比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績赤字あり (2017-06-30)

2017/08/10

JVCケンウッドの最新業績

JVCケンウッドの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からJVCケンウッドの事業内容についても確認できます。 注意:JVCケンウッドの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-5.3

2017-03-31:-7.69

2016-12-31:-8.58

2016-09-30:-9.43

売上高

2017-06-30:692億9800万

2016-06-30:656億9900万

2015-06-30:672億8300万

2014-06-30:665億0200万

売上総利益

2017-06-30:175億9200万

2016-06-30:171億1500万

2015-06-30:186億3400万

2014-06-30:197億1200万

営業利益

2017-06-30:-2億6100万

2016-06-30:-13億0000万

2015-06-30:-10億3100万

2014-06-30:3億8600万

経常利益

2017-06-30:-3億0000万

2016-06-30:-14億0600万

2015-06-30:-15億6900万

2014-06-30:300万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:-11億9500万

2016-06-30:-26億7600万

2015-06-30:-22億6900万

2014-06-30:-26億0700万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:-1億7400万

2016-06-30:-92億6600万

2015-06-30:-9400万

2014-06-30:-25億1900万

営業CF

2017-06-30:53億3600万

2016-06-30:2億0600万

2015-06-30:35億0900万

2014-06-30:-1億0500万

投資CF

2017-06-30:-24億6200万

2016-06-30:-33億4300万

2015-06-30:-46億2200万

2014-06-30:-21億5600万

財務CF

2017-06-30:-2億9200万

2016-06-30:-16億4500万

2015-06-30:-96億7600万

2014-06-30:-44億0100万

総資産

2017-06-30:2600億8300万

2016-06-30:2387億5200万

2015-06-30:2773億1700万

2014-06-30:2479億1700万

流動資産

2017-06-30:1499億5500万

2016-06-30:1354億8300万

2015-06-30:1527億1700万

2014-06-30:1427億5500万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-06-30:435億8900万

2016-06-30:345億1600万

2015-06-30:443億8800万

2014-06-30:477億4000万

現金及び預金

2017-06-30:443億0800万

2016-06-30:356億1600万

2015-06-30:450億2800万

2014-06-30:482億0800万

固定資産

2017-06-30:1101億2700万

2016-06-30:1032億6900万

2015-06-30:1242億9400万

2014-06-30:1051億4400万

負債

2017-06-30:1996億2400万

2016-06-30:1912億1300万

2015-06-30:1996億8700万

2014-06-30:1909億4600万

流動負債

2017-06-30:904億8200万

2016-06-30:937億0300万

2015-06-30:1382億4900万

2014-06-30:877億1100万

固定負債

2017-06-30:1091億4100万

2016-06-30:975億1000万

2015-06-30:614億3800万

2014-06-30:1032億3500万

もっと見る

純資産

2017-06-30:604億5800万

2016-06-30:475億3900万

2015-06-30:773億2400万

2014-06-30:569億7100万

従業員数

2017-03-31:1万8051

2016-03-31:1万7884

2015-03-31:1万7668

2014-03-31:1万9791

臨時従業員数(外)

2017-03-31:3706

2016-03-31:3156

2015-03-31:3097

2014-03-31:3324

売上総利益率

2017-06-30:25.4

2016-06-30:26.1

2015-06-30:27.7

2014-06-30:29.6

売上営業利益率

2017-06-30:-0.4

2016-06-30:-2

2015-06-30:-1.5

2014-06-30:0.6

売上経常利益率

2017-06-30:-0.4

2016-06-30:-2.1

2015-06-30:-2.3

2014-06-30:0

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:-1.7

2016-06-30:-4.1

2015-06-30:-3.4

2014-06-30:-3.9

ROA

2017-06-30:-2

2016-06-30:-4.4

2015-06-30:-3.2

2014-06-30:-4.4

ROE

2017-06-30:-8

2016-06-30:-22.4

2015-06-30:-11.6

2014-06-30:-18.4

自己資本比率

2017-06-30:23.2

2016-06-30:19.9

2015-06-30:27.9

2014-06-30:23

流動比率

2017-06-30:165.7

2016-06-30:144.6

2015-06-30:110.5

2014-06-30:162.8

固定比率

2017-06-30:182.2

2016-06-30:217.2

2015-06-30:160.7

2014-06-30:184.6

業績ランキングは

2726

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

JVCケンウッドの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
JVCケンウッド

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2017/01/31(年度)2016/06/24(年度)2015/06/19(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/09(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)
kenwoodjvckenwoodkenwoodmotivejkpijkpiパブリックテイチクテイチク
jvckenwoodjvcjvcパブリックjvcケンウッドパブリックjkpijvcjkcm
jvcケンウッドカーエレクトロニクスセグメントjvcケンウッドjvcケンウッドオートmotivemotivemotiveパブリックパブリック
パブリックプロフェッショナルシステムセグメントテイチクカーエレクトロニクスセグメント無線パブリックディーラシンワシンワmotive
motiveシンワパブリックプロフェッショナルシステムセグメントビデオカメラadasドライブレコーダjvcケンウッドjkcmシンワ
ケネックスjvcケンウッドmotiveシングルoemディーラオートエンタテインメントmotiveオート
jkpiテイチクオーディオアルバムメディアドライブレコーダシンワオートjkusajvc
electronicsジオビットビデオカメラオーディオ赤字cmosイメージセンサー無線オート無線
ビデオカメラjaiオートefjtエンタテインメントオートビデオカメラkenwoodav
オートefjtelectronicsビデオカメラネットデットシンワjvcケンウッドディーラ無線クリエイティブメディア
クリエイティブメディアビクタプロフェッショナルシステムセグメントjaijvcケンウッド無線naviオーディオナビゲーションシステム
ドライブレコーダオーディオカーエレクトロニクスセグメントsaikou目刺し無線naviビデオカメラクリエイティブメディアディーラ
エンタテインメントテイチクエンタテインメントエンターテインメントジオビットユーロエンタテインメントエンタテインメントドライブレコーダエンターテインメントオーディオ
ディーラパブリックavelectronicsドライブレコーダnaviオプションメディア無担保社債エンターテインメント
オーディオネットデットカービクタ為替レートオプションメディアzetronメディアカー
無線ケンウッドシンワbdビデオカメラoemオプションカー無担保社債
アルバムナビゲーションシステムavずれoemjkcmネットデットプロフェッショナルメディア
avシングル無線カーavメディアzetronクリエイティブメディアケンウッドオプション
naviビデオカメラプロフェッショナルtournavijkcmネットデットcdav
バルバーニjkcmプロジェクタプロフェッショナルオーディオネットデットクリエイティブメディアdvdエクシングプロフェッショナル
ナビゲーションシステムナビゲーションシステム光学光学投融資クリエイティブメディアcdoemefjtケンウッド
メディアzetronメディアエンターテインメント振替cddvdjohnsonディーラエクシング
industriesmotive無担保社債テイチクエンタテインメントコンテンツdvdjohnson借方プロフェッショナルシステムセグメントefjt
オプションjohnsonソフトcrazyアクセサリ借方借方パッケージメディアカーエレクトロニクスセグメントプロフェッショナルシステムセグメント
ビクタクリエイティブメディアindustriesシンワ金融機関パッケージメディアパッケージメディアカーnew jerseyカーエレクトロニクスセグメント
jkcm東京特殊電線エレクトロニクスナビゲーションシステムプリンタコンテンツメカ会計処理テイチクエンタテインメントnavi
zetronavケネックスコミュニケーションズ有利子メカナビゲーションシステムメカ光学テイチクエンタテインメント
limitedstardust revue医用いのちシステムナビゲーションシステムユーロナビゲーションシステムネットデット光学
technologiesjkpiビクタイメージングホームユーロ為替レートユーロ無担保ネットデット
logiesエンターテインメントefjtcreation資金調達為替レートblu-ray為替レートjvcケンウッドアクセサリ
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

JVCケンウッドの類似企業へ

JVCケンウッドの業績推移

JVCケンウッドの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社21社(うち連結子会社20社)で構成されており、自動車電装機器及び民生・業務機器に使用される小型モーターの製造・販売を主な事業とし、これに付帯する事業を営んでおります。主要製品の用途は、次のとおりであります。当社は「日本」セグメント、マブチモーターアメリカコーポレーション(アメリカマブチ)及びマブチモーターメキシコエスエーデシーブイ(メキシコマブチ)は「アメリカ」セグメント、マブチモーターヨーロッパゲーエムベーハー(ヨーロッパマブチ)は「ヨーロッパ」セグメント、その他の関係会社は「アジア」セグメントに属しております。関係会社へ部品及び生産...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社14社および関連会社6社により構成されており、AV事業、OEM事業およびデジタルライフ事業を主たる事業としております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。ONKYO ASIA ELECTRONI SDN. BHD.Pioneer & Onkyo U.S.A. CorporationPioneer & Onkyo Marketing Asia Ltd.S&O ELECTRONI (MALAYSIA) SDN. BHD.FLEXI ACOUSTI”...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(帝国通信工業株式会社)及び子会社19社、関連会社1社により構成されており、抵抗器、前面操作ブロック(ICB)、スイッチなどの電子部品の製造販売を主要事業とし、その他機械・設備等の製造販売を行っております。なお、次の部門は、「第5経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。国内生産は、当社及び当社の生産体制と一体となっている国内子会社が行っております。海外生産は、タイ、インドネシア、中国、ベトナムで海外子会社が行っております。国内販売は、概ね当社が行っております。海外販売は東南アジア、北...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”パイオニア株式会社(以下「当社」という。)は、当社および当社の関係会社(以下「当社グループ」という。)の事業を、「カーエレクトロニクス」および「その他」に区分しています。当社グループの各事業の生産販売体制につきましては、生産に関しては当社および当社の生産体制と一体となった国内外の製造子会社が行う体制をとっています。また、販売に関しては、概ね販売子会社が行う体制をとっていますが、一部地域の顧客に対しては、当社が直接販売しています。なお、「第5 経理の状況 1 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一です。Pioneer Automotive Technologies, Inc...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社鈴木)、子会社5社により構成され、金型、部品、機械器具の製造・販売を主たる業務としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)金型..................主要な製品は精密プレス金型、精密モールド金型であります。当社が製造・販売をしておりますほか、鈴木東新電子(中山)有限公司、PT.GLOBAL TEKNINDO BERKATAMAが製造・販売、鈴木東新電子(香港)有限公司が販売をしております。(2)部品..............(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業集団は、当社及び子会社27社により構成されており、その事業内容は、電子機器及び電子部品等の製造販売であり、当グループの事業に係わる位置づけは次のとおりです。高度技術製品、高付加価値製品の生産等を目的として、市販製品を扱う部門である〔フォステクス カンパニー〕が「音響部品・製品」の生産を行っています。生産コスト面の有利性と現地市場の販路拡大等のため、次のとおり海外展開を図っており、当連結会計年度末現在、子会社14社が生産を行っています。中国・香港・韓国地域:フォスター エレクトリックCo.,(ホンコン)Ltd.が中国の製造委託先である広州市番禺区旧水坑豊達電機廠において、「音響部品・製品」...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、親会社(株式会社日立製作所)、子会社21社、関連会社3社及び共同支配企業1社より構成され、日本、米州、欧州、アジア・豪州のセグメントにおいて、主として、車載情報機器、車載音響機器、自動車向けクラウド情報ネットワークサービス、セーフティアンドインフォメーション事業等の製品の開発、生産、販売及びサービスの提供を行っております。なお、各セグメントに属する会社並びに製品及びサービスとの関連は以下のとおりであります。Clarion Canada Inc.Clarion do Brasil Ltda.Electronica Clarion, S.A. de C.V.Ultra Ind...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(連結財務諸表提出会社)及び連結子会社19社で構成され、各種電子機器(車載通信機器、回路検査用コネクタ、無線通信機器)の製造販売を行っております。株式会社ヨコオは各種電子機器(車載通信機器、回路検査用コネクタ、無線通信機器)の一部製品の原材料部品を国内及び海外製造子会社に供給し、完成品及び部品として仕入れ、顧客に販売しております。また一部製品は販売子会社に供給しております。国内製造子会社2社は、株式会社ヨコオより部品、材料の支給を受けて各種電子機器(車載通信機器、回路検査用コネクタ、無線通信機器)の製品及び部品を生産し、株式会社ヨコオに供給しておりま...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社および子会社24社の計25社で構成されており、音響機器とセキュリティ機器の2つを中心に製造、販売およびこれらに関連する事業を営んでおります。セグメントは所在地別に日本セグメント、アメリカセグメント、欧州・中東・アフリカセグメント、アジア・パシフィックセグメント、中国・東アジアセグメントの5つの区分で構成されております。当セグメントにおいては、主に当社が企画・開発を行った製品について、アコース(株)において音響機器、タケックス(株)においてセキュリティ機器の製造を行っており、当社およびTOAエンジニアリング(株)が製品の販売を行っております。TOAエンジニアリング(株)および...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、親会社、子会社38社及び関連会社6社より構成され、自動車用音響機器及び情報・通信機器の製造販売を主な事業とし、かつ、これに附帯する事業を営んでいます。当社の親会社はアルプス電気株式会社であり、当社は同社から音響機器及び情報・通信機器用の部品・製品を仕入れています。生産は、国内では生産会社3社が担当し、海外では主として欧州のALPINE ELECTRONI MANUFACTURING OF EUROPE, LTD.、中国のDALIAN ALPINE ELECTRONI CO., LTD.のほかアジア及び北米の生産会社が担当して”...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、ASTI株式会社(当社)及び子会社5社により構成されており、その主な事業は、車載電装品、ホームエレクトロニクス、通信・制御機器の製造販売であります。 なお、次の部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) 車載電装品 主要な製品は、各種電子制御ユニット、エアコン制御システム、車載・船舶用ワイヤーハーネス等であり、当社のほか、子会社のASTI ELECTRONI INDIA PRIVATE LIMITED、ASTI ELECTRONI HANOI CORPORATIO”...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(澤藤電機株式会社)及び子会社4社により構成されており、当社は、その他の関係会社(日野自動車株式会社)の事業の用に供される製品の一部を製造し、それをその他の関係会社へ納入しております。当社は、この関連の電装品(主な製品名、ディーゼルトラック・バス用電装品)の他、発電機(主な製品名、可搬式発動発電機)及び冷蔵庫(主な製品名、車輌用/船舶用電気冷蔵庫)の開発、製造、販売を主たる業務としております。子会社4社は、当社の事業に係わる事業を主に行っております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社、子会社12社、関連会社1社及びその他の関係会社1社)においては、自動車関連機器、通信関連機器、その他に関係する事業を営んでおります。HARADA Asia-Pacific Ltd.HARADA AUTOMOTIVE ANTENNA (PHILIPPINES), INC.GIS JEVDAX PTE LTD.HARADA INDUSTRY OF AMERICA, INC.HARADA INDUSTRIES (MEXICO), S.A. DE C.V.上記区分事業は、「第5経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(千代田インテグレ株式会社)及び子会社(22社)により構成されております。なお、次の4区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社は、OA機器、AV機器、通信機器、自動車などの各製品の機構部品、機能部品を製造し、主として国内電気メーカーへ販売するとともに、子会社へ当社グループ製品の原材料等を販売し、CHIYODA INTEGRE CO.(S)PTE.LTD.、CHIYODA INTEGRE CO.(M)SDN.BHD.、CHIYODA INTEGRE CO.(JOHOR)...(20170329に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社並びにグループ各社(以下、当社グループ)は、当社、連結子会社38社及び持分法適用関連会社3社で構成され、自動車機器製品、コンポーネンツ製品、電子応用製品の製造販売を主な内容とし、さらに各事業に関連するサービス等の事業活動を展開しております。国内関係会社は、主として当社の生産体制と一体となって、当社取扱製品の一部の製造を担当し、当社へ納入しております。海外関係会社は、当社得意先の海外進出への対応並びに現地市場の販路拡大等のため当社取扱製品の製造販売を行っております。Stanley Electric U.S. Co., Inc.I I Stanley Co., Inc.Stanley Elec...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-05-31)

(2017-05-31) ”当連結会計年度において、当社グループが営む事業の内容に重要な変更はありません。なお、当連結会計年度において、有信制造(無錫)有限公司を設立しましたが、同社の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、連結の範囲及び持分法適用の範囲から除外しております。当社グループは、当社、子会社30社及び関連会社1社の合計32社で構成され、各社が3つの事業セグメントに属する自動車部品、産業機械用部品、住宅機器用部品(ビル・住宅用錠前その他)の開発・生産・販売といった事業活動を行っております。この...(20170224に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/07/17

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(レシップホールディングス株式会社)及び関係会社(連結子会社8社及び非連結子会社2社)により構成されており、輸送機器事業、産業機器事業、その他の事業に分類される製品の製造・販売・保守を主たる事業としております。当社は特定上場会社等であります。当事業の主要製品はバス用ICカードシステム、運賃箱、LED式行先表示器、車載用液晶表示器OBC-VISION、TMS(運行管理システム)を中心としたバス市場向け製品、及び列車用ワンマン機器、列車用蛍光灯具を中心とした鉄道市場向け製品、並びに自動車用室内蛍光灯具、同荷室用蛍光灯具を中心とした自動車市場向け製品に分類されます。主な製品及び特...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社15社及び関連会社1社で構成され、自動車用の機構製品及び電装製品の製造販売を主な内容とし、更にワイヤーハーネス、福祉機器の製造販売等にも事業活動を展開しております。なお、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。シートアジャスタ.........当社が製造販売するほか、イマセン フィリピン マニュファクチュアリング コーポレーション、イマセン ビュサイラス テクノロジー インク、広州今仙電機有限公司、イマセン マニュファクチュアリング(タイランド)カンパニー リミテッド、...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高4年連続マイナス成長営業利益黒字へ回復,プラス成長に回復経常利益黒字へ回復,2年連続プラス成長当期純利益黒字へ回復,プラス成長に回復

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2009-03-31)

(2009-03-31) 営業利益赤字へ転落経常利益2年連続赤字当期純利益2年連続赤字

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

JVCケンウッドの同業他社をもっと見る

JVCケンウッドの関連統計

統計分類検索へ

JVCケンウッドの基本情報

企業名 株式会社JVCケンウッド
カナ カブシキカイシャジェイブイシーケンウッド
英語名 JVC KENWOOD Corporation
業種 電気機器
所在地 横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
ホームページ http://www.jvckenwood.com/
EDINET E21320
証券コード 6632
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6632)
決算日 03月31日