比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

大泉製作所の最新業績

大泉製作所の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から大泉製作所の事業内容についても確認できます。 注意:大泉製作所の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:10

2017-03-31:7.96

2016-12-31:6.17

2016-09-30:4.13

売上高

2017-06-30:30億8101万

2016-06-30:30億6336万

2015-06-30:29億7764万

2014-06-30:29億7827万

売上総利益

2017-06-30:6億1522万

2016-06-30:5億7288万

2015-06-30:4億6516万

2014-06-30:4億5645万

営業利益

2017-06-30:1億6714万

2016-06-30:1億2925万

2015-06-30:-1604万

2014-06-30:-1億4176万

経常利益

2017-06-30:1億3816万

2016-06-30:3354万

2015-06-30:-7558万

2014-06-30:-1億7615万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:1億0832万

2016-06-30:1422万

2015-06-30:-1億0033万

2014-06-30:-1億7980万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:1億3054万

2016-06-30:-1億7181万

2015-06-30:-3846万

2014-06-30:-2億0012万

営業CF

2017-03-31:6億6231万

2016-03-31:5億5687万

2015-03-31:2億5325万

2014-03-31:5億5136万

投資CF

2017-03-31:-3億1496万

2016-03-31:-3億9189万

2015-03-31:-5億3337万

2014-03-31:-4億1215万

財務CF

2017-03-31:2億3608万

2016-03-31:-1億9665万

2015-03-31:3億7873万

2014-03-31:-3億2406万

総資産額

2017-06-30:83億7279万

2016-06-30:74億1124万

2015-06-30:80億5679万

2014-06-30:79億2116万

流動資産

2017-06-30:59億5488万

2016-06-30:51億6957万

2015-06-30:52億5876万

2014-06-30:50億5206万

もっと見る

現金及び現金同等物の残高

2017-03-31:9億9605万

2016-03-31:3億9157万

2015-03-31:4億0769万

2014-03-31:2億8561万

現金及び預金

2017-06-30:11億8780万

2016-06-30:8億1998万

2015-06-30:6億5652万

2014-06-30:5億0020万

固定資産

2017-06-30:24億1790万

2016-06-30:22億4166万

2015-06-30:27億9803万

2014-06-30:28億6909万

負債

2017-06-30:68億3001万

2016-06-30:66億8561万

2015-06-30:70億6670万

2014-06-30:76億5372万

流動負債

2017-06-30:47億8997万

2016-06-30:48億2712万

2015-06-30:49億2361万

2014-06-30:53億9083万

固定負債

2017-06-30:20億4004万

2016-06-30:18億5849万

2015-06-30:21億4309万

2014-06-30:22億6288万

もっと見る

純資産額

2017-06-30:15億4277万

2016-06-30:7億2562万

2015-06-30:9億9009万

2014-06-30:2億6743万

従業員数

2017-03-31:1592

2016-03-31:1546

2015-03-31:1516

2014-03-31:1671

臨時従業員数(外)

2017-03-31:171

2016-03-31:212

2015-03-31:313

2014-03-31:383

売上総利益率

2017-06-30:20

2016-06-30:18.7

2015-06-30:15.6

2014-06-30:15.3

売上営業利益率

2017-06-30:5.4

2016-06-30:4.2

2015-06-30:-0.5

2014-06-30:-4.8

売上経常利益率

2017-06-30:4.5

2016-06-30:1.1

2015-06-30:-2.5

2014-06-30:-5.9

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:3.5

2016-06-30:0.5

2015-06-30:-3.4

2014-06-30:-6

ROA

2017-06-30:5.2

2016-06-30:0.8

2015-06-30:-4.8

2014-06-30:-9.2

ROE

2017-06-30:28

2016-06-30:8

2015-06-30:-40.4

2014-06-30:-268.8

自己資本比率

2017-06-30:18.4

2016-06-30:9.8

2015-06-30:12.3

2014-06-30:3.4

流動比率

2017-06-30:124.3

2016-06-30:107.1

2015-06-30:106.8

2014-06-30:93.7

固定比率

2017-06-30:156.7

2016-06-30:308.9

2015-06-30:282.6

2014-06-30:1072.8

業績ランキングは

633

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

大泉製作所の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
大泉製作所

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/29(年度)2015/06/26(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/12(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)2015/08/14(四半期)
エレメントエレメントエレメントエレメント盤石イレギュラ元高元高元高元高
サーミスタサーミスタサーミスタ造り新株予約権付社債繁忙カスタムカスタムカスタムカスタム
温度温度温度カスタム生産計画物流費エアコン発行価額発行価額発行価額
川砂川砂川砂空調資本準備金空調空調修正条項修正条項地産地消
igptエバポレータカスタム事務所米国大統領アジア地域自動車部品エアコンエアコン修正条項
エバポレータntcエバポレータ家電公共投資円高地産地消自動車部品自動車部品エアコン
ntcカスタムntc売上原価着実物流耐久性空調空調自動車部品
カスタム室外機室外機円高公共為替川砂地産地消三極空調
室外機センサ冷蔵庫自動車eu離脱資金イレギュラ耐久性地産地消三極
センサラジエータセンサ製品為替ルーム川砂耐久性耐久性
ラジエータ電気抵抗ラジエータコスト個人消費コスト温度ルーム川砂残業代
電気抵抗バリスタエアコン個人消費仕入れ物流費温度ルーム首尾
空調エアコン電気抵抗研究開発研究開発長期自動車部物流費温度川砂
自動車部品室内バリスタ製品サイクルサイクル物流費ルーム
室内水温元高金額金額個人消費組立老朽化サイクル温度
資材調達空調室内グループグループ研究開発日系組立老朽化物流費
カーエアコン資材調達水温環境製品赤字日系組立サイクル
光通信カーエアコン資材調達金額部品タイバーツ日系老朽化
業界標準自動車部品カーエアコン環境グループ賃金赤字タイバーツ組立
pcu冷蔵庫自動車部品売上高売上高メーカ新株赤字日系
冷蔵庫compセールスアンドリースバック成績成績環境パッケージ部品部品手伝い
comp日系空調自動車賃金usドル赤字
日系ヒータcomp売上高繁忙新株予約権賃金部品
エアコン回路ヒータ成績テーマメーカ新株予約権賃金
ヒータ素体回路ビル新株予約権付社債メーカ外注加工費
素体輻射熱素体物流パッケージ新株予約権付社債新株予約権
輻射熱振動数輻射熱シェア自動車新株メーカ
振動数電池パック振動数プロジェクト資金調達パッケージ新株予約権付社債
電池パック灯用電池パックリスクテーマ自動車新株
灯用気化熱灯用円高ビル資金調達パッケージ
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

大泉製作所の類似企業へ

大泉製作所の業績推移

大泉製作所の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社及び当社の関係会社(当社、子会社27社及び関連会社10社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、ベルト・ゴム製品、ホース・チューブ製品、その他産業用製品、不動産、経営指導を主たる事業としております。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。ニッタコーポレーションオブアメリカ、ニッタホールディングB.V.、ニッタインダストリーズヨーロッパGmbH、ニッタコーポレーションオブシンガポールPTE LTD、三友産業(香港)有限公司、ニッタ精密伝動(常州)有限公司、賛友貿易(深圳)有限公司、ニッタ(上海)企業管理有限公司、ニッタコーポレーションインディアPvtLtd、ニッ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業グループは、当社(SEMITEC 株式会社)、連結子会社SEMITEC USA CORP.、SEMITEC(HONG KONG)CO.,LTD、SEMITEC TAIWAN CORP.、SEMITEC KOREA CO.,LTD、江蘇興順電子有限公司、泰州石塚感応電子有限公司、SEMITECELECTRONI PHILIPPINES INC.、世美特電子(威海)有限公司、感応貿易(深圳)有限公司、石塚国際貿易(上海)有限公司、石塚感応電子(韶関)有限公司、Thai Semitec Co.,Ltd、石塚感応電子(深圳)有限公司、SEMITEC Europe GmbH、SEMITEC E...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(第一精工株式会社)及び子会社19社により構成されており、電気・電子部品事業、自動車部品事業及び設備事業を主たる業務としております。なお、次の3事業(電気・電子部品事業、自動車部品事業及び設備事業)は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。主要な製品は、コネクタ及び同関連部品(細線同軸コネクタ・超小型RF同軸コネクタ等)及びエレクトロニクス機構部品(HDD用機構部品等)であります。コネクタ及び同関連部品の主要製品は細線同軸コネクタ・超小型RF同軸コネクタ等であり、ノートパソコン、スマートフォン及びデジタ...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社41社(国内4社、海外37社)及び持分法適用関連会社1社で構成され、その主な事業内容は、制御機器製品、制御装置及びFAシステム製品、制御用周辺機器製品、防爆・防災関連機器製品、その他の製品の製造及び販売であります。製造については、当社及び海外子会社13社が行っております。販売については、日本市場へは当社及び国内グループ会社が、海外市場へは主にその地域の現地法人が行っております。現地法人は、それぞれが独立した経営単位として各地域に適した戦略を立案し事業戦略を展開しております。したがって、当社グループは、製造・販売体制を基礎とした地域別のセグメントを構成しております...(20170810に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-09-30)

(2016-09-30) ”当社グループは、当社、子会社2社、関連会社1社により構成されており、当社は当社の親会社であるオプテックス株式会社及びその関係会社により構成されるオプテックスグループに属しております。 なお、当社グループは、産業機器用製品の開発、設計、製造、販売並びにこれらの付帯業務の単一事業であります。当社は、あらゆる製造分野の工場における製造ラインの自動化・省力化には不可欠な光電センサを主とするFAセンサ(産業用センサ)、距離を計測する変位センサ、カメラを用いた画像センサ等の製品開発、設計、製造、販売を主たる事業としております。 当社において画像センサやLED照明等といったアプリケーション機器の企画開発を行...(20160328に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年12月31日現在、当社、子会社30社(国内4社、海外26社)および持分法適用関連会社1社(国内1社)により構成されております。当社グループは、半導体専業メーカーとして、各種半導体に関する研究、設計、開発、製造、販売およびサービスを行っております。当社グループの研究、設計、開発、製造、販売およびサービス機能は、主に当社および当社の子会社が分業しております。研究、設計、開発機能は、当社が担当するほか、ルネサス システムデザイン(株)、ルネサス セミコンダクタデザイン北京社、ルネサス デザイン・ベトナム社、およびルネサス エレクトロニクス・ヨーロッパ社などの国内外の子会社が...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(帝国通信工業株式会社)及び子会社19社、関連会社1社により構成されており、抵抗器、前面操作ブロック(ICB)、スイッチなどの電子部品の製造販売を主要事業とし、その他機械・設備等の製造販売を行っております。なお、次の部門は、「第5経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。国内生産は、当社及び当社の生産体制と一体となっている国内子会社が行っております。海外生産は、タイ、インドネシア、中国、ベトナムで海外子会社が行っております。国内販売は、概ね当社が行っております。海外販売は東南アジア、北...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社88社及び関連会社11社より構成され、電子部品、車載情報機器、物流、その他の4事業区分に関係する事業を行っています。当社は各種電子部品を生産しており、他の生産子会社が生産した製品と合わせて販売しています。北米においては、ALPS ELECTRIC (NORTH AMERICA), INC.が生産・販売を行う一方、当社より仕入れた製品も販売しています。欧州においては、主としてドイツのALPS ELECTRIC EUROPE GmbHが生産・販売を行う一方、当社より仕入れた製品も販売しています。アジアにおいては、主として韓国のALPS ELECTRIC KOREA CO...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、当社及び連結子会社9社で構成され、可変抵抗器・車載用電装部品などの製造販売を行う事業を展開しております。なお、セグメントと同一の区分であります。当社が販売するほか、製造工場として連結子会社、白河コスモス電機(株)、中津コスモス電機(株)、会津コスモス電機(株)、東高志(香港)有限公司及び広州東高志電子有限公司が外注組立をしています。当社が販売するほか、製造工場として連結子会社、白河コスモス電機(株)、中津コスモス電機(株)、煙台科思摩思電機有限公司、会津コスモス電機(株)及び広州東高志電子有限公司が外注組立をしています。当社が販売するほか、製造工場として連結子会社、白河コスモ...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当連結会計年度末現在、当社(株式会社精工技研)、連結子会社6社(SEIKOH GIKEN USA,INC.、SEIKOH GIKEN EUROPE GmbH、杭州精工技研有限公司、大連精工技研有限公司、香港精工技研有限公司、不二電子工業株式会社)及び持分法適用会社1社(DATA PIXEL SAS)の計8社により構成されております。連結子会社のうち香港精工技研有限公司につきましては、平成22年9月に営業を停止し、現在は休眠化しております。なお、当連結会計年度末後、平成29年4月に、持分法適用会社であったDATA PIXEL SAS社の株式の48%を追加...(20170619に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2016-12-31)

(2016-12-31) ”当社の企業集団は平成28年3月末現在、当社、親会社1社、子会社5社で構成され、センシングコントロール、 プロセッシング機器、Eco・カスタム商品の開発並びに設計、製造及び販売を主な内容としております。親会社 パナソニック株式会社 電気・電子機器等の製造及び販売。パナソニック デバイスSUNX竜野株式会社 自動制御機器、電子応用機器の開発、製造及び販売。パナソニック デバイスSUNX九州株式会社 自動制御機器、電子応用機器の開発、製造及び販売。パナソニック デバイスSUNX蘇州有限会社 自動制御機器、電子応用機器の開発、製造及び販売。パナソニック デバイスSUNXタイ株式会社 自動制御機器、電子...(20160620に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、ASTI株式会社(当社)及び子会社5社により構成されており、その主な事業は、車載電装品、ホームエレクトロニクス、通信・制御機器の製造販売であります。 なお、次の部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) 車載電装品 主要な製品は、各種電子制御ユニット、エアコン制御システム、車載・船舶用ワイヤーハーネス等であり、当社のほか、子会社のASTI ELECTRONI INDIA PRIVATE LIMITED、ASTI ELECTRONI HANOI CORPORATIO”...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社(イリソ電子工業株式会社)、連結子会社13社及び非連結子会社3社により構成され、オートモーティブ(車載)機器、デジタル機器、インダストリアル機器向けに、プリント基板接続用の基板対基板コネクタ(BtoBコネクタ) 、FPC基板(Flexible Printed Circuits)やFFCケーブル(Flexible Flat Cable)接続用のFPC/FFCコネクタ、機器間の信号接続用のインターフェイスコネクタといった多極コネクタの製造、開発及び販売を主要な内容とした事業活動をしております。基板対基板コネクタ(BtoBコネクタ)プリント基板の接続用に開...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(オプテックス株式会社)、子会社30社及び関連会社2社(平成28年12月31日)で構成されております。その主な事業内容は各種センサ及び同装置に関する各種システムの開発、設計並びに製造販売であり、当社グループのセグメント毎の主な事業内容及び主要な関係会社は、次のとおりであります。なお、当社は平成29年1月1日付で、当社を吸収分割会社として、当社が営むグループ経営管理事業を除く一切の事業を当社の100%子会社であるオプテックス新事業準備株式会社(平成28年7月15日設立)に承継させる吸収分割を行い、同日をもって持株会社体制に移行いたしました。また、持株...(20170327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本セラミック(株))と子会社合わせて12社により構成され、セラミックセンサ、フェライト、モジュール製品などの電子部品並びにその関連製品の研究開発及び製造販売を主たる事業として行っております。なお、当社グループは単一事業であるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社)は、サーミスタ技術を中核とする半導体部品並びに、それらを応用した各種製品(温度センサ、湿度センサ、湿度計、温度制御器、温度記録計、風速計、湿度計測装置)の製造販売を主な事業としております。シバウラ エレクトロニクス アメリカ Corp....(20170704に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(双葉電子工業株式会社)および子会社26社により構成されており、電子部品、電子機器および生産器材等の製造・販売を主な内容とし、さらに各事業に関係する派遣・請負その他のサービス等の事業活動を展開しています。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表[注記事項]」に掲げるセグメントの区分と同一です。当社、双葉モバイルディスプレイ株式会社、台湾双葉電子股份有限公司、フタバ・コーポレーション・オブ・ザ・フィリピン、双葉電子部品(恵州)有限公司およびフタバ・コーポレーション・オブ・アメリカが製造・販売をしています。また、富得...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社26社、関連会社9社により構成されております。当社グループが営んでいる事業は、圧力計、圧力センサ、計測制御機器等の製造販売を主に、これらに附帯する事業及び応用製品等の製造販売を行っております。なお、次の3部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。Ashcroft-Nagano Keiki Holdings,Inc.Ashcroft Inc.Willy Instrumentos de Medicao e Controle Ltda.Ashcroft Instruments Singapor...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2010-12-31)

(2010-12-31) 売上高プラス成長に回復営業利益4年連続黒字,プラス成長に回復経常利益4年連続黒字,2年連続プラス成長当期純利益4年連続黒字,2年連続プラス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社は、各種アナログIC製品の開発・製造・販売を行っております。当社グループは、当社、連結子会社8社(販売子会社6社、製造子会社2社)によって構成されております。当社グループは、「常に豊かな知性と感性を磨き、市場に適応した価値ある製品を創出し、豊かな社会の実現と地球環境の保全に貢献するとともに、私たちの事業に携わるすべての人々が共に繁栄することを企業の理念とする」という企業理念に基づき、事業活動を展開しています。私たちの生活に欠かせない携帯電話、AV機器、パソコン、家電などから産業用機器、医療機器、自動車などの各種機械装置まで、高度情報化社会の進展に伴って電子機器化が急速に進んでいます。当社の...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/17

あとで比較する

すぐに比較する

大泉製作所の同業他社をもっと見る

大泉製作所の関連統計

統計分類検索へ

大泉製作所の基本情報

企業名 株式会社大泉製作所
カナ カブシキガイシャオオイズミセイサクショ
英語名 OHIZUMI MFG.CO.,LTD.
業種 電気機器
所在地 狭山市新狭山一丁目11番4号
ホームページ http://www.ohizumi-mfg.jp/
EDINET E26216
証券コード 6618
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6618)
決算日 03月31日