、圧力容器タンク、ステンレス・鉄・樹脂の配管工事等の設計、製作、加工並びに販売を行っております。当部門においては、プラント設備の設計、機器製作、既設撤去、据付、配管、塗装...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、新興プランテック株式会社(当社)および子会社9社により構成され、その主たる事業は、石油精製、石油化学を主とする各種産業設備および産業公害防止の機械装置についての設計、製作、施工、販売ならびに保守その他これらに付帯する一切の業務を行う総合エンジニアリング業であり、その事業にかかる位置付けは次のとおりであります。株式会社東新製作所PT. SHINKO PLANTECH(インドネシア共和国)無錫興高工程技術有限公司(中華人民共和国)SHINKO PLANTECH(THAILAND) CO.,LTD.(タイ王国)...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社並びに子会社37社・関連会社3社で構成され、専ら圧縮機、真空機器並びに塗装機器・設備の製造販売を行っており、製品市場・製品用途等の類似性から単一事業構成となっております。ANEST IWATA STRATEGIC CENTER s.r.l.ANEST IWATA AIR TECH s.r.l.HARDER & STEENBECK GmbH & Co.KGANEST IWATA France S.A.ANEST IWATA (U.K.) Ltd.ANEST IWATA Iberica,S.L....(20170727に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社6社で構成され、オートモティブ機器、インダストリアル機器、その他の3部門に関係する事業を主として行っており、その製品はあらゆる種類にわたっております。当部門は、ハンドポンプ、バケットポンプ、ルブリケーター等のオイル・グリースを供給する潤滑給油機器やタイヤサービス機器、排気ガス排出ホースリール機器及びフロンガス回収機器等の環境整備機器であり、主な市場は自動車をはじめとする車両整備工場やガソリンスタンド等であります。当社が製造・販売するほか(株)ヤマダメタルテックがその一部を製造しております。当部門は、各種産業分野においてオイル・グリースをはじ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は風水力機械のメーカーとして、真空ポンプ、送風機・圧縮機、輸送装置等の製造販売を行う製造事業と、不動産の賃貸及び管理を行う不動産事業を主な事業として取り組んでおります。なお、次の2部門は「第5 経理の状況 2財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に揚げるセグメントの区分と同一であります。製造事業の真空ポンプ等製品は、原材料等を購入し、当社にて機械加工、組立、検査を行い、当社にて得意先に販売しております。不動産事業は、ビル並びに駐車場の賃貸及び管理を行っております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社51社及び関連会社10社で構成され、自動車機器、流通システム及びその他の製品の製造販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する物流、研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。サンデン・オートモーティブクライメイトシステム株式会社サンデン・オートモーティブコンポーネント株式会社SANDEN INTERNATIONAL (U.S.A.),INC.SANDEN INTERNATIONAL (EUROPE) LTD.SANDEN ...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長経常利益赤字へ転落,2年連続マイナス成長当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2012-06-30)

(2012-06-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益3年連続黒字,プラス成長に回復経常利益3年連続黒字,プラス成長に回復当期純利益3年連続黒字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社は、製鉄・電力・ガス・石油等あらゆるプラントの解体工事を展開しております。当社ではプラント解体に特化した工事業者として、長年にわたるプラント解体工事を通じて得られた経験と、その間に蓄積してきたノウハウやアイデアをもとに、工法の提案、設計、施工計画、外注・資機材手配、施工管理、安全管理、原価管理、資金管理および行政対応等のエンジニアリング全般を提供しております。また、当社の設計、施工計画に基づいた工事の管理監督を行い、施工については専門の外注先に外注しております。また、プラント解体トータルマネジメントの強化を目的として、建設技能労働者の慢性的な人手不足に対応するため、平成25年1月より人材サ...(20170427に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/15

あとで比較する

すぐに比較する

加地テックの同業他社をもっと見る

加地テックの関連統計

統計分類検索へ

加地テックの基本情報

企業名 株式会社加地テック
カナ カブシキガイシャカヂテック
英語名 KAJI TECHNOLOGY CORPORATION
業種 機械
所在地 堺市美原区菩提6番地
ホームページ http://www.kajitech.com/
EDINET E01529
証券コード 6391
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6391)
決算日 03月31日