比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

オムロンの最新業績

オムロンの最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部からオムロンの事業内容についても確認できます。 注意:オムロンの業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(米国基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:3.58

2017-03-31:2.03

2016-12-31:2.11

2016-09-30:2.49

売上高

2017-06-30:2034億0900万

2016-06-30:1845億4900万

2015-06-30:2053億9400万

2014-06-30:1972億1900万

営業利益

2017-06-30:226億0400万

2016-06-30:97億9400万

2015-06-30:163億6000万

2014-06-30:198億1400万

税引前当期純利益

2017-06-30:217億6800万

2016-06-30:121億1800万

2015-06-30:169億1200万

2014-06-30:214億0700万

当社株主に帰属する純利益又は純損失(△)

2017-06-30:155億1900万

2016-06-30:79億2800万

2015-06-30:126億6500万

2014-06-30:154億9300万

包括利益

2017-06-30:215億5700万

2016-06-30:-201億5700万

2015-06-30:219億6300万

2014-06-30:72億2500万

もっと見る

営業CF

2017-06-30:154億2800万

2016-06-30:139億5600万

2015-06-30:154億9200万

2014-06-30:214億5700万

投資CF

2017-06-30:-53億8900万

2016-06-30:9億1200万

2015-06-30:-76億5100万

2014-06-30:-25億8400万

財務CF

2017-06-30:-74億9300万

2016-06-30:-75億1400万

2015-06-30:-90億8200万

2014-06-30:-66億2400万

総資産額

2017-06-30:6955億2800万

2016-06-30:6368億8500万

2015-06-30:7115億2800万

2014-06-30:6430億4100万

現金及び現金同等物

2017-06-30:1305億4200万

2016-06-30:827億7500万

2015-06-30:1030億7000万

2014-06-30:1019億5700万

現金及び現金同等物

2017-03-31:1260億2600万

2016-03-31:829億1000万

2015-03-31:1026億2200万

2014-03-31:902億5100万

もっと見る

純資産

2017-06-30:4904億8000万

2016-06-30:4247億6200万

2015-06-30:5115億1300万

2014-06-30:4376億5500万

従業員数

2017-03-31:3万6008

2016-03-31:3万7709

2015-03-31:3万7572

2014-03-31:3万6842

売上営業利益率

2017-06-30:11.1

2016-06-30:5.3

2015-06-30:8

2014-06-30:10

売上純利益率

2017-06-30:7.6

2016-06-30:4.3

2015-06-30:6.2

2014-06-30:7.9

ROA

2017-06-30:8.8

2016-06-30:4.8

2015-06-30:7.2

2014-06-30:9.6

ROE

2017-06-30:12.8

2016-06-30:7.6

2015-06-30:10

2014-06-30:14

もっと見る

自己資本比率

2017-06-30:70.5

2016-06-30:66.7

2015-06-30:71.9

2014-06-30:68.1

業績ランキングは

1996

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

オムロンの事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
オムロン

キーワードの推移
2017/06/23(年度)2016/06/24(年度)2015/06/24(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/10(四半期)2016/11/11(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/07(四半期)
オムロンオムロンオムロン血圧計コンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネス
オムロンヘルスケアオムロンヘルスケアオムロンヘルスケアソーシアルシステムズ直轄事業直轄事業直轄事業直轄事業直轄事業インダストリアルオートメーションビジネス
コンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネスコンポーネンツビジネス血圧計血圧計血圧計オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスインダストリアルオートメーションビジネス直轄事業
オムロンプレシジョンテクノロジオムロンプレシジョンテクノロジソーシアルシステムズインダストリアルオートメーションビジネス血圧血圧血圧メカニカルコンポーネンツビジネスオートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスearth
オムロンオートモーティブエレクトロニクスオムロンオートモーティブエレクトロニクスインダストリアルオートメーションビジネス直轄事業オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスオートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスオートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスインダストリアルオートメーションビジネスメカニカルコンポーネンツビジネスオートメーション
iabhcbオムロンオートモーティブエレクトロニクス血圧ソーシアルシステムズソーシアルシステムズソーシアルシステムズメカニカルメカニカルインダストリアル
プレシジョンテクノロジiabオムロンプレシジョンテクノロジオートメーションメカニカルコンポーネンツビジネスメカニカルコンポーネンツビジネスメカニカルコンポーネンツビジネスオートメーションオートメーションaccelerate
コンポーネンツプレシジョンテクノロジオートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスインダストリアルインダストリアルオートメーションビジネスインダストリアルオートメーションビジネスインダストリアルオートメーションビジネスインダストリアルインダストリアル軽自動車
オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスaecメカニカルコンポーネンツビジネスネブライザマイナスmicrophonemicrophone軽自動車軽自動車オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネス
インダストリアルオートメーションビジネスインダストリアルオートメーションビジネスオートメーションオートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスmicrophoneマイナスマイナスネブライザネブライザソーシアルシステムズ
ソーシアルシステムズオートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネスmotiveメカニカルコンポーネンツビジネス道路管理道路管理道路管理ソーシアルシステムズソーシアルシステムズメカニカルコンポーネンツビジネス
メカニカルコンポーネンツビジネスソーシアルシステムズプレシジョンテクノロジmicrophone交通管理交通管理交通管理motivemotivemicrophone
motiveメカニカルコンポーネンツビジネスコンポーネンツ自動二輪道路電子部品駅務機器microphonemicrophone
hcb直轄事業hcbチャネル駅務機器駅務機器医療機器ヘルスケア
オムロンソフトウェアmotiveオムロンソフトウェアオムロン医療機器医療機器ヘルスケアヘルスケア道路管理
オートメーションコンポーネンツiabオンライン幹線道路自動車販売電子部品電子部品交通管理
オートオムロンソフトウェアメカニカルvg自動車販売無停電電源装置道路管理道路管理電子部品
aecオートメーションインダストリアル自動車販売無停電電源装置電子部品オートオート駅務機器
メカニカルオートオート幹線道路無停電電源装置メカニカルメカニカル交通管理交通管理血圧計
インダストリアルメカニカルaec自動車販売円高バックライトバックライト駅務機器駅務機器無停電電源装置
エレクトロニクスインダストリアルオペレーティング無停電電源装置デジタル電子機器電子機器血圧計血圧計メカニカル
オペレーティングエレクトロニクスバックライトメカニカルメカニカル円高日本製無停電電源装置無停電電源装置バックライト
アデプトオペレーティングearth駅構内バックライトオンラインオートメーション医療機関医療機関電子機器
オムロンアデプトテクノロジプレシジョンテクノロジーコリアroicバックライト電子機器日本製円高バックライトバックライト道路
emcオムロンプレシジョンテクノロジーコリアエレクトロニクス電子機器オンラインオートメーション道路電子機器電子機器医療機器
バックライトemcプレシジョンテックコリアコネクトユーロ道路ヘルスケア道路道路受け手
コンポーネントバックライトオムロンビトロンコンポーネンツオートモーティブsingオートメーションヘルスケアインダストリアル部品部品血圧
オムロンコンポーネンツオートモーティブコンポーネントオムロンプレシジョンテック道路ヘルスケアインダストリアル交通医療機器医療機器部品
コンポーネンツオートモーティブマニュファクチャリングベトナムプレシジョンテックヘルスケアインダストリアル交通家電量販店産業用ロボット血圧住宅着工件数
singオムロンコンポーネンツオートモーティブオムロンプレシジョンテックコリア医療機器家電量販店家電量販店家電血圧コントローラ中華
年度or届出書
四半期or半期

(20170623)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

オムロンの類似企業へ

オムロンの業績推移

オムロンの同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)においては、自動車関連事業、情報通信関連事業、エレクトロニクス関連事業、環境エネルギー関連事業、産業素材関連事業他の5部門にわたって、製品の開発、製造、販売、サービス等の事業活動を展開しております。...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社5社により構成されております。)の製造・販売、並びにそれらを使用して、顧客である自動車部品メーカーや空調・家電メーカー等が最終製品に取付けて温度測定や制御に利用出来る温度センサ(以下「センサ製品」と称します。)を製造・販売しております。当社グループの事業運営における各社の主な業務と役割は以下の通りであります。OHIZUMI MFG (THAILAND)CO.,LTD.当社グループがセンサ製品及びエレメント製品製造のために使用しているサーミスタは、大別すると、温度が上昇すると抵抗値が下降するNTCサーミスタ及び温度が上昇すると抵抗値が上昇するPTCサーミスタの2...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(第一精工株式会社)及び子会社19社により構成されており、電気・電子部品事業、自動車部品事業及び設備事業を主たる業務としております。なお、次の3事業(電気・電子部品事業、自動車部品事業及び設備事業)は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。主要な製品は、コネクタ及び同関連部品(細線同軸コネクタ・超小型RF同軸コネクタ等)及びエレクトロニクス機構部品(HDD用機構部品等)であります。コネクタ及び同関連部品の主要製品は細線同軸コネクタ・超小型RF同軸コネクタ等であり、ノートパソコン、スマートフォン及びデジタ...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、連結子会社41社(国内4社、海外37社)及び持分法適用関連会社1社で構成され、その主な事業内容は、制御機器製品、制御装置及びFAシステム製品、制御用周辺機器製品、防爆・防災関連機器製品、その他の製品の製造及び販売であります。製造については、当社及び海外子会社13社が行っております。販売については、日本市場へは当社及び国内グループ会社が、海外市場へは主にその地域の現地法人が行っております。現地法人は、それぞれが独立した経営単位として各地域に適した戦略を立案し事業戦略を展開しております。したがって、当社グループは、製造・販売体制を基礎とした地域別のセグメントを構成しております...(20170810に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、親会社、子会社14社で構成され、リレー等の電磁部品、コネクタ等の接続部品及びタッチパネル・キーボード等の入出力部品並びにその他電気応用機器の製造販売を主な内容としております。各事業部門における事業内容は以下のとおりであります。車載電装用リレー、パワーリレー、信号用リレー、ソリッドステートリレー、高速伝送用コネクタ、産業機器用角形コネクタ。タッチパネル、サーマルプリンタ、各種キーボード、無線モジュール、遠隔制御・KVM関連機器、直流高電圧給電システム用デバイス、複合入力製品。プレス・成形・基板実装などの生産受託サービス。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(santec株式会社)及び子会社3社により構成されており、光部品関連事業製品及び光測定器関連事業製品の開発、製造、販売を主たる業務としております。光通信システムにおける光通信機器向けの光部品を製造販売しております。SANTEC U.S.A. CORPORATIONSANTEC Europe Ltd.企業及び大学、研究機関向けに、光通信機器や光部品の評価装置及び検査装置を製造販売しております。加えて、光干渉断層画像装置を医療機器メーカー等向けに製造販売しております。パソコンの遠隔サポートを可能にするソフトウエア等の販売を行っております。...(20170622に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社鈴木)、子会社5社により構成され、金型、部品、機械器具の製造・販売を主たる業務としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)金型..................主要な製品は精密プレス金型、精密モールド金型であります。当社が製造・販売をしておりますほか、鈴木東新電子(中山)有限公司、PT.GLOBAL TEKNINDO BERKATAMAが製造・販売、鈴木東新電子(香港)有限公司が販売をしております。(2)部品..............(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社20社で構成され、主に多極コネクタ及び同軸コネクタならびにその他の電子部品等の製造販売を行っております。多極コネクタには、丸形コネクタ、角形コネクタ及びプリント配線板用コネクタ等があります。東北ヒロセ電機(株)、郡山ヒロセ電機(株)、一関ヒロセ電機(株)、台廣電子股份有限公司、廣瀬香港有限公司、広瀬電機(東莞)有限公司、広瀬電機(蘇州)有限公司、ヒロセエレクトリックマレーシアSdn.Bhd.、P.T.ヒロセエレクトリックインドネシア、ヒロセコリア(株)、威海広瀬電機有限公司ヒロセエレクトリック(U.S.A.),INC.、ヒロセエレクトリックヨーロッパB.V.、ヒロセ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(リオン株式会社)及び主たる子会社7社で構成され、医療機器及び環境機器の開発、製造、販売並びにサービスを事業内容としております。なお、詳細につきましては、「第一部 企業情報 第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しております。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社8社で構成されており、コネクタ等の一般電子部品の製造・販売、情報システムの開発・設計、運用などを行っています。また、パナソニック株式会社の持分法適用会社として、パナソニックグループのグローバルな販路を活用しています。主に通信インフラ、FA機器、民生機器、車載用途向けの電気コネクタおよび光コネクタの製造販売を行っています。それぞれの主要な製品、用途等は次のとおりです。当社子会社の安曇野本多通信工業株式会社が少量多品種のコネクタを、また、当社孫会社の深圳本多通信技術有限公司(中国)が車載用コネクタを中心とした中量品を製造し、当社および海外販社4社にて販売しています。ソフ...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-20)

(2017-06-20) ”当社の関係会社は、当社、連結子会社28社、非連結子会社1社及び関連会社1社(平成29年3月20日現在)により構成され、その主な事業内容は、電子応用機器の製造及び販売であります。当社が商品の開発、製造及び販売を行っているほか、キーエンスソフトウェア(株)は当社商品のソフトウェア開発、キーエンスエンジニアリング(株)は当社商品の製造を行っております。さらに北米・中南米ではKEYENCE CORPORATION OF AMERICAほか3社、欧州ではKEYENCE DEUTSCHLAND GmbHほか4社、アジアではKEYENCE(CHINA)CO.,LTD.ほか10社の子会社等を通じて販売を行って...(20170612に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社(イリソ電子工業株式会社)、連結子会社13社及び非連結子会社3社により構成され、オートモーティブ(車載)機器、デジタル機器、インダストリアル機器向けに、プリント基板接続用の基板対基板コネクタ(BtoBコネクタ) 、FPC基板(Flexible Printed Circuits)やFFCケーブル(Flexible Flat Cable)接続用のFPC/FFCコネクタ、機器間の信号接続用のインターフェイスコネクタといった多極コネクタの製造、開発及び販売を主要な内容とした事業活動をしております。基板対基板コネクタ(BtoBコネクタ)プリント基板の接続用に開...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と子会社3社で構成され、単一セグメントに属するコネクタ、ラック、ソケット等の製造・販売を主な事業の内容としております。コネクタ...............工業機器・画像機器等の電子・電気機器において、実装されたプリント基板間や機器内、機器間の電気的接続、切り離しのためのコネクタの製造・販売。ソケット...............ICをプリント基板に組み込むためのICソケットの製造・販売。ラック..................制御基板や周辺機器の収納をシステム化したラックの製造・販売。ハーネス...............コネクタとケーブルを接続したハーネスの製造・販売...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日本セラミック(株))と子会社合わせて12社により構成され、セラミックセンサ、フェライト、モジュール製品などの電子部品並びにその関連製品の研究開発及び製造販売を主たる事業として行っております。なお、当社グループは単一事業であるため、セグメント別の記載を省略しております。...(20170324に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び関係会社)は、当社(山一電機株式会社)、子会社16社及び関連会社1社により構成されており、半導体検査工程に使用されるIC(集積回路)ソケット製品や電子・電気機器向けコネクタ製品等の機構部品の製造販売を主たる業務としております。なお、次の3事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。当社が製造販売するほか、主に海外子会社プライコンマイクロエレクトロニクスINC.及び亜洲山一電機工業(株)が製造しており、海外子会社ヤマイチエレクトロニクスU.S.A.,INC.、ヤマイチエレクトロニクスシンガポールPTE...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び連結子会社)は、サーミスタ技術を中核とする半導体部品並びに、それらを応用した各種製品(温度センサ、湿度センサ、湿度計、温度制御器、温度記録計、風速計、湿度計測装置)の製造販売を主な事業としております。シバウラ エレクトロニクス アメリカ Corp....(20170704に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社26社、関連会社9社により構成されております。当社グループが営んでいる事業は、圧力計、圧力センサ、計測制御機器等の製造販売を主に、これらに附帯する事業及び応用製品等の製造販売を行っております。なお、次の3部門は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。Ashcroft-Nagano Keiki Holdings,Inc.Ashcroft Inc.Willy Instrumentos de Medicao e Controle Ltda.Ashcroft Instruments Singapor...(20170630に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当企業グループは当社、子会社11社及び関連会社3社で構成され、各種流量計、受信器・分析計及び流体制御装置などの計測機器等の製造・販売を主な事業の内容とし、さらに各事業に関連するメンテナンスを行うサービス部門(補修・部品)等の事業活動を展開しております。そのためセグメント別の記載に代えて事業部門別で記載しております。センサ部門.........工業用計測機器及び関連機器の製造・販売(株)山梨オーバル、(株)宮崎オーバル、OVAL TAIWAN CO.,LTD.、HEFEI OVAL INSTRUMENT CO.,LTD.、HEFEI OVAL INSTRUMENT SALES CO.,LTD.、...(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2013-09-30)

(2013-09-30) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益2年連続プラス成長,4年連続黒字

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社と国内子会社3社(東洋樹脂株式会社、東洋板金製造株式会社、東洋電機ファシリティーサービス株式会社)および在外子会社2社(南京華洋電気有限公司、Thai Toyo Electric Co.,Ltd.)により構成され、当社グループが営んでいる主な事業内容と各関係会社等の当該事業に係わる位置付けおよび事業の種類別セグメントとの関連は次のとおりです。当社が監視制御装置、配電盤、変圧器、センサおよび表示器の製造・販売を行っております。子会社 東洋板金製造(株)は、当社の配電盤、変圧器などの板金加工・組立を行っており、当社は製品・原材料などの販売および商品・原材料の仕入を行っております...(20170621に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

オムロンの同業他社をもっと見る

オムロンの関連統計

統計分類検索へ

オムロンの基本情報

企業名 オムロン株式会社
カナ オムロンカブシキガイシャ
英語名 OMRON CORPORATION
業種 電気機器
所在地 京都市下京区塩小路通堀川東入南不動堂町801番地
ホームページ http://www.omron.co.jp/
EDINET E01755
証券コード 6645
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6645)
決算日 03月31日