比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2015-12-31)

2017/03/10

富士テクニカ宮津の最新業績

富士テクニカ宮津の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から富士テクニカ宮津の事業内容についても確認できます。 注意:富士テクニカ宮津の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_単独_JPY)のデータから作成

総合点

2015-12-31:8.9

2015-09-30:7.34

2015-06-30:5.95

2015-03-31:8.16

売上高

2015-12-31:132億0500万

2014-12-31:86億9100万

2013-12-31:74億6200万

2012-12-31:86億9000万

売上総利益

2015-12-31:18億5000万

2014-12-31:13億2600万

2013-12-31:12億4300万

2012-12-31:14億4356万

営業利益

2015-12-31:9億9800万

2014-12-31:6億2600万

2013-12-31:6億4000万

2012-12-31:6億6527万

経常利益

2015-12-31:10億5100万

2014-12-31:8億0000万

2013-12-31:8億3600万

2012-12-31:7億4739万

当期純利益

2015-12-31:8億7300万

2014-12-31:8億7800万

2013-12-31:9億2200万

2012-12-31:8億2876万

もっと見る

営業CF

2015-09-30:-9億9800万

2014-09-30:19億8400万

2013-09-30:10億7200万

投資CF

2015-09-30:-4億3300万

2014-09-30:-2億6100万

2013-09-30:4億4100万

財務CF

2015-09-30:10億7300万

2014-09-30:-13億1000万

2013-09-30:-25億6400万

総資産

2015-12-31:227億7200万

2014-12-31:180億5800万

2013-12-31:156億7900万

2012-12-31:180億0109万

流動資産

2015-12-31:161億9100万

2014-12-31:123億4000万

2013-12-31:100億7500万

2012-12-31:117億1987万

現金及び現金同等物の残高

2015-09-30:17億2700万

2014-09-30:23億3900万

2013-09-30:34億6700万

もっと見る

現金及び預金

2015-12-31:11億1500万

2014-12-31:21億5800万

2013-12-31:23億6800万

2012-12-31:43億1486万

固定資産

2015-12-31:65億8100万

2014-12-31:57億1700万

2013-12-31:56億0400万

2012-12-31:62億8122万

負債

2015-12-31:169億1100万

2014-12-31:132億6300万

2013-12-31:113億3300万

2012-12-31:148億4414万

流動負債

2015-12-31:136億2200万

2014-12-31:95億8000万

2013-12-31:73億8600万

2012-12-31:102億2909万

固定負債

2015-12-31:32億8900万

2014-12-31:36億8300万

2013-12-31:39億4700万

2012-12-31:46億1404万

純資産額

2015-12-31:58億6100万

2014-12-31:47億9400万

2013-12-31:43億4500万

2012-12-31:31億5695万

もっと見る

従業員数

2015-03-31:480

2014-03-31:468

2013-03-31:492

2012-03-31:522

臨時従業員数(外)

2015-03-31:93

2014-03-31:79

売上総利益率

2015-12-31:14

2014-12-31:15.3

2013-12-31:16.7

2012-12-31:16.6

売上営業利益率

2015-12-31:7.6

2014-12-31:7.2

2013-12-31:8.6

2012-12-31:7.7

売上経常利益率

2015-12-31:8

2014-12-31:9.2

2013-12-31:11.2

2012-12-31:8.6

売上純利益率

2015-12-31:6.6

2014-12-31:10.1

2013-12-31:12.4

2012-12-31:9.5

もっと見る

ROA

2015-12-31:5.06654

2014-12-31:6.53317

2013-12-31:7.86647

2012-12-31:6.13318

ROE

2015-12-31:19.86617

2014-12-31:24.39939

2013-12-31:28.26596

2012-12-31:35.06579

自己資本比率

2015-12-31:25.7

2014-12-31:26.5

2013-12-31:27.7

2012-12-31:17.5

流動比率

2015-12-31:118.9

2014-12-31:128.8

2013-12-31:136.4

2012-12-31:114.6

固定比率

2015-12-31:112.3

2014-12-31:119.3

2013-12-31:129

2012-12-31:199

富士テクニカ宮津の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
富士テクニカ宮津
なし

キーワードの推移
2015/06/25(年度)2015/01/15(年度)2016/02/03(四半期)2015/11/06(四半期)2015/08/07(四半期)2015/02/06(四半期)
フェニックス・キャピタルフェニックス・キャピタル駿東郡駿東郡本文フェニックス・キャピタル
富士テクニカ宮津富士テクニカ宮津伊豆の国市伊豆の国市製造工程伊豆の国市
benzナイン工作機械プレス機械レベルパートナーズ
イレブンパートナーズプレス機械工作機械アジア地域工作機械
パートナーズbenz本文本文仕掛品がま
ナイン機械事業所自動車駿東郡
優先株式優先株式事業所製造工程配当金イレブン
汽車ホンダエンジニアリング製造工程レベル金融レーザー加工機
汽車レベルアジア地域研究開発テン
金型投資事業有限責任組合アジア地域機械環境ナイン
ホンダエンジニアリング金型仕掛品仕掛品投資事業有限責任組合
ford motor売上高本文
投資事業有限責任組合イレブン資金調達資金調達成績機械
がま製造工程電子自動車事業所
テン自動車資金製造工程
資金配当金レベル
フォルクスワーゲンスズキ金額仕掛品
テン配当金棚卸株高
自動車メーカーリファイナンス仕入れ
スズキ技研金融債権資金調達
pdcaサイクル金額自動車
技研研究開発資金
pdcaサイクル金融株式
車体環境長期金額
フジ売上高配当金
車体三井成績研究開発個人消費
自動車喫緊環境
フジ自動車売上高金融
三井本文成績
本文研究開発
年度or届出書
四半期or半期

(20150625)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20160203)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

富士テクニカ宮津の類似企業へ

富士テクニカ宮津の業績推移

富士テクニカ宮津の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社18社(連結子会社13社、非連結子会社5社)、関連会社1社により構成され、プレス関連製品、定温物流関連製品のほか、空調機器、電子機器などの製造・販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する物流、研究及びその他のサービス等の事業活動を展開しています。なお、次の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。・プレス部品 ............国内は、当社及び連結子会社 東プレ九州(株)、東プレ埼玉(株)、東プレ東海(株)で製造し、販売は当社が行っております。塗装工程については、連結子会社 東京...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社4社により構成されており、主にプラスチックを加工するための射出成形用金型及び成形システムなどの製造・販売を行うとともに、精密成形品その他の製造・販売を行っております。当社が各種の射出成形用精密金型及び成形システムの製造・販売をするほか、タイにおいてTHAI FUJI SEIKICO.,LTD.が、中国において上海不二精机有限公司及び常州不二精机有限公司が、さらにインドネシアにおいてPT.FUJI SEIKI INDONESIAが射出成形用精密金型及び成形システムの製造・販売を行っております。当社が精密成形品その他の製造・販売を行うほか、タイにおいてTHAI FU...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、提出会社、子会社14社及び関連会社1社で構成され、自動車用部品及び産業用部品の製造販売を主な事業内容としております。各々の製造販売する業界を基礎として事業を明確に区分しており、カーエアコン用クラッチを始めとする自動車用部品業界向けのクラッチ等の製造販売を「輸送機器用事業」で、モーター、変・減速機、昇降・運搬機械業界及びOA機器業界向けのクラッチ・ブレーキ等の製造販売を「一般産業用事業」で行っております。子会社のうち13社(オグラ・コーポレーション、オグラS.A.S.、オグラ・インダストリアル・コーポレーション、オグラクラッチ・ド・ブラジル・リミターダ、小倉離合機(東莞)有限公司...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社のニチダイフィルタ株式会社、THAI SINTERED MESH CO.,LTD.、NICHIDAI(THAILAND)LTD.、NICHIDAI ASIA CO.,LTD.、NICHIDAI U.S.A. CORPORATIONの6社で構成されております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社16社および持分法適用関連会社1社および非連結子会社2社により構成され、その主な事業は各種自動車部品および搬送装置・精密金型等の自動車製造用設備の製造・販売であります。なお、セグメントと同一の区分であります。当社は、メタル・ブシュ等の軸受製品・システム製品・ダイカスト製品・ガスケット製品他の自動車部品を製造・販売しております。連結子会社のタイホウ コーポレーション オブ アメリカは、米国において軸受製品の製造・販売をしております。タイホウ ヌサンタラ(株)は、インドネシアにおいて軸受製品、ダイカスト製品の製造・販売をしております。タイホウ コーポレーション オ...(20170614に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社の企業集団は、株式会社積水工機製作所(当社)及び子会社2社で構成されており、金型事業と産業機器事業を営んでおります。金型事業ではプラスチック成形用金型の製造・販売、産業機器事業では、押出成形機及び周辺設備、省力・自動化設備、その他産業機器の製造・販売を主な事業としています。当社は三光合成株式会社の持分法適用関係会社であり、平成27年3月末現在の持株比率は33.0%です。なお、すでに開示のとおり、同社が平成27年3月9日より4月20日まで実施しておりました当社の普通株式に対する公開買付けの結果、4月24日付けで同社の持株比率は93.4%となり当社の親会社となりました。...(20150625に提出された書類より抜粋)

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”連結会社は、当社(株式会社デンソー)及び子会社190社、関連会社60社により構成されています。「日本」、「北米」、「欧州」、「アジア」、「その他」の各セグメントで以下製品を製造・販売しています。ETC/ETC2.0車載器、路車間・車車間通信機、車両運行管理システム、スマートキー、なお、当社は製造・販売・研究開発及び子会社・関連会社の統括の各機能を有しています。...(20170620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、スイッチ類、シートベルト、キーロック、シフトレバー等、自動車用部品の専門メーカーであり、国内においては当社、連結子会社10社及び持分法適用関連会社2社が、海外においては各地に設立した連結子会社28社及び持分法適用関連会社3社、持分法非適用関連会社1社が、それぞれ生産・販売を担当しております。日本 ...恵那東海理化(株)、エヌ・エス・ケイ(株)、(株)サン電材社、東海理化エレテック(株)、北米 ...TRAM(株)、TACマニュファクチャリング(株)、TRIN(株)、TRMI(株)、TRQSS(株)、トウカイリカメキシコ(株)、アジア...理嘉工業(株)、佛山東海理化汽車部件(...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、親会社の日産自動車株式会社、当社、子会社45社及び関連会社9社で構成され、自動車部品の製造販売を主な事業内容とし、これらに関連するサービス等の事業活動をグローバル展開しております。なお、セグメント区分の方法につきましては、生産・販売体制を基礎とした所在地別のセグメントとしております。カルソニックカンセイ(中国)社カルソニックカンセイ(無錫)社カルソニックカンセイ(無錫)コンポーネンツ社カルソニックカンセイ(広州)コンポーネンツ社カルソニックカンセイ(広州)社カルソニックカンセイ(海門)社カルソニックカンセイ(襄陽)社聯城工業社健泰工業社裕器工業社ユニ・...(20160624に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社6社、関連会社1社で構成され、自動車部品及び産業機械用変速機等の製造販売を主な内容とし、これらに関連する物流及びその他のサービス等の事業活動を展開しております。当社グループの子会社及び関連会社は次のとおりであります。ユニバンスINC. 自動車部品の製造販売 (ユニット事業、部品事業)ユニバンスタイランドCO.,LTD. 自動車部品の製造販売 (ユニット事業)...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社、子会社6社及び関連会社1社により構成されており、自動車関連部品、産業機械関連部品、連続ねじ締め機及びねじ連綴体、柑橘類皮むき機の製造・販売を主たる業務としております。自動車関連部品...........................主要な製品は駆動伝達・操縦装置部品、エンジン部品、コンプレッサー部品等であります。これら製品は当社及び海外子会社ムロテック オハイオ コーポレーション、海外子会社ムロ テック ベトナム コーポレーション、海外子会社ピーティー ムロテック インドネシアが製造・販売、国内子会社北関東プレーティング株式会社がメッキ加工等の製...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社、連結子会社20社で構成され、自動車用の機構部品、車体部品及び機関部品並びに金型・設備の製造、販売を主な事業内容とし、更に各事業に関連する物流、研究及びサービス等の事業活動を展開しております。 なお、セグメントは地域別に区分されているため、事業の内容を事業部門によって記載しております。自動車部品............国内得意先向けについては、主として当社が製造販売するほか、国内連結子会社(株)ヨロズ栃木、(株)ヨロズ大分、(株)ヨロズ愛知及び(株)庄内ヨロズに製造工程の一部または全部を外注し、当社を通じて販売しております。海外得意先向けについては、海外連結子会社ヨロズオ...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社並びに親会社1社、子会社22社及び関連会社1社で構成され、その主な事業として、本田技研工業株式会社(親会社)及びそのグループ会社を始めとする国内外の自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に対し、自動車及び自動車部品の製造及び販売を行っております。当社は自動車及び自動車部品等を製造し、子会社である合志技研工業株式会社、株式会社ウエムラテック及び株式会社合志テックが自動車部品等を製造し、自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に販売しております。ユー エス ヤチヨ インコーポレーテッド(米国)、ヤチヨ マニュファクチュアリング オブ アメリカ エル エル シー(米国)、エー ワイ ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社(提出会社)と親会社、子会社8社で構成されており、エンジンバルブ、バルブシート、コッタ、ローテータ、リテーナ、機械等の製造、販売を主な内容としており、さらにそれらに関連する物流その他のサービス活動を展開しております。当社および当社の関係会社の事業は次のとおりであります。当社と子会社である富士气門(広東)有限公司、PT. FUJI OOZX INDONESIA、FUJI OOZX MEXICO, S.A. DE C.V. はエンジンバルブ等の製品の製造、販売を行い、子会社であるオーゼックステクノ株式会社は金型等の製造および当社の生産工程に付帯する業務を行い、子会社であるフジホロ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-03-31)

(2017-03-31) ”当企業グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社59社により構成されております。当企業グループの主たる業務は、自動車安全部品の開発、製造、販売であります。主な製品として、シートベルト及びエアバッグを主力としているほか、ステアリングホイール、トリム、チャイルドシート等、自動車安全にかかる部品を幅広く扱っております。また当企業グループは日本、米州、欧州及びアジアの4セグメントにてグローバルに展開しており、各々のセグメントで開発、製造及び販売活動を行うとともに、各セグメント間で部品等の相互供給を実施し、グローバルレベルでの最適な生産体制の構築を図っております。当企業グループのセグメント別の主...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当連結会計年度において、当社グループは、株式会社丸順(提出会社)と子会社5社で構成されており、その主な事業内容、当該事業にかかわる位置づけ及びセグメントとの関連は次のとおりであります。 また、当社と継続的で緊密な事業上の関係にある本田技研工業株式会社(輸送用機械器具等の製造販売等)は主要な取引先であります。丸順においては、自動車用車体プレス部品、自動車用精密プレス部品等の製品のほか、プレス用金型、溶接治具及び検具等の設備を製造販売しております。 また、当社は主に本田技研工業株式会社から部品及び原材料等を仕入れ、製品及び設備等を同社へ製造販売しております。タイにおいては、自動車用車体プレス部品、...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,4年連続黒字経常利益プラス成長に回復,4年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2013-12-31)

(2013-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益プラス成長に回復,4年連続黒字経常利益プラス成長に回復,4年連続黒字当期純利益4年連続黒字,プラス成長に回復

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高2年連続プラス成長営業利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落経常利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続黒字,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益3年連続黒字,3年連続プラス成長経常利益3年連続黒字,3年連続プラス成長当期純利益2年連続黒字,4年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

富士テクニカ宮津の同業他社をもっと見る

富士テクニカ宮津の関連統計

統計分類検索へ

富士テクニカ宮津の基本情報

企業名 株式会社富士テクニカ宮津
カナ カブシキガイシャフジテクニカミヤヅ
英語名 Fuji Technica & Miyazu Inc.
業種 機械
所在地 駿東郡清水町的場20番地
ホームページ http://www.fuji-miyazu.co.jp/
EDINET E01450
証券コード 6476
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6476)
決算日 03月31日