比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

オンキヨーの最新業績

業界:音響機器業界すぐ比較

オンキヨーの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からオンキヨーの事業内容についても確認できます。 注意:オンキヨーの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-0.19

2017-03-31:2.76

2016-12-31:0.51

2016-09-30:-1.76

売上高

2017-06-30:90億8100万

2016-06-30:110億9600万

2015-06-30:125億1100万

2014-06-30:71億4100万

売上総利益

2017-06-30:25億7500万

2016-06-30:29億0100万

2015-06-30:26億6900万

2014-06-30:17億7900万

営業利益

2017-06-30:-12億2600万

2016-06-30:-9億8900万

2015-06-30:-16億0700万

2014-06-30:-7億5800万

経常利益

2017-06-30:-11億8500万

2016-06-30:-10億7100万

2015-06-30:-16億2400万

2014-06-30:-9億1000万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:-12億0300万

2016-06-30:-9億9200万

2015-06-30:-16億2500万

2014-06-30:-9300万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-12億0800万

2016-06-30:-13億0400万

2015-06-30:-17億0100万

2014-06-30:-9億6700万

営業CF

2017-03-31:-18億8500万

2016-03-31:10億4600万

2015-03-31:-35億6600万

2014-03-31:-15億6500万

投資CF

2017-03-31:-9億6100万

2016-03-31:28億7800万

2015-03-31:19億3000万

2014-03-31:-4億6800万

財務CF

2017-03-31:30億0900万

2016-03-31:-43億4400万

2015-03-31:7200万

2014-03-31:19億4400万

総資産

2017-06-30:283億5600万

2016-06-30:238億5500万

2015-06-30:304億0000万

2014-06-30:254億6200万

流動資産

2017-06-30:222億8600万

2016-06-30:187億3400万

2015-06-30:225億7200万

2014-06-30:170億6200万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:26億0400万

2016-03-31:25億3400万

2015-03-31:30億2500万

2014-03-31:55億8900万

現金及び預金

2017-06-30:34億6800万

2016-06-30:21億0800万

2015-06-30:40億7000万

2014-06-30:47億3400万

固定資産

2017-06-30:60億6900万

2016-06-30:51億2100万

2015-06-30:78億2700万

2014-06-30:84億0000万

負債

2017-06-30:268億1500万

2016-06-30:222億7500万

2015-06-30:286億1200万

2014-06-30:201億4300万

流動負債

2017-06-30:212億0500万

2016-06-30:183億3100万

2015-06-30:233億6000万

2014-06-30:149億6800万

固定負債

2017-06-30:56億0900万

2016-06-30:39億4400万

2015-06-30:52億5200万

2014-06-30:51億7400万

もっと見る

純資産額

2017-06-30:15億4000万

2016-06-30:15億7900万

2015-06-30:17億8700万

2014-06-30:53億1900万

従業員数

2017-03-31:1633

2016-03-31:1814

2015-03-31:2031

2014-03-31:1875

臨時従業員数(外)

2017-03-31:115

2016-03-31:119

2015-03-31:139

2014-03-31:147

売上総利益率

2017-06-30:28.4

2016-06-30:26.1

2015-06-30:21.3

2014-06-30:24.9

売上営業利益率

2017-06-30:-13.5

2016-06-30:-8.9

2015-06-30:-12.8

2014-06-30:-10.6

売上経常利益率

2017-06-30:-13

2016-06-30:-9.7

2015-06-30:-13

2014-06-30:-12.7

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:-13.2

2016-06-30:-8.9

2015-06-30:-13

2014-06-30:-1.3

ROA

2017-06-30:-16.8

2016-06-30:-16.8

2015-06-30:-21.2

2014-06-30:-1.6

ROE

2017-06-30:-312.4

2016-06-30:-251.2

2015-06-30:-363.6

2014-06-30:-6.8

自己資本比率

2017-06-30:5.4

2016-06-30:6.6

2015-06-30:5.9

2014-06-30:20.9

流動比率

2017-06-30:105.1

2016-06-30:102.2

2015-06-30:96.6

2014-06-30:114

固定比率

2017-06-30:394.1

2016-06-30:324.3

2015-06-30:438

2014-06-30:157.9

業績ランキングは

2380

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

オンキヨーの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
オンキヨー

キーワードの推移
2017/06/29(年度)2016/06/23(年度)2016/06/17(年度)2015/06/23(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/13(四半期)
onkyoonkyoonkyoonkyoミニコンポヘッドホンヘッドホンavヘッドホンonkyo
pioneerpioneergibsongibsonrayzvsxavヘッドホンavフィリップス
オンキヨオンキヨヘッドホンヘッドホンレシーバavdapレシーバスピーカヘッドホン
avavavオンキヨavパイオニア河合楽器製作所パイオニアシンジケート河合楽器製作所
パイオニアdapレシーバavノイズキャンセリングdapzyluxonkyoパイオニアzylux
dapヘッドホンスピーカドルビーアトモスパイオニア河合楽器製作所パイオニアスピーカ電話機インイヤーモニタ
パイオニアマーケティングジャパンパイオニアオンキヨinnovationsonkyozylux製品原価河合楽器製作所dapパイオニア
ヘッドホンスピーカドルビーアトモスパイオニアヘッドホンonkyoスピーカzylux河合楽器製作所av
製品原価電話機innovationszyluxスピーカ製品原価ワイヤレスイヤフォン製品原価zyluxレシーバ
スピーカパイオニアマーケティングジャパンパイオニアスピーカ音質レシーバoemtx製品原価スピーカ
河合楽器製作所製品原価ハイレゾレシーバ河合楽器製作所スピーカ円高ドル安円高ドル安レシーバ電話機
シンジケート河合楽器製作所zyluxハイレゾハイレゾecosystemポータブルfi円安ドル高オーディオ
電話機zyluxオーディオphilipszyluxxdpデジラルライフhioemクリスマス商戦
ハイレゾ円安ドル高ホームシアタオーディオイヤホンx301ベスト・バイ市場占有率オーディオハイレゾ
zyluxoemphilipsシンジケートtxe90ワイヤレスoemポータブル製品原価
音質レシーバbrandsbrandsoemoemライフオーディオローン音源
円高ドル安ポータブルe-onkyo musicホームシアタinstalled円高ドル安ホームポータブルライフシーメンス
ポータブルプラットホームシンジケートクリスマス商戦ヘッドドホンポータブルバンクベスト・バイインイヤーモニタ補聴器
oemライフサウンド音源speakersデジラルライフデジタルcreation借り換えfi
ライフオーディオサウンド・システムdacカテゴリベスト・バイシンジケートローンフィリップスcreation円安ドル高
事業単位flexioemライフミニコンポ心の琴線に触れるホームデジタルoem
marketingハイレゾティアックオンキヨーソリューションズelectronicsiphoneライフonkyoライフホームファイブ
デジタルデジタルmoneualfidapsesomethingdapバンクhi
electronicsオンキヨーディベロップメント電話機オーディオホームイヤバンクオンキヨカスタム
ミニコンポmarketingbluetoothhiバンクバンクtxシンジケートローンvalueライフ
flexi音源ティアックローンデジタル日常生活レシーバオンキヨ心の琴線に触れるシンジケート
ティアックオンキヨーソリューションズelectronicselectronicsシンジケートローンtfフォンvalue電子ピアノプリメインアンプ
パイオニアイノベーションズホーム中電アンプ心の琴線に触れるデジタルfi心の琴線に触れるonkyowhat
moneualシンジケート国光e-onkyo music後発シンジケートローンdx後発somethingデジタル
オンキヨーディベロップメントflexi中山福ピュアオーディオsomething心の琴線に触れるmjsomethinggibsonスター
年度or届出書
四半期or半期

(20170629)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

オンキヨーの類似企業へ

オンキヨーの業績推移

オンキヨーの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社21社(うち連結子会社20社)で構成されており、自動車電装機器及び民生・業務機器に使用される小型モーターの製造・販売を主な事業とし、これに付帯する事業を営んでおります。主要製品の用途は、次のとおりであります。当社は「日本」セグメント、マブチモーターアメリカコーポレーション(アメリカマブチ)及びマブチモーターメキシコエスエーデシーブイ(メキシコマブチ)は「アメリカ」セグメント、マブチモーターヨーロッパゲーエムベーハー(ヨーロッパマブチ)は「ヨーロッパ」セグメント、その他の関係会社は「アジア」セグメントに属しております。関係会社へ部品及び生産...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び当社の子会社79社(国内20社、海外59社)、並びに関連会社8社(国内7社、海外1社)により構成され、オートモーティブ分野関連、パブリックサービス分野関連、メディアサービス分野関連の製造・販売を主要な事業とし、かつ、これに付帯する事業を営んでいます。JVCKENWOOD Electronics Malaysia Sdn. Bhd.PT.JVC Electronics IndonesiaJVCKENWOOD Optical Electronics (Thailand) Co., Ltd.Shanghai Kenwood Electronics Co., Ltd.JVCKE...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(帝国通信工業株式会社)及び子会社19社、関連会社1社により構成されており、抵抗器、前面操作ブロック(ICB)、スイッチなどの電子部品の製造販売を主要事業とし、その他機械・設備等の製造販売を行っております。なお、次の部門は、「第5経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。国内生産は、当社及び当社の生産体制と一体となっている国内子会社が行っております。海外生産は、タイ、インドネシア、中国、ベトナムで海外子会社が行っております。国内販売は、概ね当社が行っております。海外販売は東南アジア、北...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”パイオニア株式会社(以下「当社」という。)は、当社および当社の関係会社(以下「当社グループ」という。)の事業を、「カーエレクトロニクス」および「その他」に区分しています。当社グループの各事業の生産販売体制につきましては、生産に関しては当社および当社の生産体制と一体となった国内外の製造子会社が行う体制をとっています。また、販売に関しては、概ね販売子会社が行う体制をとっていますが、一部地域の顧客に対しては、当社が直接販売しています。なお、「第5 経理の状況 1 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。Pioneer Automotive Technologies, Inc...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社及び子会社27社により構成されており、その事業内容は、電子機器及び電子部品等の製造販売であり、当グループの事業に係わる位置づけは次のとおりです。高度技術製品、高付加価値製品の生産等を目的として、市販製品を扱う部門である〔フォステクス カンパニー〕が「音響部品・製品」の生産を行っています。生産コスト面の有利性と現地市場の販路拡大等のため、次のとおり海外展開を図っており、当連結会計年度末現在、子会社14社が生産を行っています。中国・香港・韓国地域:フォスター エレクトリックCo.,(ホンコン)Ltd.が中国の製造委託先である広州市番禺区旧水坑豊達電機廠において、「音響部品・製品」...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社(株式会社日立製作所)、子会社21社、関連会社3社及び共同支配企業1社より構成され、日本、米州、欧州、アジア・豪州のセグメントにおいて、主として、車載情報機器、車載音響機器、自動車向けクラウド情報ネットワークサービス、セーフティアンドインフォメーション事業等の製品の開発、生産、販売及びサービスの提供を行っております。なお、各セグメントに属する会社並びに製品及びサービスとの関連は以下のとおりであります。Clarion Canada Inc.Clarion do Brasil Ltda.Electronica Clarion, S.A. de C.V.Ultra Ind...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社13社により構成されており、音響機器、情報機器の開発及び製造販売を主たる事業として行っております。ティアック アメリカ,INC.ティアック UK LTD.ティアック オーディオ(チャイナ)CO., LTD.東莞ティアック エレクトロニクス CO., LTD.ティアック セールス アンド トレーディング(深セン)CO., LTD.以上の企業集団等について図示すると次のとおりであります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、親会社、子会社38社及び関連会社6社より構成され、自動車用音響機器及び情報・通信機器の製造販売を主な事業とし、かつ、これに附帯する事業を営んでいます。当社の親会社はアルプス電気株式会社であり、当社は同社から音響機器及び情報・通信機器用の部品・製品を仕入れています。生産は、国内では生産会社3社が担当し、海外では主として欧州のALPINE ELECTRONI MANUFACTURING OF EUROPE, LTD.、中国のDALIAN ALPINE ELECTRONI CO., LTD.のほかアジア及び北米の生産会社が担当して”...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、ASTI株式会社(当社)及び子会社5社により構成されており、その主な事業は、車載電装品、ホームエレクトロニクス、通信・制御機器の製造販売であります。 なお、次の部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) 車載電装品 主要な製品は、各種電子制御ユニット、エアコン制御システム、車載・船舶用ワイヤーハーネス等であり、当社のほか、子会社のASTI ELECTRONI INDIA PRIVATE LIMITED、ASTI ELECTRONI HANOI CORPORATIO”...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(澤藤電機株式会社)及び子会社4社により構成されており、当社は、その他の関係会社(日野自動車株式会社)の事業の用に供される製品の一部を製造し、それをその他の関係会社へ納入しております。当社は、この関連の電装品(主な製品名、ディーゼルトラック・バス用電装品)の他、発電機(主な製品名、可搬式発動発電機)及び冷蔵庫(主な製品名、車輌用/船舶用電気冷蔵庫)の開発、製造、販売を主たる業務としております。子会社4社は、当社の事業に係わる事業を主に行っております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社並びにグループ各社(以下、当社グループ)は、当社、連結子会社38社及び持分法適用関連会社3社で構成され、自動車機器製品、コンポーネンツ製品、電子応用製品の製造販売を主な内容とし、さらに各事業に関連するサービス等の事業活動を展開しております。国内関係会社は、主として当社の生産体制と一体となって、当社取扱製品の一部の製造を担当し、当社へ納入しております。海外関係会社は、当社得意先の海外進出への対応並びに現地市場の販路拡大等のため当社取扱製品の製造販売を行っております。Stanley Electric U.S. Co., Inc.I I Stanley Co., Inc.Stanley Elec...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当連結会計年度において、当社グループが営む事業の内容に重要な変更はありません。なお、当連結会計年度において、有信制造(無錫)有限公司を設立しましたが、同社の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、連結の範囲及び持分法適用の範囲から除外しております。当社グループは、当社、子会社30社及び関連会社1社の合計32社で構成され、各社が3つの事業セグメントに属する自動車部品、産業機械用部品、住宅機器用部品(ビル・住宅用錠前その他)の開発・生産・販売といった事業活動を行っております。この...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、スイッチ類、シートベルト、キーロック、シフトレバー等、自動車用部品の専門メーカーであり、国内においては当社、連結子会社10社及び持分法適用関連会社2社が、海外においては各地に設立した連結子会社28社及び持分法適用関連会社3社、持分法非適用関連会社1社が、それぞれ生産・販売を担当しております。日本 ...恵那東海理化(株)、エヌ・エス・ケイ(株)、(株)サン電材社、東海理化エレテック(株)、北米 ...TRAM(株)、TACマニュファクチャリング(株)、TRIN(株)、TRMI(株)、TRQSS(株)、トウカイリカメキシコ(株)、アジア...理嘉工業(株)、佛山東海理化汽車部件(...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/31

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(レシップホールディングス株式会社)及び関係会社(連結子会社8社及び非連結子会社2社)により構成されており、輸送機器事業、産業機器事業、その他の事業に分類される製品の製造・販売・保守を主たる事業としております。当社は特定上場会社等であります。当事業の主要製品はバス用ICカードシステム、運賃箱、LED式行先表示器、車載用液晶表示器OBC-VISION、TMS(運行管理システム)を中心としたバス市場向け製品、及び列車用ワンマン機器、列車用蛍光灯具を中心とした鉄道市場向け製品、並びに自動車用室内蛍光灯具、同荷室用蛍光灯具を中心とした自動車市場向け製品に分類されます。主な製品及び特...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社15社及び関連会社1社で構成され、自動車用の機構製品及び電装製品の製造販売を主な内容とし、更にワイヤーハーネス、福祉機器の製造販売等にも事業活動を展開しております。なお、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。シートアジャスタ.........当社が製造販売するほか、イマセン フィリピン マニュファクチュアリング コーポレーション、イマセン ビュサイラス テクノロジー インク、広州今仙電機有限公司、イマセン マニュファクチュアリング(タイランド)カンパニー リミテッド、...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは当社(提出会社)と親会社、子会社8社で構成されており、エンジンバルブ、バルブシート、コッタ、ローテータ、リテーナ、機械等の製造、販売を主な内容としており、さらにそれらに関連する物流その他のサービス活動を展開しております。当社および当社の関係会社の事業は次のとおりであります。当社と子会社である富士气門(広東)有限公司、PT. FUJI OOZX INDONESIA、FUJI OOZX MEXICO, S.A. DE C.V. はエンジンバルブ等の製品の製造、販売を行い、子会社であるオーゼックステクノ株式会社は金型等の製造および当社の生産工程に付帯する業務を行い、子会社であるフジホロ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社37社により構成されており、業務用カラオケ機器の販売、賃貸及び通信カラオケへの音源・映像コンテンツの提供、カラオケルーム及び飲食店舗の運営並びに音楽・映像ソフトの制作、販売を主たる業務としております。なお、次の区分はセグメントの区分と同一であります。...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-09-30)

(2011-09-30) 売上高3年連続マイナス成長営業利益4年連続赤字,プラス成長に回復経常利益4年連続赤字,プラス成長に回復当期純利益4年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2010-09-30)

(2010-09-30) 売上高2年連続マイナス成長営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

オンキヨーの同業他社をもっと見る

オンキヨーの関連統計

統計分類検索へ

オンキヨーの基本情報

企業名 オンキヨー株式会社
カナ オンキヨーカブシキガイシャ
英語名 ONKYO CORPORATION
業種 電気機器
所在地 寝屋川市日新町2番1号
ホームページ http://www.jp.onkyo.com/
EDINET E24562
証券コード 6628
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6628)
決算日 03月31日