比較リスト

企業の業績比較ならSuik

業績 (2017-06-30)

2017/08/10

新電元工業の最新業績

新電元工業の最新の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、資産、資本、従業員数、利益率などの経営指標等)、事業内容、同業他社、関連統計を確認できます。また、EDINETに提出された有価証券報告書などの一部から新電元工業の事業内容についても確認できます。 注意:新電元工業の業績はすべて実際に提出された有価証券報告書、決算書などの財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)をもとに、決算日を3月31日として季節的変動を反映するように推定(業績の推定方法)しています。 企業ページについて 総合点について

(日本基準_連結_JPY)のデータから作成

総合点

2017-06-30:-7.05

2017-03-31:-8.59

2016-12-31:-10

2016-09-30:-8.05

売上高

2017-06-30:222億0800万

2016-06-30:222億8000万

2015-06-30:256億9000万

2014-06-30:255億9000万

売上総利益

2017-06-30:53億5300万

2016-06-30:40億1600万

2015-06-30:49億3800万

2014-06-30:56億2600万

営業利益

2017-06-30:22億9500万

2016-06-30:10億4500万

2015-06-30:16億5700万

2014-06-30:26億2100万

経常利益

2017-06-30:24億7600万

2016-06-30:5億7700万

2015-06-30:18億2600万

2014-06-30:26億0600万

親会社株主に帰属する当期純損益

2017-06-30:21億3500万

2016-06-30:4億3300万

2015-06-30:12億5300万

2014-06-30:13億5900万

もっと見る

包括利益

2017-06-30:15億1600万

2016-06-30:-17億2400万

2015-06-30:12億5000万

2014-06-30:14億1100万

営業CF

2017-03-31:77億8800万

2016-03-31:104億2000万

2015-03-31:90億2700万

2014-03-31:131億4500万

投資CF

2017-03-31:-35億6800万

2016-03-31:-58億8400万

2015-03-31:-62億8500万

2014-03-31:-51億5500万

財務CF

2017-03-31:-44億3000万

2016-03-31:-28億6400万

2015-03-31:-65億4000万

2014-03-31:-63億1900万

総資産

2017-06-30:1254億1200万

2016-06-30:1253億7000万

2015-06-30:1324億6300万

2014-06-30:1297億3600万

流動資産

2017-06-30:788億7900万

2016-06-30:792億0500万

2015-06-30:846億5300万

2014-06-30:853億5800万

もっと見る

現金及び現金同等物

2017-03-31:382億7100万

2016-03-31:389億0500万

2015-03-31:380億4700万

2014-03-31:398億0300万

現金及び預金

2017-06-30:308億6100万

2016-06-30:312億3700万

2015-06-30:332億7400万

2014-06-30:353億8000万

固定資産

2017-06-30:465億3300万

2016-06-30:461億6400万

2015-06-30:478億0900万

2014-06-30:443億7800万

負債

2017-06-30:711億7900万

2016-06-30:776億3500万

2015-06-30:755億7700万

2014-06-30:807億2400万

流動負債

2017-06-30:270億6500万

2016-06-30:312億7700万

2015-06-30:321億7500万

2014-06-30:376億0200万

固定負債

2017-06-30:441億1400万

2016-06-30:463億5700万

2015-06-30:434億0100万

2014-06-30:431億2100万

もっと見る

純資産

2017-06-30:542億3300万

2016-06-30:477億3400万

2015-06-30:568億8500万

2014-06-30:490億1200万

従業員数

2017-03-31:4689

2016-03-31:4786

2015-03-31:5274

2014-03-31:5255

臨時従業員数(外)

2017-03-31:1482

2016-03-31:1588

2015-03-31:1429

2014-03-31:1321

売上総利益率

2017-06-30:24.1

2016-06-30:18

2015-06-30:19.2

2014-06-30:22

売上営業利益率

2017-06-30:10.3

2016-06-30:4.7

2015-06-30:6.4

2014-06-30:10.2

売上経常利益率

2017-06-30:11.1

2016-06-30:2.6

2015-06-30:7.1

2014-06-30:10.2

もっと見る

売上純利益率

2017-06-30:9.6

2016-06-30:1.9

2015-06-30:4.9

2014-06-30:5.3

ROA

2017-06-30:6.8

2016-06-30:1.2

2015-06-30:3.6

2014-06-30:4

ROE

2017-06-30:15.6

2016-06-30:3.6

2015-06-30:8.8

2014-06-30:11.2

自己資本比率

2017-06-30:43.2

2016-06-30:38.1

2015-06-30:42.9

2014-06-30:37.8

流動比率

2017-06-30:291.4

2016-06-30:253.2

2015-06-30:263.1

2014-06-30:227

固定比率

2017-06-30:85.8

2016-06-30:96.7

2015-06-30:84

2014-06-30:90.5

業績ランキングは

2836

(3060社中 , 2017-06-30)

業績ランキングへ

統計項目で上昇したのは

274

(387個中 , 2017-05-31)

景気動向へ

新電元工業の事業内容

以下は提出書類から独自に設定したものです。

メインサブ
新電元工業

キーワードの推移
2017/06/30(年度)2016/06/30(年度)2015/06/29(年度)2017/08/10(四半期)2017/02/13(四半期)2016/11/14(四半期)2016/08/10(四半期)2016/02/12(四半期)2015/11/12(四半期)2015/08/07(四半期)
リミテッドリミテッドシンデンゲンリミテッドリミテッドリミテッド二輪車新エネルギーリミテッド
ナピーノスリーイリミテッド二輪車ナピーノナピーノナピーノ電装evスリーイ
シンデンゲンシンデンゲンスリーイ電装シンデンゲンシンデンゲンシンデンゲン新エネルギー二輪車ナピーノ
新エネルギーナピーノナピーノ新エネルギー電源電源電源phev電装ランプーン
電源電装ランプーンecuゲンゲンゲンphev電源
電装新エネルギー新エネルギーo&m電器電器電器電源ロジステック
電器ロジステック電源デバイス電装電装電装ecuecu電器
hvdc電源ロジステック固定価格買取制度hvdc新エネルギー新エネルギー充電器充電器新エネルギー
アストラホンダモータ電器ゲン太陽光発電新エネルギースリーイ秋田新電元コンディショナ環境対応車電装
スリーイhvdc電装スリーイ秋田新電元ランプーンモビリティマイナスコンディショナ
秋田新電元アストラホンダモータ電器ファイナンシャル秋田新電元ランプーンスリーイパワーコンディショナパワーコンディショナ
ランプーン秋田新電元カンパニアライアンスランプーンp.t.p.t.evコンディショナカンパニ
直流給電ランプーンアストラホンダモータユニット直流給電カンパニカンパニデバイスモビリティシンデンゲン
p.t.直流給電秋田新電元コンサルタントp.t.二輪車ピーティーイパワーコンディショナ秋田新電元
カンパニデバイスデバイスアドバイザカンパニピーティーイインコーポレイテッド新機種デバイスindia
キャindiaindia上げ二輪車インコーポレイテッドオートファイナンシャルp.t.
二輪車p.t.p.t.空調ピーティーイオートindiaリミテッド太陽光発電プライベート
デバイスカンパニプライベート弁護士インコーポレイテッドindiaアンドユーロ圏新機種二輪車
ゲンプライベート二輪車スローハンドオートアンドphevindia買い取りパワー
アストラ二輪車アストラ買取indiaphevプライベートプライベートファイナンシャルゲン
ピーティーイゲンピーティーイなかアンド充電器追い風プラスピーティーイ
インコーポレイテッドアストラインコーポレイテッドデッドphevプライベートデバイスなかリミテッドインコーポレイテッド
オートピーティーイオートハンド充電器インコパワーindiaオート
indiaインコーポレイテッドfi通貨プライベートマイナスコンディショナユニット電源アンド
フローオートアンド家電ecuデバイスモビリティ夏場プライベートphev
アンドアンドカントリーリスク専門家充電器インコパワーコンディショナコンサルタントパワー
カントリーリスクカントリーリスクii環境対応車コンディショナエレクトロニクスアドバイザユニットdiscrete
phevダイオード半導体デバイスパワーコンディショナev空調コンサルタントecu
プライベートecu市況エレクトロニクスthailand弁護士アドバイザ充電器
ecuプラスthailand機器インコev二輪車スローハンド弁護士デバイス
年度or届出書
四半期or半期

(20170630)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

(20170810)にEDINETに提出された書類から引用(画像は省略)

新電元工業の類似企業へ

新電元工業の業績推移

新電元工業の同業他社

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”イビデン株式会社(当社)の企業集団は、子会社37社及び関連会社3社であり、事業内容は、電子、セラミック、建材、樹脂、食品等の製造・販売を主に、設備工事関係、保守、サービス等を行っているほか、グループ製品・原材料等の運送業務を営んでおります。当社、イビデン樹脂(株)イビデン産業(株)イビデンU.S.A.(株)(米国)イビデンシンガポール(株)(シンガポール)イビデンヨーロッパ(株)(オランダ)台湾揖斐電股分有限公司(台湾)イビデンフィリピン(株)(フィリピン)揖斐電電子(上海)有限公司(中国)揖斐電電子(北京)有限公司(中国)イビデンコリア(株)(韓国)イビデンエレクトロニクスマレーシア(株)(...(20170616に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社21社(うち連結子会社20社)で構成されており、自動車電装機器及び民生・業務機器に使用される小型モーターの製造・販売を主な事業とし、これに付帯する事業を営んでおります。主要製品の用途は、次のとおりであります。当社は「日本」セグメント、マブチモーターアメリカコーポレーション(アメリカマブチ)及びマブチモーターメキシコエスエーデシーブイ(メキシコマブチ)は「アメリカ」セグメント、マブチモーターヨーロッパゲーエムベーハー(ヨーロッパマブチ)は「ヨーロッパ」セグメント、その他の関係会社は「アジア」セグメントに属しております。関係会社へ部品及び生産...(20170331に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社34社で、半導体デバイス、パワーモジュール(PM)、パワーシステム(PS)等の製造・販売並びにこれらに付随するサービスを主な内容として事業活動を展開しております。半導体デバイス事業 ...半導体デバイス製品は、子会社石川サンケン株式会社、山形サンケン株式会社、鹿島サンケン株式会社、サンケンオプトプロダクツ株式会社、大連三墾電気有限公司及びポーラー セミコンダクター エルエルシーに製造を委託しております。当社の製品は、当社の他、子会社大連三墾貿易有限公司、アレグロ マイクロシステムズ エルエルシー、サンケン パワー システムズ(ユーケー)リミテッド、サンケン エ...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、平成28年12月31日現在、当社、子会社30社(国内4社、海外26社)および持分法適用関連会社1社(国内1社)により構成されております。当社グループは、半導体専業メーカーとして、各種半導体に関する研究、設計、開発、製造、販売およびサービスを行っております。当社グループの研究、設計、開発、製造、販売およびサービス機能は、主に当社および当社の子会社が分業しております。研究、設計、開発機能は、当社が担当するほか、ルネサス システムデザイン(株)、ルネサス セミコンダクタデザイン北京社、ルネサス デザイン・ベトナム社、およびルネサス エレクトロニクス・ヨーロッパ社などの国内外の子会社が...(20170330に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(帝国通信工業株式会社)及び子会社19社、関連会社1社により構成されており、抵抗器、前面操作ブロック(ICB)、スイッチなどの電子部品の製造販売を主要事業とし、その他機械・設備等の製造販売を行っております。なお、次の部門は、「第5経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。国内生産は、当社及び当社の生産体制と一体となっている国内子会社が行っております。海外生産は、タイ、インドネシア、中国、ベトナムで海外子会社が行っております。国内販売は、概ね当社が行っております。海外販売は東南アジア、北...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社鈴木)、子会社5社により構成され、金型、部品、機械器具の製造・販売を主たる業務としております。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1)金型..................主要な製品は精密プレス金型、精密モールド金型であります。当社が製造・販売をしておりますほか、鈴木東新電子(中山)有限公司、PT.GLOBAL TEKNINDO BERKATAMAが製造・販売、鈴木東新電子(香港)有限公司が販売をしております。(2)部品..............(20160929に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社(株式会社メガチップス)及び子会社10社により構成されており、画像・音声・通信分野の基礎技術をベースとしたシステムLSI、自社システムLSIを搭載した電子部品及びシステム機器などの設計・開発・製造(外部委託)及び販売を主たる業務としております。主な製品は、ゲーム機等エンターテインメント機器向けLSI、デジタルカメラ向け等画像処理LSI、液晶パネル向けタイミングコントローラLSI、Smart Connectivity LSI(DisplayPort)、MEMSタイミングデバイス、セキュリティ分野向け映像監視システム機器であり、当社及び当社の子会社において製品の設計・開発を行い...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社及び子会社9社で構成され、その他の関係会社のパナソニック(株)と密接な関係を保ちながら、半導体素子、電源機器の製造販売を行い、さらに、各事業に関連するサービス業務を行うなどの事業活動を展開しております。[半導体]........................当社が製造販売するほか、子会社のサンレックスコーポレーション、サンレックスリミテッド、三社電機(上海)有限公司及びサンレックスアジアパシフィックPTE.LTD.においても販売を行っております。[電源機器].....................当社が製造販売するほか、子会社では三社電機(広東)有限公司、(株)三社電機...(20170627に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、ASTI株式会社(当社)及び子会社5社により構成されており、その主な事業は、車載電装品、ホームエレクトロニクス、通信・制御機器の製造販売であります。 なお、次の部門は「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。(1) 車載電装品 主要な製品は、各種電子制御ユニット、エアコン制御システム、車載・船舶用ワイヤーハーネス等であり、当社のほか、子会社のASTI ELECTRONI INDIA PRIVATE LIMITED、ASTI ELECTRONI HANOI CORPORATIO”...(20170626に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社の企業集団は、親会社 日清紡ホールディングス(株)、当社および子会社9社で構成されております。当社の親会社グループは、エレクトロニクス、ブレーキ、精密機器、化学品、繊維、不動産、その他事業を営んでおります。当社および子会社9社は、主に電子部品(マイクロ波製品、電子デバイス製品)の製造・販売および研究開発業務を分担し、事業活動を展開しております。当社、THAI NJR CO.,LTD.当社、佐賀エレクトロニックス(株)、(株)エヌ・ジェイ・アール福岡、THAI NJR CO.,LTD.NJR CORPORATION、NJR KOREA CO.,LTD.、NJR Europe GmbHNJR ...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/09

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社24社で構成されており、主としてエンジニアリングプラスチック及びその複合材料による各種製品の製造、加工ならびに販売を主業としている専業メーカーであります。当事業においては、高精度ギアを核としたOA・情報通信・音響映像機器、計器、住宅機器、自動車機器、バイオ関連製品等を製造・販売しております。(海外販売) ENPLAS HI-TECH(SINGAPORE)PTE.LTD.ENPLAS MICROTECH, INC.ENPLAS(ISRAEL)LTD.ENPLAS (EUROPE)LTD.(海外製造販売) ENPLAS(U.S.A.), INC...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/07

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当グループは、当社及び子会社46社(国内11社、海外35社)、関連会社3社(国内1社、海外2社)で構成され、電子部品の総合メーカーとして、その製造・販売を主たる事業内容としております。主な製品及び事業の名称は次のとおりであります。なお、当社子会社は複数セグメントに跨って事業展開を行っており、セグメント別に記載すると複雑になりますので、一括して記載しております。...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/03

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-04-30)

(2017-04-30) ”当社グループは、当社及び連結子会社14社により構成され、主な事業内容は、金型、電子部品、電機部品、工作機械の製造・販売であります。アジア地域の連結子会社8社、ミツイ・ハイテック(ホンコン)リミテッド、ミツイ・ハイテック(シンガポール)プライベート・リミテッド、ミツイ・ハイテック(マレーシア)センドリアン・バルハド、三井高科技(天津)有限公司、三井高科技(上海)有限公司、ミツイ・ハイテック(タイワン)カンパニー・リミテッド、ミツイ・ハイテック(タイランド)カンパニー・リミテッド及び三井高科技(広東)有限公司についてはミツイ・アジア・ヘッドクォーターズ・プライベート・リミテッドが経営管理、資金管理...(20170421に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/06/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社および子会社11社(うち連結子会社10社)は、着実な進歩を続けるエレクトロニクス産業にあって、半導体パッケージのリーディングカンパニーとして幅広い半導体実装技術に基づく製品の開発・製造・販売を主な事業内容としております。また、当社は富士通株式会社の子会社であります。当社は、リードフレーム、PLP(プラスチック・ラミネート・パッケージ)、ガラス端子等の半導体パッケージの開発・製造および販売ならびにICの組立・販売を主要な事業としており、開発・設計から出荷に至る一貫生産体制によりさまざまな半導体パッケージ等を製造しております。プラスチックパッケージ......メタルパッケージ............(20170628に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2016-03-31)

(2016-03-31) ”当社の企業集団は、親会社1社、連結子会社5社(海外5社)で構成され、パワー半導体の製造販売を柱に事業活動を展開しております。親会社は、京セラ株式会社であります。なお、連結子会社5社のうちフィリピンに所在する製造子会社である1社は平成28年2月に清算することを決議し、生産活動を終了しております。...(20160617に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社(双葉電子工業株式会社)および子会社26社により構成されており、電子部品、電子機器および生産器材等の製造・販売を主な内容とし、さらに各事業に関係する派遣・請負その他のサービス等の事業活動を展開しています。なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表[注記事項]」に掲げるセグメントの区分と同一です。当社、双葉モバイルディスプレイ株式会社、台湾双葉電子股份有限公司、フタバ・コーポレーション・オブ・ザ・フィリピン、双葉電子部品(恵州)有限公司およびフタバ・コーポレーション・オブ・アメリカが製造・販売をしています。また、富得...(20170629に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/08

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2015-03-31)

(2015-03-31) ”当社の企業集団は、当社、子会社3社及び関連会社2社で構成され、電装品、モータの製造、販売を事業としております。国内顧客向け販売の大部分は当社直販で行っており、海外顧客向け販売の大部分は商社を通じて行っております。製造は、当社とその子会社、関連会社が主として加工組立を行っております。社 Kokusan MAHLE Siam Co.,Ltd.を設立し、連結の範囲に含めております。...(20150327に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/03/10

あとで比較する

すぐに比較する

業績 (2017-06-30)

(2017-06-30) ”当社グループは、当社、子会社33社で構成されており、自動車部品の製造販売を主な事業としております。また、本田技研工業株式会社(原動機及び輸送用機械等の製造販売)に製品の販売を行っており、継続的で緊密な事業上の関係にあります。...(20170623に提出された書類より抜粋)

更新日:2017/08/04

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2012-12-31)

(2012-12-31) 売上高5年連続マイナス成長営業利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長経常利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長当期純利益5年連続赤字,2年連続マイナス成長

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

業績赤字あり (2011-12-31)

(2011-12-31) 売上高マイナス成長へ転落営業利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落経常利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落当期純利益赤字へ転落,マイナス成長へ転落

更新日:2015/11/01

あとで比較する

すぐに比較する

新電元工業の同業他社をもっと見る

新電元工業の関連統計

統計分類検索へ

新電元工業の基本情報

企業名 新電元工業株式会社
カナ シンデンゲンコウギョウカブシキガイシャ
英語名 Shindengen Electric Manufacturing Co.,Ltd.
業種 電気機器
所在地 千代田区大手町2-2-1
ホームページ http://www.shindengen.co.jp/top_j/index.html
EDINET E01887
証券コード 6844
株価 Yahoo!ファイナンスで確認(6844)
決算日 03月31日